« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

コートを買いました

コートは3着持つべきと友人が。
カシミヤ、ウール、綿と。

カシミヤのコートは唯一の時用、
ウールのコートはお出かけ用、
綿のコートは普段使い用。

昨日、コートを買いました。
ウールのコートがすでに20年以上着ていて
さすがにへたってきていましたので
その穴を埋めるべく
お出かけようとして
黒の綿のトレンチを買いました。

なぜウールのを買わなかったかって
ウールのを着るような場合なら
カシミヤのコートを着たいです。
飾っておいてばかりではもったいない。

さて話の本筋です。
バーバリーとサンヨーと
どちらにしようか迷ったお話です。

最近の私の買い物は
アウトレットで調達しています。
今回もご多分に漏れずそうなりました。

バーバリーのは少し大きめ
LサイズがなかったためLLを
やはり少しながめになってしまいます。
お値段の方も半値であってもそれなりのお値段。

片やサンヨーのコート
女房曰く
「あなたは値段でこちらを選ぶでしょ!」
おっしゃる通りです。
バーバリーのさらに半値です。

しかし女房曰く
「サンヨーの方があなたの体形にぴったり!」
「値段じゃないのよ、ブランドでもないのよ」
と。

そりゃ袖通りも
生地の色といい光沢といい
バーバリーの方がぬきにでていました。
でも少し大きいので
体に合っていない。
どうしてもおかしいと女房が主張。

裏のデザインもサンヨーの方がいいと
インナーが取り外せて春まで着ることができると
値段ではない、
本筋を見極めないといけないと。

以前トレンチはあなたの年では
おかしいと言った女房、
でも今回のはこれがいいと主張。
瞬時にそれを判断するセンスには
脱帽です。

綿のバーバリーのコートは
新婚旅行のパリで買ったのを
今でも着ています。
トレンチではないかたち
もうすでに25年目になりました。

女房曰く
ただ色が今風ではないから
大事にしまっておいたら
ファッションはまた回ってくる
その時になったらまた出して着たらと。

今回の買い物、勉強になりました。
何が大事なことなのか?
何について比較したらいいのか?
値段ではない、ブランドではない。

まだまだ私のセンスは磨かれていません。
結局センスは持って生まれたものなのでしょうか。
独り立ちできていません。

いうとおりになって満足そうな女房!
そして相変わらず尻に引かれている
私です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

やはりおかしい感じがした

映画の上映時間には
まだ時間があったので
モールの中を徘徊しました。

同じ価格帯
同じデザイン
そして同じような出来具合

これで競争になるのでしょうか?

私の感覚がおかしいのか?
今の常識について行けていないのか?

もうワカランチン状態です。
商売として成り立っているのなら
甘いと結論づけるしかない
私はね。

やはり良いもの
正直なもの
価格が妥当なもの
ボロ儲けしていないもの
お客のためを思っているもの
自信があって
そのものが好きで好きであること。

本当にそのような商売をやっている人が
どれだけいることか?

映画を観ても
モールを歩いても
品物を触っても
価格を確かめても
今日は疑問だらけでした。

マイナス感覚を
しきりに詰め込まれた感じでした。

やはり日本には力がないのか?
本当に日本は立ち直れるのだろうか?
やっぱこれではダメでしょう!
結論づけたくなりました。

本当に自己防衛をする以外無いです。
周りはあてにならない。
とばっちりは御免です。
これでは手助けする気にもなれません。

どうぞ後勝手に!
そんな気分になってしまいます。
底上げが大事だというのに
これではどうにもならないでしょう。
音頭をとる人も
既に諦めているのですかね。

また残ったもので
始めればいいから
そんな感じでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

やっぱり良いもの

やっぱり良いもの、
何でもそうです。
良いもの、
それに尽きます。

売れない
人気がない
求められていない
仕事が来ない

これだけやっても
まだまだやっても
こんちくしょー
ってなっても
答えは簡単です
良いものではないから。

人間はどうしてもお金は使います。
欲しいものは手に入れたいです。
欲求は必ず満たしたい生き物です。
人間には我慢の限界があります。
人間はじっとしていられません。

だから必ず良いものは売れます。
売れないということは原因があります。
それは良いものではないから、
細かい説明は必ずつきます。
そうでなかければ分析不足です。
理由は必ずあります。

銀座を歩いていると
エネルギーをもらえます。
皆が求めているものがあると
漠然と感じるからです。
それを満たしてあげられれば
必ず商売になります。

それだけを日々感じられれば
私は目的達成です。
後は焦らず、じっくり
やっていくだけです。
必ず結果はついてきます。
信じて疑いません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

ブランドを愛せる人って

ブランドを愛せる人になりたい。
最近そう思います。

私はブランドのことも品物のことも
よくわからないでいました。
そんなに必要なことなのって
思っていたくらいですから。

でも最近のデフレによる
品物の品質低下には
私でも気になってしまう。
安ければどうでもいいのかって感じ。

もちろんブランドによっては
利益を出すために
そこまで手を付けてしまうところも。

ブランドって歴史だと思います。
日本的に言えば伝統かもしれない。
職人技、職人気質が反映された品物。
品物を観れば価値がわかる。
使ってみて価値がわかる。
身に付けてみて価値がわかる。
そういうことだと思います。

最近、私が気にしているものは
洋服、靴、時計、革製品、宝石。
私はどちらかといえば
ひとつのところにこだわりたい
あまりよそ見をしたくない
これと信じたらとことんそれにこだわりたい
そんな性格でもあります。

多少値段が高くても
自分が納得すれば
それはたいしたことではない。
2つ買うところを1つにすればいいだけ。
今すぐ買えなければ
こつこつお金を貯めて
じっくり買うまでの行為も
楽しみたいと思っています。

洋服も靴も
自分の買うところは決まりました。
他のところも見比べましたが
私はこのブランドと
共に生きていこうと思いました。

そう心に決めてしまえば
ブランド選びの煩わしさから
開放されます。
決めたブランドでの
品物選びにだけ没頭できます。
これは実に心地いいです。
私らしくもあります。

ブランドを愛する
ブランドにこだわる
ブランドへの信頼関係

早くからそこに行き着けた人は
幸せですね。
また親からの継承があれば
それも幸せだと思います。
ブランドとはそうあるべきものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座探訪

私は比べられるほど
あちこちに行ってませんので
あくまで独断と偏見です。

私はとにかく銀座の街が好きです。
歩いている人たちが好き。
流れている空気が好き。
たたずまいが好き。
雰囲気が好き。
夜の華やいだ明るさが好き。
媚びない態度が好き。

でもそんな力だけでは
銀座は維持できないのかもしれません。

ある意味、
もっと過当競争したらいいのかもしれない。
銀座は”場”であり”ブランド”であり、
そこに行かないとそこだけの
特別な思いや行為を受けられない。

同じ品物を買うのに
銀座ならどこで買う?
銀座はこれではダメ。
銀座では唯一の品物は
ここでしか買えない。
こうでなくてはいけない。

デパートであっても
そこかしこにあるブランドを
入れていてはいけないと思います。
そのうちポイントだのといった
こそくな競争に陥ってしまう。

銀座は敷居が高くて
お店に入れなくて
ウインドーからながめる
それが銀座の楽しみ方と
私は疑わなかった。

でもそれは自分の偏見であって
やはりお客はお客様である。
堂々とお店に入って
品物をながめ手に取り
つけさせてもらって
楽しませてもらう。

そして唯一のものを見つけて
銀座で買った品物と
一生大事にできる買い物。
それができる喜び。
達成感、優越感。

銀座にお店を構えたら
それで終わりではないはず。
銀座でどんなジャンルでも
一番になることが大事。
銀座では誰もが
一番であると思っていなければいけない。
それがなくなったら
銀座はおしまいですね。

今また銀座は過渡期でしょう。
方向性を見失いがちです。
銀座という名前に助けられています。
本当の銀座の復活を期待します。

たとえば映画を観るなら
銀座でしょう!
こうならないといけない。

多様化であっても
多様化を打ち負かす
勢いがなくてはいけない。
銀座は生き残らなくてはいけない。
日本一でなければいけない。

そんなわけで
私は毎週、応援に行きます!
来週もね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

自分の頭で考え出せるようになると

自分の頭で考え出せるようになると
情報をあまり集めなくなります。
というよりも
集めることが煩わしくなります。

創造ってそういうことなんですね。
そして個性までもが進化しだします。

情報を集めるというより
自分に対して刺激を与え続けることは
重要だと思います。
こちらの方がエネルギーのもとです。

人の意見よりも
自分の感性の方が優先する、
もちろんそれが当然の成り行きですけれど。

自分で考え出したものが一番!
自分で感じたものが唯一のもの!
常にそういう状態を保ち続ける。

良いですよ
なかなか良い状態になってきました。
更に更に
進化です。

これこそが
自分自身に投資です。
そのための投資です。
何よりも最優先すべき事です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »