2019/06/15

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:50 2019/06/15

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょっと円安、108.55円。
LME銅、8ドル上げ。
後場、6ドル下げ。
銅在庫、+3,875トン。
NY銅、-2.65セント。
LME銅建値計算トン67.2万円。
LME後場銅建値計算67.1万円。
NY銅相場建値計算67.2万円。
為替は小動き
LME銅は小動きも
NY銅は下げ
銅在庫4ケタ増加
25万トン台まで増えました!
銅建値計算値1万円下げ余地
週明けにも銅建値改定か。
タンカー攻撃などで
一時は原油も上がりましたが
結局、地合いは悪いという事。
香港3日続落
中東情勢米中摩擦警戒!
月末のG20を見据えて
戦々恐々していたりして。
荷動き低調この相場ではね
先々の見通しも期待薄
これではボディーブローです
ある時一気に腰を
落としかねません。
次にはもんどりうつ
場面もあったりして。
これでは気をつけようも
ないのかもしれませんが
危い状況へと進んでいる
ように思えてなりません。
原油続伸
金は小幅続伸
米ダウ小反落17ドル安。
企業の決算発表の時期です
結局、前年度までは
みな良かったでしょう
今期これからの見通しが
問題なのだと思います
今までは楽にいい思いを
させてもらったそう思って
今後は心改めなくては
いけないと思いますが。
相当これからは厳しく
なってくると思います
長期金利-0.135%ですよ!
何か起きないはずがないと
思いますけれども。

|

2019/06/14

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:45 2019/06/14

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、108.35円。
LME銅、31ドル下げ。
後場、38ドル上げ。
銅在庫、+37,650トン。
NY銅、+0.20セント。
LME銅建値計算トン67.1万円。
LME後場銅建値計算67.6万円。
NY銅相場建値計算67.9万円。
為替の動き小幅
銅相場は行って来い
銅在庫が5ケタ大幅に増加!
こうなる前の小幅な
銅在庫減少だったのか?
昨日の夕方までは
銅建値今日にも下げと
思っておりました。
NY銅などのグラフを
観ていればでしたが
今朝見ると盛り返している。
しかし銅在庫は大きく増加!
明日も外電もありますが
さあどうなのでしょう
原油タンカー攻撃ニュース
原油が大きく反発
そうすると銅相場は?
って思ってしまいましたが
きな臭くなってくるのか?
G20もまだ後に控えます
為替の動きが止まって
いるのも気がかりです。
長期金利は-0.120%
原油大幅反発
金は3日続伸
米ダウ3日ぶり反発101ドル高。
米中貿易摩擦長期化
世界景気減速警戒感
タンカー攻撃でイランに責任と
アジアの「世界の工場」である
血液である石油、天然ガス
その供給不安はどう
影響してくるでしょう。
そしてそれが今のタイミングで。
裏で何か暗躍しているのか?
相場の停滞に刺激を与えるべく
なんってことだったとしたら。
為替が動かず
長期金利マイナス高し
株価は低調
どうなるとみんなが困る
どうなると相場は上がる
どうなると必然と儲かる
さあどうなっていきますか。

|

2019/06/13

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:46 2019/06/13

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、108.47円。
LME銅、76ドル下げ。
後場、14ドル上げ。
銅在庫、-325トン。
NY銅、-1.65セント。
LME銅建値計算トン67.5万円。
LME後場銅建値計算67.7万円。
NY銅相場建値計算67.9万円。
為替があまり大きくは
動かなくなっています。
銅相場は下げ。
NY銅でも下げ少しですが。
銅建値68万円が危い
というほどではありません
銅在庫3ケタ少なめ減少。
こちらがどうも異常に
思えてなりませんが。
市中は品物が出ない状態
この相場ではねえ
仕方がないのかもしれません。
現状の値段でも品物が入って
銅在庫平均単価を下げたい
まあ大体、相場が高ければ
必要以上に入ってくるし
相場が低ければ願って
いるようには入らない
これが荷動きというものです。
中国が景気刺激策を
出したようですけれども
バブル崩壊時の後ろ盾
最後には毎回破綻して
いるものなのですが
中国はまだまだ行けるのか?
末端でのそこかしこでの
ほころびが出てきているようでは
やはり先々は不安になります。
不動産関係がこけ始めたら
一気に冷え込みが襲って
くるのかもしれません。
原油反落4.0%安
米在庫2年ぶり高水準
金は続伸
米ダウ続落43ドル安。
米中貿易摩擦長期化警戒。
頼みはFRBの早期利下げと。
だってでもみんな良かった
のではなかったのでは?
結局どんな分野も
ITやらAIやら金融やら
ネットやらクラウドやら
覇権争いは続いている訳で
振り落とされたものは
吸収されるか潰されるか
むだなモノコトはいらない。
余計なものはいらない。
ニッチで手堅く特別で生きる
一般はこれでなければ
生き残れないのかもしれません。
山ちゃんの名言ではないですが
真面目にやっていればいつか
必ずいい事がある巡って来る。
これを信じるしかありません。

|

2019/06/12

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:47 2019/06/12

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円安、108.55円。
LME銅、117ドル上げ!
後場、16ドル下げ。
銅在庫、-125トン。
NY銅、+1.15セント。
LME銅建値計算トン68.3万円。
LME後場銅建値計算68.1万円。
NY銅相場建値計算68.2万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
68万円に改定されました。
今朝の為替と外電計算では
銅建値計算値バッチリです。
為替が動かなくなっています
銅在庫も3ケタ少なめ減少
これらの連続もある意味異常では?
銅の仕切値は小幅な上昇
雑線に関しては据置。
光の長契枠は減少見通し
ナゲットは人気薄
品物は売れない
品物は出てこない
在庫の平均単価高しと。
まあとにかく先の
見通しとしてはG20を
観てからといった所か。
昨日銅建値が1万円
戻りましたがこれで
下げ止まったとは言えない
ようにも思っていますが。
原油小反発
金は反発
米ダウ反落14ドル安。
ファーウェイ一夜にして独自OS
こんな記事が飛び込んできました。
まあもっとも水面下では
世界の覇者を目指していたわけで
着々と進めていたのでしょう
オープンソースはそこかしこに
あるのですから全く1から
作る必要はないわけですから。
ただ部品供給なり
アプリ提供なりを
拒否られてしまったら
たぶんどうしようもないかも。
今は安ければいい
だけでは選ばれない時代
なのかもしれません。
最新鋭機種そこには
ブランドの価値も含まれる
ステータスも含まれる
安全も担保されている
対価はしっかりついてくる
そうなったのかもしれません。

|

2019/06/11

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:53 2019/06/11

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょっと円安、108.44円。
LME銅、18ドル上げ。
後場、67ドル上げ。
銅在庫、-225トン。
NY銅、+3.35セント。
LME銅建値計算トン67.0万円。
LME後場銅建値計算67.8万円。
NY銅相場建値計算68.0万円。
LME銅後半上げ
NY銅でも上げ。
銅在庫3ケタ少なめ減少。
後半からの銅相場計算値
からでは銅建値1万円上げ
行っても良いのかも。
為替もここの所安定
銅相場も安定気味です。
世界の株価や原油も
下げ傾向から持ち直し
更に金利引下げムード
こうなってくれば反転も
期待してしまいますが
さあそれはどうなのか。
一応、対メキシコ関税回避
残る案件は対中貿易関税
我われの業界ではこちらの
成り行きが注目です。
アナウンスもなかなか
出て来ていませんよね。
業界内でも改善の兆しは
今だ先々まで見えない。
ちょっと今現在の現状は
嵐の前の静けさなのか。
原油反落
金9営業日ぶり大幅反落
米ダウ6日続伸78ドル高。
若い女子に聞くと
携帯は買ってから2年おきに
必ず買い換えている様子。
やはり常に最新機種を
もっていたいとのこと
まあもっとも相当数の
アプリを使い込んでいる
わけではないようですが
画面やカメラ性能
携帯起動スピードには
こだわりがあるようです。
そして複数パソコンは持たず
自らは携帯だけでよいのだと。
いまや趣味で持つ
高性能パソコンといえば
ゲームパソコンのみの感じ
まあ後は仕事場でのパソコン
壊れれば買い替え位の需要
なのかもしれません。
回線スピード、サーバー、
クラウドなどが今後は主流
そうなると我われ業界は?
ってことになるのでしょう。

|

2019/06/08

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:51 2019/06/08

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょっと円高、108.15円。
LME銅、35ドル下げ。
後場、38ドル上げ。
銅在庫、-75トン。
NY銅、-2.35セント。
LME銅建値計算トン66.8万円。
LME後場銅建値計算67.3万円。
NY銅相場建値計算67.1万円。
LME銅は行って来い
NY銅では下げ。
銅在庫2ケタ減少。
銅建値現状維持でしょう。
米ダウ5日続伸263ドル高!
銅相場の動きを見ると
途中では上を目指すのですが
結局はあまり変わらずか
前日よりも下がる傾向。
銅在庫の数値も極端に低い。
原油の相場は上がりましたが
銅相場はそれに追従せず
勿論、株高に対してもです。
それだけ製造業へのあおりが
きついのかもしれません。
メーカの買い気配は低調
問屋筋はここへ来てやっと
品薄にも苦慮しはじめか。
ここの所道路も混んで
いない様子なのです
活気も無かったりして。
こうなると夏が過ぎるまでは
この感じの継続なのかもと
厳しい期間となりそう。
原油大幅続伸
金8日続伸
米ダウ5日続伸263ドル高
1カ月ぶりの高値
利下げ期待強まると。
5月の雇用統計では
市場予想を大きく下回ったと
で結局頼みの綱は利下げ
って事なのでしょう。
まあテコ入れって事は
そういう事なのでしょうが
借金に頼らず自らの
(資金の余裕は大切か)
体力の増強を図る
って事は無理な事
なのでしょうか?
攻めもあっても
よいかもしれませんが
引くこともじっと
我慢することも
必要な時はあると
思うのですけれども。
そういう時には
何よりも身軽が一番だと
思うのですけれども。

|

2019/06/07

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:44 2019/06/07

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、108.36円。
LME銅、27ドル下げ。
後場、20ドル下げ。
銅在庫、-400トン。
NY銅、+2.70セント。
LME銅建値計算トン67.2万円。
LME後場銅建値計算66.9万円。
NY銅相場建値計算67.6万円。
LME銅では下げでしたが
NY銅では上がっています。
銅在庫3ケタ増加。
銅建値現状維持状態。
まあある意味銅相場
ここへ着て小康状態。
これで止まってくれるのか?
原油は反転
対メキシコ関税先送りと。
品物の出が少ないです
問屋業は大変そう。
まあなんてったって
銅建値77万円から67万円へ
トン10万円の下げですから
多くの在庫を抱えていたら
評価損もハンパないです
安い品物も出てくれて
平均単価を下げて
いきたいところですがそう
うまくは行かないようです。
銅相場も5,700ドル台で
止まってくれるのかどうか
はたまた6,500ドルを切る
破目となるのかどうか。
銅建値も60万円を視野に
入れておいたほうが先々
良いのかもと思っていますが。
原油大幅反発
金7日続伸
米ダウ4日続伸181ドル高。
長期金利-0.125%
ECBは6日の理事会で少なくとも
2020年前半までは政策金利を
据え置くと決めたと。
そこしか手の打ち様がないと
いう事なのでしょうか。
こうなるとFRBも追従か?
では日本はどうなりますか?
まだジャブジャブとしますか?
そのお金を何に投資ですか?
間違いなく利は得られますか?
バブル崩壊時の二の舞を
踏むのでしょうか?
真っ当な稼ぎはしないのか?
そもそももう真っ当には
稼げないのか?
変に高望みをしなければ
もう十分に快適な暮らしが
出来るのですから
更に何を望むのでしょう?
方向性の修正が出来なくなって
きているとも思いますが。

|

2019/06/06

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:55 2019/06/06

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円安、108.44円。
LME銅、28ドル上げ。
後場、31ドル下げ。
銅在庫、+275トン。
NY銅、-4.65セント。
LME銅建値計算トン67.3万円。
LME後場銅建値計算67.0万円。
NY銅相場建値計算66.8万円。
銅相場行って来い
銅在庫3ケタ増加
為替が多少円安気味で
銅建値の改定は据置予想
ここらで下げが止まって
くれれば良いのですが
FRBも躍起に成り出したか?
一時長期金利-0.130%
これとんでもない事なのでは?
米ダウは持ち直していますが
FRB金利依存頼みではどうなのか。
貿易摩擦が解決すれば
また経済は上昇局面に
入れる事が出来るのか?
モノも環境も有り余り過ぎると
かえって無駄が生じて
逆回転を起こしかねません
最近問題のタワーマンション
維持経費の歪が出ています。
作ったは良いが
建てたらは良いが
その後も掛が掛かるようでは
何をやっているのか
わからなくなってしまいます。
費用対効果です。
これがマイナスであるなら
やらない方がいい
やるべきではない
のですが世の中には
これが多すぎるように
なったきらいがあります。
発展に付きまとう負の部分
さあどうなりましょう。
原油反落
一時5カ月ぶり安値
金は6日続伸
米ダウ3日続伸207ドル高。
日経も2万円を下回ることなく
これで反転に移りますか?
さあどうでしょうか。
危さは変わらないと思います。
ネットの時代
AIの時代
バーチャルの時代
個人の時代
益々消費のすみ分けが
変化してくると思います
お金の向け先が変わって
くると思います
勿論投資先もね。
まだまだ発展途上国は
たくさんあります。
でもお金を回しているのは
先進国や大国です。
覇権争いは続きます
誰もがその権利を
奪われたくはないとね。
人間のエゴ、国のエゴ
力を持ったものは離さない
なかなか根は深いものです。

|

2019/06/05

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:53 2019/06/05

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円安、108.15円。
LME銅、8ドル上げ。
後場、28ドル上げ。
銅在庫、-25トン。
NY銅、+1.80セント。
LME銅建値計算トン66.9万円。
LME後場銅建値計算67.2万円。
NY銅相場建値計算67.8万円。
銅相場小動き
銅在庫2ケタ減少!
今朝の米ダウは大きく上昇
今年2番目の上げ幅と
FRBの議長発言が影響
しかしどうなのでしょう?
要は先々の予想なのです
貿易摩擦もさることながら
製品の供給でも
モノの動き
モノのボリューム
お金の動き
お金のボリューム
なのです。
縮小に間違いなく
動いてしまうのか?
一過性のことで
終ってくれるのか?
今のジャブジャブな金融
後戻りをかけるのか?
まあ普通の考え方では
金利を下げるって事は
やらないで様子見だと
思うのですが小手先の
ワザだけで何とかしようと
したらしっぺ返しも待って
いるように思いますけど。
銅建値グラフを見ると
底値としてはトン60万円を
切る場面もあるのかもって
思えてしまうんですが。
原油が反発
金小幅続伸
米ダウ512ドル高!
金融緩和で経済を
支えるとの見方とか
長期金利-0.105%
益々マイナスが上昇!
どう正常に戻すのか?
更にジャブジャブにするのか?
どこに歪を押し付けるのか?
誰にババを引かせるのか?
危いですね?
本業もこのままでは危い。
この下げはきついとの
嘆きがそこかしこで。
さあどうなって
きましょうか?

|

2019/06/04

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:42 2019/06/04

おはようございます。
外国為替NY(今)、
更に円高、108.05円。
LME銅、15ドル上げ。
後場、41ドル上げ。
銅在庫、-200トン。
NY銅、+0.95セント。
LME銅建値計算トン67.0万円。
LME後場銅建値計算67.5万円。
NY銅相場建値計算67.6万円。
昨日銅建値トン3万円下げの
67万円で改定スタート。
一気に下がってしまいました
結局、4月の高値から
トン10万円下がった事に
なってしまいました。
イースター明けからの下げ
また記憶を上書きされました。
今朝の銅相場は少し上げ
銅在庫3ケタ少なめ減少
これでまた一気に
仕切値は下がってしまった。
為替が108円間際へ円高
この流れだとまだまだ
円高へと向かうかもです。
長期金利-0.095%
逆イールド解消されません。
市中もこれでは様子見
メーカーの買い意欲低調
まだ相当の買い残があると
貿易摩擦の警戒感ハンパなし
こりゃ本当に根は深そう
また戻るなんて楽観は
禁物!更に覚悟も必至!
原油4日続落
金は続伸
米ダウ4ドル高
5月米ISM指数は前月比で低下
2年7カ月ぶりの低水準と
米景気減速への警戒感もか。
私は観て歩くだけですから
実際の所はどうなのかは
確信はもてませんけれども
でもね雰囲気としての
感じる所に間違いはない
ようには思っています。
全てが潤ってはいない!
店舗の家賃が足かせと
なっているのは間違い無し
こうなってくると
商売としては成り立つ
わけがありません。
稼ぎはその他にも
経費や人件費を差し引いた
後なのですから
相当に厳しくなっていると
思っているところです。
ですからITやAIに
逃げているのかもとね。
人を信用していないというか
使える人はやはりいつも
限られているのだとね。
決して増えてはいません
週末はそんな事を直に
感じた次第です。
結局これでは景気後退は
止められないかもです。

|

より以前の記事一覧