« 1年が過ぎ去ってみて | トップページ | 誕生日前の自分へのご褒美! »

2020年11月 2日 (月)

何故、革ジャンは打ち止めにならないのか?

何故、革ジャンは打ち止めにならないのか?

なんかまだモヤモヤが
晴れないでいます。

それは革ジャンなのですが
革靴もブーツも腕時計も
パンツもコートも万年筆も
結構みんな行き着く所に
行き着いているのに
革ジャンだけがどうも
まだそうならないのです。

さて何ででしょう?

直近の事では
ダブルはSchott618
シングルはバンソンB
またはベルスタッフのアウトロー
襟付きはエアロのハイウェイマン
もうこれで良いではないですか?

何故これだけでは未だに
満足いかないのか?

昨日は襟付きバンソンに
オイルを入れて
手もみも十分行って
今朝のお散歩時には
そのバンソンを着用
こう手入れをすれば
愛情も十分わくのですが。

何がいけないのか?

ショットのワンスターを
買わなかったのが
いけなかったのか?
それが根にあるのか?

腕時計の時には
ロレックスサブマリーナを
最初に買わなかったのが
ず~っと尾を引きました。
今でもその隙間は
埋まっていませんから。

私的にはハイウェイマンで
革ジャンは行き着いていると
思っていたんですけれども。

コレクターでもないし
ビンテージにも
目移りはしないし
超似合っていれば
それで納得するのに
未だに何かの亡霊を
追っているのか
わかりません。

このモヤモヤいつ
解消されるのでしょう?
とことんやってみる以外
解決方法はないのか?

|

« 1年が過ぎ去ってみて | トップページ | 誕生日前の自分へのご褒美! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1年が過ぎ去ってみて | トップページ | 誕生日前の自分へのご褒美! »