2017/10/24

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:33 2017/10/24

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、113.43円。
LME銅、49ドル下げ。
後場、2ドル下げ。
銅在庫、-4,175トン。
NY銅、+2.25セント。
LME銅建値計算トン83.6万円。
LME後場銅建値計算83.6万円。
NY銅相場建値計算83.9万円。
銅相場後半上がっている様子
NY銅のグラフではそんな感じ。
銅在庫4ケタ減少。
選挙も終ったことですし
少しは荷動きに変化が
出るのではないかとも。
この為替で銅相場7,000越え
ならばまた建値上げ可能性も
中国スモッグ対策で
アルミ精錬能力削減へと
他にも波及して行きそう。
しかし景気をまた良く
しようという政策から
材料供給は上がりそうとも。
さあ国内景気は如何に?
どうも私はあまり期待は
していないのですむしろ
懐疑的なのですよね。
原油は小幅高
イラクからの輸出巡り
強弱感対立
金は反発。
米ダウ反落54ドル安
利益確定売り。
選挙に勝って日経も
15営業日連続の上昇。
益々競争原理ですか?
どこのパイを奪い
合うのでしょうか
もう国内は飽和状態
海外に食指を伸ばした
グローバル企業だけが
発展を遂げる仕組みに。
個人は個人独自の強みが
なければ生き残れない
中小企業はコバンザメ
でなければ生き残れない。
後は独自色、細分化に特化
とにかく競争競争です
パイの奪い合いつぶしあい
普通に考えても生き残りは
容易ではないのがわかります。
さあ生き残るために
どの選択をいたしましょう?

|

2017/10/21

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:40 2017/10/21

おはようございます。
外国為替NY(今)、
一気に円安!113.50円。
LME銅、88ドル上げ。
後場、98ドル下げ。
銅在庫、-3,625トン。
NY銅、-0.15セント。
LME銅建値計算トン83.4万円。
LME後場銅建値計算82.3万円。
NY銅相場建値計算82.5万円。
昨日銅建値トン1万円下げの
83万円に改定されました。
今朝の為替は一気に円安
1円動いています。
最近ではなかったこと
何か気になりました。
銅相場も何か変な動き
上下の幅で200ドル近く
動いた事になっています。
何か変な感じです。
結局いってこい
だったのですが
銅在庫4ケタ減少。
原油反発
需給改善期待が支え
金は反落
米ダウ6日続伸165ドル高
減税実現に期待
主要3指数最高値!
日経平均も14連騰!
なんかすごい事に
なっています。
危うさはないのでしょうか?
みんなこの状態を
信じきっているのでしょうか?
ただただ流れに身を
任せるだけなのか?
物言わず勝手に恩恵を
受けているだけなのか?
まあやっていないものの
僻みといわれても
仕方ありませんけれども。
しかしなんか危ういなあ。

|

2017/10/20

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:35 2017/10/20

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円高、112.53円。
LME銅、51ドル下げ。
後場、23ドル上げ。
銅在庫、-975トン。
NY銅、-1.05セント。
LME銅建値計算トン82.5万円。
LME後場銅建値計算82.8万円。
NY銅相場建値計算82.7万円。
また銅相場下がっています。
為替は多少円高
円高を加味すると
銅建値2万円下げも
あるやもしれません。
1万円下げは確実でしょう。
銅在庫3ケタ減少
やはり全人代開幕中だからか
様子見に入っている感じも
中国もスローガンだけで
上昇傾向を得られるとは
思えませんから
もしかすると今の現状を
維持するだけでやっとかも。
どこもかしこも種明かしが
出てしまったら失速して
しまう危険をはらんでいる
ように思いますけれども。
原油反落
利益確定売り優勢
金は反発。
米ダウ5ドル高
4日連続で最高値更新。
北のニュースがめっきり
減ったように思います。
どうなっているのか?
手薬煉を引いているのか?
米韓合同が行われているから?
まああえてそんな時に
ちょっかいを出す必要はないか。
日本は選挙終盤
まあ勝負あったかな。
振り回されただけだったかも。
さあこれで世の中はどう
切り替わっていくのか?
それとも奈落の底へとか?

|

2017/10/19

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:38 2017/10/19

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円安、112.90円。
LME銅、74ドル下げ。
後場、12ドル上げ。
銅在庫、+900トン。
NY銅、-1.70セント。
LME銅建値計算トン82.6万円。
LME後場銅建値計算82.7万円。
NY銅相場建値計算82.4万円。
銅相場下がっています。
2万円下げ余地なのですが
今朝の円安の為替なら
1万円下げ止まり余地かとも。
銅在庫3ケタ増加。
商い薄なのでしょうかね。
さあ全人代開幕です!
今朝の紙面では
中国を米と並ぶ強国にと
もう既に世界最強に
なっていると思うのですが
更にもっとなのでしょうか?
まだまだ伸び代がある
っていう事でしょう
どの程度を目指しているのか?
そこかしこを破壊しかねない
発展は勘弁して頂きたい。
永遠に発展するは
ありなのかどうか。
原油4日続伸52ドル台へ
米原油在庫の減少
金は3日続落。
米ダウ続伸160ドル高
初の2万3000ドル台へ。
どこまで行くのでしょう?
マネーの膨張はいつまで?
もう止まる事はないのか?
訪日客消費3兆円突破1~9月
こういう数値を見れば
景気はいいのでしょう
間違いはないのかも
でもどうもね実感が
伴わないのですよね。
下流だからかなあ
あは。

|

2017/10/18

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:37 2017/10/18

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、112.19円。
LME銅、17ドル下げ。
後場、41ドル下げ。
銅在庫、+6,300トン。
NY銅、-4.35セント。
LME銅建値計算トン83.4万円。
LME後場銅建値計算83.0万円。
NY銅相場建値計算82.9万円。
昨日銅建値トン4万円上げの
84万円に改定されました。
月平均では2万円上げただけ。
仕切値の切り上げも
この範囲でしょう。
これでは買いは
追いつかないでしょう。
どちらかといえば
戸惑い感でしょう。
銅在庫4ケタ大きく増加
やはりこうなるのが
当然といえば当然。
足元銅建値1万円下げ余地。
さあ全人代が始まります。
ここで相場は途切れるのか?
それともただただの一服か?
市場には高値容認ムードとか
中国の経済指標は
良かったですから
しかしここが落とし穴に
ならなければ
良いのですけれども。
亜鉛が大きく落ちました。
全人代開幕前の演出?
なんて事はないでしょうね?
原油小幅続伸
米や中東の供給巡り思惑交錯
金は続落。
米ダウ続伸40ドル高。
相次ぐTSUTAYA閉店
ネット配信に押され
こんなニュースが。
やはり世の流れでしょうか?
ネットが当たり前
ネット環境が当たり前。
スマホがあれば皆事足りる。
そういう中で生き残って
いかないといけない時代
もう私では追いかけ
られないのか?ってね。

|

2017/10/17

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:39 2017/10/17

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円安、112.15円。
LME銅、205ドル上昇!
後場、62ドル上げ。
銅在庫、+1,225トン。
NY銅、+10.55セント。
LME銅建値計算トン83.5万円。
LME後場銅建値計算84.2万円。
NY銅相場建値計算83.9万円。
いやすごい事になっています。
銅相場一気の7,000ドル越え。
銅在庫4ケタ少なめ増加。
今日にも銅建値上げ改定でしょう
3万円なのか4万円なのか。
この急激な上げの動きは
十何年前の上昇時に似ています。
一気に駆け上がる前のそして
それを誰も疑わなかった。
商いが細っている時に
大量のお金が流れ込んだか?
先を見越しての買いか?
前もニッケルや亜鉛が
上がってからの銅の上昇
全て需要増を見越した買い。
18日から全人代が始まります。
そしてこれでまたまた
加速してしまうのか?
世界株価も絶好調ですからね
踊らない方がおかしいか?
原油続伸
中東情勢の緊迫化で供給懸念
金は反落
米ダウ続伸85ドル高
主要3指数最高値!
米長期金利が上昇。
金利が上がっても大丈夫?
そんな感覚なのかも
お墨付きと思ったりして。
日本も選挙の情勢が
逆転している様には
消費税上げは賛成で
絵に描いたもちは必要ない
という事なのか。
お灸も必要なしってか。
おごりも許される。
人間こうなってくると
付け込んで増長するもの。
そうなったら止まりません。
後戻りもいたしませんけれど。

|

2017/10/14

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:25 2017/10/14

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、111.84円。
LME銅、45ドル上げ。
後場、5ドル上げ。
銅在庫、-2,100トン。
NY銅、+1.45セント。
LME銅建値計算トン81.3万円。
LME後場銅建値計算81.4万円。
NY銅相場建値計算81.4万円。
為替が徐々に円高
銅相場堅調
足元では銅建値
トン1万円上げ余地。
銅在庫4ケタ少なめ減少。
今朝は銅相場の動きに
落ち着いた感が見られますが
市中では相場の買いが
ついていけていない感じ。
高値で納めたいと思えど
そうにはなっていない状態。
徐々に円高がどうも
不気味でなりません。
米国のユネスコ脱退
別の意味もあったりして。
ここの所の非鉄相場の上げも
有事に対しての表れかも?!
原油反発
中国の輸入増と
中東の地政学リスク受け
金続伸。
米ダウ反発し30ドル高
中国輸出伸びを示す経済指標
中国景気減速懸念後退
需給改善への期待の高まり
また中国が世界を
引っ張ってくれるのか?
日経平均2万1000円回復
約21年ぶり海外マネー回帰。
バブル?後になって歴史が
説明してくれるのか。
現場は乗り遅れてはと
思ったのかもでもしかし
これは別に正常なのか?
それとも既に大いに
異常になっているのか?
さあどちらでしょう。
有事の前のひと儲け?

|

2017/10/13

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:32 2017/10/13

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円高、112.27円。
LME銅、128ドル上昇。
後場、51ドル上げ。
銅在庫、-1,025トン。
NY銅、+2.40セント。
LME銅建値計算トン80.9万円。
LME後場銅建値計算81.5万円。
NY銅相場建値計算81.1万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
80万円に改定されました。
今朝の銅相場も上昇
今朝の銅計算値では
さらに1万円上げ余地。
銅在庫4ケタ少なめ減少。
ユーロも対ドルで強含み
メーカーの購入量抑制で
品物をさばくのに
四苦八苦状態。
今の高値相場の恩恵を
受け切れていない様子。
メーカーは景気の良いのを
繁栄してかやはり忙しい
生産が追いつかない状態
これを見れば世の中
景気良しと言わざるを得ない。
でもね実感がありません。
給料も倍になったと聞くも
別世界のような話にも。
2012年から震災後から
そりゃ株価も倍以上
何なのでしょうこの
違和感はね。
外車が増えているのは
確かな実感がありますが。
原油反落
需要鈍化に警戒感
金は反発。
米ダウ3日ぶり反落31ドル安。
どうも物価が上がっていないのは
日本だけらしいようです。
それは企業努力のたまもの
給料が上がらなくても
助けられているふしが。
その分税金を多く
取られている感じは
大いにありますかね。
そのギャップを埋める為には
どうしてもらったら良いのか?
選挙に期待ですか?
さてさてどうなりますか。

|

2017/10/12

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:34 2017/10/12

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、112.49円。
LME銅、44ドル上げ。
後場、48ドル上げ。
銅在庫、-2,950トン。
NY銅、+3.45セント。
LME銅建値計算トン79.4万円。
LME後場銅建値計算79.9万円。
NY銅相場建値計算80.4万円。
銅相場また後半上げ
為替は小動き
NY銅の計算値では
銅建値1万円上げ余地の
80万円に改定なのですが
今日改定があるかどうか?
国慶節明けから続く
人民元の急騰に連動して
銅相場も上昇していると
やっぱり何か理由は
必ずあるわけで
全人代の18日まで
そんな流れが続くのか?
また全人代明けでも
そうなるのか?
国内では選挙期間中で
解体工事などがストップ
オリンピックや選挙中は
いつもそういう事が起こります。
通信関係が途絶えてはいけない
何か間違いがあっては
いけないですから
なんか閑散が継続です。
原油3日続伸
OPEC需要予想上げ好感
金は反落
米ダウ続伸42ドル高
主要3指数が最高値!
全く衰えないのか?
危うさは無いのか?
危機感は無いのか?
日経もそうですものね
まあこういうタイミングで
街角景気に勢い!って
そう報道するかなあって。
さあ突き進むだけなのか?

|

2017/10/11

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:38 2017/10/11

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円高、112.41円。
LME銅、34ドル上げ。
後場、44ドル上げ。
銅在庫、-1,125トン。
NY銅、+2.85セント。
LME銅建値計算トン79.2万円。
LME後場銅建値計算79.7万円。
NY銅相場建値計算79.9万円。
銅相場後半上げ
為替は少し円高
どの道今日の銅建値改定は
中二日なので無いと
思いますのでこの勢いだと
明日にも銅建値1万円上げ
改定になるやもです。
全人代を見据えた買いか?
銅在庫4ケタ少なめ減少
ただ現状では問屋筋は
相場についてきていない感じ
まあ物も出てこない
のでしょうけれども
ファンド筋の思惑に
振り回されているだけか?
為替も小動きです
株の方が活気があるかなあ
原油にも動きがあるし。
お金を動かして
利益が得られる場所なら
どこでも良いのかもとね。
原油続伸1.34ドル50.92ドル
サウジ輸出削減方針好感
金は3日続伸
米ダウ反発69ドル高
3日ぶりに最高値更新と。
アジア株も活気
やはり来週の中国共産党大会
を前に政策期待が
地合いを支えたと。
10年前5年前をなぞるのか?
しかしそのときと違うのは
金利の動きなのでは?
日本のバブル崩壊時も
金利の方向転換が
きっかけでしたから。

|

より以前の記事一覧