2020/01/26

週間銅相場情報つぶやき

2020/01/26 10:21

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
22日銅建値トン1万円下げの
72万円に改定されました。
24日には中1日の緊急改定!
銅建値トン2万円下げの
70万円に改定されました。
22日の1万円下げまでは
良かったのかもしれません
まあ計算上でも足下計算
では下げは想定内でした
その後の24日が如何せん
よくありませんでした。
新型肺炎拡大警戒懸念!
もうこれで米中協議進展は
全部すっ飛んでしまった形。
勿論その前には銅在庫も
2日間とも5ケタと銅在庫が
大きく増加してしまって
一気に12万トン台から
19万トン台へと跳ね上がり。
銅相場としても24日には
6,000ドルを切る事に。
(23日の後場から切っている)
今現状の新型コロナウイルス
今後猛威を振るうのかそれとも
水際対策が功を奏すのか。
中国は武漢市を隔離地域に
する強制策をも取り出しました
しかし時期がどうも悪いです
春節でもう既に潜伏患者も
世界に散っている有様。
パンデミックの可能性は?
WHOは緊急事態宣言を先送り
ここで危機感を流して
しまった感じは否めません。
さあこれが経済、銅相場に
どう今後影響を与えるのか?
足下では銅建値更にトン
1万円下げ余地の69万円計算。
週明け早々にも更なる銅建値
下げの措置が取られる
やもしれませんね。
まずは銅相場は下げ覚悟で
いなければいけないのかも。

|

2020/01/19

週間銅相場情報つぶやき

2020/01/19 11:54

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
14日銅建値トン2万円上げの
73万円に改定されました。
為替も円安
銅相場も上げで
これで月平均も723.1円
と12月の月平均よりも
上がった事になりました。
これでは仕切り値も
上げざるを得ないか?
っと言う事で多少上げ
でも実質問屋筋も在庫が
積み上がっているし
メーカーの買い意欲も
変わってはいない
という事で定期ものしか
恩恵は受ける事が出来ない
事になってしまっています。
米中は「第1段階の合意」
を致しましたしかし
その後の合意は年内に
決まるかどうか大統領選
までは十分に引っ張る
感じはありありでしょう。
現在ダウ過去最高値更新中!
今ビットコン100万円超え!
さあここらの相場は
どうなのでしょう?
中国経済高齢化の影と
成長率6.0~6.5%の範囲内
これはクリアーでしょうが
今後の展開としては
後々6.0%も切ってくる
のではないでしょうか。
勿論お金持ちは増えたし
中国に限らずアジア諸国内
でも富裕層激増の感じにも。
でも逆に中低流階層も
激増しているようにも
思えますけれども。
要は格差は拡大傾向
これが益々ひどくなって
いるようにも感じます。
日本も高齢化で税金を
払えない層が拡大して
いるようにも思います。
東京都心の固定資産税は
相当に高いと思います
それでも今はやっていけて
いるのかもしれませんが
急に何かで稼げなくなったら
ガクンとくるのではと
心配でなりませんけれど。
今年はオリンピックイヤー
開催終了までは何とかする
のではないかとは思いますが
勿論数値だって海外から人が
押し寄せるかもしれません
から上がる事なのでしょう
その期間は潤うでしょう
でもその後が心配なのです。
税金は皆からしっかり平等に
取らないと取られている側
だけの負担贈をこれ以上
増やすわけにはいかないと
思います医療費にして
そうなのです。
しっかり相互に負担し
合わないと頓挫の原因です。
取れるところから取って
いるだけでは皆この国から
逃げ出してしまいます。
物事には限度というものが
ありますその限度を超えた時に
何が起きるかを十分に
気をつけておくべきです!
銅相場だって上がり過ぎれば
絶対におかしな事は起こる
そう思っていないとね。

|

2020/01/12

週間銅相場情報つぶやき

2020/01/12 12:29

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
年初は銅建値トン
2万円下げ始まりの
70万円からスタート。
やはり2万円下げでしたか!
為替も円高でした
そしてトランプさんへの
イランの報復もありました。
しかし週を終えてみれば
陰では米とイランの緻密な
話し合うがあった感じも
イランの巡航ミサイルでは
米には死人無しとね。
しかしその直後イランによる
ウクライナ機撃墜報道も
それをイランが虚偽と発表
しかしその後訂正で謝罪。
結局、相場関係は落ち着きを
取り戻す流れに変わりました。
為替も円安に動いて
日本の3連休開けには
銅建値は1~2万円上げ
があるやもしれません
火曜日に緊急改定される
かどうかは正式な発表を
待つ事となるでしょうが。
一時は今回の事では
相場関係の暴落やら
為替の大きな変動やら
中東情勢の激変やらも
視野に入れなければと
思った次第でしたが何とか
このまま何も無かったように
沈静化していきますかどうか。
ビットコインも上昇傾向
他の相場も上昇傾向へと
向かうのかどうか?
国内はどうなのでしょう
オリンピック景気は
もう既に終わった感じも
次の牽引エンジンは何?
公共投資にももう限界が
お金の廻り所も既に変化
後の3ヶ月間は期末の
バタバタ感に頼るのみ
しかし製品需要は何やら
これからは持ち直して
きそうな雰囲気もあるとか
まあこれには少し期待
したい所ではありますが。
でもモノはこれからは
今までのようには
売れなくなるのでは
ないかと思っています。
オリンピックイヤー
その需要も結局は
限定的ではあるしね。
材料原料の発注も
右肩下がりなのでは?
とにかく今年は何が
起きてもおかしくはない
そんなように思っています。
そう心構えはしておかないと。

|

2020/01/05

週間銅相場情報つぶやき

2020/01/05 8:35

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
まあこの週は
年末とお正月の
お休み期間中ですから
国内での実際のお値段は
銅建値なども計算値
の域でしかありませんが
国内はお休みなので
海外の外電だけは
入りますから毎年
静かな期間でありますように
と願っている所なのですが
トランプさんやってくれました!
まあ為替は既に事前に
仕込まれていた感じも
見受けられたりしますが
米ダウの方は年初
大きく上がって
その後、ニュースで
上げた分下がってしまい
こちらも仕組まれた感が
否めませんけれども
銅相場はじりじりと下げ
為替も円高に動いて
足下での銅建値計算値は
週明け1~2万円下げでの
年初始まり予想です。
1万円下げ位がありがたい
のですけれどもね。
それは明日の発表で!
ただメーカーさん問屋さんの
地合は良くないし変わらないし
逆に下がったことで
仕切り値は更に厳しく
下げられそうな感じです。
年末に入った在庫分は
その煽りをかぶりそうです。
まあとにかく去年までの
地合上向き米中協議改善や
中国金融政策期待が支え
などとのニュースは
今回のイラン問題で
下手すると大きな火種や
大火に発展するやもと。
そうなるまたまた混沌と
しかねませんからね。
どう流動的になるか全く
わかったものではありません。
とにかく今年は気を
つけた方が良いかも
しれませんくれぐれも!

|

2019/12/29

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/29 9:10

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
この週だけは銅建値の
変化はありませんでした。
一時は銅建値1万円上げ余地
も発生していましたが
タイミングも合わなかったのか
改定にはいたらずでした。
銅在庫は相変わらず減少中!
LME銅在庫のグラフを見ると
全くのギザギザが無い状態
での下降線なのです。
原油も落ちていませんから
それにつられているのか?
米中協議の進展期待
まあでもやっと第一段の
合意なのですけれども
市場はある意味浮かれている
そんなようにも感じています。
何度か暮れに大相場で終わって
年明けガタンっと落とされた
年がありましたその記憶が
今、よみがえっています。
そうならないようにと
願うばかりなのですが
巷では不動産が危ないとか
金融関係が危ないとか
株式だってこのままうまく行く
ようにはどうも思えないとか
最近では不安を煽るような
コメントやコラムの掲載が
日に日に増えてきています。
そもそもすでにもうこれ以上の
下支えや資金のあてが
望めなくなっている状況
なのだそうなのですが
どうも緊迫感がない。
うまく流しているのか?
オリンピック終了までは
是が非でも今の水準の維持
を取るつもりなのか。
北京オリンピック後の
相場の急落を思い出します。
この1年どうも非鉄製品の
売れ行きがよくありません
12ヶ月連続減産減益だとか
これを観ているとやはり
衰退は避けられない感じです。
今のネットは3Gそして随時
4Gへの移行が急ピッチになり
そしてその後の5Gへと
でもその5Gの時の未来は?
聞く所の話では設備や電力が
ガラッと変わりそうなのです。
そんなことまでしても絶対に
必要なのかとの疑問もある。
何かもう止められない流れに
なってしまっているようです。
危うさの増大!それも今後は
指数関数的に急拡大していきそう
そう感じてなりませんが。

|

2019/12/22

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/22 11:38

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
18日銅建値トン1万円
上げの72万円に改定。
銅建値月平均は705円
足下とでは15円の差が
開いてしまいました。
さすがに今回の上げで
問屋の仕切り値も
若干上げざるを得なく
なってまいりましたが
もう既にメーカー納入は
終了していることもあり
問屋が高値での在庫の
積み増しには消極的な
こともあって欲しくない
との意思表示での値段の
提示となっています
それでもよければとね。
今回の銅相場の上げ
勿論、銅在庫も急激に
減少している訳でしたが
此の間ニュースでは
やはりファンド筋の
9ヶ月ぶりの買い越し
だったとの発表で
なるほどと思った次第
でなければこんなに
相場は上がらないし
在庫も急激には減りはしない
こういう場合は必ず
原因理由があっての結果
そして思い出したのが
何年か前の暮れの12月に
相当に高かったのが年明け
1月に一気にズドンっと
落っこちた記憶でした。
今回はそうならないこと
を願うばかりなのです。
なにせ米中協議もまだ
第一弾の合意に
こぎ着けたばかりですし
第四弾まではまだまだ先
どうなることやらは本当に
どうなることやらなのです。
もう米大統領選も絡みます
思惑での振り回されが
大いに起こっても
おかしくはない訳です。
またその裏に潜む
歪みによるバブル崩壊
これだって可能性は
大いにありなのだと
忘れてはいけない
そう思っております。

|

2019/12/15

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/15 10:47

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
10日銅建値トン2万円
上げの70万円に改定。
今度は13日に1万円上げの
71万円に改定されました。
今週だけで3万円の上げ!
足下では銅建値71万円
月平均ではキロ70.1円
約1万円の乖離発生!
そして何よりも
問屋の仕切り値が
建値68万円からあまり
変わっていない状況発生!
そして問屋筋では12月分
出荷が既に終了していると。
そしてメーカーの買い意欲も
来年1~3月期もまだ下げ傾向と。
そういう訳で年内の商売は
実質終了となった感じです
もう問屋筋は高値では
買いたくはないし
スポットはやらない
やりたくはない
差し込みは到底出来ない
そんな状況に陥っています。
暮れの月末の換金売り
捨て値でしかしてくれない
そんな状況になるでしょう。
銅外電相場が一人歩きした所で
市中や問屋、メーカーサイドでは
今期末までは追従しない状況。
これだけを観ていると
今後は経済の下降が鮮明に
現れてくるのかもとね。
米中協議が今後うまくいく
そうなっても果たして経済は
また緩やかな発展を続け
られるのでしょうか?
さあどうなのでしょうね。

|

2019/12/08

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/08 18:42

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
5日銅建値トン1万円
下げの68万円に改定。
結局11月の月平均と
並んでしまいましたし
また2日の計算値だけ
69万円でしたがその後の
計算値は67~68万円台なのです。
しかし6日の後半から
銅建値計算値またまた
69万円台へ戻しています。
このままなら週明け早々にも
1万円上げの69万円に
戻りそうな感じです。
中国輸入関税一部免除報道
米11月雇用統計が
市場予想以上に増えたと
また中国の輸入7カ月ぶり増
対米国が急回復だと発表
また一気に潮目が変わりだし
こうなってくると
銅相場もそれに
つられる形を取るのかも。
しかしながら国内では
メーカーの買い意欲は
上がらずじまいです
逆に下げ傾向継続中!
よって問屋筋は在庫増
またここへ来ての
そこかしこでの炉修
上物も裾物も
銅外電をそのまま
鵜呑みにする事が
出来ない状況に
なっています。
年の暮れと言う事で
換金売りも増える時期
でも期待以上の仕切り値
ではさばけない状況と
なっているようです。
このままの状況で今年は
終わってしまうのか?
スポットでの差し込みは
なかなか出来ない状況です。
定期契約の分でしか
恩恵は受けられません。
枠を持ってなければ恩恵
には全くありつけません
そういう意味からも
国内のメーカーとしては
結構あまり良くないのです。
日本国内オリンピック景気
はいったん終焉を
迎えているとも
言えそうです。
次なる投資案件もまた出て
きているようですけれども
さあ今後はどうなりましょう
うかつに動いてしまっては
ババを引かされかねません
相当に気をつけなければ
いけない時期に入った
ように思いますけれども。

|

2019/12/01

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/01 8:01

おはようございます。
1週間を振り返ると
27日銅建値トン1万円
上げの69万円に改定。
これで月平均は681.0円。
足下と月平均では
約1万円の差が発生。
ちなみに29日の
銅外電計算では
68万円になってしまう
計算となりますので
12月はトン1万円下げの
68万円下げスタートでの
予想と思っています。
米の香港人権法案成立
これで一気に雲行きが
悪くなって来た感じです。
米中協議の行方も
どうなってしまうのか
と懸念されるように
なってしまっています。
どうにもどちらの方が
仕掛けているのか?
仕掛けられているのか?
一体どうしたいのか?
ここへ来てぐちゃぐちゃに
なってしまっている感じ。
ぐちゃぐちゃにしたいのか?
巷では年末商戦突入!
あと1ヶ月で今年も終わり
最後の商戦が切って
落とされていますが
政治経済の行方には
不透明さが増しています。
伸銅品はこの1年前年同月比で
マイナスを続けています。
本当に経済は
大丈夫なのか?
本当に相場関係は
大丈夫なのか?
年内土壇場で何かが
起こらなければ良いのですが
まあ私の場合は
こんなことばかりを考えて
いるばかりとなっています。
すんなり新しい新年を
迎えられれば良いのですがね。

|

2019/11/24

週間銅相場情報つぶやき

2019/11/24 7:20

おはようございます。
1週間を振り返ると
20日銅建値トン1万円
上げの68万円に改定。
この上げにはちょっと
疑問だったのです
様子見だとの予想でした
計算上では少し
足りませんでしたし
後半のNY銅では
下がってしまいまた
これは結果論ですが
その後の21日22日と
少し足りない状態が継続
まあでももっとも
韓国のGSOMIA失効回避
は良かった印象が有った
のでは無いでしょうか
米中協議がここの所は
芳しくない様相でしたから。
国内の様相はどうかと
ブラックフライデー
国内では一週間前倒し
早く始めた者勝ちを
競い合っている感じですが
まあもともとこの時期から
年末商戦が開始ですから
そしてこれでもって
一年の大半を稼ぎ出す
所もあるという話ですからね。
でもねえもうそんなに
モノは売れにと思います
消耗品はその範疇には
入りませんけれども
その他の衣料品などとなると
厳しい状況なのでは無いかと。
ある所ではさらに高額品へと
進んでいる傾向もあるようで
満更間違ってはいない感じ
ですがしかし一気に不景気
となってしまえばわかりません。
私などは安定では
いけないのかとか
持っているモノで十分
なのでは無いかとか
思ってしまうのですがね。
まあ今は豊かな時の論理
でのやりくりなのですから
お節介もほどほどと
思われてしまうでしょう。
逆に考えれば相当に
危うさをはらんできて
いるようにも思えます。
私は気をつけないとと
思うばかりなのです。

|

より以前の記事一覧