« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

CDラジカセを買ったということで。

バックミュージックの効用

CDラジカセを買いました。

201207281623000

それを部屋の片隅において
音量を下げて常に
音楽をながすようにしています。

いままでCDはPCで聴いていました。
音が前面から出ていたので
どうも気が散ったり
集中できなかったりで
仕事や作業や読書時には
かけないようにしていました。

私は本屋にいって
お気に入りの本が見つかると
帰りがけ喫茶店によって
すぐに読み始めます。

その喫茶店でも
バックミュージックとして
音楽は流れています。
まわりもざわざわしています
でも気になりません。
2~3時間はゆうに集中して
読書ができます。

何故だろうと思っていました。
今回のCDラジカセの購入で
どうしてもクラシックを
ながしたかった。

本当のバックミュージック
後ろの方で何気なく
主張をしない音量で
香りが漂うように
音楽が流れている。
これは実にプラスになります!

27年前に買ったクラシック全集

201207290624000


8万円はその当時大金でした。
今も聴ければ安い買物でした
財産であります。

やっと音楽とも
仲良くお付き合いが出来ると
思った次第です。

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

やはりおかしいことは感じられなければいけない。

先週今週と
バーゲンをしているところに
いってみていますが
やはり違和感なのです。

まさに
バーゲン品でしかならないものを
バーゲン品として売っている。

あるデパートの靴売り場
並んでいる靴の古くて汚らしいこと
せめてしっかり磨いてだせばって
言いたくなるくらいでした。

またバーゲンそのものとの向き合い方
30%引きくらいでは
今の時期に喜んでバーゲンだからといって
買って良いのかどうかとも。

定価で春夏物を
真っ先に買って
長い期間楽しむのだったら
そのほうが品揃え色備えが
たくさんあってまちがいがない。

半値であっても
シーズンの半分しか
着れないのだったら
決してお得感はないのです。

私もいろいろと
勉強をしてきたのだと思います。
あれもこれもと欲張ったところで
ファッションを楽しむことって
終わりがないのですから
これはというものを
その期間で着潰しても良いくらいに
思わなければいけません。

そして次シーズンは
次シーズンのお気に入りを買って
それで期間中を楽しむ。

大のお気に入りの
一着スーツを買ったら
毎日着てもいいのです。
ローテーションなど考えなくてもいい
また来年は来年の一着を買う。
これでよいのです。

わたくしが
今シーズン買ったもの。

紺ブレ1着
パンツ2本

さあこれで今夏をのりきりますよ!

この発想が出来るようになって
服選びもにも幅が出た感じがします。
そして賢い買物が出来るように
なったと思っています。

自己満足です。
お金がありませんから。
最小限で最大満足
そう頭で理解なのです。
おちとしてはね。


| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

先入観にとらわれてしまってはいけない。

先入観にとらわれてしまってはいけない。

私は帽子が出かけるときに
なくてはならない
アイテムとなってしまいました。

そして昔からの憧れ
いつかはボルサリーノを
かぶりたい!
そう思ってやみませんでした。

はじめからでは
敷居が高いからと
セレクトショップでの購入から
始めることにしました。

去年の冬からでしたね
初めて帽子を買ったのは。
そのときは安いものから
はじめてみようと
失敗しても大きな後悔に
ならないようにと。

まあそのときも
ボルサリーノは
かぶらせていただきました。
そのときはまだ漠然と
時期が早いということで
あまり気にもしていませんでした。

いよいよ春夏で
ボルサリーノのパナマ帽を
かぶりたいかもと思って
やはりセレクトショップへ
いってあれこれ試して
そのときも使いまわしのきく
文二郎さんのパナマを選択。

でもねやはり
先入観といいましょうか
憧れといいましょうか
いつかはボルサリーノ
というイメージが
ぬぐえなのです。

今回、アイボリーの
ツバ幅6センチの
ちょっとかっこいいパナマは
やはり欲しいなあと
トラヤさんへ
足を運んだわけです。

トラヤさんでは
シルクの編みこみで
春秋にかぶれる
カッコいい黒の中折れハットを
5月に買っています。
今回トラヤさんは二度目です。

ツバ広でアイボリーのパナマ
私に似合うのはどれでしょうねと
選んでもらったら
やはりはじめに
ボルサリーノを出してくれました。

早速かぶって鏡で見てみると
どうもあまりピンと来ません。
他の名前のも出してもらいましたが
皆これはというものがありません。

ツバ広は似合わないのかなあ?
そんな疑問が私にわいてきました。
そこで出してもらったパナマが
クリスティーズ。

201207072029000


201207072038000

私にとって
この帽子のバランスが
一瞬で気に入りました。
もう一度だされた帽子を
一通りかぶって比べましたが
クリスティーズはダントツでした。

そういえば
秋冬のときも
春夏のときも
セレクトショップで
かぶってみたものの
憧れを満足感を
満たされなかったのを
思い出しました。

先入観にとらわれてしまってはいけない

そうつくづく思いました。
皆が良いというもの
最高峰といわれるもの
必ず自分に似合うとは
限りません。

まして店員さんに薦められるものが
必ず正しいとはいえません。

トラヤさんは正直でしたよ。
やはりこちらのほうが
バランスといい
お似合いですねと
いってくれました。

私に似合うもの
私に合っているもの
私自身が認めるもの
私自身が納得するもの
情報も大切ですが
やはり必ず
自分にあてはめてみないと
いけませんね。

買うのは私自身ですから。
身につけるのは私自身ですから。

なかなか不変のもの
素材ではあっても
形ではありませんね。
皆一人一人違いますからね。

そう考えると
買物も奥が深いのかもしれません。
自分で選ぶ楽しみ
これが買物の楽しみなのでしょう。

追伸:
昨日は本当は靴を買いに行ったのです。
バーゲン始まりということもあってね。

でもいろいろなお店で
残念な思いをしました。
バーゲンとはこういうものってね。

靴もこれは良いですよとの
メーカーの靴を見ましたが
どうもたいしたことはない。

値段相応といえばそうなのでしょうが
先入観からの落胆は
相当なものがありました。

そこで雨の中を
トラヤさんへ行ったわけです。
とにかく気分を
晴らしたかった
充実したかった
満足をしたかった
お気に入りになるものを欲しかった
そうでないとストレスが
たまる一方で
潰されそうでしたから。

でも良い買物が出来ました。
大満足でした。
靴はもうだいぶそろったし
行き着き感も得ているし
帽子もこれで先入観をぬぐえたし
とても良い経験が出来ました。

| | コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

私に似合うものだけ

毎度のことですが
私は私に似合うものだけ
そう強く思います。

スタイルであっても
好みであっても
行動であっても
やることなすこと
まあすべてですかね。
私であることの
証という意味でも。

もちろん多少周りの影響も
受けるでしょうが
若いときよりは
ぶれることはないでしょう。
というよりも
必然的に違和感を感じますから
そうにはならないでしょう。

居心地という面でも
似合わないことをしても
意味はありませんからね。

似合うからといって
同じようなことばかり
それでも良いではないですか
それで心地よければ
その方が良いのです。

同じようなことでも
掘り下げていけば
奥は何でも深いです
簡単には行き着ける
ものではありませんから
同じようなことをしていても
十分楽しめると思います。

同じようなことだからと
我慢をしてしまう
これはいけませんね。
全く同じようなことは
ないのですから。

そうです
もうこの年になれば
能書きなど要りません。
好きなことを好きなだけ
似合うと思うことを
何度でも何回でも
繰り返し繰り返し
それで良いのです。

居心地の良い環境を
求めることに
徹底していきたいと思います。

201207010826000

またまたこれを
買ってしまいました
似合うものしか選択をしない。
同じようなもの
かわりばえのないもの
でもそれが良いのです。
全く同じではないのです
そこが奥の深いところ。

分かるかなあ?

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »