« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

売れる小説も様変わりの様相。

昨日買った小説。

170129_171755

『僕は何度でも、
きみに初めての恋をする。』

沖田円:著

1年間で10刷り

170129_171731


『いつか、眠りにつく日』

いぬじゅん:著

7ヶ月間で7刷り

最近では漫画や小説の原作を
映画やドラマにしているのが
目立つようになっています。

オリジナル脚本が
実に少なくなっている現状。

前にも携帯小説が
話題になって出版や映画化が
ブームになったときがありましたが
私などは読んでみてなんで?
と思ったほどでした。

今回も本屋さんの店頭で
話題の恋愛本
というコーナーにこの2冊が
並んでいたので買ってみました。

中高生が好んで
読んでいるらしいです。
私もこういうのは大好きですから
まずは読んでみる事に
いたしました。

携帯小説の時は
とても書き方や内容が
納得できるレベルではないと
思ったものでしたが
ブームを起こしてしまっている以上
その事を否定は出来ませんでした。

今私がはまっているアニメが
『クズの本懐』
毎週楽しみにしています。
本でも平積みでした!

もちろんドラマ化もしていて
こちらも毎週見ている有様。

スターツ出版の小説サイト
こういう場所の提供で
皆さんしのぎを削っているようです。
携帯小説の時とは
訳が違うかもしれません。

さあこちらの検証も
いたしましょう。
結構、おじさん
はまってしまうかもです。


| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

気になったことへは近づいてみる。

気になることへは
近づいてみること。
逆に皆が気になっていても
私が気にならなければ
近づく必要はなしとね。

あくまでも基準は
自らの感性
そこのおもむくままにです。

引力を感じたらそりゃ
自然と近づいてしまいますよね。
引力を感じなければ
近づきようもありません。

最近の世の中
特にネット上では
煽る傾向が実に強くなって
しまっています。
いやおうなく気にさせようと
躍起になっている感じにも。

これにむげにのせられては
たまったものではありません。

去年から引き算を身上にしています。
余計な事を省き
余計な事には耳を貸さず
無駄な事をそぎ落とし
無駄にお金は使わない。

無駄なこととは
自分の感性で
自らが決めること。

世の中の事柄の
本当の本性を見抜くこと。
見抜いたからといって
どうこうしようとは思いません
ただ私には関係ないことと
相手にしなくなるだけのこと
ただそれだけ。

それで良いと思うようになりました。
大それた事は考えません
どうこうしてやようとも思いません。

私がたずさわりたいたいことだけに
興味を持って突き詰めていくだけ。
人付き合いもそうです。
やはり気になる人とは関わりたい。
吸収したい事は吸収したい。
でもそのためには自分も
それなりでなければいけません。

でもね人はやはり人ですから
制約はあるし私の勝手には出来ない
そうしたらその人が表現している事を
体感すればよいだけのことです。
そこから読み解けばよいとね。

人を介さずとも人を理解する方法。

それでも良いと思います
そのほうが相手に対して
迷惑がかからないと思います。

最近ではそんな生き方を
あえてしているように思います。

だから気になった人ではなく
気になったことへは近づきます。

そして自分なりに
得られるものを得ていく。
それで良いのだと最近は
思っています。


| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

今後の衣料品の価格基準を決めるのはユニクロか。

今後の衣料品の
標準の価格基準を
決めるのはユニクロか!

そんな事を感じた
週末でした。

今までこの素材で
こういう品物を作れば
大体この位の価格
なんていわれていましたが
もう今となっては
ユニクロがその商品を出せば
ユニクロ価格がそのアイテムの
標準価格、基準価格と
なってしまうということ。

大衆が求めている価格
皆が手を出せる価格
よくぞそうしてくれたと
皆さん思っているのでは
ないでしょうか。

もうユニクロはおかしくない
しっかりしている
野暮ったくない
ダサくない
シルエットも納得レベル
それでいてこの価格
売れないわけがない。

昨今衣料品関係は
減益を余儀なくされています
デパートでも衣料品は
お荷物扱い的であります。

まあ原因はユニクロさんなのでしょう。
ユニクロさんの一人勝ち
もう疑いようがありません。

今までの衣料品関係
カジュアルにおいては
ガリバーに潰されかねません。

かといって今更
同じようにはもう
出来ないのでしょう
時期既に遅し。

そうすると隙間を見つけての
それなりの規模で納得し
生き残るしかないのでしょう。

とうとうここまできたんですね
ユニクロさん!
昨日はそんな事を思いながら
お店を見て回りました。

買おうと思った超極暖
サイズ感がわからなかったので
買うのを控えてしまいました。
試着し辛かったので
そりゃ箱に入っていますから。

2千円のものを
サイズ観の不安で
躊躇するなんて
極暖も安くなっていましたが
こちらも同じで失敗を恐れてと
これが今後の課題でしょうかね。

| | コメント (0)

2017年1月10日 (火)

自宅はガラパゴスか?

ここんところ
休みの日は
自宅にこもりっきり。

別にそれでも
何らつまらなくはないし
退屈でもない。

テレビは観ませんが
ネット環境があるから
全く問題なしなのです。

外に出ると
何やかやで
お金を使ってしまうけれど
家にいれば
あるもので済ませてしまうので
全くお金は使わない。

休みの日に
外のことを知らない
からといって別段に
支障は起こらない。
まあそういう職業でも
あるものですから。

家にいたからといって
全く情報が入らない
わけではないから
感性の進化の妨げには
ならないと思います。

いやもしかすると
変な雑音を拾わないから
独自の感性を
身につけられたりして
かえって好都合なこと
なのかもしれません。

まあ巷では
外に出なければとか
人に会わなければとか
見聞きをしなければとか
空気を吸わなければとか
そんなことを声高に
言っているようだけれども
それこそが結構無駄な
行いだったりして。

独自の進化をするためには
自らの思考を磨かないと
いけないように思います。

毒されてさもそれが
正しいように言いくるめられて
真に受けてしまい信じ切って
いつまでたっても変われない
それの堂々巡り
無限ループ
抜け出せない人たち。

自らの考えだけで
過ごしてみること。
きっとその方が
沢山の発見ができたりします。
そしてそれを素直に取り込める。
自らの考えから出た答えなのですから
これ以上に信じられるものは
他にはありません。

ガラパゴスで
独自の進化をする
その意味が少なからず
わかったように
思いました。

| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

スポーツ刈りにしました。

新年明けまして
おめでとうございます。
今年もお付き合い
お願いいたします。

新年を迎えるにあたって
30日に床屋さんに行き
スポーツ刈りにしてまいりました。

前から短めだったのですが
とうとう坊主の一歩手前に
してきました。

髪の毛を気にするのが
もう面倒で面倒でね。
これですっきりしました。

去年から目指している行動
引き算
髪の毛にも適用です。

どうせ帽子を被るし
サングラスもかける。
そして年寄りですから
中途半端にしていても
みっともないばかりですから。

去年から続けている
定番、基本、引き算
なかなか様になって
きたように思います。

そして今年は
私が最初に目指していた
クラシックへの原点に
回帰したいと思っています。

カジュアルの試行錯誤も
私なりにしてきて
落ち着いたというか
飽きてきたというか
前に持っていたものたちが
やっぱり良かったと
再認識できたというか。
(ここが大切だった)

チョコチョコと
無駄遣いしていくのも
やっぱり無駄のように思えて
感性もなんとなく変わって
来ているようにも思えていて
もっと内面磨きに
重点を置いたほうが
面白いように思えて
きている次第です。

本もたくさん読まなくては
美術館もいっぱい観に行かなくては
映像ももっともっと観なくてはと。

身を助ける感性磨きに
重点を置かなくてはとね。

人に興味を持っているようでは
まだまだなのかなあって
思った次第です。

ここに目をとらわれすぎていては
本質は見えてこないようにも
と思った次第です。

作品は人が創り出したもの
作品自体に意味を
感じなければいけないとね。

まあ人間観察もこれからは
そこそこにしておきたいと
でもね綺麗で美しい人は
観ていても飽きませんから
そこは邪魔にならない所
人が創りだした姿かたち
興味を引いてしかるべき
ってね。
ここは昔も今も
変わらないか。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »