« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2021/03/02

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2021/03/02 7:15

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょっと円安、106.76円。
LME銅、25ドル上げ
後場、43ドル下げ
銅在庫、-2,025トン。
NY銅、+2.50セント。
LME銅建値計算トン102.5万円。
LME後場銅建値計算102.1万円。
NY銅相場建値計算101.2万円
昨日銅建値トン1万円下げの
101万円で改定スタート。
問屋仕切り値もやっと
先月の平均計算ではなく
足下での仕切り値と
なりましたが計算上は
目一杯の上げではなし。
今朝の銅建値計算値でも
NY銅の計算値からでは
101万円という感じか。
為替は少しずつですが
円安へと動いている
ドル高円安という事か?
株価も先週の下げより
半値戻しとなりました。
これで事なき終えたのか?
しかしここまで銅相場が
上がってくると後々の
銅製品の価格へと転嫁が
されてしまう事でしょう
そうなった時の経済の動きは
どう変わってしまうか?
インフレ圧力
長期金利上昇
ますますの二極化
さてさてどうなりますか
銅相場もしかりですが
株価もバブルがはじける
なんてことにならなければ
良いのですけれども。
原油続落
中国需要が伸び悩むとの観測
金も続落
米ダウ反発603ドル高
4カ月ぶりの上げ幅
経済正常化期待でと。
米長期金利は前週に付けた
1年ぶり高水準1.61%から
1.43%近辺へと低下。
やはりこう言う時は
金利上昇が暴落の引き金か?
やっぱりこう言う時は
インフレ傾向と言われますが
お金はキャシュで持って
いた方が良いように思います
まあこれは性格なのでしょう
心配性な性格故に何かの時
すぐに使えるお金が一番
そんなように思うわけです。
利息や配当や値上がりで
儲けてそのお金を使って
元金は減らさずって考えも
大いにあるのでしょうが
まあそこの所は日々お仕事で
しっかり汗かいて働いて稼ぐ事
私はこれでしか生きられない
人間ですから仕方ありません。
まあ何か起きる時には
みんなに平等に降りかかるもの
蓄えや溜はそういう時の為
って言う事で
(決して洒落ていません笑)
さあ今週もどうなるかは
わかりませんけれども
しっかり仕事に勤しみましょう!

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »