« 週間銅相場情報 | トップページ | NY銅相場 »

2020/08/09

週間銅相場情報つぶやき

2020/08/09 10:19

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
8月の銅建値は前月よりも
トン1万円下げて72万円
でのは始まりでした。
6日にはトン1万円上げて
73万円に改定されました。
この銅建値の変化は
銅相場の動きからはと
言うよりは為替の動き
が影響した感じで
足下では今度は銅相場の
下げによりトン1~2万円の
下げ余地となっています。
このままなら週明け早々か
12日の外電に変化がなければ
銅建値下げの改定となる
可能性があります。
ここへ来て何故銅相場が
下がってしまったのか?
原油も金も株式も
そうではないのにと。
まあニュースでは
7日香港株大幅続落1.6%安!
香港政府の行政長官らに
制裁を科すと米政府が発表!
今銅相場は投機資金が
流れ込みやすくなっています
南米のコロナ禍の影響も
大いにありますからね。
コロナ禍での日本は
まだ世界からするとまし
でも国内でも増加の傾向に
歯止めがかからなくなって
きてしまっています。
多分もう一度の緊急事態宣言
緊急外出自粛規制などの
宣言は出せない感じです
今度出したらその影響は
計り知れませんからね。
さしずめ国内ではまだ
ウィルスの変異での猛威が
多大に起こっていませんから
何とかなんでしょうが
それが起きた時でも
政府の宣言は経済との天秤に
かけられるでしょうね。
熱が出たらば早めの
措置やら隔離で周りに
クラスターを起こさせない
それが各自の責任と。
此の間の4連休そして
今度の長いお盆休み期間
これによる発症は更に
12日たってからですから
8月一杯での様子見が
次の転換点となるのかも。
停滞や連休が重なって
建設設備関係は大忙し
それにありつけない所は
相当に暇で大変な状況
棲み分けが大きく出始めて
いるようにも思います。
9月からの年度後半は
どうなって参りましょうか?
まだまだ当分気を
抜く事は出来ません!

|

« 週間銅相場情報 | トップページ | NY銅相場 »