2018/11/11

週間銅相場情報つぶやき

13:36 2018/11/11

おはようございます。
一週間を振り返ると
5日に銅建値4万円上げの
76万円に改定されました。
8日には2万円下げの
74万円に改定されました。
銅相場の上下の動きが
めまぐるしい週でした。
中間選挙前では株価が乱高下
中間選挙後でもやはり
株価の乱高下、金利上昇。
落ち着き感が見られません。
本業の荷動きも低調のまま。
企業業績も良い所は良し
悪い所は相当に深刻と。
相変わらず両極端のようです。
ホントの所、均した状態では
経済の状況はどうなのでしょう?
リーマンショック以降10年
ある意味右肩上がりでした。
お金のだぶつきは間違い無し
でも最近ではどうも何か
おかしい感じがしてなりません。
私には別に何か特別に必要と
するものが見つかりません。
消費をあえて促進させられる
ものにはめぐり合えていません。
もう既に持っているまたは
別に必要とも思っていない。
日々生活においての消費は
それなりでそれ以上には
望んでいないのが今の現状。
皆こんな感じのようにと
思っている所なのです。
現状維持でなんら問題なし。
あえて何かを望むなんて
もうそうそうに無いのです。
そういう中での経済の発展
って言うとどうなのでしょう?
何処かに無理をきたして
いるようにしか思えません。
私は今の自分の感覚を
大変大事にしています。
誰に強要されるのではなくと
自分の思うよう感じるよう
心がけていますそして私は
これを信じ続けていきます。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/11/04

週間銅相場情報つぶやき

10:17 2018/11/04

おはようございます。
一週間を振り返ると
10月はそのまま
銅建値74万円で終了
月平均は744.7円で確定。
11月は銅建値2万円下げの
72万円での改定スタート。
この2万円の下げは
きつい感じがありました
下げすぎたのではなんて声も
まあ問屋筋は様子見との事
しかし今の足元では銅建値
3万円上げ余地発生です。
月曜日緊急改定をするか?
火曜の朝の外電を持ってから
改定をするか?はたまた
また銅相場が急変して下げて
しまったりするかもなんて
想像をしてしまったり。
週末には日経やアジア株は
大きく上がって終りましたが
欧米に移ってからは
何かさえない動きへと変化
週明け月曜日の日経の
始まり方が気になる所です。
米も中間選挙が終るまでは
トランプさん優位を保ちたい
でしょうからねマイナス分は
払拭しておきたいはず。
その後でしょうか
何かが起こるとしたら
何かを仕掛けるとしたら。
また米金利の動向もまたまた
神経質な領域に入ってきて
ここから相場へと波及
しそうな感じも否めません。
銅相場もはたして6,300ドル台
をキープできるのか?
6,000~6,300ドルのレンジ幅
をキープできるのか?
週末の銅在庫の急激増加が
気になっています。
ほんとの理由が知りたい所。
とにかく相場は安定している
事にこした事はありません。
急激な動きや想定外の動き
などは望んではおりません。
ましてクラッシュなどとは
でも何やら危ない領域に
近づいているように
思えてなりません。
くれぐれも用心にこした事は
無いのかもしれません。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/10/28

週間銅相場情報つぶやき

11:01 2018/10/28

おはようございます。
一週間を振り返ると
24日銅建値1万円上げの
74万円に改定されました。
足元では銅相場軟調気味
銅在庫は減少傾向継続
とうとう14万トン台半ばへ
為替は円高111円台へ突入!
そして株価では相当に世界が
振り回されてしまった
一週間でした。
結局、最後は米ダウでも
下げを止める事が出来ずで
週明けの東京市場では
どういう動きになるのか?
週末の休みを挟んで少しは
落ち着きを取り戻して
反転で始まるのかどうか?
それとも米の流れを引き継ぎ
日経でも大きな下げとなるのか?
またアジア株でも大変な
下げを演じる事になるのか?
心配で仕方ありません。
とにかく中国の経済には
反転の兆しが見えにくい。
米中貿易摩擦問題が
深刻さを呈している感じ
それと合わせて金利高への警戒
勿論、アジアでは人件費の
高騰が影響を及ぼし始めています。
日本も御多分に洩れず
人手不足、賃金上昇。
不動産価格上昇も相まって
商売が成り立たない自体にも。
ネットの横行で実店舗が
廃業の憂き目へとも。
百貨店では新しい試みが
スタートしだしました
コンシェルジュという仕組み。
でもこれは本来百貨店が
持っていてしかるべき
サービスだったわけで
ともすると出店店舗の
競争激化へとも繋がりかねません。
要は何をどうやっても
競争原理からは抜けられない
潰し合いを強いられる
という事なのだと思います。
余計なもの無駄なものが
多くなった現われです。
良いものは良い
欲しいものは欲しい
買いたいものが買いたい。
至極簡単な思考の現われ
なのだと思います。
益々競争激化は
避けて通れないでしょう!


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/10/21

週間銅相場情報つぶやき

11:12 2018/10/21

おはようございます。
一週間を振り返ると
16日銅建値1万円下げの
74万円に改定されました。
19日には更に1万円下げの
73万円に改定と。
ただ足元では銅相場も
多少戻り為替も多少円安
銅建値1万円上げ余地
とっなっています。
銅在庫は減少し続け
15万トン台前半へと
減ってきています。
これだけを見ていると
銅相場は反転のタイミングを
待っているようにも思えて。
ほんと先週は株価の暴落が
相場の下げの引き金でした。
ちょっとこれはヤバイのか
とも思った次第です。
週末には何とか落ち着きを
取り戻したようにもなり
でもこれでひと安心して
良いのかどうかは疑問
とにかく中国の指標も良くなく
長期金利もこの先どうなるか
低くなるとは思えませんし
そうなってくるとまだまだ
何度も危機感を味わうことにも
なりかねないと思います。
そのはてにの大クラッシュ
なんて事にならなければとね。
心配するばかりです。
米の中間選挙終るまでは
何とか事が大きくなるようには
させはしないのでしょうが
それもわかりませんね。
何がおきてもおかしくは無し。
週末飛び込んだニュース
米の核廃棄条約破棄表明
さあこれがどう尾を引くか?
人の感情で国を動かされたら
たまったものではありませんが
最近の民意などはコントロール
誘導が出来たもの勝ちですから
何でもありになってしまった。
舵取り一歩間違えば
大変な事になる場合も
目くらませで変な事を
やってもらいたくは
ないのですけれども。
何か変な雰囲気になっている事は
確かなようでもあります。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/10/14

週間銅相場情報つぶやき

18:12 2018/10/14

ブログに載せるのが
遅れてしまいました。
申し訳ありません。
一週間を振り返ると
9日銅建値2万円下げの
75万円に改定されました。
中1日の緊急改定でした。
11日付の銅外電が大きく
下がりましたが何とか
銅建値は据置となり
ホッといたしました。
11日の朝に米ダウが
800ドル超急落の知らせ
12日の朝も500ドル超
連日の下げの報告。
日経も11日は900円超急落!
12日は何とか100円上げ。
一時これはやばいかなあと
思ったものですが
何とかもちこらえた感じ。
大きく下げたからそこで
しっかり買戻しも入った
この様子をどうとらえるか?
でも何にもおかしく
思わないのであれば
そもそも大きくは
下がらないものなのです。
米日で長期金利が上昇
日本は円高でしたが
他の国では通貨安。
発表された指標が
改善されたという事で何とか
相場は戻りましたけれど
金利の影響はこれからも
そこかしこで発生する事は
間違いなしなのです。
何時どのタイミングで
また牙を剥くかわかりません。
この可能性は大いにある
と思っていなければいけない。
そのときには銅相場も
影響を受けるのでは?
お金の逃げ場として
銅相場が使われること
う~ん、どうでしょう?
金ならわかりますけれどね。
とにかく起こりうる可能性は
此間の急落が示している通り
否定は出来ないのだと思います。
くれぐれも用心なのだと。

銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/10/07

週間銅相場情報つぶやき

10:43 2018/10/07

おはようございます。
一週間を振り返ると
銅建値10月は75万円の
据置スタートでした。
一応ホットいたしました。
4日銅建値2万円上げの
77万円に改定されました。
あれ?あれ?っと
思ったりしましたが
為替も円安、銅相場も上げ
しかし最後の土曜の
朝の銅外電計算では
1万円下げ余地。
火曜日の朝の銅外電
にもよりますけれども
大きく下がるようなら
緊急改定の可能性も?!
現状が回復しなければ
また水曜朝の外電にも
よりますけれども
また仕切りなおし
だったりしてと
上値の期待には
どうでしょうか?
銅在庫はず~っと
落ちてきています。
9月の終わりには20万トン前半
足元では18万トン台半ば
ここが増加に転じないようなら
銅相場また上を目指したり
してなんて期待もなのです。
市中の品物の出は
相場が上がっても
よくありません。
長契を辞めてスポットへ
切り替える動きが
出てきているニュースも。
まあ今の銅建値77万円
いつものことですが
こうなってくると今度は
80万円を目標にしたりしてと
結局それで品物が出なかったり
勿論、皆さん在庫もそんなに
もう持ち合わせては
いなかったりだったり。
世の中の景気もどうも
よくないように思えて
米中貿易摩擦問題
日米と長期金利上昇
国慶節明けの中国の動向も
気がかりでなりません。
とにかく金利と為替
要ウォッチなのではと!


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/09/30

週間銅相場情報つぶやき

11:57 2018/09/30

おはようございます。
一週間を振り返ると
25日銅建値3万円上げの
75万円に改定されました。
その後は銅相場は軟調
為替が円安気味で
銅建値計算値が現状
維持状態に保たれてと。
まあでもこの状態なら
10月の銅建値は
75万円据置スタート
なのではないでしょうか
極端に為替の変動が無い限り。
でもやっとこの建値水準に
戻ってきた感じですが
まだ荷動きは閑散状態。
流れが変わってしまっている
状態のままなのかそれとも
まだ相場の上げを期待して
寝かせた状態なのか。
でもこれ位の相場で
安定してくれるのが
良いようにと思います。
米中貿易関税問題発動
米利上げ0.25%上げ
これで一応は問題は
出尽くし観となりましたが
しかし貿易問題も継続
利上げ問題も年内に
もう一度ある可能性もと
まだまだ継続状態のまま
来年も利上げは3度の予定と。
日米とも株価の調子が
おかしくなる兆しは
起こらないのでしょうか?
私だけでしょうかね
ビクビクしているのは
まだまだ相場は上に行く
伸び代があるというのか
今年では何か起きる事は
無いというのでしょうか。
どうしてもこのまま
すんなり行くようには
思えないのですけれども。

銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/09/23

週間銅相場情報つぶやき

11:12 2018/09/23

おはようございます。
一週間を振り返ると
19日銅建値1万円上げの
72万円に改定されました。
その後銅相場も堅調
為替も円安に動いて
21日の銅建値計算値では
2~3万円上げ余地
週明けの火曜日朝の
外電にもよりますが
銅建値改定は必至かと。
ここの所の銅在庫減少
やはり意味を持って
いたようにも思います。
20日以降から相場の潮目が
一気に変わったようにも
世界の株価も大きく上昇
悪材料関係も緩和ムード
日本の総裁選も予想通り
原油上昇とも合いまったか。
しかし長期金利は上昇
0.130%にもなっています。
私としてはこの上昇が
気がかりでなりませんが
相場のムードは
イケイケドンドンか?
リーマンショックから
10年が経過いたしました
ここで何も起こらず
次の10年へとすんなりと
進んでいくのでしょうか?
どうもそうとはどうしても
思えないのですけれども。
浮れてはいけないように
思いますけれども。
銅相場も年内にも
6,500ドルなんて
話も出てきている
ようですけれども。
銅建値トン80万円の
回復はあるのかどうか
さてさてどうなりますか。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/09/17

週間銅相場情報つぶやき

6:51 2018/09/17

おはようございます。
一週間を振り返ると
13日銅建値1万円上げの
71万円に改定されました。
12日かなあと思いましたが
その日は据置で改めて
13日に銅相場も上げ
為替も円安気味とで
これで底を打った
感じとなるかどうか。
銅在庫4ケタ大きく連続
減少していましたから
26万トン台から22万トン台へ
期待は持っていたりして
しかしこのまますんなり
堅調に推移するのかどうか
米中貿易摩擦問題
第三弾があるようですし
米金利上昇もあるわけで
新興国通貨もそこかしこで
危うくなってもいるし
先々の不安は払拭
されてはおりません。
まあ日本の場合は
為替が円安になれば
銅相場の下げも相殺
されたりもしますから
銅建値推移はまずまずと
いった所となりますかね。
しかし荷の出が実に悪い
建築関係、設備関係は
まずまずのようなのですが
流れとしてはこちらへは
回ってこなくなってしまったか。
先々の景気だってどうも
信用が出来ない感じにも。
リーマンショックから10年
すんなりいくとは決して
思えないのですけれども。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/09/09

週間銅相場情報つぶやき

11:08 2018/09/09

おはようございます。
一週間を振り返ると
3日銅建値1万円下げの
71万円で9月改定スタート。
更に6日銅建値1万円下げの
70万円に改定されました。
足元では銅相場が下がっても
為替が円高になっても
更に1万円下げになって
しまいそうな状況です。
此間の銅建値69万円が
また視野に入ってしまったか。
週最後銅在庫2日連続で
4ケタ減少を演じています。
これの意味する所は?
まあ根本的に銅相場下げ理由
米中貿易摩擦問題実行が
大きな理由のひとつ更に
第三弾も用意されているとか
そして週明けにも米利上げ
これも利上げが終ってから
下り込み済みとの反応を
示してくれるかどうか
心配なところでもあります。
こういう状況下では
銅相場の反転は期待薄
そして品物の出も
期待は持てないのでは
こういうズルズルと下がる
状況は極めてよくないのです
一気に下がってしまって
そして底値を確認それから
徐々に上がっていく
この方がよいのです
下げの瞬間は相当に
キツイのですが短期での
回復が望めるというもの。
下げが止まらずズルズル
というのは誠に
危ういことなのです。
おりしも中国景気動向が
下降傾向とあっては
リーマンショックから
15日で10年が経ちます
繰り返しが起きなければ
良いなあと思うばかりです。。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

より以前の記事一覧