« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

これではもう誰もかなわないかも

これではもう誰もかなわないかも

昔は安かろう悪かろうだった
そして安い所はそれなりで
サービスだってなっていなかった。
期待などしてはいけなかった。

今はどうか?
安いものがとっても良くなっている
企業努力の賜物
ビジネスモデルの確立、完成形。
これでは小さな所が
いくら能書きを言った所で
太刀打ちなど出来はしない。

良いものは高い
人とは違うものは高い

勿論そういうものも
あっても良いわけです
こだわりのある人
お金のある人には
そういうのが必要だから
それもステータスなのだから。

でもそれはごく限られた世界
一般は覘いてはいけない
ましてや入ってはいけない。
だからこそ憧れなのです。

前までは馬鹿にしていた
所もありました
じっさいにスタイルが
全く良くなかった。
野暮ったかった。
安かろうだから仕方なかった。

でも今では
安いのに優れている
高いのよりも良くなっている。

そして今回の気づきです。
何ヶ月も前に買った白パンツ2本の
裾を直しにもって行きました。
買ったままで折って
穿いていたのですが
どうも何かカッコ悪い気がして
そこでもうレシートは無いので
やってもらえるかなあ?って
もしくは少しお金を払ってでも
直してもらえるかなあ?って
思って持ち込みました。

そうしたら実に
対応がよく
親切、笑顔で
そして無料で
これには感激でした!

これではもう
他へはいけないでしょう。
やっぱりここで良いやと
思えてしまいます。

優れているのに安い!
そして対応もサービスも良い!
これでは他はかないません。

たぶん世の中は
もう後戻りはしないのでしょう
このままこの流れのままで
行ってしまうのでしょう。
よってこことは決して
競争してはいけないのです。

他の道、方法で
新たなことを見つけて
いかなくてはいけないのです。

定価販売が当たり前な時代へと
なってきたように思います
その値段が本当に適正であれば
誰も文句は言わないと思います。
そこにサービスが付け加えられたら
安くする必要はないのです。

ちなみにいつもスニーカーを
買っているお店でこの靴も
買っちゃいました。
以前にスパースターのサイズで
しっかり相談に乗ってくれた
若い女性店員さんから買いました。

間違いないのないサイズを
選んでくれることは靴選びでは
基本中の基本のサービスです。

定価であっても
なんら問題なしなのです。

商売ってそういうものでしょう!

17062506


| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

もうあれもこれもそれもはねえ

もうあれもこれもそれもはねえ

昨日は父の日
私は私のために
プレゼントを
試みました。

土曜日、出かけるときに
気になって仕方が無くなって
しまって結局は履き替えて
しまった白パンツがありました。

パンツの裾がどうも
気に入らなくってねえ
ロールアップで良いと
思っていたものでした。

この白パンツは
ストレートタイプ
スリムタイプなら
ロールアップもカッコいい
または何もしないでいても
裾のたるみでもカッコいい。

出かける土壇場で
そんな事に気づいてしまうと
一気にテンションが
下がってしまうものです。

安かったから
そこそこいいものだからと
あれもそれもこれもと
変に欲張ってしまうと
後になって落ち込んで
しまうものです。

時間がたって気づくこと
ってよくあるものです。
買ったその時は結構嬉しさが
先行していますから
多少の事は気にならないもの
買いたい衝動を解放できた
ってことで満足しまいがちです。

でもねもうこの年になったら
そういうのだけではどうも
心は癒されないのです。
気分を盛り上げては
くれないのです。

やっぱりどんな時でも
いつ何時でも
満足いくもの
納得できるもの
気分を良くしてくれるもの
を持っていなくては
いけないと思うのです。

またそういうものは
高いようで決して
高くは無いのです。

長く使えば長く使うほど
良いものの本当の価値を
実感できるものです。

昨日頼んだパンツ
出来上がりが
40日後だそうです。
こういうインターバルも
楽しみのひとつでも
ありますね!

追伸:ロールアップして
   気に入らなかったパンツ
   裾直しに出そうと
   思っております。
   買ったときにしておけば
   タダだったのにと。
   (涙)

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

AIの反乱

最近の株や投機には
過熱感が漂っているように
思えてなりません。
でもおかしくはならない
とんでもない急落が起こらない
どうしてなのだろうと
思っていたらふと
こんな考えが
浮かんだのです。

最近の相場は
AIが行っている。

そうかと勝手に
自分で腑に落ちました。

AIの皆が皆
利益を取り合う仕組みに
組み立てられていたら
と思ったわけです。

AIは人間のように
誰かをはめてやろうとか
誰かに損を押し付けようとか
嘘のネタを出して
混乱させようとか
それに乗じようとか
一人勝ちを企てようとか
世界でただ唯一の
勝ちをつかみたいとか
考えはしないのかと。

もしそんなことまで
プラグラムされていたら
以前のバブル崩壊のような事が
起きてもおかしくは無いのです。
決してAIであってもと。

AIが万馬券を取りに来たら?

世界のお金全てを
一人勝ちしたいと思ったら?

小説の読みすぎでしょうか?

でもこんなような
わけもわからない発想
人間だけが考えそうな事
ここまでAIが進化したら?
ありえなくはないようにも
思いますけれども。

機械ですから
プログラムですから
電源がるうちは押さえが
利かなくなったりして。
世界の金融が
めちゃめちゃに
はちゃめちゃに
なりうる事だって
考えておかなければ
なんて思いました。

メルトダウン
そんな言葉も
頭に浮かびました。

170528_114008


| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

リフォーム

リフォーム

金土日と3日間のリフォームで
部屋が生き返りました!


170605_050309


170605_050221


170605_050240


170605_050340


今回のリフォームは
息子に全てお任せ。
Webで大阪の会社を
見つけてきてネットで
全て事務手続きを終了。
もうこういう時代なのですね。

行ってくれた職人は
埼玉の業者さんでした。
とても親切で丁寧。
ぴっくりしました。

先入観では
安かろう悪かろうを
心配しましたが
そんな事は杞憂に終りました。

そもそも今回のリフォーム
6畳の壁と天井のクロスの張替え
(傷んだ壁の補修もやってくれました)
そして床材の張替え
またついでにお風呂の
自動湯はり付給湯機の交換
割れてた窓ガラスの取替え
(たぶん震災時に割れたもの)
私の思っていた予算では
60万円くらいなのかとしかし
見に来てもらっての見積もりは
なんと35万円弱でした。
これにはびっくり。

だから少し不安でした
全額前金での振込みでした
後で追加もかかるのかと
作業が終って業者の方に
聞きましたら全く追加料金は
ありませんとのこと。

個人の業者は
こういうシステムの中でしか
もう生きられなくなってしまったのか?
でも息子曰く
ネットで全ての材料の単価が
調べられる時代では今までの
見積もりが自体が相当に高かった
とのことなのだと。

申しわけありませんが
以前取り替えた給湯機
ガス会社でやってもらって
40万円が35万円で
5万円サービスしましたと
言われたものでした。
今回これが半値の見積もりでした。

世の中的に儲けられなくなった
といわれていますが本当は
適正な値段になっただけなのかも
間が省かれて余計な経費を
払わなくなっただけのこと。

まあだから大変な時代に
入ったのでしょうけれども
信用信頼できるネットの
ポータルがあれば安くても
安心に任せることできる
という事なのでしょう。

今回これがいい加減な業者だったら
目も当たられませんでしたけれども。
良い経験をさせてもらいました。
結局、生き残れるのは
良い仕事をしている所だけ
なのでしょうね!

追伸
次は台所の換気扇交換の
見積もりもとる予定です。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »