« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

やっぱり実物を見ないとね!

やっぱり実物を見ないと

モノを買うときには
ネット画像や動画の検索
だけではダメでした。

今回はそれを実感いたしました!

当初はこれを買うつもりでした
セイコープロスペック
SBDC083をね!

しかしお店に行って
他にも候補にもあがっていた
またお店の店員さんのご意見も
参考にして見比べてみました。

そうするとね断然
こちらの方が私の
心にグサッと
刺さったのです。

SBDC101

一瞬何の取り柄もないような
その普通の容姿と佇まい
でも見比べてみると
断然こちらの方が
とても美しかったのです。

男の子的には断然大ぶりの
SBDC083なのでしょう
でももう私は還暦過ぎの
おじさんなのですやはり
男の子的な発想では
もう似合わない年齢。

年を取ったらな今度は
実際の直感が全てです
自分が感じてしまう
直感こそが真実なのかと。

ダイバーズもこれで
打ち止めかもしれません。
まあまた何年かすると病気が
再発しそうですけれども。

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

幸運も不運も全て運命

幸運も不運も全て運命

幸運ばかりは続かない
不運ばかりも続かない
全てひっくるめて
運命が司るものです。

運不運と言って
巡る巡るもの
回り回るもの
良い時ばかりではなく
悪い時ばかりでもない。

私は良いことばかりが
続くと不安になります
きっと悪いことが訪れて
足をすくわれてしまうと
思ってしまう訳なのです。

しかし悪いことが起きれば
きっとこのことが過ぎれば
良いことがきっとまた
起きてくれると思っています。

良い悪いの程度もあるでしょう
良いことが多い方が
良いと思っていますが
悪いことが多すぎては
少しの良いことだけでは
帳消しにはなりませんよね。

なるべく悪いことを少なく
良いことが多くなるように
常に心がけるようにしています。

まあ結局は運命ですから
最後は帳尻が合うのかどうか
でもそれは自らの生き方次第
なのだとも思っている所です。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

思考の格差

思考の格差

思考の格差はどうしても
生まれてしまうものです。

感性感覚が違うように
育ち方が違うように
環境が違うように
生き方が違うように
出会いが違うように
考え方が違うように。

年を取るたびに
思考の格差は歴然と
現れてしまうように
思います。

その時になってどうして
こうなってしまったのかと
疑問に思う事があるでしょう。

(思わない人は皆全て
他者の所為とする)

格差とは積み重ね
なのだと思います
気づいた時には
もう縮める事が
出来ないほどの格差
それも今の現実の格差と
思考の格差となってと。

小さい時から
躾が大切だと良く
言われる事でしょうが
大人になってからだって
身につけようと思えば
身につくものだと
思っています。

身につけようと
思えばこそです。

よく生まれた時は
皆、平等なのだと
言われます。

生まれ出た時から
格差は生まれます
違いは生じます
でも自らでも
格差を縮める事は
出来るの訳なのです
思考だけなら誰でも
無限の可能性を
秘めているのですから。

遅まきながら
息子にも私の思考を
今、伝授をしている所
後は息子が自分の思考へ
落とし込んで昇華して
更に上を目指して
くれればとねえ。

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

人は皆、人それぞれ

人は皆、人それぞれ

ネットを徘徊していると
いろいろな
価値観
考え方
こだわり
主張
生き方
人生観
ありますよね。

実に参考になります!

そして自分と
似ているような
感覚の人と
繋がりを持ちたいと
思うようになります。

本当は自分とは
違う感覚を
取り込まなければ
進化発展は望めなく
なってしまうのですが
やはりそれには
抵抗感がつきまとい
ますからそうそう出来る
ものではありません。

同じような感覚の
人の中にもまた私より
数段優れた人もいる
そういう人たちに
刺激され啓蒙を受け
自分の中に昇華が
出来ればと思います。

結局、何を選ぶかは
自分の才能に寄る所と
なってしまうのです
ここでも言い訳が立たない。

なんだかんだ言った所で
言い訳のしようがない
という事なのです。

こう書いてしまうと
自分に対して本当に
トホホなのです(笑)

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

3度足を運んでも買えなかった!

3度足を運んでも買えなかった!

ホント私
情けないと
思ったのです。

この位は即買えると
思っていたのです
10万円の給付金も
ある事でしたし
バックアップとしても
必要と思っていたのに。

でも3度お店に足を運んで
手に取って説明を聞いて
尚、躊躇してしまうとは
ホント昨日は泣きたいほど
情けなかったのです。

何処が
何が
どうして
気に入らないのか?
買うに至らせ
なかったのか?

もしかするとこれが
コロナ禍の影響なのか?
と思った次第なのです。

行動を躊躇させる
これがコロナ禍の
真の経済衰退を
招いている要因
なのかとね。

まああえて余計なものは
いらないという事を
コロナ禍は教えている
のかもしれません。

ちなみの本当に
欲しいものはコロナ禍
であっても即買いは
しているわけですから。

今まで曖昧だった感覚が
ダメはダメと判断を
させてくれるように
なったのでしょうね。

皆がこの感覚なら
益々、経済は動かなく
なってしまう事でしょう。

今年いっぱいは
やっぱりダメだなあ!

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »