« 三針時計の魅力 | トップページ | 倒産増加 »

2008年7月 1日 (火)

小説は豊かなひとときを与えてくれる

小説は豊かなひとときを与えてくれる。
まったくもってその通りだと思います。
今の私にとって小説はなくてはならないもの。

本当は観劇や映画や美術館、デパート巡り、
人と会う、旅行をする、コンサートに行く、
イベントに参加、会合に出席、異業種交流会へ出席、
などなど、時間が取られることは多々あって、
みんなこなさなければいけないのかもしれません。

でもね、私の究極は本を読んでいればいいと。
それも極上の小説。
これで決まりです。
後は何もいらないといっても大げさではないかも。

本を読んでいるその場が癒しの時間であり癒しの場所。
空想の世界であり、想像の世界であり、夢の世界、
現実逃避のそれでいていつでも戻ってこれる。
現実でも大いに役立つ教養文化。
知ることの最も簡単でシンプルな方法。
時間をも自分の自由に手の中で遊ばせられる。

精神的にも、知識的にも豊かになってきていると思います。
決してひけらかすためではありません。
何かの時にはきっと役立ってくれる、そう信じてます。
それが豊かさだと思います。

もっともっと豊かさを身にまといたいです。
これからもずっとね。
読書という一番のシンプルな方法で。

|

« 三針時計の魅力 | トップページ | 倒産増加 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説は豊かなひとときを与えてくれる:

« 三針時計の魅力 | トップページ | 倒産増加 »