2021/04/11

週間銅相場情報つぶやき

2021/04/11 11:05

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
7日銅建値トン2万円上げの
104万円に改定されました。
NY銅の外電が採用された感じか
6日の銅外電が高かったからか
7日計算値ではトン1万円下げ余地
9日計算値では2万円下げ余地にも
これはあくまでもNY銅計算ですが。
銅在庫もここへ来て大きく増加!
あれよあれよという間に
16万トン台へ入っています!
こうなってくると先々は
どうなるのでしょうか?
原油の値動きによっては
銅相場は下げに転じたりして。
業界新聞の各コメント欄では
後々は史上最高値10,148ドル
丁度10年前の2011年2月14日
今後はそこを目指して
並ぶか?超えるか?
それともそれには及ばずに
終わってしまうのか?
さあどうなりましょう。
まだまだ株価は上がりそう
2023年まで米の金融緩和が
続きそうだとのレポートも
そうなると銅相場はやはり
上を抜けてしまうのか?
物価上昇と賃金上昇が上手く
かみ合うようになるのか?
物価上昇だけとなるのか?
国内の外食産業では
低価格維持に躍起です
そこを死守できるのか?
国内での賃金上昇は
なるのかならないのか?
日本だけか世界とは別な
動きをすることになるのか?
富める者と富めない者の
格差はますますつくのか?
そしてコロナ禍の行方は?
今朝の業界新聞からでは
世界最大の銅生産国チリでは
新型コロナの感染が再拡大!
もしかするとここが銅相場の
高値維持となっているのか?
疑問の答えが出たときには
銅相場はどうなって
いる事でしょうかね?

|

2021/04/04

週間銅相場情報つぶやき

2021/04/04 11:57

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
29日銅建値トン2万円上げの
103万円に改定されました。
これで3月の月平均1022.1円
で確定いたしました。
4月は銅建値トン1万円下げの
102万円で改定スタートでした。
多分、大部分の人たちが
据え置きスタートかまたは更に
銅建値が上がっての4月始まりと
思っていた事でしょう。
世界の株価も上がったし
原油や金も戻していましたし
為替も多少円安にもなっていてと
でもしかし1日の銅相場は下げで
トン1万円安となってスタート。
でも上物の流れは3月よりも
新年度入りと言う事もあって
改善してきたとうです。
目先タイトになるという
予想もあるようですし。
でもどうなのでしょう
これまで以上に銅相場はまだ
上がっていくのでしょうか?
私はもうここら辺が良い所と
思っていますけれども
巷はレンジ幅がもう一段
上がったように感じている
節があるようですけれど
まだまだ先々は上がるとね。
まあ考え方や予想や思惑は
人それぞれですから。
結局、結果次第なのですから
自己責任であり期待は自由。
うちのスタンスとしては
山っ気を決して出さない事
入ってきた品物は速やかに
加工して売り切ってしまう事。
このイースター明けは
心配で仕方がないのです。
米長期金利も1.6%台へと
低下いましたが最後には
1.715%とまたまた1.7%台へ
戻ってしまっています。
年度初めの月初とあって
日経平均も上がって始まりましたが
はてさて先々はどうなる事かと
内心心配している所です。
去年はコロナ禍でした!
今年も未だコロナ禍です!
世界中でもそうなのです!
そして株式関係で2,000億だとか
4,000億円だとかの損失の話や
半導体製造工場の火災などや
中国の半導体製造の乱立だとか
何かおかしい感じの話が多々
ありすぎなようにもなりと
コロナ禍で有り余ったお金が
今度は悪さを引き起こしかねない
そんな気がしてなりません。
歪みが大きくなればなるほど
その反動は凄い事になるものと。
今は金利の動きに要注意です!
心してかからないといけません。

|

2021/03/28

週間銅相場情報つぶやき

2021/03/28 11:44

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
22日銅建値トン1万円上げの
103万円に改定されました。
24日にはトン2万円下げの
101万円に改定されました。
この2万円下げには
またまた異論が出てたりして
しかし次の朝の外電では
それもありだったのかとも
いえる数値になりましたが
そして次の日には
銅相場もまた戻して
足下の計算値では
トン1万円上げ余地へと。
週明けの銅建値月最後の
改定があるのかないのか
さあそれはどうなるのか?
3月決算の思惑が入れば
今回スルーして4月改めて
銅建値発表となるのかも。
3月は銅建値改定回数ほんと
半端ないものになりました
それだけ相場が揺れ動いた
というわけだったのでしょう
株式相場も上下振れ幅が大きく
動いた月でもありました。
3月はまだ後3日あります
大荒れになるのか?と私は
心配しているところですが
すんなり何事もなく
4月を迎えてもらいたい。

|

2021/03/21

週間銅相場情報つぶやき

2021/03/21 9:19

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
17日銅建値トン2万円下げの
102万円に改定されました。
1万円下げと思っていましたから
2万円下げはいたかった!
足下の計算値ではどうしても
103万円の計算値でしたから
でも株式の上げ下げをみていると
やはり仕方ないのかなあとも
結局、米長期金利は1.6%を
飛び越えて1.7%台へと突入!
いつ株式市場が暴落を演じても
おかしくはないと思ってました。
でもこの銅建値計算値なら
週明け銅建値はトン1万円上げ
ての始まりになのでは?
でも月平均を大きく押し上げる
ほどには決してならない事は自明。
この勢いのまま4月へ突入が
良しとするところでしょうが
何せもう銅相場は相当高く
なってしまっています
4月の製品価格の値上がりの
打診がそこかしこで起きている
新年度からの工事関係には
大きな影響を及ぼしかねません。
そういう時に長期金利上昇です
これは何かの引き金に十分に
なり得る可能性があります。
大型連休前かその後か?
不穏な雰囲気が立ちこめて
来る事は必至なように思います。
銅相場もピークアウトを
しかねないとも限りません。
とにかく現状の銅相場は
高すぎる所へきているとね。
いいわいいわを言って
いられなくなると思いますよ
覚悟しておかないとね!

|

2021/03/14

週間銅相場情報つぶやき

2021/03/14 12:27

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
週明け9日銅建値トン
5万円上げの103万円に改定。
更に12日トン1万円上げの
104万円に改定されました。
月平均は1030.8円足下とは
1万円ほどの乖離があります。
問屋仕切り値も前の104万円
の時よりは安く設定です。
仕方ありませんね月平均との
絡みもありますからね。
しかし米ダウも6日続伸で
連日最高値更新!です
ビットコインも600万円越え
更に日々上昇傾向継続中!
日経もまた3万円に近づきつつと。
相場関係は一体何処まで
行ってしまうのでしょう?
相場バブル真っ盛りなのか?
まだまだ始まったばかりなのか?
それともいつおかしくなっても
良い所へ来てしまっているのか?
銅相場に関してはもう結構な高値
相場になっていると思っています
なんたって100万円越えですから
ずっと前の108万円まずここを
超えるのかどうかを見極める
って所に来ているのか?
それともこの金余りの資金で
バブルはまだ2~3年続くのか?
まずは金利上昇にはみんな
敏感にはなっている感じが
見受けられるようには
なってきましたかね?
やっぱり金利上昇は
銅相場や商品相場金融商品
株式、不動産などなど多大な
影響をもたらしかねません。
隠されている歪みが一気に
表に出たときがバブル崩壊に
繋がるとは思いますけれども
儲かった事だけしか未だ
報じられていない状況では
まだ先なのかもしれません。
財政出動が続くうちは
まだまだ天井知らず?
なのかもしれませんが
ア~、クワバラクワバラ
とね。

|

2021/03/07

週間銅相場情報つぶやき

2021/03/07 10:57

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
3月銅建値トン1万円下げの
101万円で改定スタート。
3日銅建値トン3万円上げの
104万円に改定されました。
5日今度は一気に
銅建値トン6万円下げの
98万円に急落改定!
3日と5日ともに中1日の
緊急改定でした!
月初めでまだ月平均にも
あまり影響を与えないからでの
措置で当然な成り行きだったか。
しかし高値からの一気の
6万円落ちですからね!
さすがに問屋仕切り値も
スライドでの引き下げ!
三日天下にも成りませんでした。
でも足下では3万円上げ余地
と成っていますからもう
2~3日様子見でしょうか?
それとも今の状態で早めの
撤退をしておきましょうか?
週明けの世界の株価の動向
米長期金利の動向を見極めて
からとなりましょうか?
為替も徐々に円安です
109円に近づいています
銅建値計算値には為替の
円安はプラスに作用ですが
銅相場自体が急落して
しまっては元も子もありません。
104万円が高値であったのか?
それとも頂上はまだ先なのか?
銅は既にリスクオフに傾きか?
さあとにかく各自の判断に
委ねられるところでしょう。
負けに不思議の負けなし
成功は偶然、失敗は必然
私の考え方はこれが基本です!

|

2021/02/28

週間銅相場情報つぶやき

2021/02/28 10:53

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
週明け水曜日には銅建値が
トン8万円上げの102万円に
の改定となりました!
一気に100万円越えでした!
まあ凄い事になっています。
でも2月は月平均との乖離が
10万円以上の開きです
月平均918.1円
足下の銅建値1020円
これではお話になりません。
2月の売りも買いもその時点で
業務商い停止といった所
要は3月の銅建値がいくらで
始まるのかという事です。
明日、銅建値が
据え置きスタートか?
はたまたNY銅の計算値をとって
2万円下げの100万円スタートか?
たまたま月曜日なので
外電は入ってはまいりません
値段をつけない緊急措置を
とってしまうのでしょうか?
なんてったって土曜の朝の
外電がLMEで442ドル暴落!
NY銅でも17.15セントの暴落!
まあ為替は多少円安気味でしたが
さあどう値段をつけましょうか?
1日の日経の動きにも注目です
更に株価が下に向かうのか?
今朝の新聞では銅相場は
1万ドルを目指すのでは?
なんて書いていますけれども
上げのペースが速かった分
落ちるときもあっという間に
落ちてしまったりしてと。
まあとにかくこう言う時には
相場に振り回されたくはなく
確実に利益を積み上げてこそ
下げの時の痛手は
極端に小さくなるようにと
コロナ禍だってまだまだ
気を抜けないのですから
そして新年度には税金の
徴収も本格的に始まります。
とにかくそこを何とか
しのがなければとね。
どんなときでも平常心
でいられる事が肝要かと。

|

2021/02/21

週間銅相場情報つぶやき

2021/02/21 11:26

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
15日銅建値トン3万円上げの
92万円に改定されました
更に17日トン2万円上げの
94万円に改定されました
中1日の緊急改定でした。
そして足下の銅建値計算値は
5万円上げ余地の99万円計算
全く凄い事になってきました!
2012年3月以来の高値水準
もう目先は銅建値100万円越え
に移ってしまっている感じにも。
この加速度がついた上げ調子は
108万円をつけた時に似ている
感じがしてなりませんけれど
はたしてそんなにも簡単に
相場が動いてしまうのかどうか。
問屋筋はもう高値の上物は
勘弁願いたい感じの様子
3月はメーカーからの意向で
買い止めのような感じに
なりかねない様相です。
要は年度明けの4月から
仕切り直しが伝えられそう。
今後銅相場だけが
クローズアップされ出すと
どこまで行くのやらと
試される状況にもなるのか?
過熱感はそうそうには
冷やされたりはしないのかも
何か相当に悪いきっかけで
暴落のトリガーが引かれる
それしかないでしょう
SPACの嫌な噂も気になります!
サブプライムに似ているとも。
週明け早々にも銅建値は
上げ改定となるでしょう
銅相場どこまで行くのやら。

|

2021/02/14

週間銅相場情報つぶやき

2021/02/14 13:14

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
9日に銅建値トン2万円上げの
89万円に改定されました。
更に足下では銅建値
トン2~3万円上げ余地。
週明け早々、月曜にも
銅建値改定があるやも。
銅在庫が7万トン台半ば
まで減ってきています
そこにつけ込むように
米の追加経済対策や
コロナワクチン普及の
景気回復期待が先行
銅が買われる下地に
なってしまっているか。
LME銅セツルは
約8年4ヶ月ぶりの
高水準になっています。
私の記憶感覚では
リーマンショック前の
銅建値が108万円に
なった時のようなそんな
値動きの感覚に近い。
ですからもう高値高値
なのだと思っています。
こんなに銅相場が高く
なってしまって良いのかと。
材料として製品になった時に
価格転嫁ができるのか心配
また今はコロナ禍で
負債も貸し出しも相当に
膨れ上がっているのです
このままうまくいくとは
どうしても思えないのですが。
ビットコインも500万円超え!
米株も過去最高値を更新!
さあどこまで行ってしまうのか?
国の主導での金融緩和ですから
怖いもの知らずなのかもしれない
またITで稼いだお金も大いにある
投資先をAIが選定で誰も
疑いを持つ余地もないのか。
まあこういうのはもう
なるようにしかなりませんから
天井をとにかく駆け上がって
その反動も大きく下がってと
なるのかもしれませんね。
とにかく見守るしか
ないのでしょう!

|

2021/02/07

週間銅相場情報つぶやき

2021/02/07 10:59

先週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
2月は銅建値トン1万円下げの
86万円に改定でスタートでした。
4日に銅建値トン1万円上げの
87万円に改定でまた一安心。
そして足下での銅建値計算値では
トン1~2万円の上げ余地発生!
さあ週明け月曜日に中1日での
緊急改定はあるやなしや。
この前の銅相場の下げの原因は
ヘッジファンドによる
ロングポジションの手じまい
が相次いだ理由だとの事。
そして今の現状の様子では
半導体不足が発生している
でも自動車産業などでは
思っているほどの遅れには
なっていない様子だとも。
とにかくこの半導体不足
というのにはびっくり
したものでした一社での
供給不足によった事にね。
さあ2月に入ってこれから
3月期末まで建設設備関係は
もう待ったなしの感じです。
忙しくて持ち込みもどうも
ままならない状況なのだと
私などは認識していますが
巷の話を聞くと品物の出は
やはりタイト感が否めません。
昨日なども仕事の方はどう?
って聞かれたりもしましたが。
この相場ですから問屋筋からは
品質のダメ出しが出されるように
なってきてしまっています。
今までのように少しの目こぼしも
許されなくなってきています。
そうするとそういう品物は
輸出向けへと流れてしまう。
中国春節前の輸出向けへの抱え込み
また春節後のやはり手当へなどなど。
前にもこんなことがありました
国内メーカーも胡坐をかきだすと
また痛い目を見たりして。
最近でももう昔のような
メーカーと問屋間での
信頼関係というものがめっきり
希薄、様変わりしてきて
しまっているようですから
なんとも寂しい限りです。
まあ人間は往々にして
楽な方へ楽な方へと
行きたがりがちですから
仕方なくもありますけれども
仕事はそれなりにしっかり
やった事に対しての報酬
なのですから右から左では
思うような報酬は得られない
これは当然当たり前の事です。
楽して儲ける
リスクはとらない
まあそれもありでしょう
でも本当の仕事の対価とは
それなりの理由があるものです。
頭を使おうとも
体を使おうとも
お金を使おうとも
必ずそれなりの理由で
必ず結果は伴うものです。
そう信じて仕事に
邁進したいと思っています。

|

より以前の記事一覧