2018年4月 8日 (日)

Relic ~tale of the last ninja

日曜日これだけを見つけて
大満足をいたしました。

「Relic ~tale of the last ninja~」

アマゾンビデオで観ました。
とってもすばらしかった!

最近の私はまた
小説回帰になっていて
文章で想像するのが
一番だと思うように
なっていました。

そんな折にこの作品です
引き込まれました!

朗読劇×映像×
音楽×パフォーミングアート
で表現する新しい舞台のカタチ

体の演技が無くても
それ以上の臨場感
想像力をかきたてる
声だけの語りだけで
これには参りました。

今、声優さんが表舞台へと
出てくるようになりました。
今まで何故出れなかったのかと
こういう作品を観てしまうと
今までが疑問でなりません。

ここの所、ドラマや映画が
とてもつまらなくなって
本へと回帰しましたが
この表現ならまだまだ
舞台はすたらないと
思いました。

なかなかこのような
ライブにはいけないのですが
映像で楽しませてもらえるのなら
もっともっと観てみたい
と思いました。

観る人の頭の中の
想像力をかきたてる方法
これが何よりも
一番の表現方法
なのだと思いました。
これに勝るもの無し!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新

201403081744000


土曜日の夕方から
いってまいりました。
久々の美術展鑑賞でした。

良かったです。
最後にモネが
行き着いた作風
これには感動をいたしました。

人は一つのことに
まい進すれば
必ず行き着けるものなのかと。
限られた人だけなのでしょうが
私はいいようにとりました。

私でも行き着けることは
きっとあると。
小さいことでも良いと思いました。
行き着けたときの喜び
これは何よりも勝るものです。

ちょうどこのとき
ジーパン考について
いきつけたと感じたことと
不思議にリンクしたことが
驚きでもありました。

あくまで私レベルの
お話ですけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

セザンヌ展

201205051548000


201205051549000


申し訳ありません。
すごいと思いませんでした。

セザンヌがこれほどとは
残念です。

かみさん曰く
「たいしたことないよ」
その通りでした。

また言われてしまいます
何故私の言うことを
きかなかったのかと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

ボストン美術館展

201205041321000


201205041322000


201205041324000


201205041336000


いや、良かった!
実にすばらしかった!
稀に見る感動です。

201205041838000


しっかり買ってきました!

やはり私は
西洋芸術よりも
日本芸術の方が
すきなのかもしれません。

日本の美はすばらしい!
美術館めぐりは今後
重点的に行わなければ
いけませんね。

やはり本物を見ることは
何よりの勉強になります。
本物をしっかり見て
自分の糧にしていかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

世界らん展

201202190606000


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」

201110231138000


いってきました。
ちょっと期待していたほどではなく
欲求不満です。

やはり注目は
「着衣のマハ」
に尽きてしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

ヴェネツィア展

201110100947000


201110101112001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

サントリー美術館に行ってきました

201110021508000


いい物を見られました。
やっぱりここに行き着くのですかね
こういう趣味にはかないませんね
目先の事を追っているようでは
ダメということです。

勉強になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

歌舞伎

201108141332000


今日、新橋演舞場へいってきました!
初めての歌舞伎の観劇だと思います。
よかったですね。
最後は知らぬ間に
感激していて涙が出ていました。

どこが?
どうして?
よくわかりません。
ただ感ずるままにといったほうが
正解なのかと。

もっといろいろな人のを見てみたいと
思いました。
病み付きになったら
大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

カポディモンテ美術館展

201008291153000

大作を観れただけでも
良かった感じです。

バランス感覚は素晴らしいです。
芸術はバランスかも知れない。
違和感を少しでも感じたら
それは大作にはならないのかも知れない。

言葉ではうまく言えませんが
感覚や感性を潜在意識の中で
昇華された感じです。

良い時間を過ごせました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

文化・芸術 | 映画・テレビ | 音楽 |