« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

2018年4月23日 (月)

さあ新しい環境へ!

新しい環境に
移行しなければと
最近思っていますが
それがなかなか
出来ないでいます。

まずはパソコンの買い替え
ホームページの刷新
モバイルの強化
こんな所が目標です。

昨日、iPad用に
キーボードを
注文いたしました。
まずはこれでどこでも
文章が打ちやすく
出来るようにと
まずはここから。

そしてHPも
サーバーサイドで
ブログ形式でどこからでも
どのパソコン、ツールからでも
更新できるようにと。

180423_01


パソコンもやっぱり
オタクなのですから
Winもマックも
持っていたい
なんてね。

60歳前に一揃い
好きに思うように
刷新したいと。
それでまたこれから
何が出来るかを
試して行きたいと。

さあ後は行動あるのみ!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

必然の出会い

出会いは突然ではなく
必然の上で起きている。
そう思いました。

この本との出合い

『おとなの作文教室』
外岡秀俊:著

180416_02


しっかり自分の技術として
身につけたいと思います。

どんなに発想があったも
その表現、文章力が
乏しければ何にもなりません
そして文章も読みやすく
なくてはいけません。

ただただたくさん書けば
実につくというのではないと
思っていましたから
なおのことこの出会いは
必然と言えるのだと思います。

しっかり勉強して
無意識でその技法を
難なく駆使できるように
ならなくてはと思います。

発想と文章を書く技術
この両輪があってこそ
なのだと思っています。

さあ勉強勉強!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

これは新感覚!

日曜日これだけを見つけて
大満足をいたしました。

「Relic ~tale of the last ninja~」

アマゾンビデオで観ました。
とってもすばらしかった!

最近の私はまた
小説回帰になっていて
文章で想像するのが
一番だと思うように
なっていました。

そんな折にこの作品です
引き込まれました!

朗読劇×映像×
音楽×パフォーミングアート
で表現する新しい舞台のカタチ

体の演技が無くても
それ以上の臨場感
想像力をかきたてる
声だけの語りだけで
これには参りました。

今、声優さんが表舞台へと
出てくるようになりました。
今まで何故出れなかったのかと
こういう作品を観てしまうと
今までが疑問でなりません。

ここの所、ドラマや映画が
とてもつまらなくなって
本へと回帰しましたが
この表現ならまだまだ
舞台はすたらないと
思いました。

なかなかこのような
ライブにはいけないのですが
映像で楽しませてもらえるのなら
もっともっと観てみたい
と思いました。

観る人の頭の中の
想像力をかきたてる方法
これが何よりも
一番の表現方法
なのだと思いました。
これに勝るもの無し!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

私はなびかなかった。

そうかあ~
そう考えればいいのか~
ってね。

どう考えても
私の感覚では
理にはかなっていない
間違っているようにしか
方向違いのようにしか
思えてならなかったのですが。

結局、私のような者は
相手にはしていないという事
のようですからそう考えれば
理にかなっているのです。

要は外からくる人の
受け入れ先だという事です。

他所から見てすごければ
行って見たい
食べてみたい
買ってみたい
そこで遊んでみたい
そこでお金を使ってみたい
それが普通な事なのです。

この有名な食事を
食べてみたくはありませんが?
この有名な品物、洋服を
買って見たくはありませんか?
という事です。

この食べ物で
この品物で
このお値段なのです
お安くありませんか?
こういうわけなのです。

なびかない人には
全く興味はなし
でも興味がある人には
十分に心揺さぶられる
わけなのです。

結局、無駄か価値があるか
の二者択一なのです。
選んでくれる人がある限り
そこに商機は存在しますから
商売として成り立つか
成り立たないかは
その先の結果次第です。

一度見て回ってくれば
私も気が済みました
後々を見守りたい
ものだと思いました。

180401_161949


180401_162020

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ