2020/07/03

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/07/03 7:10

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円安、107.51円。
LME銅、63ドル上げ。
後場、9ドル下げ。
銅在庫、-2,625トン。
NY銅、+1.65セント。
LME銅建値計算トン69.6万円。
LME後場銅建値計算69.5万円。
NY銅相場建値計算69.0万円。
為替は小動き
銅相場前半上げ
銅在庫4ケタ減少。
中国の経済指標が
軒並み改善して
中国景気回復への
期待が続いていると。
中国の輸入が少しずつ
増えだしている様子。
もう次の備えに向かい
だしたという事か?
ここへ来ての銅の上げ
南米の銅山の供給不安
これが一番の原因
コロナ禍の影響です。
この影響が長引くようなら
更に銅相場も上へと行くか。
株価は小動きに
なって来ましたか?
為替も小動き
狭いレンジの範囲内。
東京都新たに107人感染
とうとう100人越えに
なってきましたこれは
ひょっとすると
ひょっとしてたりして。
原油続伸
雇用統計改善受けと
金は反発
米ダウ反発92ドル高。
東京の様子が心配
50人レベルから
100人レベルへと
跳ね上がりました
次には200人レベルか?
こうなってくると正に
指数関数的な増加。
このレベルならベット数も
まだ確保できるでしょう
20~30才台そして高齢者
なかなかストレスの
コントロールには
苦心してしまうのか
まあそれはそうでしょう
私みたいなオタクで変人には
閉じこもりが普通ですから
何も問題はありませんが
普通の人はそうではなし。
さあ今後の行方の如何では
再度の自粛要請も
あり得るでしょう
そうなると日本も
諸外国と変わらずと
なってしまうのか?
そうなるとまた相場も……。

|

2020/07/02

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/07/02 7:04

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、107.41円。
LME銅、21ドル下げ。
後場、13ドル上げ。
銅在庫、-3,275トン。
NY銅、+0.35セント。
LME銅建値計算トン69.3万円。
LME後場銅建値計算69.4万円。
NY銅相場建値計算69.0万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
69万円に改定スタートでした。
今朝の為替は円高
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少
銅相場6,000ドル維持。
コロナ禍の影響で
南米の鉱山操業停止
米では感染増が止まらない
南米でも凄い事に
欧州でも再びロックダウン
第2波が押し寄せています
国内でもそれらしき気配が
濃厚になっていくのか?
東京都でも感染者50人超え!
都知事選真っ盛り
でもその熱気には疑問
都財政が気になります。
さあ本業はどうなりましょう?
一応は仕切り値は切り
上がってはいますけれども
いつ落ちるかもしれないと
私などは思っていますから。
また仕事を休まなければ
いけなくなったらそれこそ
大変な事になるでしょう。
原油が反発
金は反落
米ダウ反落77ドル安
コロナ感染拡大警戒
でも落ち方がこんなものです
よくこの水準を維持
しているなあと思います。
6月日銀短観景況感大幅低下!
長期金利高水準
日銀「上昇容認」の見方と
劣化債などの買い支えに躍起
まあ一応こう言う場合は
便宜上は支えなければ
いけないのでしょう
でも崩壊時には崩壊して
しまってから立て直した方が
良いのかもしれないのです
下手に支えてしまって
痛手を増幅させては
見切りが大切かと。
そうこれも便宜上は
手を打つ事になるそして
傷を大きくしてしまう。
判断は難しいですよね
借金が多い企業ランキング
なるものも出ていましたが
コロナ禍で無ければ逆に
追い風になっていたのかも。
世の中わかりません
何が正しく何がいけないのか
運不運、時の運なのかとも。

|

2020/07/01

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/07/01 6:52

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.92円。
LME銅、81ドル上げ。
後場、2ドル下げ。
銅在庫、-3,000トン。
NY銅、+3.40セント。
LME銅建値計算トン69.3万円。
LME後場銅建値計算69.3万円。
NY銅相場建値計算68.7万円。
為替更に円安
銅相場上げ
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値では
トン1万円上げ余地
今日69万円改定スタート
となるのではないかと。
銅相場はとうとう
6,000ドル超え!
銅相場が上がる事は
良い事なのか悪い事なのか
今朝の業界新聞では
古河さんがアルミケーブル
官公庁で初採用の記事
銅相場が上がりすぎると
銅がアルミへとシフト
しかねない事になります。
勿論銅相場自体も鉱山での
採算割れ相場では根本的に
成り立たなくなります
そこんところがジレンマですが。
東北震災時後には銅管の
アルミ化でリサイクルに
支障が出た事がありました。
多分低電圧CVTがアルミ化では
リサイクルの採算が合わなく
なってしまうでしょう
産廃になりかねません
ですから余り銅価が上がって
もらいたくはないと思います
丁度良い塩梅での価格帯が
望ましいと思いますこれは
何事においてもですけれど。
今の各相場は何やら異常に
思えてなりませんけれども。
原油反落
新型コロナへの懸念
金は9年ぶり高値!
ダウ続伸し217ドル高
上昇幅は四半期で最大。
テレワーク化で事務所の
引き払い状況が起こっている
在宅ワークで良ければ
わざわざ事務所へ通って
仕事をする必要はありません
事務所を借りる必要はありません。
今の各自のネットワークの
環境ならもう十分にそれが
出来るようになっています
貸事務所の引き払いによる
現状復旧工事が今後は
益々増えてくるのでは
ではその後の借主は?
さあどうなるでしょう?
ユニクロはもう十分な
ブランドとなった感じです
安くてオシャレでカッコいい
もう高くてオシャレ(?)で
カッコいい(?)のはダサいと
そう十分すり込まれてしまった。
本当に賢いのはどちら?
と問われ始めました
もうこの答えは明白でしょう。
何十年前はこんな事が
ホントに起きるとは?
誰も信じていなかった。
今度はテレワークで
そうなるか?とね。
コロナ禍でイノベーション
これは間違いなく
起きうる事でしょう!

|

2020/06/30

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/30 7:05

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.55円。
LME銅、28ドル下げ。
後場、10ドル上げ。
銅在庫、-2,075トン。
NY銅、+0.75セント。
LME銅建値計算トン68.1万円。
LME後場銅建値計算68.2万円。
NY銅相場建値計算67.6万円。
銅相場小動き
銅在庫4ケタ減少。
NY銅を見たらだいぶ
上がったような感じでしたが
銅建値計算値を見ると
現状の銅建値の数値で
据置となります。
グラフを見たときには
7月はもう1万円建値上げの
69万円で始まりなのかと
思ったのでしたがでも
明日の外電がどうなるか?
原油も上がり金も続伸
コロナ禍で南米の鉱山で
人手不足深刻の操業停止
まあこういう時ですから
それでも需要と供給で
トントンなのかと
思ったのですが相場って
言うのはこういう時には
上がってしまうものかと。
中国の需要見込みだそう
ですがあくまで見込みは
見込みなのではないかと。
米の感染者もひどい事に
他の医療が充実していない所
ではもっと酷い現状なのでは?
相場は期待や思惑で
動くようですが振り回
されないようにしないと。
原油が反発
米中の経済指標改善で
金は続伸
米ダウ反発580ドル高!
よく上がるものだと思います。
だから経済を止められない
規制をかけられないのかも
日本もそのようですよね
緊急事態の再度宣言は
無いような事を言っている。
東京都は今は選挙で
それどころではない感じ。
私はバーゲンには全く
反応を示していませんが
でもご多分に洩れずやはり
我慢が出来なくなって
ネットで注文をしました!
お店に行かず試着もせず
まだ買った事のないブランド
サイズ感も来てみなければ
わからない現状でも
今ネットを見れば試着の
キャンペーン対象商品
もしダメならサイズ交換も
まああの手この手ですね。
3~4週間もネットを見て
いろいろ悩んで想像していると
実物を見る触らなくても
何かわかるように思います
こうなってくると実店舗
やっぱり苦しくなって
きますかねそして間違いない
ブランドの重要性が優位
それに皆さん群がるように
なるのでしょうユニクロ
というブランドのように。
コロナ禍ではまたまた
いろいろシャッフルを
強いられる事でしょう
生き残りをかけてと。

|

2020/06/27

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/27 7:31

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.21円。
LME銅、105ドル上げ!
後場、39ドル下げ。
銅在庫、-3,975トン。
NY銅、+0.95セント。
LME銅建値計算トン68.4万円。
LME後場銅建値計算67.9万円。
NY銅相場建値計算67.3万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
68万円に改定されました!
23日で確定と思っていました
足下でも少し足りない
のではと思ってました。
よって月平均は659.0円
銅建値との乖離は2円以上
もうこれでは今月は勝負
あったとなってしまいます。
現状の建値7月も据置で
始まってくれるのかどうか
はたまた6,000ドルを超える
事があってもう1万円高く
始まる事になるのか。
今朝は少し円安
銅相場前半上げ
銅在庫4ケタ減少。
何やら銅相場の上げは
南米主要鉱山からの
供給巡り懸念が高まった
からとの事らしいです
コロナで操業停止とか
まあでもコロナ禍で需要と
相殺されている感じもあります
チャート的には6,000ドルが
まずは節目なのでしょう
越すか越さないか
コロナ禍が過ぎれば
一気に買われ出すのか?
まあ現状商売の方は
閑散状態に突入した感じも
これからしんどくなりそうです。
原油反落
米感染再拡大で需給悪化観測
金は反発
米ダウ反落730ドル安!
よく4ケタ下げにならずに
済んでいる観もありますが
何やら米の感染拡大が凄い!
日本は健康保険がありますから
割引で医療を受けられますが
そうでない国はそうそうに
医者にも通えず尻込み
まあ日本でもそれなりに
病院に通わなくても結構
健康保険は取られています。
東京の人数を見ていると
何やら危ない領域へと
近づいている感じもします。
7月に入ったらぐっと人数が
増えたりしてとなるかも。
歯止めが利かない世代には
今まで結構酷だったのでしょう
それだけストレスは半端では
なかったという事です。
さあまだまだ世の中は
変化しましょうかね?
悪い方へ落ちていかなければ
良いのですけれども。

|

2020/06/26

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/26 7:07

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円安、107.12円。
LME銅、9ドル上げ。
後場、6ドル上げ。
銅在庫、-400トン。
NY銅、+1.20セント。
LME銅建値計算トン67.2万円。
LME後場銅建値計算67.3万円。
NY銅相場建値計算67.1万円。
為替はあまり変わらず
銅相場小動き
銅在庫少なめ3ケタ減少。
中国本土や香港台湾市場休場
これで銅相場も小動き?
何か一気に本業の方も
仕入れ関係が悪くなった
様な感じがしています
いよいようちらの業界も
コロナ禍の大波を被るのか?
まあ毎年4~6月期は良くなく
7~8月期も暑さやお盆休みで
実質的には毎年良くはなし
結局年度的には9月以降
からでないと活況にはならない
公共工事だって予算が
付いてからですからね。
まあ長期計画のものだとかは
走り出してしまえば途中では
決して止まらない此の間のような
大手建築のコロナでのストップは
未だかつて異例中の異例
町場の仕事はやはりコロナ禍で
停滞、ストップ、逃げが
起こっているのかもしれません。
細々の解体は増えている傾向
とにかく停滞気味がここへ来て
ひどくなっている感じです。
まあ税金、保険の払い込みの
時期でもありますから(笑)
原油反発
金は続落
米ダウ反発299ドル高
金融機関に高リスクの
自己勘定取引を禁じた
「ボルカー・ルール」などの
一部緩和を発表とやはり
こういう事でしか今の相場を
維持できないようになってきた?
フィンテック初の大型破綻
独ワイヤーカード影響深刻!
SBG株主総会4.5兆円資産売却や
ミネルヴァ事務所破産へなど
こういう時期にこう重なる事
って言うのは何かを物語って
いるように思えてなりません。
地震の頻発もそう
大雨もそう
中国で洪水被害拡大もそう
もしかするとダム決壊も。
まあ心配事を書いて無駄に
煽ってもいけませんけれども
頭のどこかでやはり心して
おかなければと思っています。
コロナ禍の第2波もそう!

|

2020/06/25

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/25 6:37

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、107.04円。
LME銅、24ドル下げ。
後場、57ドル上げ。
銅在庫、-2,400トン。
NY銅、-0.95セント。
LME銅建値計算トン66.8万円。
LME後場銅建値計算67.4万円。
NY銅相場建値計算66.5万円。
為替がまた107円台へ円安
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
米ダウ反落710ドル安!
コロナ感染拡大懸念と。
何やらこれ本格化しそう
東京も第2波要警戒
クラスター発生の懸念
やっぱり脇が甘くなったか?
今朝のニュースのみだしです
世界経済2年で損失1300兆円
20年はマイナス4.9%
英国は311年ぶり低成長。
7月からのメーカーの買いは
散々たるものになりそうです
7割減も当たり前のようにと。
持ち込みも急にパタリと
なったようにも思えて
これはヤバいって感覚が
ひしひしとしています。
経済活動はどうなるのか
株主総会時期へと突入!
どんな言葉が直に
聞こえてくるのか?
いろいろとあの手この手で
この苦境を何とか
乗り越えていかなければ。
原油続落
金は一時9年ぶり高値
米ダウ反落710ドル安!
さあここからまた
4ケタの下げが続く
ようになるのか?
東京も選挙へ突入!
どうなりますことか?
買い物もやっぱり
様変わりしていくと
思っています。
買いたいものはやはり
安ければ良いという事
ではなく信用がある所で
訳のわからない所からは
決して買えないと思いました
そのものを作っている
売っている所から直に買う
結局はそれが主流になると
思います。続々自社サイトを
立ち上げている傾向です。
そしてここにはオンラインの
ショップが必ず併設とね
そして会員登録で抱え込み
もうお気に入りの品物の
リピーターは決して
逃さないってやり方です。
私もその流れに乗っています
それが1番楽で安心です!
ポータルサイトは
検索しか生き残らないか
有名所は皆自社サイト!
コロナ禍で益々そうなる
と思っていますけれど。

|

2020/06/24

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/24 7:10

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、106.48円。
LME銅、70ドル上げ。
後場、20ドル下げ。
銅在庫、-4,950トン。
NY銅、+0.45セント。
LME銅建値計算トン67.3万円。
LME後場銅建値計算67.1万円。
NY銅相場建値計算66.9万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
67万円に改定されました。
これで今月は確定か
月平均は657.7円
足下との乖離は12円弱。
今朝の為替は円高へ
深夜0時に一気の円高!
銅相場上げ
銅在庫4ケタ減少。
現在の為替では67万円を
切ってしまいますけれど。
何か世の中は淡々と
時間が過ぎていっている
ように感じています
可もなく不可もなく
止まっていた為替が
動き出した事には何か
訳があるのでしょう
ちょっと心配をしています
銅相場はどうなのでしょう
原油が落ちませんから
原油現在40ドルなのです
此の間のあのマイナス相場は
何だったのでしょう?
ちょっと今は言えませんが
何やら悪い噂も出ています。
品物の出は閑散状態
7月からはメーカーが
更に減産!先々の見通しは
全くたっていない感じも
コロナ第2波にしても
不気味な感じもしています
何とかコントロールが
出来ているようにも
思いますが7月の第2週から
どんな数字が出るのやら
まずはその結果を見てから。
原油反落
金は3日続伸
米ダウ続伸131ドル高
ナスダックは過去最高値
なのですって!
どう思います?
何か変だとは思いません?
こういう類いの話が
最近はそこかしこに
あるように思います。
何が現実で何が正しくて
何が虚像で何がおかしいか
ただただお金の有り余り
が起こしている所業なのか?
我慢していて一気に吹き出し
堰を切ったようにみんな
我も我もとストレス解消
気味にお金を使い出す
後先を考えず我慢に負けて。
もしかするとお金だって
機能しなくなったりして。
わかりませんよこの先
どうなるかなんて事は
今のコロナ禍で更に
自然災害が加わったりして
いつ何が起きるかは
誰にもわかりませんから
備えあれば憂いなし
そう思いたいのですが
こういう事ばかりは
運不運がつきまといます。
絶対はありませんから
常にリアルに対峙して
切り抜けていかないと
とそう思っています。

|

2020/06/23

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/23 6:29

おはようございます。
外国為替NY(今)
変わらず、106.87円。
LME銅、10ドル下げ。
後場、53ドル上げ。
銅在庫、-3,200トン。
NY銅、+4.05セント。
LME銅建値計算トン66.4万円。
LME後場銅建値計算67.0万円。
NY銅相場建値計算66.7万円。
相変わらず為替は動かず
銅相場後半上げ。
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値後半では
67万円に達している感じ
今日にも銅建値改定か?
とうとう原油が40ドル突破!
銅相場もそれにつられてか
底堅い動きでここを固めて
6,000ドルを目指すのか?
たとえ今週銅建値上がっても
月平均は大きくは上がらず
乖離が開くばかりですからもう
仕切り値は上がらないでしょう
7月始まりを見越してでは
来週の7月に入ってから
にしたらと言われそうです。
またそれはそれで7月に
入っても差し込みには
苦労させられそうかも。
完全自粛解除となっていますが
これで痛手がすぐには
解消とはいかずですから
苦しい感じはまだまだと
いったところでしょうか。
原油3日続伸
金は続伸
米ダウ反発153ドル高。
日本のスパコン「富岳」
8年半ぶり世界一奪還!
うれしい響きです世界一
まあでもすぐにどこかが
また出てくることでしょう。
iPhoneの新基本ソフト紹介
独自開発の半導体を搭載した
パソコンの生産開始も表明
こちらも進化が止りません。
多分どんどん使い勝手は
向上していくのでしょう
私は相変わらずカラケー!
でももうそろそろ替え時
なのかもしれませんけれども
携帯の基本料金は安くなって
もらいたいものですけれども。
皆、テレビは見なくなったと
ネットで動画を見る
それもそちらの方が
面白いのが沢山ある。
猫も杓子もYouTuber入り。
でもニュースや新聞は
しかるべきちゃんとした
所から情報は仕入れたい。
またこういう時代だからこそ
私は本を買ってしまって
いるようにも思います。
出版不況というのは実に
寂しい現状だと思います。
でもよいものはよい
ネットもよいものはよい
そうなっていくのでしょう
雨後の竹の子は仕方なし
その中から選び抜かれる
って時代になるのでしょうね。

|

2020/06/20

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/20 7:11

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円高、106.87円。
LME銅、36ドル上げ。
後場、26ドル上げ。
銅在庫、-6,650トン。
NY銅、+2.40セント。
LME銅建値計算トン66.6万円。
LME後場銅建値計算66.9万円。
NY銅相場建値計算65.9万円。
相変わらず為替は小動き
銅相場上がっています
銅在庫大きく4ケタ減少。
銅建値計算値では
67万円にちょっと足りないか
って所まで迫ってきました。
週明け1万円上げかあ?!
原油が続伸ですから
銅も引っ張り上げられたか。
米ダウの動きを見ても
後半に下がっています。
週末ですから期待より
客観視が強まったか
米ではAppleが店舗再閉鎖
第2波を警戒に現実観。
国内でもそうでしょう
全面自粛解除がされましたが
海外の流れと同じような
状況に陥る可能性も大いにある
経済活動最優先を推し進めるか
完全封じ込めを第一とするか
やはり年内は勝負あったか。
原油が続伸
一時3カ月半ぶり40ドル台
金は反発
米ダウ続落208ドル安
コロナ感染再拡大を懸念。
対岸の火事ではありません
国内でもこの可能性が。
ある意味、第2波の方が
恐ろしいと思っていなければ
いけないようにも思います
もう既に疲弊しています
そこへ持ってきての第2波
何処まで国が手助けできるのか
自助努力だけにされてしまうか
ホント長期戦の覚悟で
挑まないといけません。
全面自粛解除後でのこの流れ
一度警戒を解いて緩めると
再警戒にはスキが多く
出てくると思います。
気の緩みです
危機感の欠如です。
ストレスの溜まっている所に
更にストレスの加算です
これは結構しんどいです!

|

より以前の記事一覧