« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月25日 (月)

GUはすごいかも!

GUがすごいかも!

今回の土曜は
午後から用事があって
お休みにしました。

そして用事が終ってから
夕方からブラブラと
出かけてまいりました。

まあ大体私の行く所なんて
決まっていますから(笑)
そこかしこ覘かして
もらいました。

GUへ行ったのは
もしかすると
初めてだったのです。

170923_172905


ユニクロは地元の
駅ビルに入っていますから
毎週行っていますが
ユニクロUやGUとなると
ここへ来なければ
見て回れません。

アウターが気になって
羽織っては鏡に写しを
繰り返しためさせて
いただきました。

実に良く出来ていますよね
ぱっとみはまったくけちの
つけようがありません。
これではみんな敵うわけが無いと
しみじみ思いました。

その後ハイブランドも覘いてと
さすがに羽織っては
みませんでしたが
生地感を確かめたり
名札を見たりで
「おサイズお出しいたしますが」
といわれても全く
買う気がないので
それは申し訳ないので
見ているだけという事で。

170923_174045

これがなんか違いますよね
GUではあたりかまわず試して
ハイブランドでは端をさわるのが
やっとなのですから。笑

アウター類は多少高価なものでも
良いと思っています。
一番上に着るものは
その位しても良いかとも
でもぱっとみでそれが
表現できていないとすれば
わざわざ無理をする必要は
ないわけなのです。

そうするとね
ハイブランドの意味って
買うときの優越感
持っているという優越感
自己満足に終始
しているだけなのかとも。

私はハイブランドであっても
身に着けたい時に身に着けて
持ち出したいときには持ち出したい
気兼ねなくもったいぶらないで
楽しみたいとは思います。
でもねそれがなかなか出来ない。

そうしたら2~3年くらい目いっぱい
着て着倒してまた新しいのを買う
この生活スタイルの方が本来
ファッションは楽しめるのかもと
思ってしまいました。

そういう意味では
GUはすごい!
と思った次第です。

まあでもこれも
2~3年しっかり着てみて
満足できてのお話です。
着倒して粗が目立つ
ようならまた私の気持ちも
変わってしまったりしそうです。

私のブルゾン系は結構既に
ありますからねこれらを
着つぶしてから次のを
という事になりますから
だいぶ先になることでしょう。

しかしユニクロ系は
すごい!
と思いました。

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

アニメと現実は違う、当たり前か!

アニメを馬鹿に
してはいけないと
思いました。

週末一気見したアニメ
『やはり俺の青春ラブコメは
まちがっている。続』

はまりました!
なんか自分の思考と
類似しているところがあって
一度みんな見てからさらに
もう一度見返してしまいました。

週末同窓会もあったのですが
そのときにも思いました
今の経験や思考が
その時あったなら
どんなに楽しかった
だろうってね。

でもそうしたら
勉強なんてそっちのけ
だったでしょう
でなくても勉強なんて
していなかったか。

でも今の子達を見ていると
変に頭良すぎてうまく
いっていないようにも思います。
理屈っぽくなりすぎて
感情とうまく思考が
リンクできていない。

人は生身の人間
生身の感情を持っています
その時その時が真剣勝負
アニメ(物語)のようには
決して行かないものです。

後になって気づく
終ってみて実感してしまう
あの時に戻って
もう一度チャンスがもらえたら
なんて同窓会の時に
思ってしまったものです。

同窓会を今度大々的に
やるとしたら還暦祝いを
兼ねての会となるでしょう。

これだけ年を重ねなければ
わからないことだったわけですから
その当時では決してわかるわけが無い
だから青春だったのかもしれません。

アニメとプチ同窓会で
そんな感傷に浸っていました。

もうあの頃の青春は
決して取り戻せないもの
なんだとね。

フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

流れ

ほんと面白いもので
繋がりなんて
どういうわけか
全ての行動、行いに対して
関連性があるのだなあと
思いました。

12日まで私は
自宅で療養して
いなければいけません。
ポリープをとったので。

そこでネットがあるから
暇をもてあます事はない
大丈夫だと思っていた所
ズーっとそれをしていたら
全く面白くなくなって
しまったのです。

そして読もうと思って
たまっていた本を
読み出しました。
なかなか読むのに加速が
つかなかった本です。

かがみの孤城
辻村深月:著

170911_070613


なかなか夢中に
なれなかった理由が
読み終わってから
なるほどなあと
わかったのですが
それはさておいて
重要な事はその本に
書いてあった内容。

人に寄り添わなければ
決して解決策は見出せない。
相手の身になって考えること。

私は今、自分の状況においても
この事と対峙しています。
このめぐり合わせが
実に不思議に思いました。

ぱったり途切れていた糸が
また繋がったのです。
この本を読んでいる最中に
不思議だと思いました。

何か人の繋がりの流れとは
そういうものなのかなあと
実感いたしました。

ポリープをとって
一週間の療養生活
本来なら土曜日は
仕事に出ていて
決して自宅にはいない
でも今回は居て
あることの対応も出来た。

またもしかすると
本には戻れないかもと
思っていた所また本への
興味を再度認識させて
もらったこと。

何かに導かれている
ようにも思いました。

今度こそネット依存から
また本へ回帰できる事を
望んでいたんだなあと。
いろいろあったという事です。

まあそのためには
面白い本との出会いが
重要かなあ
何ちゃってね!
(本の所為にしている私)

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

行き着くまで止まらない

行ける所まで行ってみる
どうしても行ってみたく
なってしまうのです
私は。

興味は尽きないというのとは
少し違うようで
ある所まで行ってみると
ふ~っと醒めることで出来る
そこまで行っておかないと
いつまでも悶々として
しまうのです。

今回もそんな状況でした。
こりゃ行ってしまわないと
駄目だなあとね。

此間しっかり終ったと
思っていたのですが
そうではなかったようです
まだ引っかかるものがあった。

今回はその穴を
埋めに行った形でした。

考え方がシンプルになった分
どうしても気になりだすと
そこだけがどんどんと
大きくなります。

何でも試みて良いとは
決して思いませんが
私なりの対応範囲も
なんとなくわかります。
その範囲の中でなら
やってしまってもいいかとも。

さあはたしてこれで
ここを極められたのか?
これからその検証が
始まります。

結構、手ごたえは
感じていますが
私のことですから
なんともです。
来年までに熱が
醒めなければ
また模索が再開
されてしまうかも。

今のこの時期が悪いのです
この時期はどうしても鬼門。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »