« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

マイナーな試みはしていますよ。

なんだかんだいっていても
マイナーな試みは
しているなあとね。

この時期は部屋にこもって
伝票整理
確定申告の準備作業期間。
部屋着があれば十二分なのです。

がどうしても気になっていたので
本屋の帰りにユニクロで
買ってしまいました。

黒のハイネック
黒のライトダウンベスト

ことのほかこのアイテム
この時期には使いかってが
実にいいと思いました。

まあ最近黒が多くなっています。
それもよく考えると
今のもともとが枯れている感じなので
ホワイト系だとさらに
存在が薄くなってしまって
ぼやけてしまう感じと思いました。

そこでもっぱら黒系
紺系やグレー系でも
いいように思いましたが
やはり黒なのかなあとね。

ハイネックは仕事着屋さんで
常に買って着ているアイテム
私的にはおじさん系色が強く
なかなか外に出るときには
着たくはないなあと思っていたもの
でもねアブデカの柴田さんの
格好を見たときに
あっ!これだ!
って思ったのです。

ライトダウンベストも
ちゃちいなあと思っていましたが
安くなっていたので
ためしに買ってみたら
これはこの時期大変重宝と
思った次第です。
(定価では買わなかったかも)

160123_201548

とても胸背中周りは温か
私は前を開けたがり屋なので
チェスターを羽織っても
これはとってもいいです。

160123_192500

そしてなんといっても
私の年ならTシャツよりも
ハイネックのほうが
様になるかなあとはこの格好

160123_221511


自分で言うのもおかしいですが
首元がとてもすっきり
カッコよく決まるなあとね。

最近とんと出かけなくなりましたが
こんなことのマイナーチェンジで
楽しんでいます。

頭のどこかで
常に格好の事は考えている
これをなくしてはいけません。
枯れてきているのですから
なおさらね!


| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

好きだと思っていた事が実はそんなにでもなかった。

まあ簡単に言ったら
前に戻っただけ
昔のまま
のことなのですが。

別に今のライフスタイルなら
ムキになって格好を
よくしようなどと
思う必要はないのです。
だって外に出かけない
のですから。
(最近まったく週末こもりきりで
出歩かなくなってしまった)

スニーカー
ジーンズ
シャツ
ジャケット
コート
もうすでに持っているし
そんなに複数枚を
持つ必要も無し。

出かけるときにたまには
いいカッコがしたいかなあと思った時だけ
欲しくなるだけでそこを通り越してしまえば
何の事はないのです。

ちょっと見栄を張りたい
ちょっと良く見せたい
かなあと思う時だけ
そんなことさえ気にしなければ
もう十二分なのです。

たぶん私の性格では
コレクションは無理なのでしょう。
面倒くさがり屋ですから。

そしてどうしてももっと
気にしなければいけないことに
頭がいきがちなのです。
要はね、余裕など
まったく無いからなのです。

でもこの余裕がない事を
別に恨んだりはいたしません。
昔からそうでしたから。
少し着飾った時期は
夢を見させてもらったのかなあと
思っていますから。

そしてそこが私のポジションでは
ないというだけのことです。
でもまったくこだわりを
捨てたわけではありません。
気づけば行動に移すことは
相変わらずです。
とことん追求することも
相変わらずです。

生活も大事
仕事も大事
自分の時間も大切
やりたい事をすることも大切
そこで見えや見映えを
気にする事は私にとって
二の次なのです。
職業がらあまり関係ないのでね。
この理由がもっとも
大きいのでしょう。

でもね今の感覚が
進化する事があっても
後退するわけはなし
ブツブツ独り言を言う事が
これからますます
増えてくることでしょう。

いっぱしの評論家気取りで
外から見ている目で
第三者の目線で
ズバっとね。
忌憚なく遠慮なく。

| | コメント (0)

2016年1月11日 (月)

流れを読む、風を読む。

今年はもっともこれが
大事になってくるように
思います。

流れを読む、
風を読む。

読んだとしても
自ら舵を変えられなければ
いけません。

そういうことはパッと
切り替えられる
ものではありません
常にそういう意識を
持っていた人だけが
対応できること。

私はどうも去年あたりから
自分の生活スタイルが
それ以前のようでは
いけないように
思えてきていました。

まあきっかけは
いろいろだったと
思うのですが
根っからの貧乏性
ケチ臭い所がありましたから
いろいろと疑問だらけ
だったわけです。

また感性もどういうわけか
よく気になるようになってきだして
まずは否定から入ってみようと
思うようになったのです。

なぜ?
どうして?
なんで今そうしなければ
いけないのか?

自分にそう常に
問いかけるわけです。

答えはあるようで無いようなもの
正しいのか正しくないのか
それだってわかったものではありません。

でも自己責任なのですから
自由に自らが決めればよいわけです。
周りなど関係ありません。

世の中に見え隠れする
ちょっとした変化の違い
その変化が増大するであろう
流れや方向をいち早く
キャッチするには客観視が
大切になってきます。

そのためには
なにかれに毒されては
わからなくなってしまいます。

私のとった方法は
まずは否定してみること
そこから否定を解いていく作業
否定を否定できるかどうかなのです。

とにかくなにかれ
おかしいと思うことでしょう。

そう習慣づけないと
見えるものも
感じるものも
読めるものも
現われてきません。

今年はそれが大いに
試される年になるように
思えてなりません。
さらに感度を高めて
いかなければと
思っております。

| | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

もうわかってもらおうなどとは思うまい。

もうわかってもらおうなどとは思うまい。
そう決めた年初でした。

私はどうしても今まで
私の事を
わかってもらおう
理解してもらおう
褒めてもらおう
としていた嫌いがありました。

自分では実に
真っ当な事をしていると
自負しています。
ですからそれに対して
反応があってしかるべきだとね。

でもそのことだけを
気にしてしまうと
どうしても周りを気に
してばかりになります。

もう本来はそういう事を
気にしなくてもいい年齢です。
好きなように
自由に
思うように
好き勝手に
相手など関係なく
ましてわかってもらおう
などと思わなくても
良いのです。

今回それをつくづく思いました。
理解されない人には
理解されない。
わかってもらえない人には
わかってもらえない。
そこに固執していては
私が狭くなってしまいます。
もうかかわりさえも
とってしまわなければ
いけないと決心いたしました。

今年はここから
始まりです。
ひと皮むけて
のスタートです。


| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »