« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月27日 (月)

自分で決めなくてはいけない

自分で決めなければいけない

これだけネットで情報が溢れ
有名所のユーチューバーや
インフルエンサーの言っている
事には耳を傾けざるを
得なくなっています今日この頃。

でも結局は自分で選ばなくては
決めなくてはいけないのです。

有名所が言っている事が
必ず自分にも合っているとは
思えない事が多々あります。

まあそれはそうなのです
8割はそうなのでしょうが
2割はどうしても異端が
いると思いますよね。

私などはその2割の方
自分勝手、天邪鬼
変なところでわがまま
一応は自分スタイルを見つけ
ようとしていますから。

やっぱりなんだかんだ
言ったってお金は
使いたいものなのです。
買いたいなあと思ったら
またまたそういう欲求は
強くなっていくものです。

今回はユニクロさんの
シームレスダウンロングコート
まあとにかく定価よりも
だいぶ安くなっていたのに
心がやけに誘発されている
事にはどうも否めません。

ある有名所がこのロングは
どうもカッコ悪いのだとね
でも昨日私が羽織った時には
いつものようななんか変
って違和感がなかったのです。

昨夜はそれでもう一度
日をあらためて頭を冷やして
見に行こうと思った次第でした。
今朝の散歩でもいろいろと
思考を重ねて歩いていました。

さあ今夜行ってみて
どうなる事やら
やっぱり止すのか?
やっぱり私が正しいと
悦に入るのか?

さあどちらに
なります事やら!

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

されどファッションたかがファッション

されどファッションたかがファッション

まあ本来はこう言うでしょう
たかがファッション
されどファッション
ってね
書くべきなのでしょうが
最近の私はどうも
されどファッション
たかがファッション
って思うようになって
しまっています。

結局、たかがなのだと
思えてしまうのです。
躍起になって品物を
売ろうと思ってあえて
アピールしあい合戦に
なってしまっているように
思えてなりません。

年を取った所為から
何かれとなく興味が
なくなってしまった
とは思えません。

なんかくだらない
っとはあえては
言いませんけれども
私の自分の落着きようは
どうしたって当然のように
思えてならないのです。

ミニマニストのように
あえて持たない
というのではなく
持たなくても良い
状況があっての事
だと思います。

あるところでは
究極、黒でそろえれば
何ってことも
言っていますが。

そこで黒にも奥行き
があって幅もあるし
同じ黒でも違うのだと
購買を喚起して
いますけれども。

それもわかりますけれども
でもね千差万別必要以上は
いらないように思います。
ダメになったら買い足す
いらなくなったらそこの
隙間を埋めるために買う
まあこれが道理でしょう。

ファッション、流行
別に追わなくたって
知らなくっても決して
問題なしってもう皆さん
わかってきてしまった
のではないでしょうかね。

まあネットの台頭で
無駄も格段増えては
きていると思います
でもある程度の所を
過ぎれば超えれば
収束に向かってしまう
ように思いますが
いかがでしょうか?

消耗品は消耗品としての
活路は見いだせます
でもそうでないものは
衰退の憂き目に会う
と思っています。

これは間違いはないと
思いますけれどね。
だってたかがの
ファッション
なんですから。
日用品、必需品
には到底敵いません。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

好きな小説と面白い小説

好きな小説と面白い小説

どちらも読んでいる時は
夢中にはなります
でもどこか違うのです。

今回すーっと読んでいる
十二国記も好きなのです
でもなかなかスピード
を上げては読めない。

こないだ見つけて買った
隠蔽捜査8 清明
このシリーズは大好きで
あっという間に
読んでしまいました。

この違いは?って
考えてしまいました。

まあ一言で言えば
私の場合は
読みやすいか
読みやすくないか。

昔から難しい漢字が
多いものは読むスピードは
遅くなりがちです
結構、漢字の飛ばし読み
(わかったつもりの理解)
ではいますが時間はかかる。

読みやすいとは
漢字も少なく
人と人との会話形式
これは早く読めるものです。

でもどうであれ
どちらも読んでいる時は
入り込んで夢中ではあります
たまたま表現が違うだけ。

好きか面白いか
でも双方夢中には
なっているわけです。

そういう本に出会えて
いる事がうれしく
幸せだという事です。

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

革ジャンをインナーには有

革ジャンをインナーには有

革ジャンをインナー使用
にするのはありだと
思いました。

そもそも革ジャンは
薄着の上に羽織るもの。
内にパーカーや
ライトダウンを
着込んでしまっては
モコモコに
なりかねません。

そして私は薄手のコートも
結構持ってしまっています。
これを冬に何とかしたかった。

革ジャンをインナーに
そして少し大きめの
コートをその上に羽織る
とってもカッコいい。

どこか暖かい所に
入ったらコートを
脱げば良いのです
その時の格好は
革ジャンスタイル
それもカッコいい!

これで今年の冬は
決まりだなあ!

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

ユニクロのジーンズ

ユニクロジーンズ

ユニクロさんここまで
消費者目線だとは
思いませんでした。

昨日、1,000円安く
なっていたジーンズを
買ってしまいました。

レギラーのストレート
スソにかけての
テーパードシルエット
実に穿いていて
ストレスを感じません。

勿論肌にもくっついて
いませんから寒くても
冷たくは感じません。

これはなかなかなのです
それも3,000円台で
買えてしまうんですから
今日にももう一本
買ってしまおうかと
思っているところです。

今日1,000円安くなって
いなかったらどうします?
それはその場でとくと
考える事と致しましょう。
(^0^)!

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

こうでなくてはいけない

こうでなくてはいけない

そう決められてしまうと
どうしても反発して
みたくなってしまいます。

まあそういうお年頃
なのでしょうかね。
(^0^)!

服装、格好にしても
そうなのです
こうしたら良い
この方がカッコいい
そうなのですけれど
そう言う事ばかりが
蔓延しているのって
最近どうなの?って
思っているところです。

欲しい情報を
見つけられる事は
ありがたい事なのですが
でもそこかしこに
有り余るほど蔓延したら
ウザいなあって
思いませんかねえ。

答えが一つなのが
そこかしこにです
同じ答えが出している
ネットの世界ですから
Webの世界ですから
仕方無いのでしょうが。

観たくなければ
観なければ良い
勿論そうなのです
でもそれがそもそも
進化していない
前のまんまでただただ
蔓延が広がるだけ
これはどうなの?って
思ってしまいます。

まあ今朝は
散々な愚痴でした
申し訳ありません
失礼致しました!

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

ただ衝動買いをしていたわけではない

だた衝動買いをしていたわけではない

勿論、最初はただの間違いなく
騒動買いだったのでしょう
それがそのうちに
無意識であっても
ただの衝動買いでは
無くなってきていた
のではないかというお話。

最近、ふと思い当たって
買いたくなってしまう
事がありますがそれは
昔だったら歴とした
衝動買いでした。

でもどういう訳か
衝動買いのわりには
失敗しなくなっています。
何故なんだろうと?

たまたま買うタイミングが
衝動買いのような
タイミングなだけで
深層学習の中では
しっかり理路整然と
理屈に適っているとか
既にシミュレーションを
何度もこなしていたとか
頭の中では幾度となく
想像を繰り返していたとか
もうその買い時には既に
準備が出来上がっていた
と言う事なのかとね。

失敗を重ねていたときは
やはり何も考えず
行き当たりばったり
だったのでしょう。

常のそのことを考えていれば
買いたいと思ったときは
もう絶好の買い時だったり
となっていたんだと思います。

だから最近は失敗をしない。
今はそう自己分析を
しているところです。

| | コメント (0)

バチが当たる

バチが当たる

私は小さいときから
「悪さをすれば必ずバチが当たる」
と教え込まれました。

勿論、それは悪さだけでは無く
人に嘘をついても
人を傷つけても
人を貶めても
人に親切にしなくても
人を助けなくても
必ず自分に跳ね返ってくると
そしてそれがバチとしてね。

まあそれでどうしても
このように考えるように
なってもしまったのです。

きっとバチが当たるから

口では言いませんが
心の中でそうつぶやいて
いたりするのです。

決してバチが当たれば
良いのにと言うのでは無く
そうでなければ私はどうしても
報われないなあという意味。

本当はそう不公平然と
思ってもいけないのでしょうが
そう思う事で自分の気持ちを
落ち着かせていたりします。

まあ往々にして私だけが
貧乏くじを引きますが
どこかできっとそれを
帳消しにしてくれる
何かがあるだろうと
願うばかりなのです。

まあ今のこのご時世では
誰もそんな事を思いは
しないでしょうけれどね。

| | コメント (0)

究極のスタイルを求めて

究極のスタイルを求めて

今までの服装のこだわりは
結局はここを目指して
いたのかもしれません。

究極の自分スタイル

結局、今のところ
行き着いたと思っている
スタイルはと言うと
革ジャン
ジーンズ
ブーツ
長袖Tシャツ
坊主頭なので帽子
夏場は上着がブレザー
そして足下はスニーカー
って所でしょうか。

とにかくこれほどまで
革ジャンとブーツに
私に執着があろうとは
思いもよりませんでした。

まあ私にとってこのスタイルは
こだわり抜いた末に行き着いた
全く肩のこらない服装
そしていつでも着ていたい
そして何処へ出しても
引けを取らない究極の
格好だと思っています。

まあねえもっとも
かみさんと出かける時は
ジャケパンかスーツそして
革靴となるますけれどね。
(^0^)!

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

答えを教えてもらう事

答えを教えてもらう事は
本当に良い事なのか?

私はともするとすぐ
自ら実験をしてしまい
試行錯誤を繰り返し
失敗を重ねて答えを
導き出したくなって
しまうものなのです。

あえて失敗をしてみたくてを
やっている所もあったりして。

そうである一方では
答えがわかっているのなら
その答えをすぐ教えて
もらえればこんなにも
苦労をしなくても
良かったのにとも思うの事が
たくさんあります。

でも最近のネットの情報
答えを簡単に解説や説明
してくれています。

初めはこれは大変便利だと
思ったのですが最近では
この答えに関してどうも
疑問に思う事が多いのです。

自分で導き出した
答えであるだろう事は
素直にストンと自分の中に
落ちていくのですが
ネットの解説の答えには
どうも疑問を持ってしまいがち
っというか何かつまらない
ように思えて仕方が無いのです。
そして自分には合っていない答え
のように思えて仕方が無いのです。

あんなに答えがもう
わかっているのなら
早く教えて的な事が
あったのに何もかにも
教えてくれる事に
つまらなさを感じる
答えが答えで無く感じる
その矛盾はどうなのかと
思うようになっています。

それは確かに答えなの
かもしれないのですが
私にとっては本当の
答えでは無いように
思えてしまう事
勿論一般的には
正しい答えなのですが
私にとっては
正解では無かったりして
と思えたりします。

これはどうなっているのか?

まあそもそも小さいときから
答えは自分で見つけた方が
良いと思っていた事に
実は私の場合は
起因するのでしょう。

結局、私は誠に
自分勝手な人間!

だからユーチューブやSNS
の答えに反感を抱いたりして
かと言って全くそれを
観ないわけにはいかなくてと。

元々私は天邪鬼で答えを
先に知ってしまう事は
どうも性に合っていない
って事なのでしょうね!

便利になればなるほど
私は反発をしてしまいそう。
扱いづらい人間なのだと
改めてそう感じている
次第なのです。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

そして家から出なくなってしまった

そして休日は家から
出たがらなくなってしまった。

昨日は15時過ぎから
出かけてみようと
思ったのです。

しっかり出かける
格好もしてまあねえ
いつも写真で上げている
散歩の格好でも
ありましたけれども。

そしていつものように
玄関先で写真を撮って
さあ出かけましょうかね
って思ってから何となく
急に出かける気が
無くなってしまいました。

まあ散歩だけでもいいや
と思ったのですが
電車に乗って当てもなく
どこかの駅で降りて
そこからトコトコと散歩?
って思ったときに
?が出てしまいました。

多分、世の中、見ても
余り代わり映えしないし
映画もどうも
食べ物もどうも
買い物もどうも
洋服もどうも
まして新春バーゲン
なんてのもどうもと
ピンとこなくって。

そしてまた部屋に戻って
読みかけの本を
読んだ有様でした。

その後、ホットウィスキーを
飲んで18時前には
寝てしまいました。

なんかこれは
おかしなコトなのか?
それとも私の感性思考
からして真っ当な
成り行きだったのか。

今の世の中、私的には
こんなように映って
しまっていたんだなあって
思ったのです。

日々の仕事がメインです
その後のことはそのための
骨休めだったり体調戻し
情報収集、ストレス解消
でもそのストレス解消が
私の場合は皆とは
どうも違うようです。

今回の年末年始のお休み
以前だったら全く考え
られなかった過ごし方でした。
でもそれでも何ら問題なし!
まあ私だけが特別で
皆さんがそうならないことを
願うばかりです。

皆さんが私のようでは
経済が廻らなくなって
しまいますからね!

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

「知」の支配

「知」の支配

お金の賭け所が
もうここへしか
行っていないようです。

ここへ連なるものは
すべて知に支配される
ものたち。

人も
ものも
行為も
製造も
輸送も
販売も
消費も
財も

決して釈然とは致しませんが
嫌なら知の支配者になるしかない
そうでなければただの
負け犬の遠吠えにすぎなくなる。

そしてこれからは
「知」が「知」を
生み出す作り出してしまう
時代へと入ってしまうのかも。

そうすると人間の
存在意味は?
存在意義は?
存在そのものは?
どうなってしまうのか。

人と同じ思考回路
深層学習
発想も発見も
想像も創造も
全て出来てしまうのか?

AIは神になってしまうのか
AIは人の補助では
止まらないのか?
やはり支配しかないのか?

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

今まで無かったモノを作る

今まで無かったものを作る

今までそれ用のものはあったけれども
もう一工夫とかもっと違った発想でとか
とにかく今までこんなものはなかった。

これはすごい!
こんなのは無かった!
こんなのがほしかった!
これだよこれ!
これを世界は求めていた!

そういうものを大資本でなくとも
今までの技術や技の蓄積とか
昔から受け継がれていた技法手法とか
若い発想や若い想像力でもって。

今まで生み出せていた日本が
これからもそういうものを
生み出していかなければ
いけないように思います。

今までなかったものだからこそ
これから必要になってくるもの
それは世界市場でもやっていけるもの。

これからは日本国内だけでの流通を
考えていただけでは貧弱でいけないことで
モノ作りはグローバル市場で世界市場で
やっていかなければいけない。

多分、日本の得意は
今あるモノでそこにちょっと
加えることで画期的、今までに無い
とんでもない性能や成果をもたらす
得られるように進化させること。

まあそういうことはみんながみんな
できることでは無いのですけれども
でもそこを狙わない限り
未来はないように思います。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »