2017/10/22

週間銅相場情報つぶやき

13:22 2017/10/22

おはようございます。
一週間を振り返ると
17日銅建値トン4万円上げの
84万円に改定されました。
20日には銅建値1万円下げの
83万円に改定されました。
4万円上げ時は銅相場の
急激な上昇それに円安
も絡んでの銅建値上げ。
1万円下げは銅相場の下げから
為替がもう少し円高だったら
2万円の下げだったかもでした。
土曜の朝の為替では113.50円
1円近く円安に振れました。
足元の銅計算では83万円で
落ち着いている感じとも。
しかし中国の全人代開幕
の前後で振れ幅が大きく
なにやら不安な感じにも。
中国の今後にも期待する
向きもありますがそうそう
上昇ばかりとは行かない
のではないかともね。
世界の株価は絶好調の様子
その分不安もそこかしこに
このまま上に行くのか?
それともどこかで一気の
下げとなるのか?
景気は好調好調といわれ
設備関係も絶好調気味
鉄、コンクリートその次は
電線通信関係へとの波及
そんなシナリオのようです。
格差は確実に広がって
いるように思います。
どこのポジションにつくのかで
段違いの差を生む事に。
強い個人か、強い組織会社か
それ以外はみんな
取り残されそう
見捨てられそう
そんな風に私は考えます。
益々厳しくなっていくとね。

|

2017/10/15

週間銅相場情報つぶやき

10:04 2017/10/15

おはようございます。
一週間を振り返ると
12日銅建値トン1万円上げの
80万円に改定されました。
足元では更に1万円上げ余地。
銅相場上がっています。
為替は少しずつ円高。
今回は円高に影響されず
銅相場の上げの方が強い。
なんかまだ上の方へ
行くような気がします。
ファンド筋も大いに
絡んできている感じですから。
中国全人代開幕まで
この勢いは衰えないのか?
はたまた全人代終了後も
勢いは増すのか?
ここでバブル崩壊を
起こすわけには行かないか?
北の動きも気になります
静かなる動き継続中
ここの所、北のニュースが
極端に少ない感じがします。
嵐の前の静けさ?
株価も日米とも最高値入り
日本は約21年ぶり
歪は最高潮になっていないのか?
メーカーはフル操業らしい
でも様子見で高値を買わない。
衆院選挙も後一週間
どうも盛り上がりに欠けるか。
都知事選ほどではない様子
スローガンだけでは
絵に描いた餅だと
悟り始めたか?
格差は益々広がるばかり
もうこれは止められない
平等など夢のまた夢
せめてしっかりやった者
だけには恩恵をと
願うばかりなのですが
ネット依存の今の世の中
そうそうみんながみんな
やはり恩恵は受けられる
ものではないようです。
コツコツで仕方なしそして
無駄な支出はいつの時代でも
マイナス要因なのです。
しっかり硬くが
何より一番です!

|

2017/10/08

週間銅相場情報つぶやき

8:46 2017/10/08

おはようございます。
一週間を振り返ると
10月は銅建値1万円上げの
トン77万円改定スタート。
6日にはトン2万円上げて
79万円に改定されました。
月初の銅建値1万円上げは
9月の流れからの改定
6日の上げは銅相場自体の
上昇による所でした。
国慶節で参加者が少ないため
非鉄相場に買いが入りやすくで
亜鉛、鉛が上がっていた所
今度は銅相場でも起きた感じ。
またチリ北部での地震発生
の情報にも敏感に反応した様子
中国の亜鉛メッキ鋼板の
需要拡大期待が継続と
中国のインフラ需要が後押し
ここに陰りが起こらない限り
価格は上を目指す展開が
続くように思われますかね。
日本もまんざらでもない
鉄やコンクリの需要増
その次に続くであろう
設備関係の材料供給
銅もこれからが需要増かも。
今度こそという感じで
年明けから1年半近くは
建築関係が特需になる
そんな事が囁かれています。
ただ12月には米の利上げ
これが確実視でしょう。
そうなればまたどうなるか?
中国の国慶節明け
全人代後の成り行き
目先ではそこが問題
10月は注意したい所
でもあります。
北の問題も気になります。

|

2017/10/01

週間銅相場情報つぶやき

8:46 2017/10/01

おはようございます。
一週間を振り返ると
26日に銅建値トン1万円下げの
76万円に改定されました。
銅相場の下げと為替の円高が
ちょうど重なってしまった
その後は銅相場も回復
為替も円安気味
足元では銅建値77万円計算
月明けの月曜日は
為替の動きもあるでしょう
けれどもこのままであれば
銅建値1万円上げの77万円
上げ改定スタートなのでは。
ここへきて北の問題は
トーンダウンしています
おおっぴらにはあまり
流れてこなくなって
その代わりに日本の政局
衆議院解散そして選挙へと
この話題で持ちきりに
なってしまっています。
風が急にふいて来た感じ
流れが一気に変わった
消費税の使い道で
反対派が一気に盛り上がり
どっちを選ぶ?という構図
実にうまいですよね!
わかりやすい、年寄りが
無条件でなびくさまが
想像できてしまいそう
後出しジャンケンでした。
まあ出来るか出来ないかは
またまた後回しなのでしょう
こんな隙だらけな時期に
北の挑発行為があったら?
有事が起きたらどうする?
まあそんなことなどどうでも
想定していないのでしょう
自分たちのことだけで
手一杯なのでしょうから。
ここ2回政権交代時には
天災に見舞われています。
そして人災にも繋がっている
今回も何か起きなければと
心配しています。

|

2017/09/24

週間銅相場情報つぶやき

11:15 2017/09/24

おはようございます。
一週間を振り返ると
21日に銅建値トン1万円上げの
77万円に改定されました。
銅相場というよりも
為替の円安が原因。
銅相場自体は軟調気味
為替の動きの問題では
北の動向に振り回されて
いる感じです。
荷動きは低調気味。
光線は良いのですが
並銅や下銅の差込には
いろいろ問題が生じているとも。
とにかく北の動きに
翻弄されています。
トランプさんの演説以降
「太平洋上で水爆実験をする」
とか北の外相が国連演説では
「米全土にロケット、不可避」 
などとエスカレートするばかり
はたしてこの行方は?
結末は?どう矛を収めるか?
北の孤立を強引に行えば
やはり相手も黙っては
いないことでしょう。
実に難しい問題、局面。
一触即発の緊張は
続くばかり
打つ手は無いのか?

|

2017/09/17

週間銅相場情報つぶやき

13:03 2017/09/17

おはようございます。
一週間を振り返ると
11日に銅建値トン3万円下げの
77万円に改定されました。
さらに14日には1万円下げの
76万円に改定されました。
足元の為替如何でが
さらに1万円下げ余地で
75万円になりそうとも。
問屋筋はもうそう75万円と
身構えている感じがあります。
なんと言っても気になるのは
4日間で10万トン近く
銅在庫が増えたこと
20万トンから一気に30万トンへ
ここが減少にならなければ
まだ下値を模索するのでは。
中国の経済指標が悪化
これが今回の発端
だったようです
為替に関しては北がらみも
まあ今まで銅相場は
右肩上がりでしたから
ここらで調整に入っても
と思いますけれども
下げの理由が
ファンド筋の売り
でしたからねえ
ここの思惑はどこら辺まで
まで想定しているのか?
また中国の実体経済は?
中国は5カ年計画を
発表するようですが
また世界を引っ張って
くれるのかどうか?
そもそも論として
お金の膨張は今後も
続いていくのか?
止められないものなのか?
そうなると歪は解消
する事ができるのか?
もうこれ以上の
先進国の発展は
必要なのかどうか?
私などは東京に住んでいて
もうこの現状維持で
十分なようにも
思っていますけれども。
まだ何を望むのか?
望めば歪を増すばかりと。

|

2017/09/10

週間銅相場情報つぶやき

11:25 2017/09/10

おはようございます。
一週間を振り返ると
7日に銅建値トン1万円上げの
80万円に改定されました。
とうとう大台へ!
2年3ヶ月ぶりの大台へ!
しかし足元では
とんでもない事態に
なっています。
為替が円高107円台後半
そして銅相場自体も
NY銅で大きく下げ!
足元での為替で
再計算しなおすと
銅建値4万円下げ余地発生!
北の建国記念日を見越してか
はたまた米の台風被害か
原油の下げがらみか
良くわからない状態ですが
私などは土曜日は
身構えたものでした。
週明け月曜日急きょ
銅建値緊急改定されるか?
中2日待ってからの火曜の
外電入電を待ってからか?
本当の所でのベクトルは
どちらの方向を
指し示しているのか?
たぶん北は11日の
安保理制裁決議案採決を
待ってからでしょう。
そこまで理性は
飛んでいなかったとも。
とにかく週明けからの一週間
いろいろな問題について
心しておいた方が良いかも!

|

2017/09/03

週間銅相場情報つぶやき

10:51 2017/08/27

おはようございます。
一週間を振り返ると
28日に銅建値トン1万円上げの
77万円に改定されました。
8月の月平均はキロ750.4円
そして9月は更に2万円上げの
79万円でも改定スタート。
切り上がってきた感じです。
銅相場7,000ドルまであと少し
銅建値も80万円にもう一歩
上がってきました!
さあこうなってくると弱音は
不要なのでしょうか?
銅在庫も確実に減少
一時、反転の兆しもと
と思いましたが一日だけの
4ケタ増加でした。
とうとう銅在庫
22万トン台の前半へと
入ってきました。
これで20万トンを切るようなら
相場の上げ足も加速したりして
でもどうなのでしょう
銅相場8,000ドルを
ためしにも行くのか?
鉱山ストやら
鉄鋼先物相場やら
中国環境規制やらまた
5カ年計画の行方やら
全てが相まってでないと
なかなか難しいようにも
思いますけれども。
あくまで私の予想
各相場年内なんとか
もてばいいのかとも。
昔の記憶が蘇っています。
歴史が繰り返さなければ
よいのですけれども。

|

2017/08/27

週間銅相場情報つぶやき

10:51 2017/08/27

おはようございます。
一週間を振り返ると
23日に銅建値1万円上げの
76万円に改定されました。
足元ではさらに
銅建値1~2万円上げ余地。
週明けにも改定があるやも
中国の環境規制問題
17年度末には雑品の輸入制限
さらには雑電線にも制限が
波及しかねない感じとも
電気銅の輸入割合を増やす
またインフラ整備には
銅は欠かせないとしての思惑
鉄の先物が上がったこと
亜鉛の相場もあがったこと。
北との緊張状態
などなどの思惑で
投機資金も流れ込んで
銅相場の上昇となりました。
こうなってくると
どこまで行くのかわかりません。
さしずめ銅在庫の減少の
反転サインが出るまで
続くものなのかもと。
まずは目指すは銅相場
7,000ドルなのでしょう。
その間の情勢変化でも
どちらに向き直るのか?
前にもこの中国の五カ年計画
これ以降に相場が上がった
ように思い返します。
もしかするとまんざら
なのかもしれない。
はたまた眉唾で見て
いなければいけないかも。
ただこうなってくると
相場に振り回される事に
なりかねません。
ストレスをためないように
しなければならないと。

|

2017/08/20

週間銅相場情報つぶやき

11:32 2017/08/20

おはようございます。
一週間を振り返ると
14日に銅建値トン1万円下げの
74万円に改定されました。
お盆休み真っ盛り中!
17日に銅建値1万円上げの
75万円に改定。
結局お盆休み中での相場の
上げ下げだったわけです。
お盆休みが明けてみれば
何も変わらなかったと。
まあもっとも工場関係
などは週明けの21日から
でしょうからね。
フォークリフトの調子が
悪くて電話をかけても
週明けからとのこと。
自動留守番音声でした。
結局こんな感じなわけです。
やはり8月は低調な月
という事に変わりなしです。
さあ今後の展開ですが
なにやらいろいろなグラフが
掲載されだしています。
相場の先行きを占うと
言った感じでリーマン時に
よく酷似とね。
私もそんな感じがしていて
なりません心配で仕方なし。
とにかく品物は常に片付けて
おかなければと思っています。
いつでも敏速に対応できるよう
準備は怠りたくはありません。
まあどっちに転んでも
良いようにしておかないとね。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページHP
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

より以前の記事一覧