« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

変化を感じなければ

若者向けのファッション紙
昨日本屋で見て来ました。

全く我われメンクラ世代とは
違った紙面なのですね。

とにかくモデルがイケメン
背が高くって顔もよく
とってもカッコいい
何を着ても様になっている。

そしてその人たちが
何を着ているかというと
ファストファッションなのです。
無理せず買える手ごろな
お値段のものばかりです
そのどれを着ていても
カッコ良いのです!

私はその時に思いました
私が女の子なら
こんな男の子と
街を歩いてみたいとね。

これからはこの世代が
今度は私たちの世代へと
移行してきます。
そう考えるとラグジュアリー
なんて着ますかね?

かみさんにはよく
言われたものです
歳相応の格好を
しなければいけないと。

でも昨日の私のいでたちは
ユニクロの黒のポロシャツに
ユニクロの白パン
コンバースオールスター白
キャップはGAP
でした。

170827_201642_ed


私もこんなところに
行き着いてしまっています。
それで良いと思っています。

益々衣料品は低価格へと
入っていく浸透していく
と思います。

この価格帯で様に
ならない人たちが
中高価格帯へ逃げるのかなあ
っと思いました。
たぶんそれでも
様になるかどうか。

昨日、デパートを
覘いてきましたが
カッコ良いと思ったのは
RRとトムフォードの
革ジャンだけ!

ユニクロだって
ネオレザーを売り出しています。
スエード調もポリで再現
私はさすがにホンモノのが
ありますからか
買いませんけれども
羽織ってみれば6,000円台で
買えてしまうのです
カッコもスタイルも
これなら普段使に
気兼ねなく十分でしょう。

世の中の変化を
まじまじと感じた
週末でした。

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

発想というよりも運?!

発想というよりも運?!

まあ先週は巷では
一斉のお盆休みでした。
私は日曜日以外
毎日仕事をしてましたから
全くの休みの時間といえば
日曜日しかないわけで
そこの時間を使っての
昨日は副業の請求書作り
これがやっと夕方までに
終ったわけなのです。

ひとつ用事を済ませてから
地元の駅ビルへブラブラと
本屋さんへも行きそびれて
いましたからまずは
芥川賞受賞作品掲載の
いつもの文藝春秋を購入。

そして何の気なしに同じ階の
スーツ屋さんを覘いてみると
あら?これは?ここ2シーズン
気になっていたジャケットが
あ~るじゃないですか。

まあ入り口にもセールの看板
サイズがあればためしに
羽織らせてもらっても
良いかもって気持ちで
店員さんに声をかけました。

うん!これはなかなか!
いいじゃないですか!

170820_205351

そして値段を見ると
16,000円+税が
5,000円+税に
う~ん?
なにこの値段?
馬鹿じゃない
って思ったほど。

店員さん曰く
今日だけです
明日は値段がまた戻ります。

えっ!ホント!
5千円なら買いでしょう
って思わず言っていました。

ずっと気になっていた
迷彩がらのジャケット
綿ポリで気を使わずに
ガンガン着れる
5千円ならさらに気遣い無し。

こういう事もあるんだぁってね
まあもちろん余り物でしょうけれど
もしかすると返品ものだったりして
でもねこの値段なら
普段使いなら
良いんではなでしょうか。

運や出会いって
こんなものなのです。
そこへ行かなかったら
そこを歩かなかったら
そこを覘かなかったら
その事を気にしていなかったら。

何か一事が万事
そういうめぐり合わせの中で
成り立っているのかあ
って思った次第でした。

こんなことでウキウキ
出来てしまうのですから
私って幸せ者です!

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

力ずくでねじ伏せる

思考がめぐらない時には
文字を読む
文章を読む
これで解決させる。

ここで陥ってしまっては
いけないことは
安易に映像を観る事に
走ってはいけないことです。

ともすると最近の私は簡単に
ユーチューブやティーバー
に走ってしまいがちでした。

これだといっこうに
思考のめぐりが
良くなりません。

今朝などは昨日の飲み疲れで
全く頭がいう事を聞きません。

そんなときはやっぱり
小説を読むのが一番の
特効薬だと思いました。

文字を少し声を出しながら
読んでみて作品の中に
入り込ませる
想像をかきたたせる
そうしているうちに頭の冴えも
戻ってくるものです。

ほんと頭は強制的に
使わないと
働かせないと
駄目なようです。

今朝などはほんと
もうくだらないことさえも
思いつかなく書けなくなった
と思ってしいました。
ちょっぴり諦め感もありました。

文字の力って
すごいものがあるなあと
思いました。

私にとってのこういう場合
特効薬は文章を読むこと
でした。
改めて再認識でした。

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

100年持つもの

100年持つもの

昨日はつくづく
そんな事を思いました。

100年どんなように使用しても
メンテが全く不要なこと
それが一番だなあと思いました。

ものはある意味、消耗品
まあ命だって寿命
というものがあるのですから
ものだって耐用年数が
あっても仕方がないこと
でも自分が生きているうちは
全くなんら心配などなく
使いたいものだと。

お金をかけて手にして
またお金をかけてメンテを
しなければ使えなくなる
この事にふと疑問を感じました。

ならそんなに煩わしく思うのなら
持たなければいい
使わなければいい
極力ものを持たない生活
または駄目になる事を前提で
その事を納得していて使う。

買ったときはそう思っても
いざ直しでお金がかかるとなると
人間は考えや気持ちが
変わってしまうものです。

もう消耗品なら消耗品扱いと
そう決めて生活しなければ
ストレスが溜まるばかり。
何かそこのところが
どうも納得出来ないで
苦しむ所です。

快適な生活を望むに当たって
新しいものは欲しくなる
そしてそのことで生活を楽しむ
ここだけでは終らない所が
実に悩ましい所です。

持たないことで
その悩みを消せるのか?
それもまた難しい所。

昨日はそんなことまで
掘り下げて考えてしまった
一日でした。
いまだ思案中!

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »