« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2020/08/11

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/08/11 7:01

おはようございます。
外国為替NY(今)
あまり変わらず、105.92円。
LME銅、74ドル下げ。
後場、44ドル上げ。
銅在庫、-3,575トン。
NY銅、+6.80セント。
LME銅建値計算トン71.7万円。
LME後場銅建値計算72.1万円。
NY銅相場建値計算71.0万円。
為替は小動き
今朝NY銅のグラフを
見た時にはこりゃ
逆に上がるのかも!
と思ったのですが
銅建値計算値を見ると
まだトン1万円下げ余地。
今日緊急改定するか
明日の外電を待って
上がれば据置とするか。
LME銅では行って来い
NY銅で大きく上げ
でも週末下がった分の
半値戻しですから
銅在庫4ケタ減少
11万トン台半ば。
昨日のニュースで
中国生産者物価好感
中国需要回復観測で
原油が反発したと
銅相場もそれに
つられた感じになったか?
まあ国内はお盆休み期間中
今日明日は仕事でしょうが
その後はまた4連休。
まあこう暑くては
仕事になりませんよね!
熱中症になるなら
無理しない事なのです。
原油反発
金反発
米ダウ7日続伸357ドル高。
コロナ禍で出かけない
モノを余計に買わない
余計に持っていても
仕方がないように
思ってくる家にずっと
いるのですからね。
そうするとそれが
慣れてくる
普通になってくる。
別に何ら違和感も
感じなくなってくる。
さてこれが良い事
なのか悪い事なのか。
経済的には良くない事
経済が回らなくなる。
人が動かなければ
交通機関は大赤字となる
旅行業も大打撃となる。
でもこのネット全盛
別に不便にはならない
IT企業だけが儲かる世界。
さあこれは歪みなのか?
これが普通の世界なのか?
大型スーパーは転換期と
認識を新たにしている。
人に動いてもらうのではなく
ものが動いて人の所に届く
そう変革が起きる事に
なるのかもと危惧している。
産業構造の中での人の
関わり方という所で
変革は避けられなくなって
くるのかもしれません。

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »