« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

常に考え求め続ける。

自分のアンテナで
情報を見つけ出して
いるうちに今度は
おのずと情報の方から
私の方に飛びこんで
くるようになります。

私はそう信じています
現に今までそうですから。

本などは正にそうなのです
題名だけでは全く内容が
わかりませんでしたが
中身を読んでいるうちに
私の求めていたこと
だったりするのです。

それはとても不思議な事
そういう事が続くと
常に求めていれば向こうから
私に近づいてくれるんだと
信じずにはいられなくなります。

常に考え
常に求め
そしてそれを糧とする。

とてもよいスパイラルです
この流れを変えたくはないです
ですから常に
考え求め続けるのです。

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

結局、他人は他人、自分は自分。

昨日はさすがに
もう自分のことだけで
イイやっと思った次第です。

相手の事をいくら思っても
いくら助言した所で
おかしいよと指摘した所で
その本人がそう思わない限り
変わろうとしない限り
改めようとしない限り
どうにも変わりようがありません。

しまいには私自身が
自分に対して疑心暗鬼に
陥ってしまいます。

まあ私だって
間違いはありますが
やっぱりその考え方は
どうなの?って思うことは
やはりそうなのだと思います。

私だってだてに60年生きて
来たわけではありませんから
何度その感覚に助けて
もらったことか
その感覚が間違っては
いなかったことか。

まあ結局は
そういう感覚やら
そういう思考やらは
自分のためだけにあると
いう事なのです
他人のためにあるわけでは
決してないのだとね。
ムキになる必要はないのです。

そう納得すれば
やはり自分のためだけに
その能力を使うだけです。
その使い方が一番
正しい使い方のです。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

本との出会い

最近、読む小説には
私の求めていること
話題にしている事が
良く載っています
よって大変興味深く
読むこととなっています。

本って面白いです
求めているものが
本の方から飛び込んでくる
そんなふうに思うのです。

勿論、手にとって
買う本、読む本は
現実自分で選んでいるのですから
必然性は結局のところ
私にあるのですけれども
細かな内容までは
そのときにはわかっては
いないのにほんと不思議です。

本との出会いは
そういう所があるのだと
前々から思っているところです。

ですから毎週本屋に行って
探してしまうのです。
読みたいと思える本に
手招きをされている本に。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

気遣いの本当の意味合いは?

ものごとの気遣いとは
本分を全うしてこそ。

勿論、気遣いがない
のも困りものですが
相手に媚びてばかりの
気遣いとなると
目をそむけたくなります。

そしてそういう時に限って
本分の方がおろそかに
なっているときが多々
あるというのも事実なのです。

今回はそんな経験を
させていただきました。

ジャケットを買って
直しが出来上がったので
受け取りに行った時です。

座らせられた所が
他のお客さんも大勢いて
目の前のお客さんに
飲み物が運ばれた所でした。

私はどうしても
こういう場面が苦手で
それも全く前のお客は
当然のように頂いている。
さもお金持ち然とした
若いお子さん連れのご夫婦。
(旦那さんいたって横柄)

その場がいたって居心地が
良くありませんでした
そこで嫌な予感も走って。

案の定、直してもらった
ジャケットに不備が
見つかったわけなのです。
どうしても私の場合は
こういう感が当たって
しまうの訳なのです。

気遣いもさることながら
有名店であるなら
本業をしっかり遂行しろと
思ってしまった次第です。

父の日の自分へのご褒美
ちょっと背伸びをしての
自分へのプレゼントの記念
嫌な思い出となってしまいました。

まあもしかするとね
私などはこういう所へ
来てはいけなかったと
分をわきまえろと
言われているように
思ってしまいました。

この感覚もまんざら
当たっていたりしてね
世の中とはこんなものです。

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

評価は自分が決める

評価は自分が決める。

評価や意見は
誰がどう言っても
全くかまいません。

でも結局は
自分自らが
決めなければ
いけないことです。

自分に対して
責任がありますから
他人が何を言おうが
それに携わりが無ければ
責任は発生しません。

今の世の中
いろいろな情報が
多数飛びかっています。
そして商売上どうしても
正直に評価していなくても
評価する事を強いられます。

自らの見識が問われます。
それでしかともすると
生きてはいけないのです。

見識を積み上げるためには
いろいろなものを見聞きして
いかなければ行けません。
正しいこともそうでないことも
その上での評価なのです。

真っ当な事が正しい
とは限りませんが
自分が正しいと思った事は
正しいのだと言える事が
これからを生き抜いて
いくには大切なこと
なのだと思います。

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

幸せのつかみ方

何をもって
幸せといえるのか?

日々つつがなく
過ごせるだけでも
幸せだと思います。

お金の心配なく
仕事の心配なく
家庭の心配なく
体の心配なく
多少の楽しみも
感じられてと
これで十分に
幸せなのでしょう。

それ以上を
望むとしたら
野心、野望の
他はありません。

そうなると
流れや運が
付きまとう事となります。

そうするとどうしても
自分の力だけでは
どうしようもなくなります。

それはある意味
不幸なことだと
思うのです。
生意気なようですけれども。

普通の幸せ
それをかみしめ
られるかどうかが
幸せのつかみ方
のように思います。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

不動産不況

不動産不況が近づきつつある予感

お外がお天気で
朝寝坊をしなければ
概ね散歩に出かけています。

後半分のコースは
駅からのメイン通りを
歩いてきます。

そこで最近気に
なっているのが
空き店舗です。

家の近くでも
空き店舗が
増えています。

今はそういう時期なのか?
入っていたお店に出て行かれて
次の店舗が入るまでの
インターバルなのか?
心配することなく
もう既に決まっているのか?

でもなんか雰囲気が
おかしいように思うのです
不況の波が押し寄せて
きている感じにも
今は店舗など要らない
ネット商売全盛の時代
リアル店舗維持には
賃料が足かせにもなりえます。

家賃払いながら
給料を払いながら
税金を払いながら
そして自分にも
収入を得ながら
そもそも大変なのです
その上でのことですから。

繁華街では賃料が
まっこと高いのですら
それに見合う売り上げ
稼ぎが無ければいけません。

今の競争時代で
そこを生き抜いていくには
並大抵ではないと思います。

陰りが現われてきだして
いるのかもしれません。
不動産関係崩壊
足音を立て始めましたか。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

まだまだ本に教えられる事がある。

まだまだ本(小説)に
教えられる事があります。

精神的なこと
心身的なこと
身体的なこと
性癖のこと

変だなあとか
変わっているなあとか
おかしいなあとか
異常だなあとか
直すべき事なのか
直さなくて良い事なのか
努力すれば直る事なのか
もしかすると病気なのかとか
などなど。

でもまずはそれらを
知ること
認識すること
自覚すること
意識に落とし込むこと
不安をさらけ出すこと。

本は
気づかせてくれます
教えてくれます
学ばしてくれます
アドバイスをくれます
実に論理的なのです
直感的なのです
絶対的なのです。

それが小説であればなおさら
ためになるのです
納得をするのです
まずは頭の中で
シミュレーションできるのです
現実にも活かせるのです。

そして文字だと
ストンッと自分の中に
入ってくれるのです。
潜在意識の中に記憶を
繋ぎ止めてくれるのです。

言葉や画像や映像では
そういうわけには行きません。
益々、小説の虜になってしまう
そう思ってしまった週末でした。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

実践と試行錯誤

わたしはやっぱり
実践と試行錯誤で
鍛え上げていくしかない
人間だと改めて思いました。

結局、能書きだけでは
積み重ねは出来ないと
思っています。

実践と試行錯誤
そして
気づきに感覚感性
そしてセンスを磨く。

勿論、頭でも
吸収は欠かせません。
私にとっては
小説はとても大切
この文章を読んで
自分勝手に想像する
という事の積み重ねが
自分にとって
如何に大切なことかと。

まだまだ伸び代は
あるのだと思います。
伸び代を用意できなければ
いけないとも思っています。

結局、自分で自分を常に
変化、発展させて
いかないと思うわけです。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

熱病にかかる事はもうそうそうにはないか。

何かの熱病にかかっている時は
朦朧として何が何だか
訳がわからない状態に
なっているものです。

時間がたって
距離をおく事が出来て
色々と種明かしもわかって
年齢と共に学習も進めば
何であんな事に
夢中になったのかなあと
反省なのです。

まあそういう経験もしたから
こそのこともあるのでしょうけれども
後になって思えばなんでその時
そんな行動をとったのかと
思うばかりです。

まあ今となっては
熱病にも朦朧として
うなされる事もめっきり
なくなってしまった事が
寂しくもありますが。

人生とはそんなもの
なのでしょう。
そしてこれからは
自分にとって
正しいうなされ方
をしてみたいものだと。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

思考の習慣化

思考の習慣化

 

まず習慣化するためには

どうしたら良いか?

それは毎日決まった時間に

考えたり実行したり

すれば良いのだと思います。

 

今の私が習慣化している時間帯は

朝仕事へ出かける前までの時間。

 

ここを使わない手はありません。

 

そして思考となると

朝の散歩です。

散歩時に思考をすることは

毎回していますけれど

結局その実戦となると

その後のブログでの発表ですが

その他に試せるものとして

散歩の格好を日々考える

ということなのです。

 

仕事柄、毎日の格好は

全くの無頓着これでは

進化のしようがありません。

 

そこを埋めるために

朝の散歩の格好を日々

思考(試行)するということ。

 

結構これが頭を使います。

そして無駄だと思っていたモノへ

改めて目を向けさせてくれる

きっかけを作ってくれています。

 

そういう意味で

ファッションって

面白いと思います。

感性だけでなく頭も

大いに使うものとね。

 

さあ明日はどういう足元

スタイルにいたしましょうか?

試したいことが

どんどん出てきます。

 

そしてこの思考は

他への応用も大いに可

なのだと思っています。

 

さあまたもう一つ意識した

習慣化ができたかも!

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

一生の伴侶

一生の伴侶

これ若い時には
とっても憧れた
言葉でした。

どこでどのように
めぐり合えるのか?

本当に一生
添い遂げられるのか?

出会いもそう
同じ時間の共有もそう
もしかすると
一生の伴侶
なんて事は
奇蹟に近い事
なのかもしれません。

我慢して過ごす
のでもなく
気遣ってすごく
のでもなく
理解の強要を
するのでもなく。

普通に自然に
空気のような関係
それでいて
温もりがあって
笑があって
分かり合えて
信じあえて
同じ目線でいられる
まさに奇蹟!

まだまだ完結は
していませんが何故か
この先も想像が
できてしまう。
一生の伴侶
になり得るのでは
ないのかとね。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

他人の感性を吸収する

他人の感性を吸収する

これは読書には
到底かなわないと
思った次第でした。

ここのところ週末となると
アニメや映画やらを
観てしまう傾向があるのです。
それもハイボール飲みながら
マッタリゆったりと。

でもそれではその時だけ
気分が良くて
楽しくって
良い時間を過ごせたと
思ってしまうのですが
あまり自分の積み上げには
至っていないようにも
思うのです。

でも確かに間違いなく
潜在意識の中では
プラスには作用している
とは思うわけなのですけれど。

でもやっぱり読書には
到底かなわないのかと
つくづくそう思ったのです。

勿論その本自体にも
優劣があると思いますが
自分で吸収したいと
思えた時点でその本は
私にとって意味を生じます。

今回は朝井リョウ作品
文庫で2冊続けて読みました
とてもその思考には
感心してしまいました。

若い人の感覚は
常に吸収しておかないと
いけませんね。

そしてそれは文字として
吸収する事が何よりなのだと。
頭への入り込み方が違います。
映像ではそうはいきません。

お酒ばかり飲んで
酔っ払いながら
大いに楽しんだ気で
いただけでは
ダメというわけです。

 

| | コメント (0)

他人の感性を吸収する

他人の感性を吸収する

これは読書には
到底かなわないと
思った次第でした。

ここのところ週末となると
アニメや映画やらを
観てしまう傾向があるのです。
それもハイボール飲みながら
マッタリゆったりと。

でもそれではその時だけ
気分が良くて
楽しくって
良い時間を過ごせたと
思ってしまうのですが
あまり自分の積み上げには
至っていないようにも
思うのです。

でも確かに間違いなく
潜在意識の中では
プラスには作用している
とは思うわけなのですけれど。

でもやっぱり読書には
到底かなわないのかと
つくづくそう思ったのです。

勿論その本自体にも
優劣があると思いますが
自分で吸収したいと
思えた時点でその本は
私にとって意味を生じます。

今回は朝井リョウ作品
文庫で2冊続けて読みました
とてもその思考には
感心してしまいました。

若い人の感覚は
常に吸収しておかないと
いけませんね。

そしてそれは文字として
吸収する事が何よりなのだと。
頭への入り込み方が違います。
映像ではそうはいきません。

お酒ばかり飲んで
酔っ払いながら
大いに楽しんだ気で
いただけでは
ダメというわけです。

 

<a href="http://arai-as.la.coocan.jp/dousouba.htm">銅相場情報メインページ</a>
<a href="http://arai-as.dousouba.com/araiwp/">荒井明商店 銅相場情報</a>
<a href="http://blog.livedoor.jp/dousouba/">銅相場情報ブログ版</a>
<a href="http://plaza.rakuten.co.jp/kyoujin/">毎日更新楽天日記</a>
<a href="https://twitter.com/dousouba">銅相場情報つぶやき卵twitter</a>

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »