2019/12/15

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/15 10:47

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
10日銅建値トン2万円
上げの70万円に改定。
今度は13日に1万円上げの
71万円に改定されました。
今週だけで3万円の上げ!
足下では銅建値71万円
月平均ではキロ70.1円
約1万円の乖離発生!
そして何よりも
問屋の仕切り値が
建値68万円からあまり
変わっていない状況発生!
そして問屋筋では12月分
出荷が既に終了していると。
そしてメーカーの買い意欲も
来年1~3月期もまだ下げ傾向と。
そういう訳で年内の商売は
実質終了となった感じです
もう問屋筋は高値では
買いたくはないし
スポットはやらない
やりたくはない
差し込みは到底出来ない
そんな状況に陥っています。
暮れの月末の換金売り
捨て値でしかしてくれない
そんな状況になるでしょう。
銅外電相場が一人歩きした所で
市中や問屋、メーカーサイドでは
今期末までは追従しない状況。
これだけを観ていると
今後は経済の下降が鮮明に
現れてくるのかもとね。
米中協議が今後うまくいく
そうなっても果たして経済は
また緩やかな発展を続け
られるのでしょうか?
さあどうなのでしょうね。

|

2019/12/08

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/08 18:42

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
5日銅建値トン1万円
下げの68万円に改定。
結局11月の月平均と
並んでしまいましたし
また2日の計算値だけ
69万円でしたがその後の
計算値は67~68万円台なのです。
しかし6日の後半から
銅建値計算値またまた
69万円台へ戻しています。
このままなら週明け早々にも
1万円上げの69万円に
戻りそうな感じです。
中国輸入関税一部免除報道
米11月雇用統計が
市場予想以上に増えたと
また中国の輸入7カ月ぶり増
対米国が急回復だと発表
また一気に潮目が変わりだし
こうなってくると
銅相場もそれに
つられる形を取るのかも。
しかしながら国内では
メーカーの買い意欲は
上がらずじまいです
逆に下げ傾向継続中!
よって問屋筋は在庫増
またここへ来ての
そこかしこでの炉修
上物も裾物も
銅外電をそのまま
鵜呑みにする事が
出来ない状況に
なっています。
年の暮れと言う事で
換金売りも増える時期
でも期待以上の仕切り値
ではさばけない状況と
なっているようです。
このままの状況で今年は
終わってしまうのか?
スポットでの差し込みは
なかなか出来ない状況です。
定期契約の分でしか
恩恵は受けられません。
枠を持ってなければ恩恵
には全くありつけません
そういう意味からも
国内のメーカーとしては
結構あまり良くないのです。
日本国内オリンピック景気
はいったん終焉を
迎えているとも
言えそうです。
次なる投資案件もまた出て
きているようですけれども
さあ今後はどうなりましょう
うかつに動いてしまっては
ババを引かされかねません
相当に気をつけなければ
いけない時期に入った
ように思いますけれども。

|

2019/12/01

週間銅相場情報つぶやき

2019/12/01 8:01

おはようございます。
1週間を振り返ると
27日銅建値トン1万円
上げの69万円に改定。
これで月平均は681.0円。
足下と月平均では
約1万円の差が発生。
ちなみに29日の
銅外電計算では
68万円になってしまう
計算となりますので
12月はトン1万円下げの
68万円下げスタートでの
予想と思っています。
米の香港人権法案成立
これで一気に雲行きが
悪くなって来た感じです。
米中協議の行方も
どうなってしまうのか
と懸念されるように
なってしまっています。
どうにもどちらの方が
仕掛けているのか?
仕掛けられているのか?
一体どうしたいのか?
ここへ来てぐちゃぐちゃに
なってしまっている感じ。
ぐちゃぐちゃにしたいのか?
巷では年末商戦突入!
あと1ヶ月で今年も終わり
最後の商戦が切って
落とされていますが
政治経済の行方には
不透明さが増しています。
伸銅品はこの1年前年同月比で
マイナスを続けています。
本当に経済は
大丈夫なのか?
本当に相場関係は
大丈夫なのか?
年内土壇場で何かが
起こらなければ良いのですが
まあ私の場合は
こんなことばかりを考えて
いるばかりとなっています。
すんなり新しい新年を
迎えられれば良いのですがね。

|

2019/11/24

週間銅相場情報つぶやき

2019/11/24 7:20

おはようございます。
1週間を振り返ると
20日銅建値トン1万円
上げの68万円に改定。
この上げにはちょっと
疑問だったのです
様子見だとの予想でした
計算上では少し
足りませんでしたし
後半のNY銅では
下がってしまいまた
これは結果論ですが
その後の21日22日と
少し足りない状態が継続
まあでももっとも
韓国のGSOMIA失効回避
は良かった印象が有った
のでは無いでしょうか
米中協議がここの所は
芳しくない様相でしたから。
国内の様相はどうかと
ブラックフライデー
国内では一週間前倒し
早く始めた者勝ちを
競い合っている感じですが
まあもともとこの時期から
年末商戦が開始ですから
そしてこれでもって
一年の大半を稼ぎ出す
所もあるという話ですからね。
でもねえもうそんなに
モノは売れにと思います
消耗品はその範疇には
入りませんけれども
その他の衣料品などとなると
厳しい状況なのでは無いかと。
ある所ではさらに高額品へと
進んでいる傾向もあるようで
満更間違ってはいない感じ
ですがしかし一気に不景気
となってしまえばわかりません。
私などは安定では
いけないのかとか
持っているモノで十分
なのでは無いかとか
思ってしまうのですがね。
まあ今は豊かな時の論理
でのやりくりなのですから
お節介もほどほどと
思われてしまうでしょう。
逆に考えれば相当に
危うさをはらんできて
いるようにも思えます。
私は気をつけないとと
思うばかりなのです。

|

2019/11/17

週間銅相場情報つぶやき

2019/11/17 10:00

おはようございます。
1週間を振り返ると
12日銅建値トン1万円
下げの68万円に改定
15日更に1万円下げの
67万円に改定されました。
これで11月の始まりの
銅建値時に戻って
しまいました
月平均も675.5円。
チリの銅山関係も
影響がありましたが
結局は為替と銅相場の
動きの乱高下に
寄る所が大でした
その理由も米中協議の
アナウンスの二転三転と
振り回された結果でした。
もうこの米中協議が
決着するまではいつまでも
ふらふらと相場関係は
振り回され続ける
事なのでしょうね。
仕事関係では建築設備関係が
佳境に入っている感じも
これから期末にかけて
大変な事になる恐れも。
まあとにかく
オリンピックの準備
一色になってる感じも
なのでしょうが他方では
冷めた感じもあるような
そんな気もしてなりません。
米ダウ過去最高値更新
地元では土地や建物が
買われているとか
税金滞納や払えないで
取られているとかも。
ここの所まことしやかなに
日銀破綻と囁かれ出して
きたりして旧ソ連と
同じ末路だとかとか。
仮想通貨は崩れず
Payシステムは大手を
振って闊歩し始めて
外国人の流入拡大で
下町は外国村へと。
歪みは拡大するばかりです。
必要以上にものが溢れ
大量に無駄が廃棄され
おかしくならない方が
おかしいという現象
どこかで反転を
強いられます
それがいつなのか?
もう直なような気が
してなりませんけれども。

|

2019/11/11

週間銅相場情報つぶやき

2019/11/11 6:10

おはようございます。
1週間を振り返ると
連休明けは67万円でしたが
6日には中1日の緊急改定
銅建値トン2万円上げの
69万円に改定されました。
10月の終わり時の期待が
現実となりました。
為替も円安に振れ
銅相場が上げと。
こうなって来ると
業界内では銅建値70万円
を期待してしまう
空気が流れるものです。
しかし先週の土曜朝の外電では
ちょっとまた雲行きも
変わってきた感じも。
月曜日は据置なのでは
と思ってしまいます。
鍵は米中貿易交渉の行方
先週にしても毎日
その報道が変わりました
気持ち振り回されっぱなし。
さあ今週はどうなりましょう
米中交渉がうまくいくようなら
更に銅相場も上を必然と目指す
流れになるのでしょう。
銅建値70万円以上この事実は
良い方に働くのか?
それとも悪い方に働くのか?
以前の80万円超え時には
電線やパイプがアルミへと
シフトしそうな流れに
傾いたふしもあります。
またまたその再燃が
起こるのでしょうか?
銅は扱いやすいけれど
値段が高くなってはねえ
と言われ出したら一気に
流れを持って行かれそう。
銅建値60~70万円台で
落ち着いてもらった方が
良いように思います。
まして建築設備関係が
今後も右肩上がりが
続くのかどうかも
疑問ではあるわけで
今の状態維持も先々は
困難になってくるのでは
と考えるのですけれども。

|

2019/11/03

週間銅相場情報つぶやき

2019/11/03 10:18

おはようございます。
2週間を振り返ると
23日に銅建値1万円上げの
トン68万円に改定されました。
そのまま10月は終わる事に
銅建値月平均は663.1円
足下の銅建値と月平均では
2万円近くの乖離が発生
月平均の決め事での
メーカー納めであれば
10月は足下で買っていた物は
損を強いられるという
こととなりました。
変わって11月は銅建値
トン1万円下げの改定
期待外れスタートと
なってしまいました。
10月終わり間際の雰囲気では
11月は更に1万円上げ期待
でもと思っていましたから
感覚的には2万円下げられて
しまった感覚なのです。
為替も円高に動いてしまい
銅相場も軟調気味となり
地合がどうも上向きでは
無くなってしまった感じで。
FRBの利下げもあったのですが
これでもう打ち止めといった
くさびも入れられたようで
これがどうもネックになった感じも。
まあそもそも自力で経済は
発展させなければいけない訳で
米中貿易摩擦も何か方向性を
失っているようにも思えて
どうなのでしょうといった所。
あまり期待を
してはいけない
かけてもいけない
他者を信用してはいけない
他者に依存してはいけない
常に未来を切り開いて
創造し続けていかなければ
いけないのだと思います。
甘えてしまったらもうそこで
立ち上がれなくなってしまいます。
しっかり自分の足で立って
前に進んでいかなければとね。

|

2019/10/20

週間銅相場情報つぶやき

2019/10/20 11:16

おはようございます。
一週間を振り返ると
16日に銅建値2万円上げの
トン67万円に改定。
足下の銅建値と月平均で
トン1万円の差が発生!
自ずと仕切り値は
月平均との絡みから
スライドでは上がらず。
様子見といった所。
土曜朝の外電でやっと
足下銅計算値と銅建値
の一致をみましたけれど
それまでは少し足りない
そんな状況でした。
まあ今回の上げには
為替の円安と銅相場の上げ
ダブルで来ましたから。
さあ今後の展開は
どうなっていくのでしょう。
中国GDP前年同期比6.0%増
1992年以降で最低を更新
米中貿易摩擦が原因?
だけのようでは無い感じ
そもそももう中国の勢いが
止まった感じに見受けられ
金融不動産株高で今は
何とかなっている感じも。
英のEU離脱問題も
延期されたようですが
問題の山積は変わらず。
国内の景気も何か
不安を拭えません。
二度の大型台風の傷跡
どうなるのでしょう。
国内のインフラ整備に
加速の後押しとなるのか
それとも行政ではもう
これではお手上げなのか。
何も無い所から立ち上げる
事は出来ても今回の場合では
何年かってしまうのやら。
高齢者が多すぎか
過疎化が進みすぎか
農業の復活はあるのか
新たな街作りへ進めるのか
大変な傷跡だと思いますが
行政ではこの場合限界なのかも。
都心だっていつ我が身が
ってわかりませんよね
今後は覚悟が必要かもと。

|

2019/10/13

週間銅相場情報つぶやき

2019/10/13 8:23

おはようございます。
一週間を振り返ると
10日に銅建値1万円上げの
トン65万円に改定されました。
すそものの仕切り値は
スライドでは上がらず。
相変わらず品物の出は
閑散状態継続中です。
先週末から一気に
米中協議に進展が
現れてきたようで
米株価も大きく上昇!
為替も円安に動いて
米中協議進展もあってか
銅相場も少しずつ
切り上がってきています
足下での銅建値計算値は
トン1万円上げ余地に。
週明け月曜日が
お休みですから
それをどう扱うかですが
もしかすると火曜朝の
外電にもよりますが
週明け早々に銅建値の
上げ改定があるやもです。
ここの所の月のお休みが
増えている中で
コロコロと銅建値が
動くようになっています
品物の出も少なく
実働日数も少なく
8~10月と商いが苦しい
経営を強いられています。
米中協議決着はあるのか?
それによって素材産業
上向きへとなるのか?
私はどうも懐疑的
絶対使用量では下降傾向
どうしたって上昇へは
転じる事はないでしょう。
粛々と仕事に精を出すのみ。
巷では何やらネットの
ポチポチ買いが大いに
はやっている様子ですが
私はどういう訳か
興ざめなのです。
世の中的にはそうでは無く
これで大いにお金が
動いているふしにも
ネットの威力は凄い!
と否定できないでいます。
結構精神的気持ち的にも
うざとくなっていますが
これが今の世の中なのです
これが今の実情なのです。
我々の業種業界は今後
どうなっていく事でしょう?

|

2019/10/06

週間銅相場情報つぶやき

2019/10/06 11:57

おはようございます。
一週間を振り返ると
10月銅建値はトン66万円の
据置でスタートするも
4日にトン2万円下げの
64万円に改定されました。
月平均もこれで一気の下げ。
為替が円高になり
106円台へ突入!
銅相場も5,500ドル台へ。
銅在庫も前日3万6千超増加
で一気に29万トンへ
押し戻される格好へ。
原油が8日間続落
ISM指数10年ぶりの低水準
全米雇用リポートで雇用伸び悩み
そしてなんとかそれ以上の下げを
食い止めてくれたのが
FRBの更なる利下げ期待
これが頼みのつなに
勿論中国は国慶節で休み
週明けからの参加で
動向が気になる所です。
更に米朝協議「決裂した」と北が
この影響だって出るかも。
とにかくまたまた利下げ
世界的にこの傾向強まる
これなくしてこの場を
しのぐ事が出来ないのか?
なんか世の中の雰囲気は
悪くなる一方な感じです。
衣料品関係が悪い
実店舗の閉店目立つ
財布のひもは更に締め
勿論10月から消費税は
10%ととなりました。
これまでより2%の増税
レジではしきりに2%還元セール
でもこれは消費を促すには
力不足だって9月までとは
なんら変わらない事ですから。
各Payシステムの増税分以上の
還元セールだけが目につきますが
でも皆さん余計なものは決して
あえては買わないでしょう。
私なども世の中云々
というよりかは別に
週末家に閉じこもっていても
何ら影響はありません
またその方が疲れを癒やせて
週明けからの仕事にもプラス。
休日はしっかり
何もしないお金も使わない
大いなる休養日なのです。
そういう傾向なのでは?
そう思ってしまいます。
お金を使ってしまったら
減るばかりですから
それは理の当然な事です。

|

より以前の記事一覧