« 2017年10月 | トップページ

2017年11月

2017年11月20日 (月)

こんなもんですよ世の中は。

ガイアの夜明け
百貨店はどう生きるか?
を観ました。

そして気になったので
昨日いって見ました。
銀座へは別の用事も
ありましたから。

気になったセレクトショップを
覘いてまいりました。
しかしどうもピンと来ません。
へ~、これで本当に
そうだったのかとね。

勿論、ギンザシックス
出来たばかりの時の
取材ですからさすがに
もう動きも落ち着いた
のかともと。

何事も自分で実地体験を
しないと気がすまない性格
自分の気づきが間違いなく
正しいとは思いませんが
自分だったらと置き換えた時の
思考は常に正しいと思っています。

そしてついでに
此間買ったお店も
見てみる事にいたしました。
何か新しいものがを期待して。
実はその時に買った革ジャンを
着ていったのです。

お店に入っていって
革ジャンに対して
声がかかるかなあと
思ったのですが全くなし。

笑っちゃいますね!
こんなものなのです。
結局、モノもそうですが
人なのだと思いました。

お店に訪れる
何か理由があるから
覘きにくるわけです。
店員は察しなければいけない。
感じ取らなければいけない
高級であればあるほど。

対応ひとつが品格、格式
その付加価値がなくして
ハイブランドは成立しない
と思いました。

そこで結論
これ今株価が高いから
潤っているようになっています。
しかし株価が落ちたら?
どうなってしまうのでしょう。

お金が無駄に有り余ったから
起きている現象やはりバブル
前のバブル時となんら変わらない
景気がいい、それは
そうなのでしょう。
お金が無駄に使えるのですから
でもこれはもう黄色信号
のように思います。

一通りめぐったら
もううんともすんとも
いわなくなると思います。
そういう状態から
バブルはじけるもの。

もうその時は
近いのかもと
実感したかも。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

どっぷり浸かるなら小説かなあ

映像もアニメも良いけれど
やっぱり文字の小説は
いいなあと思った週末。

先週の週末は
オペレーションZ
真山仁:著
でした。

171029_160827

この土日では
銀翼のイカロス
池井戸潤:著

170913_011941


やっぱりね文字は
読んでいない期間があると
とても読んでみたくなる
ものなのです。

映像やアニメは
直感的に頭に入る
小説は文字から想像が
働いてそれから頭の中に
しみこんでくる感じ。

そして何よりも違う感覚は
先の結果が知りたい事に対して
何か方法論が違うことです。

先を観たい
先を読みたい
これ感覚が違うのだと
思いました。

私は先を読みたいと思う方が
最近ではとてもワクワク
してしまうのです。

ですから良い小説にあたると
もうどっぷり入り込んでしまう。
そうでもない小説だと逆に
見切りが早くなって
しまったようなのです。

アニメなどは
結局最後まで
観てしまいます。
観るだけなのですから
疲れないのでね。

小説は頭を使ってるなあ
という実感がとてもあります。
これが大切なのだと思っています。

さあ今週は
花咲舞が黙ってない
池井戸潤:著

170913_011921


大いに楽しませて
いただきたいと
思っております。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

考え方と実践での結論

考え方と実践での結論

毎年この時期になると
誕生日が近づく所為か
自分へのご褒美をと
思うものなのです。

そして今回は
自分にとって
不変のもの探し
を終結しようと
動いてしまいました。

MA-1
リーバイス501
リーバイス511
なのでした!


171105_203106

黒のMA-1は
二代目となりました。
そして今回のはUSA仕様
チャックの色が金色です。
心もち生地が厚め
綿もしっかり入っている感じ。


171106_071442


171106_071521


そしてリーバイスですが
何故501と511なのかと
実は去年のこの時期
同じように501と511を
買っているのですよね。

その時の仕様は
生地の厚みが17オンス
というものでした。
結局これは私にとっては
冬使用だった訳なのです。

そして511に関しては
ストレッチのない厚デニム
柔らかくなるまで
どうしても我慢なのです。

そんなことで今回は
自分にとっての究極の
定番探しと言う意味で
今回のチョイスでした。

気持ちがスッキリいたしました
これで何もかも思い通り!
願いが叶ったという感じ。
行き着いたという感じです。

やっぱりここまでしないと
私は納得できなかった訳です
まあしかしまた来年はどう
思っていることやらとも
思いますけれども。
ひとまずこの件に関しては
完結だと思っております。

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ