« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2022/04/29

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2022/04/29 6:28

おはようございます。
外国為替NY(今)
2円以上円安!130.87円
LME銅、98ドル下げ
LME後場、45ドル下げ
銅在庫、+2,350トン
NY銅、-4.10セント
LME銅建値計算トン131.1万円
LME後場銅建値計算130.5万円
NY銅建値計算値130.0万円
為替また2円近く円安!
銅相場は下げ
銅在庫4ケタ増加
とうとう15万トン台越え。
足下銅建値計算値では
為替が円安で一気に130円突破!
それを加味すると銅建値は
現状132万円の計算値です
2~3万円下げ余地だったのが
この円安で帳消しになった形。
さあきょうから巷では10日間の
長いGWがスタートとなります。
その間為替相場どうなりましょう
毎年のように気になる期間突入!
もう身構えていても仕方ありません
成るようにしか成りませんだって
みんな休みなので全く手は出せず。
原油続伸
ドイツがロシア産輸入禁止に傾く
金は小反発
米ダウ続伸614ドル高。
昨日から夜にかけて為替相場を
見ていたらあれよあれよという
感じで円安になって下手すると
1日で3円円安になるのか?!と
思った次第でした。
これからまだ7月まで米金利上げが
続くのですよ為替140~150円位に
なってしまうのではないかなんて。
日銀も公開オペ0.25から0.5へ
シフトを迫られる事になるのか。
今国内で金利が上げてしまったら
利息の返済が大変な事に成る
金利が押さえられていたのに
箍が外れれば倒産増大!なんて
状況に陥ってしまうという認識
だから金利は0金利政策継続
でもそもそもそれはどうなのかと。
必然的に頑張らない状況を
作り出してしまっているかも。
本来はもっと新陳代謝を
促さなければいけなかった
強い実力のある企業にみんな
様変わりしなければいけなかった
それを金利がつけない事で放置
ぬるま湯につからせてしまった。
土地バブルの時の借金金利8%
その後下がってきましたが
生き残った所だってありますが
ハゲタカに大いにさらわれた所
もありましたが危機感を持って
生き残っていった企業人材も
あった訳で日本の製造業は
もっともっと飛躍しなければ
いけなかったように思います。
これからは世界相手なのです
世界に負けない技術、思考
アイデア、人材で頑張って
行ってもらいたいものです
さあどうなのでしょう?

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »