« 100年持つもの | トップページ | 発想というよりも運?! »

2017年8月14日 (月)

力ずくでねじ伏せる

思考がめぐらない時には
文字を読む
文章を読む
これで解決させる。

ここで陥ってしまっては
いけないことは
安易に映像を観る事に
走ってはいけないことです。

ともすると最近の私は簡単に
ユーチューブやティーバー
に走ってしまいがちでした。

これだといっこうに
思考のめぐりが
良くなりません。

今朝などは昨日の飲み疲れで
全く頭がいう事を聞きません。

そんなときはやっぱり
小説を読むのが一番の
特効薬だと思いました。

文字を少し声を出しながら
読んでみて作品の中に
入り込ませる
想像をかきたたせる
そうしているうちに頭の冴えも
戻ってくるものです。

ほんと頭は強制的に
使わないと
働かせないと
駄目なようです。

今朝などはほんと
もうくだらないことさえも
思いつかなく書けなくなった
と思ってしいました。
ちょっぴり諦め感もありました。

文字の力って
すごいものがあるなあと
思いました。

私にとってのこういう場合
特効薬は文章を読むこと
でした。
改めて再認識でした。

|

« 100年持つもの | トップページ | 発想というよりも運?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 100年持つもの | トップページ | 発想というよりも運?! »