« 考え方と実践での結論 | トップページ | こんなもんですよ世の中は。 »

2017年11月13日 (月)

どっぷり浸かるなら小説かなあ

映像もアニメも良いけれど
やっぱり文字の小説は
いいなあと思った週末。

先週の週末は
オペレーションZ
真山仁:著
でした。

171029_160827

この土日では
銀翼のイカロス
池井戸潤:著

170913_011941


やっぱりね文字は
読んでいない期間があると
とても読んでみたくなる
ものなのです。

映像やアニメは
直感的に頭に入る
小説は文字から想像が
働いてそれから頭の中に
しみこんでくる感じ。

そして何よりも違う感覚は
先の結果が知りたい事に対して
何か方法論が違うことです。

先を観たい
先を読みたい
これ感覚が違うのだと
思いました。

私は先を読みたいと思う方が
最近ではとてもワクワク
してしまうのです。

ですから良い小説にあたると
もうどっぷり入り込んでしまう。
そうでもない小説だと逆に
見切りが早くなって
しまったようなのです。

アニメなどは
結局最後まで
観てしまいます。
観るだけなのですから
疲れないのでね。

小説は頭を使ってるなあ
という実感がとてもあります。
これが大切なのだと思っています。

さあ今週は
花咲舞が黙ってない
池井戸潤:著

170913_011921


大いに楽しませて
いただきたいと
思っております。

|

« 考え方と実践での結論 | トップページ | こんなもんですよ世の中は。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 考え方と実践での結論 | トップページ | こんなもんですよ世の中は。 »