2019/08/19

週間銅相場情報つぶやき

2019/08/19 4:13

おはようございます。
一週間を振り返ると
14日巷ではお盆休み中
銅建値トン1万円上げの
66万円に改定されました。
これで月平均も66万円。
しかし週末には銅建値計算値
1万円下げ余地となっています。
週明け今日にも銅建値
1万円下げ改定があるやもです。
先週銅建値が上がった原因は
為替が円安と銅相場の上げ
しかしそれも1日天下でした
また為替も円高、銅相場も下げで
計算上また1万円安くなりと
そして後半では銅在庫が
2日間合計で6万トン増加!
一気に33万トン台となりです。
米ダウの下げも一時厳しく
これは大きく総崩れがくると
危機感を持ったものでした。
しかしそれも何日も続かず
まあなんとかやり過ごした
感じ終わってくれました。
でも何やらやはり怪しい感じ
今週も身構えておかなければ
と思うばかりです。
景気減速懸念と長短金利逆転
これが解消されたわけでは
全くありませんから決して
安心してはいけないと思います。
どこかのタイミングで
ドンっとさらに落ちるときが
来るかもしれません今は
なんとかそのタイミングを
やり過ごしているようにも
思えてなりませんけれども
とにかく相場の大きな下げでの
大かぶりは避けたいものです。
それを頭において仕事を
しておかなければいけないと
思うばかりです。

|

2019/08/11

週間銅相場情報つぶやき

2019/08/11 7:55

おはようございます。
一週間を振り返ると
案の定、週明け銅建値
中1日の緊急改定となって
銅建値トン4万円下げの
65万円となってしまいました。
その次の日以降も
トン1万円下げ余地で
やっと週後半になって
銅相場も盛り返し
為替の方はそのままで
銅建値現状と足下が
同じような値になりました。
さあ昨日から巷ではお盆休む
大手や問屋筋は9連休がざら
この期間中にも外電は
入ってきますから
気が気ではありません。
何かの噂では16日が危ない
為替にしても
株式にしても
銅相場にしても
原油や金や仮想通貨にしても
長期金利にしても
気が気ではありません。
そもそも論としても
これからの消費拡大には
無理があるのではとの見解
いくら金利を下げても
金融緩和を行ったところでも
マネーゲームに終始するだけで
現実市場では必要以上を超えて
歪みの増大にしかならない
真っ当の体をなさない
やはりこうなってくると
一度クラッシュが起きて
必要無しは全て市場から
撤退消えてもらうしかない
そういう状況になるのでしょう。
今までのバブル崩壊とは
また違った崩壊が
起こうるのかもしれません。
お盆休みで心と体のケアー
鋭気をしっかり養って
おくべきなのでしょう!

|

2019/08/04

週間銅相場情報つぶやき

2019/08/04 8:17

おはようございます。
一週間を振り返ると
7月はその後も
銅建値の変化なく
8月も銅建値据置スタート。
しかし今の足下では
急変が起こっています。
為替が一気に円高106円台へ!
銅相場も急落気味!
銅建値計算値では
3~4万円下げ余地で
週明け月曜にも
緊急改定があるやも。
8/1は良かったのです。
米利下げがあったにも
関わらず為替は大きくは
動きませんでしたからね。
しかし次の日がいけませんでした
トランプさん中国製品への
関税引き上げを表明
「制裁第4弾」9月に発動と
米ダウも大きく下降!
その後一気に2円以上円高!
銅相場もそれにつられるように
下降を演じてしました。
ここの所いろいろな
コラムを読んでいると
今後の銅相場の下降も
満更ではないようにも思います。
中国経済の衰退下降傾向
GDPの低下の度合いもですが
もちろん米中貿易問題も
大いにあるのでしょうが
もうそろそろ根本的に勢いは
どうなのかということも。
無駄や負債が表に明らかに露呈
してきてもおかしくはなし
歪みの解消に動き出して来て
しまってもおかしくはなし。
銅の先物市場は
経済の先行指標とも
言われています。
今まで中国の需要が
銅相場を支えていた感じ。
今、中国は世界の銅需要の
5割を占める最大消費国
そこが上向きから下向きへと
変化するようなら間違いなく
銅相場に飛び火されます。
今までも銅相場は良い値段と
私などは思っていました。
またこれ以上銅相場の値が
上がってしまったら必ず
何かの不具合が起きてくる事も。
銅建値水準400~600円位が
良いのかもしれません。
中国が伸してくる前の水準
銅相場200円~300円台
その倍の水準位で丁度良し
まあしかし今の世界の物価水準
労働水準からではこれでは
銅山の採算割れもありますから
難しい問題でもあります。
今後は相当に厳しくなって
くると覚悟しておかなければ!

|

2019/07/28

週間銅相場情報つぶやき

2019/07/28 9:54

おはようございます。
一週間を振り返ると
またまた銅建値の改定が
無かった週でした。
銅相場は6,000ドルを
行ったり来たりして
大きな上げも
大きな崩れも
ありませんでした。
為替に関しても
1円以上動いたことが
無かった週だったとも
よって銅建値を動かす
ことが無かったわけで
後は米の利下げ実施
これが週明けにも
あるかのかどうか
まあこれに関しては
ここへ来てのいろいろな指標で
まだまだわかりませんが
一回は行うのではそうすると
材料出尽くしで次は
どう動くかという問題へ。
米中貿易問題の行方
そして今後の米中の指標
下降へ舵を切るのかどうか。
最近、ローン残高や
家計債務の問題やら
多く聞く様になっています
やはりどうも日に日に
危うさが増してきて
いるように思います。
借金は早めに完済しておいて
確実にお金は手元で貯めるか
増やせる様にしておいた方が
賢明なのでは無いかとね。
老後資金、生活資金ほんと
深刻な問題になって来そうです。

|

2019/07/21

週間銅相場情報つぶやき

2019/07/21 7:13

おはようございます。
一週間を振り返ると
珍しく銅建値の改定が
無かった週でした。
しかし微妙なところでは
円高と銅相場の下げで
危うかった時もあれば
円安と銅相場高で
もう1万円上げの期待も
あった時もありでと
ハラハラドキドキ
したような週でした。
しかし品物の出は
相変わらず閑散状態続き
まあ理由は選挙がらみも
あるのでしょうが
何やら製品の材料が
手に入らない状態が
あったりしてと現場では
大変なことになっている様子。
ボルトが足りない
ネジが足りない
使えないネジが出回っている
銅管が足りない
それで現場が滞りがちとか
製品価格が上昇してるとか。
東京オリンピックも間近
通信環境の整備が滞りがち
大丈夫か?何って声も。
まあこういう場合は
往々にしてこういう事が
起こりうるわけです。
皆、想定していること
だとは思いますけれどもね
ある意味景気は悪くはない
ただみんなお金は無駄には
使わなくなったということか
さあこれからの稼ぎ方は?
って所なのではないかと。

|

2019/07/14

週間銅相場情報つぶやき

2019/07/14 11:25

おはようございます。
一週間を振り返ると
11日銅建値トン1万円上げの
69万円に改定されました。
この銅建値改定、うん?
とも思いましたけれども
為替も多少円安でしたし
銅相場も上昇気味だったし
でも足元ではやはり
計算上は円高へでもあり
銅相場も6,000ドルは
抜けられないしで現状は
銅建値69万円なのですが
足元での計算では68万円
そのつもりでいないと
いけないかもなのです。
品物の出は相変わらず少ない
参議院選挙期間中ともあり
電力関係、通信関係に
不具合を生じてはいけない
そんなことでメンテの仕事は
どこも控えさせられている
のかもしれません。
参議院選が終わって
もたもたしているうちに
今度はお盆休み突入です
またまた仕事は閑散状態
継続となるのでしょう。
そうなるとしっかり
動き出すのは9月入って
からなのでしょうやはり
そこから年度末の3月末まで
それが仕事のスケジュール
毎年変わらずのパターン。
選挙も何か盛り上がりに
かけているような感じで
日韓関係も進展を見せず
このままの低調な感じで
行くのではないかとね
過度の期待は禁物
というところでしょう。

|

2019/07/07

週間銅相場情報つぶやき

2019/07/07 10:18

おはようございます。
一週間を振り返ると
1日銅建値トン1万円上げの
70万円改定でスタート。
7月は上げての始まりと
なったのでしたがしかし
3日には中1日の緊急改定で
銅建値2万円下げの
68万円に改定されて
しまいました。
月平均も70万円から
一気68万円台への下げ。
これには参りました!
G20も難なく終わって
さあこれからなのかと
思った矢先でしたから。
結局、G20お題目通りの
会議だったようにも
米中協議再開もまあ
これしかないだろうと
言ったシナリオですし
特段ビックリしたのは
電撃米朝会談実現でした
初の米大統領の板門店での
境界線超えでしたから。
その後、中国PMI発表
米の雇用統計発表
どれも予想を下回る
相場関係は下降気味
銅相場に関しても
チリの銅山スト終了
フル操業に入ったとか
よって銅相場下降気味
そして銅在庫も
3万トンずつ2度増加
よって一気に
30万トン超え!
こうなってしまうと
銅相場も5,800ドル台は
仕方がないのかもと
7月スタート仕切り値が一気に
上がって始まりましたが
3日には一気に萎んでしまって
これで品物の出もよくはなし。
さあこれからの事です
米利下げも期待後退そして
為替は円安に動いていますが
銅の相場となると
下げの方へ向とかうような
気もしてなりません。
携帯、PCがらみでは
需要の伸びは期待できない
そんな感じがしてなりません。
底値確認に向かうのでは?
と思うわけなのです。

|

2019/06/30

銅相場情報つぶやき

2019/06/30 8:36

おはようございます。
一週間を振り返ると
26日銅建値トン1万円上げの
69万円に改定されました。
もうこの週はG20の成り行き
のことばかりで皆の頭が
いっぱいになっています。
そしてG20の結果は?
米中首脳会談で貿易協議再開
ファーウェイ部品販売容認
まあこうなることは
目に見えていた感じも
まずはここからなのでしょう
そしてこの問題はやはり
根が深いわけですから
そうそううまくは解決しない
よって各相場などもはじめは
上昇トレンドをとるかも
しれませんがそのうちにまた
問題はぶり返してくるでしょう。
銅相場のここの所の上昇トレンドも
チリの銅山ストがらみが影響
そこが解決すれば銅相場
またどうなるかわかりません。
一旦の米中協議再会も
外交ですからここでは
切ってしまうわけにはなかなか
いかなかったわけです。
ただただうまくやり過ごした感じ。
今回は相手の顔を潰さなかっただけ
そしてこれで次のステージへと
またしっかり入れたわけです。
先の事はまだまだわかりません。
7月の銅建値のスタートの値は
為替の動き如何では
ないでしょうかね
まあ据え置きで始まって
くれれば御の字なわけです。

|

2019/06/23

週間銅相場情報

9:17 2019/06/23

おはようございます。
一週間を振り返ると
17日銅建値トン1万円下げの
67万円に改定されました。
20日には1万円上げ戻りの
68万円に改定されました。
なんとなく銅相場も
落ち着いてきたような
しかし為替は円高に動き
銅相場自体は多少上向き。
週始まりは下がって
始まりましたけれども
2万円上げかもとの期待
も一瞬あったのです。
しかしながらいろいろ
米中のやり取りには
翻弄された一週間でした
さあ週明けての月末には
G20も始まりますそこで
何やらかの結論も出る
のでしょうか?
イランとの脅威も出ました
すんでの所で止めたとか
そしてファーウェイの次は
今度はスパンコンにもと
G20開催前にもうひと突きか。
これ本当にG20終って
みなければどうなるのか?
全くわかりませんね。
一時長期金利-0.180%にも
みんな気にならないのか?
ここへ来てビットコイン
116万円越えになってる!
これも何やらどうもねえ。
さあ気をつけないと
と思うのは私だけ?
でしょうか。

|

2019/06/16

週間銅相場情報つぶやき

12:23 2019/06/16

おはようございます。
一週間を振り返ると
11日銅建値1万円上げの
68万円に改定されました。
仕切値の上げ幅はわずか
更に足元では週明けには
銅建値1万円下げ予想。
為替の動きは小幅の
レンジなのですが
銅相場がどうも弱し
最後のNY銅でも
下がりましたから
もしかすると銅建値の
下げは避けられないかも。
世の中の地合いが
良くありませんん
世界の地合いも
よくありません。
中東情勢米中摩擦警戒!
米中双方の面子の主張
ファーウェイ問題
メキシコ問題は先送りも
タンカー攻撃での
イランとの関係は
今後大きな問題に
発展しかねません。
今月末にG20がありますが
それまでに事態を収める
事が出来るのか?
G20までは間延びさせるか?
それともG20後に一気に
事態が急変を起こすのか?
何か嫌な予感が
しないでもなし。
今され戦争になんて
って事にはならない
でしょうけれど
ひょっとすると
ひょっとしたりして。
トランプさん選挙に向けて
中国やイラン、北朝鮮
みんなカードを切って
しまうかもしれません。
負け戦の自暴自棄?
自分のやりたい事は
任期中の間に全て
やってしまえ的な。
最後の最後で
大いに達成感をと。
それが良いのか悪いのか
後の歴史が結果を
教えてくれたりして。
とにかく今の世の中は
危い感じなのだと
思うわけなのです。
米企業の借りすぎ
リーマン越えとかも。

|

より以前の記事一覧