2019/10/13

週間銅相場情報つぶやき

2019/10/13 8:23

おはようございます。
一週間を振り返ると
10日に銅建値1万円上げの
トン65万円に改定されました。
すそものの仕切り値は
スライドでは上がらず。
相変わらず品物の出は
閑散状態継続中です。
先週末から一気に
米中協議に進展が
現れてきたようで
米株価も大きく上昇!
為替も円安に動いて
米中協議進展もあってか
銅相場も少しずつ
切り上がってきています
足下での銅建値計算値は
トン1万円上げ余地に。
週明け月曜日が
お休みですから
それをどう扱うかですが
もしかすると火曜朝の
外電にもよりますが
週明け早々に銅建値の
上げ改定があるやもです。
ここの所の月のお休みが
増えている中で
コロコロと銅建値が
動くようになっています
品物の出も少なく
実働日数も少なく
8~10月と商いが苦しい
経営を強いられています。
米中協議決着はあるのか?
それによって素材産業
上向きへとなるのか?
私はどうも懐疑的
絶対使用量では下降傾向
どうしたって上昇へは
転じる事はないでしょう。
粛々と仕事に精を出すのみ。
巷では何やらネットの
ポチポチ買いが大いに
はやっている様子ですが
私はどういう訳か
興ざめなのです。
世の中的にはそうでは無く
これで大いにお金が
動いているふしにも
ネットの威力は凄い!
と否定できないでいます。
結構精神的気持ち的にも
うざとくなっていますが
これが今の世の中なのです
これが今の実情なのです。
我々の業種業界は今後
どうなっていく事でしょう?

|

2019/10/06

週間銅相場情報つぶやき

2019/10/06 11:57

おはようございます。
一週間を振り返ると
10月銅建値はトン66万円の
据置でスタートするも
4日にトン2万円下げの
64万円に改定されました。
月平均もこれで一気の下げ。
為替が円高になり
106円台へ突入!
銅相場も5,500ドル台へ。
銅在庫も前日3万6千超増加
で一気に29万トンへ
押し戻される格好へ。
原油が8日間続落
ISM指数10年ぶりの低水準
全米雇用リポートで雇用伸び悩み
そしてなんとかそれ以上の下げを
食い止めてくれたのが
FRBの更なる利下げ期待
これが頼みのつなに
勿論中国は国慶節で休み
週明けからの参加で
動向が気になる所です。
更に米朝協議「決裂した」と北が
この影響だって出るかも。
とにかくまたまた利下げ
世界的にこの傾向強まる
これなくしてこの場を
しのぐ事が出来ないのか?
なんか世の中の雰囲気は
悪くなる一方な感じです。
衣料品関係が悪い
実店舗の閉店目立つ
財布のひもは更に締め
勿論10月から消費税は
10%ととなりました。
これまでより2%の増税
レジではしきりに2%還元セール
でもこれは消費を促すには
力不足だって9月までとは
なんら変わらない事ですから。
各Payシステムの増税分以上の
還元セールだけが目につきますが
でも皆さん余計なものは決して
あえては買わないでしょう。
私なども世の中云々
というよりかは別に
週末家に閉じこもっていても
何ら影響はありません
またその方が疲れを癒やせて
週明けからの仕事にもプラス。
休日はしっかり
何もしないお金も使わない
大いなる休養日なのです。
そういう傾向なのでは?
そう思ってしまいます。
お金を使ってしまったら
減るばかりですから
それは理の当然な事です。

|

2019/09/29

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/29 11:56

おはようございます。
一週間を振り返ると
25日銅建値トン1万円下げの
66万円に改定されました。
これで今月の月平均確定
銅建値月平均658.4円。
月平均は足下より少し
下がってしまいました。
9/2 640円
9/5 650円
9/10 660円
9/13 670円
9/25 660円
9月平均 658.4
結構コロコロ変わりました。
まあ67万円の期間が
長かった事は幸いですが
しかし問屋筋の仕切り値は
67万円の1万円上げ時では
スライドしませんでした。
小幅だったのです。
まあ月平均からしても
仕方ない状況でした。
それに海外では
いろいろと情勢が
揺れ動いた月でも
ありましたからね。
米中貿易問題好転の
兆しがあったりまた
一転期待がそがれたり
米利下げがあったり
為替が円高に振れたり
また円安に動いたり
国内では台風被害
ニュースには事
欠かなかった
月ではありました。
また3連休が2週続けて
あったものですから
品物の出が極端に
細ってしまった面もあって
結構苦しい経営を
強いられた感じとも。
相変わらずの人手不足
そのための賃金上昇と
問題を抱えるように
なってきています。
ビットコインも
100万円を切って
一気に80万円台へ突入。
長期金利も一時は
ー0.160%まで上がり
ましたがそしてまた
-0.260%へとさがって
足下は-0.240%ととね。
何か不安要素がありありで
心配している所です。
米中貿易問題も根が深そう
トランプさんの弾劾問題
さあどうなりましょう
そしてついに週明けの
10月1日からは消費増税
消費税10%となります。
さあこれで一気に景気
冷え込みへと突入なのか?
年内は何とかやり過ごせる
けれどもその後はわからない
的な様相のようにも
オリンピックまでは
なんとか景気を維持?
引っ張ってくれるのか?
いつ何時何かが起きても
おかしくは無い状況
そんな感じで私は
身構えておりますけれど。

|

2019/09/22

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/22 10:48

おはようございます。
一週間を振り返ると
この一週間は銅建値
変化改定はありません。
ホッとしています。
無人機のサウジ攻撃には
ハッとさせられたものです。
日本も備蓄の説明
為替も大きな変化無く
米も感情的な動きにはならず。
株価の変化もあまりなく
銅相場の変化も小動き。
FRBも0.25%の利下げへ
一時長期金利も-0.160%
まで改善しましたけれど
今は長期金利-0.220%。
ビットコインの動きも
狭いレンジ小動きのまま。
日本国内では千葉での
台風被害が相変わらず
復旧が遅れています。
また今回も大型の台風が
この連休中にも襲うと
千葉では戦々恐々で相当に
参っている事でしょう。
インフラ整備、法整備
早急な課題も浮き彫り。
そう考えるとオリンピック
とばかりに浮かれては
いられない訳なのです。
そこかしこに落とし穴が
いっぱい実は潜んでいるようで
何かのきっかけで
それが大きく露呈をする。
とても危うい事です。
相場にしてもそうです
変に小動きで終始していると
今後何かが起こるのでは?
と身構えがちになります。
十分な準備と言われても
困ってしまうのですが
精神的な心構えだけでも
常にシミュレーションを
していなければと思います
いつ何時でもと常にね。

|

2019/09/15

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/15 11:36

おはようございます。
一週間を振り返ると
10日に銅建値トン
1万円上げの66万円に改定。
更に13日に1万円上げの
67万円に改定されました。
円安と銅相場の上げで
為替は108円台突入
銅相場は5,900ドル半ばへ。
銅相場6,000ドルも視野に
足下では銅建値更に
1万円上げ余地発生
このままなら週明け早々
にも1万円上げ改定か。
背景には米中協議進展期待
急速に改善している感じに
とらえられたのでしょうか
まあもっとも銅相場にしても
あや戻し的な所もありそう。
また世界的な金融緩和の動き
ECBも利下げに踏み切り
近々FRBも利下げされる見通し
こうなってくるとまた
各相場関係も吹き上がる
可能性も出てくるかどうか。
しかし伸銅品関係の注文は
ここへ来て相当に減っています。
品物が売れない
商品が売れない
注文が増えない。
長期金利は-0.160%
だいぶ改善されました。
さあこのまますんなりと
行くのでしょうか?
まだまだ予断は許さない
と思いますけれども。

|

2019/09/08

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/08 9:58

おはようございます。
一週間を振り返ると
週明けの9月始まり
銅建値1万円上げ始まり
と期待はあったのですが
為替が円高とあって結局
据置スタートとなりました。
その後は銅相場が下がって
1万円下げてしまうのでは?
という状況にもなりましたが
緊急改定には至らず
逆に5日には銅建値
1万円上げとなりました。
為替の円安に銅相場の上げ
足下では更に1万円上げ余地
タイミング的には
火曜日の外電を待ってから
となりそうなので月曜日の
改定は期待薄だとは
思いますけれどもね。
地合は好転してきたのか?
これは迷う所ではあります
FRBも更なる利下げを実施
予定としているようですし
香港の問題やEU離脱問題
米中貿易摩擦問題と何やら
良さげになっている感じ
しかし日銀のアナウンスを
観ていてもどうなのかとも
思えてなりませんけれども。
また日本は確実に10月から
消費税率上げとなります
いろいろなタイミングが
重なる恐れもあります。
世の中を見回してみても
どうも活気は無いようにも
日本にいる外国人頼みの様相
日本人の底力では無い感じで
危うさを感じているのは
相も変わらずなのです。
各種の値上げもいつしか
気づかないように
行われている有様ですし
無駄だと思うような広告も
流さずにはいられない
状況なのかとも思えて
どうも良くないと思います。
建設設備投資ラッシュ
人手不足人件費増加ラッシュ
歪み増加に支えられている。
さあどこまで積み上がりますか?
俯瞰してみていないと
神経までやられてしまいそうで
いつでも逃げ出せる態勢
いつでも整理できている状態
キープしていなければと
思っていますがいかがか?

|

2019/09/01

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/01 10:43

おはようございます。
一週間を振り返ると
やはり前の週に
予想していたとおり
週が開けたら銅建値トン
1万円下げの64万円に改定
LMEがお休みでしたから
タイミング的には次の日
かと思っていましたが
また逆にその後の緊急改定を
想定をしていたかもなんて
考えてもしまいましたが
そのままこの銅建値で
今月は確定となりました
銅建値月平均652.8円。
足下では微妙な所で
週明けの銅建値始まり
1万円上げるかそれとも
据置でスタートかは
後は為替如何にかかって
いるような感じです
2日はNY市場お休みですから
今の現状の値で決めな
ければいけませんからね。
対中関税1930年代並みに
米「第4弾」きょう発動と
さあ明日の東京市場が
大いに気になる所です。
アジア市場が開いてからが
本格的な動きが
現れる事でしょう。
心配をしています。
先々の下げ傾向は
変わらずと思っています
何か起きてもおかしくない
状況のようにも思っています
「逆イールド」不気味です。
このサインは捨て置けません
そして長期金利-0.280%
これもどうしたっておかしい
ビットコインも今後は
100万円を割るのかもとも。
どこに逃げ道を求めるのか?
中国の債務増大今後
じわじわと効いてきます。
日本にしたって他人ごと
では無いでしょう
全ては溜め込んでしまっている
膨大な借金が元凶なのだと
さあどうなりましょうか?

|

2019/08/25

週間銅相場情報つぶやき

2019/08/25 10:53

おはようございます。
一週間を振り返ると
先週予想していた通り
19日銅建値トン1万円下げの
65万円に改定されました。
結局、お盆休み中の上げは
反映されない事になりました。
そして週末米ダウ急反落!
それによって為替1円以上円高!
もちろん原油も下げたため
銅相場も軟調傾向を表し
後半NY銅も下がって
足下銅建値1万円下げ余地。
為替のさらなる円高なら
2万円下げもあったりしてなんて。
これでさらなる下値押しに。
米中貿易摩擦問題激化!
日本にしても日韓関係悪化!
FRBもさらなる利下げなどと
示唆していたりして景気に
陰りが見え始めています。
生活消耗品は売れては
いるようですが他の消費は
伸び悩んでいる感じです
衣料品は特にダメかもね。
企業自体も体力を消耗
させられているようにも
消費税上げ前の値上がり
そしていよいよ10月から
消費税の値上がり開始
さあどうなりましょう?
その前に株価の暴落やら
不動産の暴落やら
為替の大変動やらが
起こったりはしないか?
もうこないだから危うさが
つきまといっきりで
全く拭えずじまいに
思えてなりませんけど。
週明け何かが
起こらなければ
良いですけれども。

|

2019/08/19

週間銅相場情報つぶやき

2019/08/19 4:13

おはようございます。
一週間を振り返ると
14日巷ではお盆休み中
銅建値トン1万円上げの
66万円に改定されました。
これで月平均も66万円。
しかし週末には銅建値計算値
1万円下げ余地となっています。
週明け今日にも銅建値
1万円下げ改定があるやもです。
先週銅建値が上がった原因は
為替が円安と銅相場の上げ
しかしそれも1日天下でした
また為替も円高、銅相場も下げで
計算上また1万円安くなりと
そして後半では銅在庫が
2日間合計で6万トン増加!
一気に33万トン台となりです。
米ダウの下げも一時厳しく
これは大きく総崩れがくると
危機感を持ったものでした。
しかしそれも何日も続かず
まあなんとかやり過ごした
感じ終わってくれました。
でも何やらやはり怪しい感じ
今週も身構えておかなければ
と思うばかりです。
景気減速懸念と長短金利逆転
これが解消されたわけでは
全くありませんから決して
安心してはいけないと思います。
どこかのタイミングで
ドンっとさらに落ちるときが
来るかもしれません今は
なんとかそのタイミングを
やり過ごしているようにも
思えてなりませんけれども
とにかく相場の大きな下げでの
大かぶりは避けたいものです。
それを頭において仕事を
しておかなければいけないと
思うばかりです。

|

2019/08/11

週間銅相場情報つぶやき

2019/08/11 7:55

おはようございます。
一週間を振り返ると
案の定、週明け銅建値
中1日の緊急改定となって
銅建値トン4万円下げの
65万円となってしまいました。
その次の日以降も
トン1万円下げ余地で
やっと週後半になって
銅相場も盛り返し
為替の方はそのままで
銅建値現状と足下が
同じような値になりました。
さあ昨日から巷ではお盆休む
大手や問屋筋は9連休がざら
この期間中にも外電は
入ってきますから
気が気ではありません。
何かの噂では16日が危ない
為替にしても
株式にしても
銅相場にしても
原油や金や仮想通貨にしても
長期金利にしても
気が気ではありません。
そもそも論としても
これからの消費拡大には
無理があるのではとの見解
いくら金利を下げても
金融緩和を行ったところでも
マネーゲームに終始するだけで
現実市場では必要以上を超えて
歪みの増大にしかならない
真っ当の体をなさない
やはりこうなってくると
一度クラッシュが起きて
必要無しは全て市場から
撤退消えてもらうしかない
そういう状況になるのでしょう。
今までのバブル崩壊とは
また違った崩壊が
起こうるのかもしれません。
お盆休みで心と体のケアー
鋭気をしっかり養って
おくべきなのでしょう!

|

より以前の記事一覧