« 親のすごさは子を見て分かる | トップページ | ブランドを持つ私か?私が持つブランドか? »

2008年8月 8日 (金)

物事を正直にとりすぎ

物事を正直にとりすぎ。
額面通りに受け止めてはいけない。
だいじなことですね。

人は見ているものが全てと
理解しがちです。
見せ方によっては
いくらでもどのようにでも
操作は可能なのですから。

騙されるというよりは
わかって見ている分には
間違いは起こりません。

世の中すべからくそのようですね。
たぶんわかっている人とわからない人
これも格差につながってしまうようです。

ここでも
知識と教養、大事になってくるんですね。

|

« 親のすごさは子を見て分かる | トップページ | ブランドを持つ私か?私が持つブランドか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物事を正直にとりすぎ:

« 親のすごさは子を見て分かる | トップページ | ブランドを持つ私か?私が持つブランドか? »