« 荒井善明という生き方 | トップページ | シンプルにならざるを得ない »

2019年8月16日 (金)

むしゃくしゃして…

むしゃくしゃして…

昨日読み終わった
小説からのヒントで
書いてみようかと。

私はむしゃくしゃして
とんでもない事を
やらかしてしまった事は
ありません。

っていうかそういう事が
出来なかった人間です。
真面目くさった
ように観られて
同窓会などでも昔は
面白みに欠けた印象だと
聞かされます。

ではむしゃくしゃした時に
何かやらかしてしまって
取り返しがつかず
後悔してしまってと
それを後になって
良い経験をしたと
いっている人たち
私はどうも頷けません。

大人になるどういうわけか
そういう経験を持った人が
もてはやされるのです。
昔は悪かったけれど
今はとっても良くなったと
そのギャップが
魅力なのだとも。

私はそういう話を聞くと
良い気分になれません
自分を全否定されているようで
真っ当であった事が
引け目に思えてしまいます。

でも今思うと
むしゃくしゃしたからといって
何かをやらかしていなくて
良かったと思います。
それは自分が自分を
しっかりコントロール
できた証です。
全くつまらない人間
もうそんな事に
心動かされたりは
いたしません。

それこそいままで
良く頑張ったね自分
と褒めてあげたいと
思っています。

|

« 荒井善明という生き方 | トップページ | シンプルにならざるを得ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 荒井善明という生き方 | トップページ | シンプルにならざるを得ない »