« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

三針時計の魅力

三針時計の魅力
これは発想ではなく、こだわりです。
私の小さいときからのこだわり、憧れ。

セイコー5から始まったこだわり。
どうもスモールセコンド表示は好きになれない。
動きが小さいのがいやなんですね。

秒針は大きく一周するのがいい。
それもクオーツでなく機械のチッチチッチがいい

時計の買い始めはクロノグラフが多かったですが、
これも小さいときからの憧れで
何といっても憧れはスピードマスター。
そしてダイバーではサブマリーナ。
この2つをそろえたかった。
でもこれらはあくまで小さいときの憧れ。
似合う似合わないは別でした。

中年になって
背広も着る。
みっともない格好は出来ない。
そうするとどうしてもこだわりは
オーソドックスな3芯の時計。
どちらかといえばレトロ調。
飽きの来ないシルバー系。

結局ここに行き着くのかもしれません。
良いものは時代を超えます。
いつでも飽きの来ない自分だけのデザイン。
そんな憧れがまだ見ぬ三針時計。
さあどの時計に行き着きますか。
ズーッと夢を追い続けることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

待つことも大事

待つことも大事
これは結構大切です

自分から打って出るばかりが人生ではない。
じっと構えて向こうからやってくるのを待つ。
これが出来るようになると、
なかなかたいしたもの。

買い物は特にそうかもしれません。
パッと自分の目の前に現れる。
その時自分がどのように行動できるか。
見過ごしてしまうのか?
受け入れることが出来るのか?
いつでも準備していないといけない。

待つことは余裕にもつながる。
余裕があってこそ待てるのかも。
またいつでも想像していることですね。
現実に起きる事を想像して
待っていられるかどうか。

運もそうかもしれない。
運も引き寄せるものだけれど、
自然とやってくるもの。
それなりに準備していれば、
運の方からやってくる。
私はそう信じています。
準備怠らず。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

アナログな世界

最近はアナログな世界に興味が移っている感じ。
デジタルはあくまで方法論。
形としてはアナログの方が私好み。
車も時計も味があるといえばこちらの方。

シンプルでアナログで、
そしてうちに秘めているそのものの主張、
最近はそんなことに実に興味が行きます。

アナログって暖かみがあるのかなあ。
デジタルはどちらかといえば温度がない感じ。
そしてアナログは継続性、
デジタルは一瞬といった感じ。
時の流れに乗れているか乗れていないかの違いが、
すごく大きいように感じます。

デザインだってそんな傾向があるのでは。
そして人間が落ち着くところは、
やはりアナログな世界なのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

一人だけの時間

最近では夜の1~2時間、
読書の時間です。
もうこれがなくてはダメですね。
読書をしてから就寝。

日曜もこの本と思ったときは
一日中読書、
何よりも優先してしまいます。

心の安定、気持ちの安定、
自分の中にどっぷり入り込める。
これが何とも言えない。
場所は自分の家でいいです。
まったく面倒がないので。
木の椅子に座って
じっくり読書。

最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

女房と無駄話

女房と無駄話
これ出来る人と出来ない人
効用が大きく違ってくるかも。

最近、私はやっと女房のレベルに
追いついてきたのかもしれません。
なかなかこいつ(女房)は視点がすごい、
これを私が理解できるようになってきたのかも。

大体、私ぐらいの歳になると、
女房とは距離が離れるもの。
うちは二人とも今までまわりにばかり気を使って
自分たちのために行動しなかったふしが。

最近やっと自分たちが思うように行動できるようになって、
で、となりを見るとなかなか面白いものをもった女房が
そこにいたわけですから、これを活用しない手はないと。

最近、女房によく言われてます。
「私の話をブログでパクッタわね」と
ハイ、その通り。
使わせてもらってます。
「あなたは偉い!」と

価値ある女房を持つこと。
これは費用対効果は抜群だったりしてね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

へそ曲がり

相変わらず私は
「へそ曲がり」
どういう訳か女房も
「大のへそ曲がり」
そしてへそ曲がりもの同士が
最近、息が合ってきた。

たぶん私がレベルアップしてきたんでしょう。
今までは私がどちらかといえばついて行けない感じで、
右往左往することが多かった。

天の邪鬼な所も女房と似ている。
こちらでも私がレベルアップして近づいた感じ。
女房曰く
「これからはへそ曲がりで天の邪鬼でないと生きていけない」
私も最近このフレーズを使わせてもらっている。

使わせてもらっていると女房にいうと、
広告料寄こせといわれる。
まったく気を抜けない存在。
私ももっと頭を柔らかくして
レベルアップを図らないと。

見方を変えれば世の中、人生面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

コンビニ探索

私はコンビニ探索が好き。
地域によってコンビニの品揃えも違うから。
またそこにいるお客を観察するのも好き。

コンビニは情報発信基地。
ここのトレンドを押さえないといけない。

新製品、広告、並べ方。
ためになる事が多々。

本屋と同様、
コンビニは押さえておきたい情報源。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

何馬鹿なことやっている?

何馬鹿なことやっている?
私はよく言われる。
それでもめげない。
小さいときからそうなんです。
理解されないことが多かった。

でもこの歳になると、
もう気にしなくなった。
また世の中も多様化したので、
多少受け入れられるようにもなってきた。

私としては別にどうでもいいこと。
気にされようがどうであれ、
私が自分で自分にたいしてやっていること。
人様に迷惑だけはかけないようにと心がけてはいる。
最近の心がけは汚い格好はしないこと。
歳それなりの格好はしなくてはいけないと。

考え方は今も昔も変わらない。
今の方がもっとエスカレートかも。
でもそれで良いと思っている。
そのくらいでちょうどいいとも。
差別化の時代、そのくらいでないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

可処分時間

辞書では
1日の時間から仕事や睡眠に
費やす時間を差し引いた自由時間、余暇時間とも。

そうすると
この時間を調整できれば
いろいろなことが出来る可能性が。
用は無駄な時間を作らないこと。
睡眠時間は削らないこと、これは守るべき事。
もちろん仕事も大事、
仕事で無駄な時間を作らない当然。

私はテレビを見なくなったことが大きな成果。
仕事中はラジオを聞いて耳から情報収集。
余暇時間も大体読書に当てることに。

用は無駄を省いて、
余暇時間を有効に使用。
可処分時間をいかに作って、
いかに利用するか。
ここに違いが大きな差になるわけですね。

時間自体は24時間有限です。
結局は自分自身のやり方ひとつ。
方法論は無限。
時間は有限。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

大人のオモチャ買い

大人のオモチャ買い。
でも一度はやってみるべきですね。
車、時計、洋服、隠れ家、などなど。

自分だけのためのおもちゃ。
夢、憧れていたおもちゃ。
本当に心から楽しめるおもちゃ。
大人にだっておもちゃは必要です。

そう、そのおもちゃを買うことで、
何か流れが変わってくる。
気持ちの入れ方が変わってくる。
新しいことが見えてくる。
それは結構刺激的なこと。

おもちゃ買いできるか出来ないか、
結構、重要な分岐点かもしれません。
何かを飛びこれる感覚はありますよ。
そこからまた先が拓けてくる。
楽しいことがまたまた広がる。
私はそう思いましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

小説を映像としてうかんでくる

小説を読んでいると
その内容が頭の中で
映像として現れる。

私の小説を読んでいるときは
いつもそうなっている。
だから最近まったく映画は見に行ってない。
もし読んだ小説で、
私の思い画いた映像と違うと
違和感を感じるから。

最近はどっぷり小説にはまっている。
だから想像も豊かになっていると思う。
映像がうかんで来るくらいだから。

この空想はちょっと他では凌駕できない。
これを味わったら止められない。
まったく良い趣味をもったものだと自分で思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

派手じゃない、人生を楽しんでいる

人はね、よく派手になったねえと言うことがある。
これは多少の妬みやさげすみが含まれている。
自分の人生をどう楽しもうが私の勝手。
そのためにも努力はしている。
みんな自分らしく生きたいと望んでいる。
でもできない。

出来る人を見たら褒めあうようにすればいいと思う。
私はそうしている。
私もそうなりたいと伝えてみる。
カッコよくなりたいと思う。
品よくしたいと思う。

人生のちょうど折り返しを過ぎたところ、
これから自分のために楽しまないでどうしますか?
私は楽しみたいです。
納得できるように楽しみたいです。
まわりでどういわれようともね。
「派手になったねえ」といわれようが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

興味の見つけ方

皆さんの興味の見つけ方は?
私の興味の見つけ方はやはり本から。
本の何気ない言葉がほったんです。
そして疑問に思うこと。
そして天の邪鬼な感覚。
そして実行。
それからの関連性。
そして出会うべくして出会う興味。
これでしょう。

私は本と出会ってしまったので、
ここ何年かは大それた行動は起こしてない。
というかおこす必要もなくなってしまったとも。

さあそろそろ何かが動き始めてもとは思ってます。
ちょっとネタはあるんです。
でもまだね公開は後の方で、
順調にいくようならそのうち。

興味もこの歳になると
ライフワークというように考えるもの。
なるかならないかは問題ではないです。
何かスポットはまる感じに出会えればね。
それがベストです。

ベターをたくさん持ってもいい。
ベストをひとつでもいい。
今の私には本がありますから、
それがメインで何もあせることはないです。
気長に楽しませてもらいます。
心に余裕があるということも大事。

とにかく今
うふふっふ
って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

本来のパソコンの姿

本来のパソコンの姿。
今のアップルの姿がまさにそれだと。

マニュアルを見ないで操作。
テレビやラジオを説明書見ながら使う人はいない。
本来パソコンもそうでなくてはいけない。

電源入れればネットは出来る、
音楽は聴ける、絵は描ける、写真を楽しめる。
そして重要なのは創造性、
操作でそれが阻害されてはとんでもないこと。

そして基本は美しいこと。
パソコンも美しくなければ。
機械というイメージはもう古い。
相棒、パートナーでなければ。

そういう意味ではまだまだ進歩の余地ありかも。
MSがへたってアップル台頭。
何かそんな感じがしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

伊勢丹の強み

この間の土曜日、伊勢丹に行きました。
車で行きました。
本当は銀座に行こうと思ったんですが、
さて駐車場を探すのは大変なのではと。
そうだ、伊勢丹には大きな駐車場があると。
それでは行ってみますかと。

また他の理由として、
女房とお互いに持っているiカードを、
家族カードに変更すると言うことで。

車を駐車して、送迎バスで本館へ、
なかなかリッチな気分にしてくれます。
電車でのお客さんもさることながら、
車でのお客さんにも相当な気配りが、
これが伊勢丹の強みなのかと。

今度は地下鉄も新たに開業。
新宿三丁目は賑わいのまっただ中。
伊勢丹の駐車場が使えるとなると、
新宿も満更ではなくなるかも。
新宿へ行く頻度が上がりますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

もしかして物書きの人って孤独?

もしかして物書きの人って孤独?
私は完全にはまだ物書きとはよべない。
でも何となく物書きの考え方がわかるような感じにも。

まだ誰も踏み込んでいない領域、
何かを試しながら試行錯誤、
ああでもない、こうでもないと、
真似をすることを極端に嫌って、
自分のオリジナルを追求し続ける。
結構孤独な行為だと思います。

物書きは書かなくなったらおしまい。
書いていないと死んでしまう。
よく言われることです。

私は今の段階、とにかく書くことを心がけてます。
質や内容はあまり気にしてはいない。
気にしている余裕もない。
まだ気にする段階ではないということ。
とにかく書けと。

孤独になったらどう対処しましょうか。
まだまだ先のことではあります。
そうすると書くことだけになると、
やはり不安はありますね。
私の場合は孤独になったら街に出ましょうか。
そして人を感じてエネルギーを吸収。

物書きのプロは大変だと思います。
まだ私の場合は副業の域。
孤独を感じてきたら私もプロかもね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

お小遣いを食べ歩き分に

お小遣いを食べ歩き分に。
そうしようと思ってます。

今現在、副業の儲けで、
本など買ってますが、
それを更に食べ歩きにも。

食べ歩きの効用
美味しいものを食べられる。
オシャレも楽しめる。
いったことがないところに行く。
そこでの人間観察。
夫婦で行くことも大事。
そこからまた会話が生まれる。
いいことずくめでしょ。

予算は月3~5万円くらいまで。
もう子供が手を離れましたからね。
教育費なんてこの額ではありませんから。
決して無駄使いにはなりません。

後、生きて数十年。
心残りがないように。
あそこで食べたかったということがないように。

普段は節制するんですよ。
それはもう。
当然ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

毒も経験のうち

ある意味、そうなのかもと。
毒を知らなくて解毒剤は作れません。
いいことばっかり願っていても、
視野が狭くなってしまいます。

どんな場合でも対処が出来る。
そのためにはどんなことでも経験が大事。
例えそれば毒のものであっても。
回避さえ出来る手段を持つという事が大事。

ま、始めから毒を飲んではいけませんから、
知識はそれなりに常日頃の情報収集が大事。
読んで得られるものにこしたことはありません。
始めは言葉や文字で収集。
常日頃シミレーションの訓練。

いざというときにあたふたしないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

あとがま

何にでも後釜は必要。
仕事でも、生活でも、考え方でも。
これは願っていてもそうはならないし、
ひょうんなことでかなってしまうこともある。

仕事を継ぐ。
私はそんな大それて考えたことはない。
ただ自分が出来ることを黙々と、
そして自分が好きなように行動できるよう。
親のいいなりになるつもりはなかったし、
たぶん出来なかった事も確か。
私はどこか変わっていたから。

私は身内が仕事を継いでくれることは、
よいことだと基本的に思っている。
もちろん親子で仕事をする喜びを、
今は本当にうれしく思っている。
これはやったものでないと本当にわからない。
そう思っている。

私は私の代で仕事は終わると思っていた。
今息子が手伝ってくれている。
息子に跡を継がせたいとは思うが、
続けられなければ仕方ないとも。
今、現在は本当に充実している。
私の生きている間は、
いろいろなことを伝えたいと思っている。
無理せず丁寧にゆっくりとね。
息子との会話が今本当に楽しい。
親子三代の会話も面白い。

準備などと大それた考えは今はない。
日々楽しく、有意義に過ごせるだけで、
幸せだと思っている次第。
「あとがま」とはそう考えている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

グルメ探訪

私は旅行が苦手。
乗り物に酔うので、
小さいときから旅行は好きではなかった。

その点、女房は旅行好き。
小さいときから両親としょっちゅういっていたとか。

子供小さいときは車で夏、冬と出かけたけれど、
子供に手がかからなくなってからはご無沙汰。

最近、二人でグルメ探訪に放っている。
私も自称「ものかき」といっているので、
取材かたがたで一石二鳥と。

死ぬ前にいってみたいところをくまなく回りたいと。
もちろん都内の近場ですけれども。

選択件はあくまで女房。
私はグルメ本を買って渡したり、
予約を取って連れて行くかかり。
月に用意できる予算内で食べ歩こうと。

なかなか良い発想だと思います。
夫婦円満!
食事も楽しい!
人の観察も出来る。
お店の観察も出来る。
そして何より生きている実感が味わえる。
これにつきましかね。

今後の食事の予定
マンダリンホテル
ペニンシュラホテル
銀座 久兵衛
椿山荘 蛍の夕べ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

精神のつながり、精神の快楽

精神のつながり、精神の快楽。
もしかしてこれが人間の究極かも。
人間は動物でありながら、
人間たるものを持っている。

年を重ねれば重ねるほど
精神とは重要なものに。
生きる糧も、突き詰めれば精神かも。
ちょっとある本を読んでそう思いました。

男女のつながりも、
精神のつながりが一番なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

食事も老化防止

食事も老化防止.。
ある意味そう思います。

私の場合は旅行はどうも苦手。
乗り物に酔ってしまうので。
女房もこれに関してはご不満です。

そんなわけで都内での食事を楽しむことに。
しっかり調べて好きなところを選んで、
何を着ていって、どんな感じなのか想像して、
楽しみを膨らませてからと。
(副業にも取材という意味でプラス)

こう考えていると食事も
頭の老化防止にもなり得るのではと。
もちろん食事ですからお腹のためでもあります。

たとえばお小遣いが4万円あったとします。
隔週で二人で出かけていって楽しめる。
(1人1万円コースまでの予算でね)
結構、これは楽しいですよね。

そしてしっかり調べて考えての行動。
これも一石二鳥。
趣味と実益!
夫婦円満!
老化防止!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

読書は姿勢を正してくれる

読書は姿勢を正してくれる。
これはちょっとした発見です!
変な格好で座っていると、
長時間の読書は出来ない。
背筋を伸ばした状態でいないと、
疲れてしまうからです。
だから、自然と姿勢をよくして読むように。

読書は目を悪くする以外は、
良いことずくめですね。
教養のある人が、
それらしい雰囲気を持っているというのは、
姿勢が良いからでしょうか。
そんな感じがしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

ひやかして歩く

ひやかして歩く。
これも大いに頭の体操になります。
そのためには身なりはきちっとしてからね。
銀座歩きもルールとマナーが必要。
店員にそれなりに見られなければ、
会話も弾まない。

出歩くためにファッションを気にする。
良いものを身につける。
そして最上の応対で会話を楽しむ。
「このお客を逃したら大変!」
そう思わせられたらしめたもの。

やはり自分自身も勉強を怠らないこと。
そしていつでも空気を感じていること。
そして何よりも楽しむことを心がけること。

ひやかしだって奥は深い。
そしてマナーも大切!
そして上を目指そう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

カッコイイ!

私の基本は、
「カッコイイ!」
カッコよくありたい。

何をするにもそれを目指します。
「洒落てるね!」
これもいいかも。

これからはカッコよく生きたい。
「粋に生きたい!」
これもよし。

ものを見る目も
カッコの良いもの!
感性にかっこいいと思ったらそれでよし。

内面のカッコ良さも大いに大事!
こちらは手抜きをしてはいけません。

残りの人生、
カッコよく生きる!
そうありたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

能書き本は自分のところへの誘導目的

能書き本は自分のところへの誘導目的。
ま、これはそうでしょう。
コマーシャルも加味したことで、

私のホームページも一応はこの手法参考にしています。
ただやはり押しつけだったりしてはいけないと思います。
無償提供の情報で私自身をコマーシャル、
そして私自身の人となりをわかってもらう。
そしてよければ商売の方まで発展してもらう。

能書き本も読んでいてそれなりに面白いときも。
私は本を何度も読まないので、
それなりに新刊本を買ってきてしまいます。
その分、旬のものが読めるわけですが、
でもこれがいつも同じようなことが書いてある感じに。
言っている人が変わっただけといった感じ。

ちょっと話題になった本はどうしても手を出してしまいます。
手元にずっと置いていたい本はなかなか見あたらない。
言葉の本や、精神的な本はまだましかも。
そういう意味では伝記本、履歴本のほうが面白い。
能書きではなく実際にあったことですから。
それも一流どころのを読むのが良いですね。
これしかないでしょう!

やはり最近では「カンブリア宮殿」かも
早速買ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

空想のなかで遊ぶ

空想のなかで遊ぶ。
最近の私はこれ。

小説を読むようになって、
小説の中の人物を間近で見ている空想に。
描写も頭の中に結構鮮明に浮かびます。

一番お金がかからないでいいかもね。
けちんぼうの私にはうってつけ。
本はまったくそう考えると安いです。
借りて読んだら申し訳ない。
しっかり作者に還元しなければ。

空想をよくするようになると、
なかなか自分に対して得な面も。
いろいろなバリエーションを考えつく。
もちろん頭の中で勝手にシミレーション。
これの繰り返しは大いに自分のためになる。
この訓練をもっと前からやっていたらと。

今からでも遅くないですね。
もっともっと本読んで、
空想に明け暮れたいと。

でもね、
空想一辺倒になるのは禁物ですけれどね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

腹八分がちょうど良い

腹八分がちょうど良い。
満腹感にはしない。
空腹感を常に味わう。

ま、自分でもメタボかなあと思うときが。
お腹の出っ張りは気になるところ。
いつでも満腹に食べていて、
いっぱい汗かけばいいと思っていた私。

やっぱりこの歳になるとそれではいけない。
食事は抑えなければいけない。
最近は朝、昼は抑えめの食事。
これでお腹周りが徐々によくなった感じに。

何よりも良いことはお腹が減ること、
そして八分だと食べ終わって苦しくない。
これが大変良い事です!

たぶん世の中、この法則は何にでもあてはまると。
仕事でも、生活でも、お金にも。
「人生腹八分」
名言だったりして!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

老化防止にオシャレを!

自分の身なりを気にすることは、
老化防止にもつながる。
そんな論理に気がつきました。

オシャレをする事は
もちろん自分にあったものを選ぶこと、
いつでもオシャレに気を使うこと。
どんなオシャレが良いか情報収集する。
オシャレ雑誌をよく読むようになる。
品物を見る目がいつでも気にかけている。
オシャレをどう表現するかを考える。
オシャレをして外に出たくなる。
オシャレをして歩いてみんなに見てもらいたいと思う。
オシャレをしてどこに行こうか考える。
オシャレの話を人としたいと思う。
オシャレをするために無駄遣いを減らす。
オシャレをするために収入を増やそうと思う。
オシャレをして恋人と出かけたくなる。
などなど。

ね、老化防止でしょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

掃除パワー

掃除パワー、
なかなかあなどれない。
トイレ掃除、机まわり掃除、
これだけでも気持ちが良くなり、
仕事がうまくいく感じになる。

よくビジネス本には書かれていますね。
まずは社内清掃からと。
全てがここから始まると。
これは納得といったところ。

仕事始めにお掃除。
準備体操にもなるし、
気持ちの高ぶりにもなる。
そして考えの整理にもなる。
(どう仕事を進めようかと頭では思考)

ものの10~20分。
この時間をどうするかで、
勝負が決まるとしたら、
決してあなどれないし、
手を抜く理由はない。

私としては
運を呼び込むのかなあとも
思っているふしもあります。
運は決して運だけではなく
呼び込むもの、
運はきれい好きだったら
きれいにしているところにしか来ない。
そしてきれいにしておかないと、
止めておくことも出来ないし、
逃げ出て行ってしまう。

そう考えると
何かつじつまが合うような感じ。
掃除の大切さも説明できるというもの。
さあちょっとしたぞうきんがけにも
意味はあるものです。
キレイキレイにね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »