« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

読書は現実から意識を切り離してくれる

読書は現実から意識を切り離してくれる

最近とっても
助かっているのです
読書様々なのです。

今読んでいる本は
それがなおのことで
まあ現実逃避できる事が
ありがたいというのか
考えも及ばなかった事が
文章で知って想像できる
事に感動していたりとかね。

これがストレス解消
また明日の本業の糧に
大いに貢献してくれています。

今では映像がどうも
苦手となってしまいました
時間の融通が利かない
まあ勿論観ていたものを
止めて時間を自分で
コントロールすれば
良いでは無いかと
思いましたがそれが
どうも煩わしいのです。

本ならそこを
閉じれば良いだけ
そして空想は
勝手に頭の中を
自由に駆け巡ってくれる
これが実に心良しなのです。

本だけの生活?
って疑問に思ってはいますが
これになれてしまうと
もうこれで良いのかもって
内心思っている所です。

一番良い余暇す過ごし方
趣味そこに行き着けた
感じがしています。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

信頼関係

信頼関係

今、信頼関係って
こちらが勝手に
思い込んでいるだけの事
なのかもしれません。

相手はそんな事
全く考えて無かったり
関係なかったり
気にしていなかったり
どうでも良かったり
なのかもしれません。

技術立国だとか
正直な人間性
職人気質
腕が良い応用が利く
臨機応変に融通も利く
相手の身になって思う事
そんな事はもう
とうの昔にどこかへ行って
しまったのかもしれません。

なまじに自分が
気がついてしまうだとか
おかしいのがわかって
しまうだとかの方が
損をする馬鹿をみてしまう。

こないだの書いた
謙遜ではありませんが
もうそんな事の時代
なのでは無いのかもと。

最近はそんな事の繰り返しが
実に多くなってきました。
大丈夫?この国?

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

謙遜するのは自信が無いから?

謙遜するのは自信が無いから?

では全くないのです。
謙遜しているからって
決して自信が無いわけ
ではありません。

まあそれは言うなれば
私の性格なのでしょう。

自慢をしたい所はありますが
その自慢をたいしたことない
と言われてしまえばそれまで
反論した所で何にもなりません。

大体、他者は
自分の自慢を最優先正当化
ひとの話などは往々にして
受け付ける受け止める
ものではありませんから。

ですから良いのです
『私はたいしたことない』
これで良いのです。
自分自身でやる事をやって
結果も出ていていれば
わざわざ自慢など
する必要もないのです。

まあでももっとも
私の場合はたまには
ネットの書き込みで
愚痴る事もしばしば
ありますけれども。
テヘヘ

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

ハッピー?って

ハッピー?って

私が毎日感じるハッピーって
毎日の家庭のぬくもり
仕事終わりのハイボール
毎日立ち上げるWin10
(ハッピーと言うよりは癒やし)
仕事作業でうまくいった時
小説を読んでの当たり!
などなど。

勿論それらの介在には
お金が絡んでいるのは
言うまでもありませんが
お金があればハッピー
とういうのは違うように
思って来ています。

ハッピーって
瞬間瞬間なのだと
思うのです。

長期にわたって
ハッピーの継続では
本当のハッピーとは
違うように思います。

その瞬間に
最大値のハッピー
を得られる事
これの連続が
求めるハッピー
だったり
幸せだったり
なのだと思います。

結局、感じる事が
ハッピー!
モノでもお金でも
ないのです。
行為だったり
気持ちだったり
だと思っています。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

お金の使い道

お金の使い道

何か前よりも
お金の使い方
お金にまつわる考え方が
だいぶ変わってきた
感じがいたします。

昔はお金持ちになりたい
そして思う存分
買いたい物を買って
使いたいように使って
お金は夢を実現するための
道具の一つようにしか
思っていませんでした。

まさに『成り上がり』
の世界観でしたよね。

その後に来るのが
お金は自分のための
また世のため人のため
に使うものなのだと
言う考え方でした。

自分への教養、経験、糧
の為に大いに使う
惜しまず使う
と言う考え方。

その後に来た考え方は
自分の身を守るために
常にお金は貯めておく事
取っておく事そして
無駄に使ってしまわない事
お金は邪魔になりませんし
お金はお金である状態が
一番良いと言う事。
たとえ利息や配当が
付かなくてもです。

まあもちろん今の
世の中のことですから
安全という面では
どうなのかとも思いますが。

そして次には
その後への継承のために
お金を管理しなければ
と言う発想なのです。

十分に今を楽しめる人間に
成れたように思います。
本を読んだり散歩したり
想像したり発信したり
日々に追われたりで
十分に幸せなのです。

お金は必要になった
時のためのもの
使わなければいけ時の
十分な備えの為のもの
そう考えるように
なりました。

最後はつまらなそうな
考えに行き着いたと
思われがちですが
これが自然な成り行き
のように今は思えて
なりませんけれどもね。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

事業継承

事業継承

今までだって
普通に出来てきた仕事が
改めて事業を継承する
となると何か違うように
なっている感じがして
なりません。

だいぶ前に父は仕事から
引退はさせていましたが
事業主には変わりは
ありませんでした
あくまでそういう意味では
私はサポートで雇われなのです。

意識としては仕事を
始めた時から仕事は
継がなければと思って
そう言う気構え気概
考え思考、行動責任
で行ってきましたが
あえて事業継承となると
雰囲気が違うものだと
改めて思った次第なのです。

後ろ盾がいた時と
後ろ盾が無くなった時
とではこうも違うもの
なのだと今感じています。

結局ね私は今まで
独り立ちをして
いなかったのだと
思いました。

これからが本当の意味で
独り立ち、自己責任
失敗できない舵取り
重圧などなどをもろに
受ける事なのでしょう。

ここで武者震いを
しないでどうする?
そう言い聞かせて
『任せておけ!』
って心の中で叫ぶ
私がいました。
そうやっていくしか
ありませんから。

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

ジーンズ5本で着回し

ジーンズ5本で着回し

 

古い順から

リーバイス502×2

リーバイス501×2

EDWIN503×1

これが今となっては

ウェストがワンサイズ

小さくなってしまいました。

 

でももったいないので

なんとか普通に穿けないか

と考えて一番上のボタンを

はめないでそのかわりに

ベルトで補おうと思いました。

 

これならまだ穿けます!

 

もちろん今の自分の

サイズに合ったジーンズも

実はもってはいますけれど

そちらは一応よそ行き用として

大事に穿こうと思います。

 

今回この5本で朝の散歩を

回していくことにいたしました。

勿論そう普段着でもよいですよ。

 

そうやってまだまだ

捨てずに手放さずに

可愛がってあげられる

この考えに行き着けたことが

実はとても嬉しくってね

書いてしまったわけです。

 

このストレート君たちは

ブーツにとてもよく似合う

もったいないもったいない!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

覚悟

覚悟

家を継ぐという覚悟
それを自覚したのは
21~22歳の時だったか。

とても良くして頂いた
いろいろな事を教えてまらった
お得意さんの親父さんが
亡くなった時でした。

頼りにしていた人は
頼りにしていた親は
急にいなくなって
しまうものなのだと。

その時に思いました
しっかり覚悟を
持っていなければ
いけないのだとね。

残った者の面倒を見る
家を傾かせず
家を無くさず
家の繁栄を考え
後に残った者たちへ
しっかりと家を
継承するって言う事を。

稼業は好きで
無ければいけません
家業は辛くても
やらなければいけません
家業が大変でも
我慢しなければいけません
家業は時代にそぐわせ
なければいけません
でもそれよりも何よりも
覚悟が必要なのです。

今、改めてそう思います
あの若い時に
その覚悟が出来た事
人の不幸から学ばせて
もらいましたけれども
あの時の経験がもし
無かったらと思うと
やはり今の自分は
あったかどうかとね。

覚悟が有るのか無いのか
そう問うてもなかなか
うまくは答えられる
ものではないと思います。

でも覚悟が出来たかどうか
それがもっとも大切な事だと
今は強く思う訳なのです。

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

自営業

自営業者

決してサラリーマン
では無いのです。

やった分だけ
動いた分だけ
考えた分だけ
発想した分だけ
創造した分だけ
我慢した分だけ
諦めなかった分だけ
結果を残した分だけ
しっかり自分に
帰ってくるものです。

言い訳はいたしません
反省はいたします
糧といたします
何度も失敗をします
何度も落ち込みます
何度も嫌な思いをします
何度も心折れます
何度も悔しい思いをします
何度でも立ち直ります。

後を継ぐためには
心構えが違います
覚悟が違います。

悪くて結果変わらず
決して落とせません。
常に孤独です。

日々自問自答
打ちひしがれます
心折られる事にも遭遇
でも必ず立ち直らなければ
いけないのです。

投げ出さない
信じ続ける事
そして勝ち続ける事。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

想定外の対応

想定外の対応


『十二国記』
を読んでいます。

ファンタジーもの
とても面白いです。
『ムゲンのi』
からの続けての
ファンタジーものです。

そこでふと思った事
ファンタジーだと
普段の想定以上に
想像力を発揮しなければ
いけないと言う事。

これはまさに頭の有事の
トレーニングになります。

そもそも現実ではないので
はなからの想定外規格
これに頭が瞬時についていき
対応できなくてはいけない。

それがとても面白いのです
普通ではもう満足が
できなくなってしまうかも。

ゲームでもそうですが
(私はゲームはやらない)
皆がはまるのは
そういうことだった
のかあと思いました。

恋愛ものもよいのです
刑事ものもよいのです
医療ものもよいのです
SFものもよいのです
人情ものもよいのです
がファンタジーものも
とても良いと思いました。

ただ『十二国記』は
とっても長い小説
抜けられなくなったら
他の小説が読めなく
なってしまいそう
まあその時はその時か!

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

自分が好きだからといって

自分が好きだからと言って
他者がそれを好きだとは
限らない。

まあそれは至極
当然だとお思いました。
言葉にしてみれば
当たり前でしょうね。

情報も同じでは無いし
培ってきたものも違う
そもそも好みだって
皆、人それぞれが
当然なのですから。

でもその中でも定番と
言われるものがあります。
分母に対して分子が
異常に高いというのが
定番と言われるように
なるのでしょう。

それもわかります
万人受けされる
ものも考え方も
思考も培ってきた
過程においてもね。

私はちょっとでも
違和感を感じてしまうと
最近ではダメなのです。
それで好きになれません
納得できなくなります。

でもそれは私の感覚であって
絶対に正しい事ではないのです
あくまで私だけの事です。

まあ中には万人受け
されるようなものも
あるでしょうけれども。

でも私の場合は
多少変わっているので
世間の定番は受け入れる事は
出来ますが私の定番は
世間では受け入れられない
かもしれませんね。

私の場合はいつも受け身
私からの攻めは私だけ
までとして留め置きます。
それで良いと思っています。

まあねえ皆が皆
理解出来る事って
そうそう期待しては
いけない事なので
それだけは常に
頭の中に置いて
おかなければいけない
と思っています。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

とうとうぼけたかあ!

とうとう私の頭は
ダメになって
しまったのか?

昨日の事です
倉庫の仕事場での事です。
お札の両替に信金へ行って
100円玉50枚は机にしっかり
入っていたのに千円五千円札が
財布に入っていませんでした。

うわー!
両替機に
置いてきたかあー!
やっちまったかあー!

早速、信金へ
そのもうを連絡
後は折り返し待ち。

もう私はダメだあ!
って思いました。
頭がボケたあー!
って思いました。

情けない
痴呆だあ
これでは仕事が出来ない
もう先は長くない。

おちはしっかり
束にそろえて
財布の別の場所に
いつもとは違う
別の仕切りに
入れていました。

そうもうなんでそこに
いっぱい入っていたのか
っと思ったほどでした。

まだ大丈夫
パニクったときでも
冷静に対処している
(実際にはそうではなし)
まだ仕事はやれる
帰ったらまたハイボール
飲んでもヨシ!

パニックとホッと
のジェットコースターを
味わった一日でした。

ちなみにわかったとき
すぐに信金へお詫びの
ご連絡は差し上げました
丁重に丁重にお詫び
申し上げました。

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

任せられない

任せられない

どうも私は
他者にものごとを
任せられない
性格のようなのです。

自己責任が強い
常に心配性なのかも
もし任せるとしたら
自分の思っているように
出来てもらわなければと
強く思ってしまうのです。

そもそも人を
信じられない
信用してはいけないそんな
人間なのかもしれません。
期待をしてはいけない
期待は裏切られるものと。

勿論、過度の期待は
もってのほかとなまじ
期待を持てば持つほど
自分への跳ね帰りは
大きなものとなりますから。

ですから人を使えない
ですから仕事は
大きく出来ない
これは仕方ありませんね
そういう中で
やっていかなければ
いけないのですから。

ですから今の自分の
老いにもイライラが
つのってしまいます。
仕事が終わって
家に着いたらまず
ハイボールを飲むのは
その所為なのかなってね。
(^0^)!

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

私の方がおかしいのか?

私の方がおかしいのか?

ふと他者と話していると
私の方がおかしいのか?
と思わされる時があります。

まあ実際私は
おかしい思考、考えを
する者ですから相手からは
変わり者だと思われる節は
多々ありますけれども。

自分ではまともだと
思って言っている事が
他者がそうで無いと思って
言動、態度、雰囲気を
あらわにする事が最近
多くなってきました。

ふとね、謙虚な私は(笑)
こう思ってしまいます。
私の方がおかしいのか?
ってね。
(まずは自分を疑う
事から始めるわけです)

何故わからない
何故理解できない
何故そう思わない
何故それをもって
ひとの所為にする。

先を想像して考えて
物事の話を何故
しないのでしょうか?
疑問、不思議に思いました。

私はともすると
だいぶ先の事まで考えて
話すときがありますし
自分の想像と相手の想像は
しっかり説明すれば
理解してもらえると
思っていましたが
世の中は実はそうそう
そうでは無いようです。

まあでも私は
自分のそういう所は
直らないし直そうとも
思わないしでもこれを
他者に当てはめれば
同じように直らないし
直そうとも出来ない
訳ですから仕方ない事
当たり前なのかもしれません。

ただねえ
どうしても
カチン!と
くるんですよね。

私の方がおかしいのか?

って思ってしまう私自身が
どうも納得できないときが
あるって事がね。
まあ変わり者のこれが宿命
ではありますけれども。
(^0^)!

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

家計債務

家計債務

家計債務には
住宅債務
経営債務
消費債務

があるわけで
でもまあそもそも
本来は稼ぎの範囲内で
行うべき事ではあります。

先取りしてでの
お金を借りての
身の丈以上の回しは
どうなのかと。

皆、バブルの時は
疑いなく踊る者です。
そして決してバブルは
弾けないものと
信じ切っている者です。

今の中国はそれそのもの
国をあげて死守するのか?
これだけに膨れ上がって
しまったものはもう
このまま行く事になるのか?
それともやはり
はじけ飛んでしまうのか?

さあどうなるのでしょうね。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »