« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/30

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/30 7:05

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.55円。
LME銅、28ドル下げ。
後場、10ドル上げ。
銅在庫、-2,075トン。
NY銅、+0.75セント。
LME銅建値計算トン68.1万円。
LME後場銅建値計算68.2万円。
NY銅相場建値計算67.6万円。
銅相場小動き
銅在庫4ケタ減少。
NY銅を見たらだいぶ
上がったような感じでしたが
銅建値計算値を見ると
現状の銅建値の数値で
据置となります。
グラフを見たときには
7月はもう1万円建値上げの
69万円で始まりなのかと
思ったのでしたがでも
明日の外電がどうなるか?
原油も上がり金も続伸
コロナ禍で南米の鉱山で
人手不足深刻の操業停止
まあこういう時ですから
それでも需要と供給で
トントンなのかと
思ったのですが相場って
言うのはこういう時には
上がってしまうものかと。
中国の需要見込みだそう
ですがあくまで見込みは
見込みなのではないかと。
米の感染者もひどい事に
他の医療が充実していない所
ではもっと酷い現状なのでは?
相場は期待や思惑で
動くようですが振り回
されないようにしないと。
原油が反発
米中の経済指標改善で
金は続伸
米ダウ反発580ドル高!
よく上がるものだと思います。
だから経済を止められない
規制をかけられないのかも
日本もそのようですよね
緊急事態の再度宣言は
無いような事を言っている。
東京都は今は選挙で
それどころではない感じ。
私はバーゲンには全く
反応を示していませんが
でもご多分に洩れずやはり
我慢が出来なくなって
ネットで注文をしました!
お店に行かず試着もせず
まだ買った事のないブランド
サイズ感も来てみなければ
わからない現状でも
今ネットを見れば試着の
キャンペーン対象商品
もしダメならサイズ交換も
まああの手この手ですね。
3~4週間もネットを見て
いろいろ悩んで想像していると
実物を見る触らなくても
何かわかるように思います
こうなってくると実店舗
やっぱり苦しくなって
きますかねそして間違いない
ブランドの重要性が優位
それに皆さん群がるように
なるのでしょうユニクロ
というブランドのように。
コロナ禍ではまたまた
いろいろシャッフルを
強いられる事でしょう
生き残りをかけてと。

|

NY銅相場

20200630

銅相場上げ!

|

2020/06/28

週間銅相場情報つぶやき

2020/06/28 14:45

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
23日銅建値トン1万円上げの
67万円に改定されました。
これで今月は終わりか?
なあと思っていましたが
26日またトン1万円上げの
68万円に改定されました
これで今月は月平均659.0円
で確定する事になりました
足下と月平均では
2円以上の乖離です。
このまま7月据置スタート
となれば仕切り値も
もう少し上げなければと
なりそうなものですが
7~9月期メーカーさんは
相当な減産体制に入ります。
差し込みが難しい状況にも
問屋筋も高値で引き取りは
したくない感じとなりましょう。
おりしも米では1日の感染者数
が4万5,000人超え!
経済活動再開でえらい事に
陥り始めています。
日本だって数は少ないですが
第2波が襲ってきそうな感じ
都は第2波とは言い切りませんが
日本国内はよく押さえて
いると思います民度の差か?
感染経路を徹底追求して
いるからなのでしょう
南米や東アジア圏は大変
猛威は衰えを知らない。
甘く見たらやられます!
経済活動も過度の期待は
禁物なのかもしれません
第2波はこれから来ます
年内は間違いなく期待薄
来年いっぱいもどうか?
少なくとも2年間は見て
おかなければいけない
そんなように思っています。
震災の時もそうでしたが
今回は相当な覚悟で
いなければいけない
と思っています。

|

週間銅相場情報

20200628

 

|

2020/06/27

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/27 7:31

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.21円。
LME銅、105ドル上げ!
後場、39ドル下げ。
銅在庫、-3,975トン。
NY銅、+0.95セント。
LME銅建値計算トン68.4万円。
LME後場銅建値計算67.9万円。
NY銅相場建値計算67.3万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
68万円に改定されました!
23日で確定と思っていました
足下でも少し足りない
のではと思ってました。
よって月平均は659.0円
銅建値との乖離は2円以上
もうこれでは今月は勝負
あったとなってしまいます。
現状の建値7月も据置で
始まってくれるのかどうか
はたまた6,000ドルを超える
事があってもう1万円高く
始まる事になるのか。
今朝は少し円安
銅相場前半上げ
銅在庫4ケタ減少。
何やら銅相場の上げは
南米主要鉱山からの
供給巡り懸念が高まった
からとの事らしいです
コロナで操業停止とか
まあでもコロナ禍で需要と
相殺されている感じもあります
チャート的には6,000ドルが
まずは節目なのでしょう
越すか越さないか
コロナ禍が過ぎれば
一気に買われ出すのか?
まあ現状商売の方は
閑散状態に突入した感じも
これからしんどくなりそうです。
原油反落
米感染再拡大で需給悪化観測
金は反発
米ダウ反落730ドル安!
よく4ケタ下げにならずに
済んでいる観もありますが
何やら米の感染拡大が凄い!
日本は健康保険がありますから
割引で医療を受けられますが
そうでない国はそうそうに
医者にも通えず尻込み
まあ日本でもそれなりに
病院に通わなくても結構
健康保険は取られています。
東京の人数を見ていると
何やら危ない領域へと
近づいている感じもします。
7月に入ったらぐっと人数が
増えたりしてとなるかも。
歯止めが利かない世代には
今まで結構酷だったのでしょう
それだけストレスは半端では
なかったという事です。
さあまだまだ世の中は
変化しましょうかね?
悪い方へ落ちていかなければ
良いのですけれども。

|

NY銅相場

20200627

銅相場上げ。

 

|

2020/06/26

銅建値トン1万円上げの68万円に改定。

2020/06/26に改定
電気銅  680円 +10
月平均 659.0円

Tatene2020626

 

|

銅建値トン1万円上げの68万円に改定。

銅建値トン1万円上げの68万円に改定。

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/26 7:07

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円安、107.12円。
LME銅、9ドル上げ。
後場、6ドル上げ。
銅在庫、-400トン。
NY銅、+1.20セント。
LME銅建値計算トン67.2万円。
LME後場銅建値計算67.3万円。
NY銅相場建値計算67.1万円。
為替はあまり変わらず
銅相場小動き
銅在庫少なめ3ケタ減少。
中国本土や香港台湾市場休場
これで銅相場も小動き?
何か一気に本業の方も
仕入れ関係が悪くなった
様な感じがしています
いよいようちらの業界も
コロナ禍の大波を被るのか?
まあ毎年4~6月期は良くなく
7~8月期も暑さやお盆休みで
実質的には毎年良くはなし
結局年度的には9月以降
からでないと活況にはならない
公共工事だって予算が
付いてからですからね。
まあ長期計画のものだとかは
走り出してしまえば途中では
決して止まらない此の間のような
大手建築のコロナでのストップは
未だかつて異例中の異例
町場の仕事はやはりコロナ禍で
停滞、ストップ、逃げが
起こっているのかもしれません。
細々の解体は増えている傾向
とにかく停滞気味がここへ来て
ひどくなっている感じです。
まあ税金、保険の払い込みの
時期でもありますから(笑)
原油反発
金は続落
米ダウ反発299ドル高
金融機関に高リスクの
自己勘定取引を禁じた
「ボルカー・ルール」などの
一部緩和を発表とやはり
こういう事でしか今の相場を
維持できないようになってきた?
フィンテック初の大型破綻
独ワイヤーカード影響深刻!
SBG株主総会4.5兆円資産売却や
ミネルヴァ事務所破産へなど
こういう時期にこう重なる事
って言うのは何かを物語って
いるように思えてなりません。
地震の頻発もそう
大雨もそう
中国で洪水被害拡大もそう
もしかするとダム決壊も。
まあ心配事を書いて無駄に
煽ってもいけませんけれども
頭のどこかでやはり心して
おかなければと思っています。
コロナ禍の第2波もそう!

|

NY銅相場

20200626

銅相場少し上げ。

 

|

2020/06/25

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/25 6:37

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、107.04円。
LME銅、24ドル下げ。
後場、57ドル上げ。
銅在庫、-2,400トン。
NY銅、-0.95セント。
LME銅建値計算トン66.8万円。
LME後場銅建値計算67.4万円。
NY銅相場建値計算66.5万円。
為替がまた107円台へ円安
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
米ダウ反落710ドル安!
コロナ感染拡大懸念と。
何やらこれ本格化しそう
東京も第2波要警戒
クラスター発生の懸念
やっぱり脇が甘くなったか?
今朝のニュースのみだしです
世界経済2年で損失1300兆円
20年はマイナス4.9%
英国は311年ぶり低成長。
7月からのメーカーの買いは
散々たるものになりそうです
7割減も当たり前のようにと。
持ち込みも急にパタリと
なったようにも思えて
これはヤバいって感覚が
ひしひしとしています。
経済活動はどうなるのか
株主総会時期へと突入!
どんな言葉が直に
聞こえてくるのか?
いろいろとあの手この手で
この苦境を何とか
乗り越えていかなければ。
原油続落
金は一時9年ぶり高値
米ダウ反落710ドル安!
さあここからまた
4ケタの下げが続く
ようになるのか?
東京も選挙へ突入!
どうなりますことか?
買い物もやっぱり
様変わりしていくと
思っています。
買いたいものはやはり
安ければ良いという事
ではなく信用がある所で
訳のわからない所からは
決して買えないと思いました
そのものを作っている
売っている所から直に買う
結局はそれが主流になると
思います。続々自社サイトを
立ち上げている傾向です。
そしてここにはオンラインの
ショップが必ず併設とね
そして会員登録で抱え込み
もうお気に入りの品物の
リピーターは決して
逃さないってやり方です。
私もその流れに乗っています
それが1番楽で安心です!
ポータルサイトは
検索しか生き残らないか
有名所は皆自社サイト!
コロナ禍で益々そうなる
と思っていますけれど。

|

NY銅相場

20200625

銅相場少し下げかあ。

 

|

2020/06/24

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/24 7:10

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、106.48円。
LME銅、70ドル上げ。
後場、20ドル下げ。
銅在庫、-4,950トン。
NY銅、+0.45セント。
LME銅建値計算トン67.3万円。
LME後場銅建値計算67.1万円。
NY銅相場建値計算66.9万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
67万円に改定されました。
これで今月は確定か
月平均は657.7円
足下との乖離は12円弱。
今朝の為替は円高へ
深夜0時に一気の円高!
銅相場上げ
銅在庫4ケタ減少。
現在の為替では67万円を
切ってしまいますけれど。
何か世の中は淡々と
時間が過ぎていっている
ように感じています
可もなく不可もなく
止まっていた為替が
動き出した事には何か
訳があるのでしょう
ちょっと心配をしています
銅相場はどうなのでしょう
原油が落ちませんから
原油現在40ドルなのです
此の間のあのマイナス相場は
何だったのでしょう?
ちょっと今は言えませんが
何やら悪い噂も出ています。
品物の出は閑散状態
7月からはメーカーが
更に減産!先々の見通しは
全くたっていない感じも
コロナ第2波にしても
不気味な感じもしています
何とかコントロールが
出来ているようにも
思いますが7月の第2週から
どんな数字が出るのやら
まずはその結果を見てから。
原油反落
金は3日続伸
米ダウ続伸131ドル高
ナスダックは過去最高値
なのですって!
どう思います?
何か変だとは思いません?
こういう類いの話が
最近はそこかしこに
あるように思います。
何が現実で何が正しくて
何が虚像で何がおかしいか
ただただお金の有り余り
が起こしている所業なのか?
我慢していて一気に吹き出し
堰を切ったようにみんな
我も我もとストレス解消
気味にお金を使い出す
後先を考えず我慢に負けて。
もしかするとお金だって
機能しなくなったりして。
わかりませんよこの先
どうなるかなんて事は
今のコロナ禍で更に
自然災害が加わったりして
いつ何が起きるかは
誰にもわかりませんから
備えあれば憂いなし
そう思いたいのですが
こういう事ばかりは
運不運がつきまといます。
絶対はありませんから
常にリアルに対峙して
切り抜けていかないと
とそう思っています。

|

NY銅相場

20200624

銅相場上げ。

 

|

2020/06/23

銅建値トン1万円上げの67万円に改定。

2020/06/23に改定
電気銅  670円 +10
月平均 657.7円

Tatene2020623

 

|

銅建値トン1万円上げ。

銅建値トン1万円上げの

67万円に改定されました。

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/23 6:29

おはようございます。
外国為替NY(今)
変わらず、106.87円。
LME銅、10ドル下げ。
後場、53ドル上げ。
銅在庫、-3,200トン。
NY銅、+4.05セント。
LME銅建値計算トン66.4万円。
LME後場銅建値計算67.0万円。
NY銅相場建値計算66.7万円。
相変わらず為替は動かず
銅相場後半上げ。
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値後半では
67万円に達している感じ
今日にも銅建値改定か?
とうとう原油が40ドル突破!
銅相場もそれにつられてか
底堅い動きでここを固めて
6,000ドルを目指すのか?
たとえ今週銅建値上がっても
月平均は大きくは上がらず
乖離が開くばかりですからもう
仕切り値は上がらないでしょう
7月始まりを見越してでは
来週の7月に入ってから
にしたらと言われそうです。
またそれはそれで7月に
入っても差し込みには
苦労させられそうかも。
完全自粛解除となっていますが
これで痛手がすぐには
解消とはいかずですから
苦しい感じはまだまだと
いったところでしょうか。
原油3日続伸
金は続伸
米ダウ反発153ドル高。
日本のスパコン「富岳」
8年半ぶり世界一奪還!
うれしい響きです世界一
まあでもすぐにどこかが
また出てくることでしょう。
iPhoneの新基本ソフト紹介
独自開発の半導体を搭載した
パソコンの生産開始も表明
こちらも進化が止りません。
多分どんどん使い勝手は
向上していくのでしょう
私は相変わらずカラケー!
でももうそろそろ替え時
なのかもしれませんけれども
携帯の基本料金は安くなって
もらいたいものですけれども。
皆、テレビは見なくなったと
ネットで動画を見る
それもそちらの方が
面白いのが沢山ある。
猫も杓子もYouTuber入り。
でもニュースや新聞は
しかるべきちゃんとした
所から情報は仕入れたい。
またこういう時代だからこそ
私は本を買ってしまって
いるようにも思います。
出版不況というのは実に
寂しい現状だと思います。
でもよいものはよい
ネットもよいものはよい
そうなっていくのでしょう
雨後の竹の子は仕方なし
その中から選び抜かれる
って時代になるのでしょうね。

|

NY銅相場

20200623

銅相場上げ。

 

|

2020/06/21

週間銅相場情報つぶやき

2020/06/21 15:01

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
16日銅建値トン1万円下げの
66万円に改定されました。
足下ではもう1万円上げ
にはちょっとばかり
足りない感じにまでに。
銅相場がもう少し上げるか
為替がまた107円まで戻すか
でならば67万円の可能性も。
まあでも建値が上がっても
月平均では足下より低い
事には変わりません
月末ですから致し方なし。
そうなると月明けに
上げの期待なのでしょう
しかし銅建値が上がっても
7~9月期のメーカーさんは
買い控えが決まっています
それも相当なレベル減
仕切り値の高値追いは
起こらないかもです。
そう考えると今度は
秋口からに期待か?
いやいやこれもどうか
コロナ第2波の影響も
まだわかりませんけれども
経済優先で自粛要請を
日本も解除いたしました
でも今、世界中ではこの
第2波の流れが拡大傾向
そうなってくると
今年いっぱいはまずダメ
なのではないでしょうか。
4~6月期の数字も
7月に入ってからは
矢継ぎ早に発表されます。
この数字を見て相場関係
悪材料出尽くし?
思っていたほどではない?
そんな事で上昇に転じるか。
さすがに更なる財政出動まで
用意しているほどですから
由々しき事になると想像は
出来るわけですから
この場をしのげれば大丈夫
なんてことではないでしょう。
予想では年末のボーナスは
どうなってしまっている事か
そんな事まで囁かれています。
とにかくワクチン完成そして
それが皆に出回るまでは
第3波第4波などだって
警戒しなければでしょう
ウィルスの変異だって
起こりうる事ですから
とにかくまだまだ
諸手を挙げて喜ぶ事は
出来ないという事です。
一時の経済再開活性再生
起こりうるでしょうが
結局は長期戦の戦い
まずはそこを生き残って
こその勝利なのです。
まずは今年いっぱいの
存続からでしょう!

|

週間銅相場情報

20200621

 

|

2020/06/20

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/20 7:11

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円高、106.87円。
LME銅、36ドル上げ。
後場、26ドル上げ。
銅在庫、-6,650トン。
NY銅、+2.40セント。
LME銅建値計算トン66.6万円。
LME後場銅建値計算66.9万円。
NY銅相場建値計算65.9万円。
相変わらず為替は小動き
銅相場上がっています
銅在庫大きく4ケタ減少。
銅建値計算値では
67万円にちょっと足りないか
って所まで迫ってきました。
週明け1万円上げかあ?!
原油が続伸ですから
銅も引っ張り上げられたか。
米ダウの動きを見ても
後半に下がっています。
週末ですから期待より
客観視が強まったか
米ではAppleが店舗再閉鎖
第2波を警戒に現実観。
国内でもそうでしょう
全面自粛解除がされましたが
海外の流れと同じような
状況に陥る可能性も大いにある
経済活動最優先を推し進めるか
完全封じ込めを第一とするか
やはり年内は勝負あったか。
原油が続伸
一時3カ月半ぶり40ドル台
金は反発
米ダウ続落208ドル安
コロナ感染再拡大を懸念。
対岸の火事ではありません
国内でもこの可能性が。
ある意味、第2波の方が
恐ろしいと思っていなければ
いけないようにも思います
もう既に疲弊しています
そこへ持ってきての第2波
何処まで国が手助けできるのか
自助努力だけにされてしまうか
ホント長期戦の覚悟で
挑まないといけません。
全面自粛解除後でのこの流れ
一度警戒を解いて緩めると
再警戒にはスキが多く
出てくると思います。
気の緩みです
危機感の欠如です。
ストレスの溜まっている所に
更にストレスの加算です
これは結構しんどいです!

|

NY銅相場

20200620

銅相場上げ。

|

2020/06/19

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/19 6:54

おはようございます。
外国為替NY(今)
あまり変わらず、106.93円。
LME銅、65ドル上げ。
後場、17ドル下げ。
銅在庫、-1,450トン。
NY銅、-0.10セント。
LME銅建値計算トン66.2万円。
LME後場銅建値計算66.0万円。
NY銅相場建値計算65.2万円。
為替は変化無し106円台
銅相場は小動き
銅在庫少なめ4ケタ減少。
今朝のNY銅のグラフを
見たときにはこりゃ
上がったなあと
思ったんですが
数値ではそうでもなく
銅建値計算値66万円
現状維持状態継続中。
もう6月中の仕込みは
終わった感じでしょうか
そうすると7~9月期の
相当な原産による荷の
差し込みは厳しくなりそう
集荷も毎年この時期は
落ちますから辻褄が
合ってしまって良いのかも。
コロナ第2波益々
影響を強めそうです。
東京は今日から全面解除
選挙がらみもありますから
経済の最優先もありますから
法的縛りはありませんから
でも世界の解除傾向でも
何処でも現れています
第2波は確実に起こっている!
後は程度の差ですそして
途上国後進国の増加傾向
由々しき事になりかねません。
他所で答えが出ているのですから
自分の所は違うと思っては
いけないと思います。
これからが本当の踏ん張り所か。
原油が反発
金は続落
米ダウ続落39ドル安
コロナ感染「第2波」警戒。
最近の私の傾向は
検索は利用しますが
ポータルサイトの利用は
しなくなっているそんな
傾向があります。
直接その専門のサイトへ
品物でもお店でもまあ
アマゾンは別ですが。
こういう時ですから
皆さん自社サイトを立ち上げ
そこでショッピングも出来る
まあそれが1番です
勿論、アプリを入れれば
更に間違い無しにもなります。
店舗でのリアルも今後
様変わりするでしょう
ユニクロが銀座に新オープン
こういう所はさすがです。
近々ZARAを抜いて世界一へ!
相当前の記憶ではZARAと
ユニクロの差がこんなにも
開いているんだと思ったもの
やっぱり日本企業では
ダメなのかと思いましたが
やっといよいよなんですね。
そう第2波でもプラスに
変えていかなければね!

|

NY銅相場

20200619

銅相場上げ!

 

|

2020/06/18

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/18 6:53

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、106.98円。
LME銅、25ドル下げ。
後場、2ドル上げ。
銅在庫、-3,775トン。
NY銅、+2.60セント。
LME銅建値計算トン65.8万円。
LME後場銅建値計算65.8万円。
NY銅相場建値計算65.5万円。
為替が106円台へ突入
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値
65万円台半ばより少し下
まあ何とか据置気味でしょう。
しかし為替が更に
円高へと突っ込むようなら
銅相場の変化がなくても
銅建値1万円下げの可能性も。
為替の円高はコロナ感染の
再拡大の懸念でとNYで。
やはり第2波は身構えて
おかなければいけません。
国内でも若者からの
夜の街での感染拡大が
増えているとのことで
なかなかストレス解消と
なるとどうしても家飲み
というよりは外での飲み
人と介しての飲食となり
規制を緩めてしまえば
歯止めも利かなくなります。
本業的には仕事の流れは
戻ってきている感じです。
しかしメーカーへの納め
となると差し込めない状況
これは当分解消は
されないのではとね。
今の相場の安定を
願うばかりです。
原油が反落
金は小幅安
米ダウ反落170ドル安。
カラオケもネットカフェも
開きました飲食もそれなりに
工夫してお客を呼び込み
マックなどはテイクアウトで
十分に稼ぎを出しているかも。
世の中はテレワークへと突入!
まあ我々の業態はそういう訳に
シフトは出来ませんけれど。
ネットでの買い物が主流に
ネットでの発信が主流に
店舗の生きる道は?
不動産関係の行く末は?
でもねネットだけでは
やはり味気ないのです
リアルが付随しないと
ストレスは溜まる一方。
人と人とのリアルな触れ合い
基本はまずはこれから
でも世の中の変化は
止められないのでしょう。
出歩かなければ必然と
消費は減るものです。
それで良いと思う割合は
やはり2~3割でしょうかね。
後の人たちはウズウズ
しっぱなしな事は確かです。
どのようにコロナ禍後
世の中が落ち着くのか
ビジネスチャンスは
どう変化するのか
今から準備は怠れない
のではないでしょうか。

|

NY銅相場

20200618

銅相場後半上げ。

 

|

2020/06/17

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/17 6:54

おはようございます。
外国為替NY(今)
変わらず、107.31円。
LME銅、113ドル上昇。
後場、5ドル上げ。
銅在庫、+1,475トン。
NY銅、-0.25セント。
LME銅建値計算トン66.0万円。
LME後場銅建値計算66.1万円。
NY銅相場建値計算64.9万円。
昨日銅建値トン1万円下げの
66万円に改定されました。
問屋筋は2万円下げと
思っていたところですが
今朝の銅建値計算値では
丁度66万円となります
しかし月平均では65万円台へ。
LME銅は昨日下げた分戻し
NY銅では小動きでした。
銅在庫4ケタ増加。
月平均が足下よりも
低くなっていますから
仕切り値は下げざるを得ません。
世界の株価全て大きく上昇!
日経でも+1,051.26円!
「2022年度でも利上げ遠い」
とのFRBより先に日銀が
利上げに踏み切ることは
難しいとの見方を発表
これで株価皆爆上げ。
裏を読めば2022年度までに
皆に回復してもらわなければ
と言うことになる訳なのですが
はたしてそれは期待して
良いのかどうかとね。
コロナ禍の前の状態には
どうしても元通りには
ならないと思います。
今は期待でむやみに
良い方向へ持って行こう
その流れに乗り遅れるな
としているだけで現実は
相当に厳しいのですから。
原油続伸
IEAの需要回復予想を好感
金は反発
米ダウ続伸526ドル高。
今までの空白は多分まだ
空白部分として積み重なる
訳なのですからそれを
埋めるても余りあるまでに
なるまでは何年かかる事
なのでしょうか?
うちなどは相変わらず
土地バブルの後遺症を
引きずっているわけです
多分今回のことでも
20~30年間はずっと引きずる
のではないでしょうか?
一時の反転に希望を抱いては
いけないように思います
むやみやたらにお金も安易には
借りられない借りたお金は
必ず返さなければいけない
訳なのですからねえ!
そう考えるとこれからです
これから何が起こるのか
この規模ですから想像が
追いついていきません。
とにかくマイナスを被ら
ないようにしていく事
今はその一点に集中です。

|

NY銅相場

20200617

銅相場終わってみれば

あまり変わらず。

 

|

2020/06/16

銅建値トン1万円下げの66万円に改定。

2020/06/16に改定
電気銅  660円 -10
月平均 655.0円

Tatene2020616

|

銅建値トン1万円下げの66万円に改定。

銅建値 660,000円(1万円下げ)
月内平均 655,000円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/16 7:02

おはようございます。
外国為替NY(今)
あまり変わらず、107.31円。
LME銅、139ドル下落。
後場、43ドル上げ。
銅在庫、+12,450トン。
NY銅、-3.30セント。
LME銅建値計算トン64.8万円。
LME後場銅建値計算65.2万円。
NY銅相場建値計算64.9万円。
為替はあまり動かず
銅相場は前半大きく下げ
銅在庫は5ケタ増加!
やはりこう来ましたか。
今朝の銅建値計算値
トン2万円下げ余地
今日にも65万円に改定か?
先週までの感じでは
1万円下げ余地でしたが
やはり地合は悪くなって来たか
先週の米ダウ4ケタ暴落!
その後の4分の1戻し
今朝はプラスでしたが
世界中でコロナ第2波警戒!
新型コロナ感染800万人弱に
ペース加速で1日13万人。
こんなニュースも。
感染の中心地は欧米から
中南米や南アジアに移り
8日間で100万人増と
やはりこれは大問題。
今までの財政のつけ分も
ありって事で益々ヤバく
なっていきそうです。
仕事もまた閑散気味。
原油反発
金は続落
米ダウ続伸157ドル高
FRB社債購入で資金支援。
まあここで踏ん張らせなければ
どうにもならなくなるか。
先週血液を採って実費で
抗体検査をしました
結果は陰性、全く感染を
していなかったと。
まあねえ週末は何処へも
出かけていませんから
仕事柄では皆さん密には
なっていないようですが
飲食ではかかる可能性は
ありますからね気をつける
事に越したことはなしです。
これはやっぱり想像以上に
長引くのでしょう
日本の民度が試されます。
じわじわと経済の方も
侵食されていくでしょう。

|

NY銅相場

20200616

銅相場大きく下げ!

 

|

2020/06/14

週間銅相場情報つぶやき

2020/06/14 19:01

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
週明け8日銅建値
トン2万円上げの
66万円に改定。
11日更に1万円上げの
67万円に改定
建値月平均は66万円。
足下で一時
為替が円高NY銅下落で
銅建値計算値では
2万円下げ余地にも
でも現状は為替も円安
銅相場も小動きになって
建値計算値67万円には
少し足りないですが
何とか67万円維持か
週明け月曜は据置かも。
火曜朝の外電、為替
によってはどうなるのか
心配ではあります。
米ダウ4ケタ下げを演じ
戻りでは4分の1しか戻れず
世界でコロナ第2波が
襲いだしています。
米しかり韓国しかり
今朝のユースでは
日本もしかりにも。
コロナ新規感染拡大
新興国、南アジアが
世界全体の約8割を占め
中南米などが加速。
ブラジル死亡数世界2位に
アジアで感染者数が最多の
インドは30万人に達し
米国、ブラジル、ロシアに
次いで世界で4番目と。
東京はステップ3に移行
何やら選挙がらみにも
14日東京都新規感染者47人
グラフを見ると何やら
増加傾向のようにも。
今週末は買い物に出かけたい
そんな衝動にも駆られましたが
土壇場で踏みとどまりました。
SALEバーゲンシーズン
お中元シーズン
出歩きたくもありますが
ここを我慢できないようでは
先が思いやられます。
飲食関係、カラオケ関係
大変だと思います。
服飾関係にしてもそう
今まで調子が良かった所が
180度方向転換を強いられてと。
さあ7~9月期メーカー減産
本業でも益々厳しくなりそう。
正念場はこれから
なのかもしれません。

|

週間銅相場情報

20200614

 

|

2020/06/13

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/13 6:26

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、107.34円。
LME銅、16ドル下げ。
後場、12ドル上げ。
銅在庫、+2,950トン。
NY銅、+1.50セント。
LME銅建値計算トン66.0万円。
LME後場銅建値計算66.1万円。
NY銅相場建値計算65.4万円。
今朝の為替は円安
銅相場は小動き
銅在庫は4ケタ増加
久々の増加です。
銅建値計算値
今朝の為替の円安を
加味すれば何とか
現状維持状態かも
まあ本来は1万円下げ余地
と思っていた方が良いかも
また月平均も66万円ですから
仕切り値の上げ状態に
期待を持ちすぎては
いけないように思いますが。
米ダウは反発しかし
四分の一戻しです。
原油も小幅続落
銅相場もこれに準ずる形か
第2波徐々に脅威を増して
きているように思います
韓国は外出自粛無期限延期
東京はステップ3へ移行
何かこれは選挙がらみ
のようにも思えたりして
でも経済が回らなければ
疲弊は止められない。
コロナを止めるか
経済を止めるか
二つに一つの選択
民度を見せてくれって
所でしょうかね。
メーカーさん完全に
納入量は極細です!
原油小幅続落
経済再開の停滞懸念で
金は小反落
米ダウ反発477ドル高
急落後の押し目買いで
でも戻りの幅はこんなもの。
東京はステップ3へ移行
もう待ったなしだった感も
疲弊はピークに達していたかも
もうこれ以上我慢は出来ず
限界間近だったのかも。
でも実際に人の動きは
元のようになってくれるのか
と言えばまだまだわかりません。
今週末の動きや
週明けからの様子次第。
でもやはり皆の頭の中には
感染を恐れるものがありますから
行動は制限をしてくるでしょう。
時期的にもSALE期間突入
今までのマイナス分を
これによって穴埋め出来るか?
私もはがきを持って出かける?
いやいや申し訳ありませんが
強いて出かける気にはどうも
まして今欲しいものなど
別にといったところですから
安ければ買うと言うよりは
好きで欲しいものを買う
今は全てこういう思考に
皆さんがなってしまって
いるのではないでしょうか。
戦略を変えないといけない
そういう転換点でも
あったりしてとね。

|

NY銅相場

20200613

銅相場上げ。

 

|

2020/06/12

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/12 6:50

おはようございます。
外国為替NY(今)
更に円高、106.80円。
LME銅、0.5ドル上げ。
後場、8ドル上げ。
銅在庫、-1,875トン。
NY銅、-7.05セント。
LME銅建値計算トン66.3万円。
LME後場銅建値計算66.4万円。
NY銅相場建値計算65.2万円。
為替が更に円高106円台へ!
LME銅は小動き
銅在庫少なめ4ケタ減少。
米に入ってから相場がダメ
NY銅は大きく下落!
NY銅の計算値では銅建値
トン2万円下げ余地発生。
昨日銅建値1万円上げ改定
があったばかりなのにね。
米ダウ1,861ドル安!
下げ幅4番目の大きさ。
やはり来たか第2波がらみ
まあFRBやら世界景気やら
数値的にも悪い値が
出だしていましたから
そこへ持ってきての
コロナ第2波勃発!
ましてコロナ新規感染
新興国、南アジアが
世界全体の約8割を占め
中南米などが加速。
ブラジル、インド、ロシア
その他新興途上国と。
新興国新規感染者10万人に迫る。
どうしても国の維持には
経済を止めるわけにはいかず
それが感染拡大の原因へ。
さあこうなってくると
やはり相場も反転で
底値を伺う感じか?
そうすると第2波への
行方はとなりますかね。
原油大幅反落!
こうなると銅相場もか?
米景気正常化に不透明感
金は反発
米ダウ1861ドル安!
新型コロナ感染
「第2波」を警戒!
市場経済活動早期正常化
への期待が後退すると
そりゃあそうでしょう
人が動いてはいけない
またまたそれが規制
されかねませんからね
そうすれば自ずと経済は
下降を強いられます
財政支援だって限度と
いうものはあるのでは?
第2波を警戒と言っていながら
結局それにあらがうことが
出来なかったということ
日本だって東京だって
どうなのでしょう?
11日東京アラート解除
休業緩和「ステップ3」へ
後手に回らなければ
良いんですけれども
大手を振って浮かれては
いけなかったことを
後になって知るなんてことに
なってしまうのでしょうか。
やっぱり集団感染もそう
完成ワクチン配布もそう
今はまだその時ではないと
自覚していなければ
いけない期間中なのです。

|

NY銅相場

20200612

銅相場大きく下げ!

 

|

2020/06/11

銅建値トン1万円上げの67万円に改定。

2020/06/11に改定
電気銅  670円 +10
月平均 660.0円

Tatene2020611

 

|

東京非鉄経済研究会発表

Kenkyuu20200608

 

|

銅建値トン1万円上げ。

銅建値 670,000円(1万円上げ)
月内平均 660,000円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/11 7:02

おはようございます。
外国為替NY(今)
更に円高、107.11円。
LME銅、120ドル上昇。
後場、75ドル上げ。
銅在庫、-3,100トン。
NY銅、+5.65セント。
LME銅建値計算トン66.8万円。
LME後場銅建値計算67.6万円。
NY銅相場建値計算67.4万円。
為替が更に円高
銅相場は大きく上げ
銅在庫は4ケタ減少。
銅建値計算値では
為替の円高を加味しても
トン1万円上げ余地
今日にも改定かも。
まあ全くここの所の
銅相場の上げは
何なのでしょう
上値抵抗線を抜けたからって
中国の景気回復?
輸出向け込み真鍮高値と
足下では株価が落ちて
いますから金属相場に
お金が流れ込んだか?
勿論、原油も続伸中。
世界景気は減速入り表明
コロナ禍だって
地域にとってはえらく
猛威を振るっている現状
日本も景気後退は確か
財政だってどうなって
しまうのやらと心配
メーカーの減産も確か
炉修も絡んで買い止めも。
手堅くいくことも
難しくなっています。
原油続伸
ゼロ金利長期化と
金3営業日ぶりに小反落
米ダウ続落282ドル安
FOMCゼロ金利政策を
2022年末まで続ける方針。
さあまたまたゼロ金利
まあこういう時ですから
致し方ないのか
これによってまた
弊害は起きないのか
貧富の差が更に拡大
今回の状況だって
立ち位置を180度
変えかねませんから
奈落に落ちるところも。
破綻でなく廃業を強いられる
何かとてもやるせない限り
仕事をしたい人からも
仕事を奪ってしまう有様
ベイシックインカムなども
頭をよぎっています。
どうバランスを保てば
良いのかほんとの所は
誰もわかっていないのでは?
そりゃあ戦後最悪な状況
まずは使える手立ては皆
出して使ってしまおうって
発想なのでしょう
その後の跳ねっ返りなどは
今は考えても仕方ないってか。
でも本当は考えておかなければ
いけないんですけれどもね。
やはりお金は大事です!

|

NY銅相場

20200611

銅相場大きく上げ!

 

|

2020/06/10

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/10 6:55

おはようございます。
外国為替NY(今)
更に円高、107.72円。
LME銅、21ドル上げ。
後場、33ドル上げ。
銅在庫、-1,325トン。
NY銅、+3.05セント。
LME銅建値計算トン65.6万円。
LME後場銅建値計算66.0万円。
NY銅相場建値計算66.2万円。
為替が更に円高
銅相場は上げ
銅在庫は4ケタ減少。
銅相場は上げてますが
為替の円高で相殺
昨日の時点では銅建値
危ないと思ったほど。
米経済が2月から景気後退入り
景気拡大128ヶ月継続も
コロナの影響をきっかけに
急失速し始めたのだと
そんなニュースがあって
心配しましたが市場には
過剰反応はいまだなく
株価もまた4ケタ下落を
演じるかもと思いましたが
そうにもならずちなみに
今朝は7日ぶり反落300ドル安。
影響はこれからか?
実体経済の数値が出始めると
皆反応し出すのでしょう。
沈む船から皆逃げ出すか?
そうすると2番底がこれから
やってくることになるか。
とにかく7~9月期は減産
これも事実ですから。
原油反発
金は続伸
米ダウ7日ぶり反落300ドル安。
FRBドル供給、邦銀利用突出
24兆円で世界の半分を占める
日銀は2位のECBを5割も上回ると
さあこれはえらいことに?
いやいやそんな事は別に?
まあねえただでさえ日経を
買い支えていますし
今の政府の現状の財政支援
今後の成り行きと
辻褄が合うのか
税金の知らせも入ってきていて
減免率も全額やら二分の一やら
お金を貸し出しすぎて
収入の見込みがわからない
なんてのはそりゃ助けて
もらう方は良いのですが
そもそもが今後成り立たなく
なってしまってはどうなのか?
そういう所まで心配しないと
いけないように思います
今は非常時仕方なし
でも米も景気後退入り
日本だって去年の10月から
そうだったのだと思います。
そしてコロナ禍の大痛手
どうしたって無理は
利きようがないと
思っていますけれども。
今はお金が大切です!

|

NY銅相場

20200610

銅相場上げ。

 

|

2020/06/09

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/09 6:55

おはようございます。
外国為替NY(今)
1円以上円高!108.38円。
LME銅、71ドル上げ。
後場、16ドル上げ。
銅在庫、-5,850トン。
NY銅、+1.30セント。
LME銅建値計算トン66.2万円。
LME後場銅建値計算66.4万円。
NY銅相場建値計算66.2万円。
昨日銅建値トン2万円上げの
66万円に改定されました。
今朝は為替が大きく円高!
銅相場は上がっていますが
銅在庫4ケタ減少。
為替が1円以上円高でも
銅建値再計算値では
何とか建値66万円維持か。
急な円高の原因は?
利益確定の円買いとか
米ダウ続伸絶好調か。
銅仕切り値も上がりましたが
7月からのメーカー減産
高値追いはしない感じです。
株価の上げが止まりません
不思議でなりませんが
二番底は来ないのか?
いやいやきっとくると
思うのですけれども
でも時期は今ではない
もっと先のことでしょう
秋か暮れか来年か
今のところは業績予想で
実際の数値ではありません
からそれが出るように
なってからなのでしょう。
それまでもう一儲けと
いったところなのか。
原油反落
金は反発
米ダウ続伸461ドル高
ナスダックは過去最高値と。
昨日定期検診で有料の
抗体検査もしてきました
先生曰くやっておいたら
実費3,000円でしたけれど
集団感染まではまだまだ先
ワクチンもまだまだ先
第2波も始まったばかり
飲食のお店はガラガラ
カラオケはしまったまま
駅ビルはそれなりの人
私も我慢できずに
衣料品の買い物をして
しまいましたけれども
そのストレスをやり過ごせば
また別に焦る感じもなくです。
皆さんいろいろと
試みているようです
まあ試し時でもあります
今後のこともありますから
今の試行錯誤は決して
無駄にはならないと思います。
週末は駅ビルで久々に
本の大人買いしました!
ちょっと気になる本に出会えて
うれしくなっています。
多分皆さんもこういうのを
欲しているのでしょうね!

|

NY銅相場

20200609

銅相場上げ。

 

|

2020/06/08

銅建値トン2万円上げの66万円に改定。

2020/06/08に改定
電気銅  660円 +20
月平均 653.6円

Tatene2020608

 

|

銅建値トン2万円上げの66万円に改定。

銅建値 660,000円(2万円上げ)
月内平均 653,600円

|

2020/06/07

週間銅相場情報つぶやき

2020/06/07 8:54

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
6月に入って銅建値は
トン1万円上げの62万円で
改定スタートでした。
更に3日中1日の緊急改定
トン2万円上げの64万円。
そして足下では円安
銅相場高で建値計算値は
更にトン2万円上げ余地。
週明け早々にも改定が
あるやもしれません
トン1万円上げは確実視。
銅相場の上値抵抗線
5390.5ドルを抜けてから
あれよあれよと上がって
次の上値抵抗線を狙う
展開となったのか?
世界の株価も上昇基調
それについて全く
問題はないのか?
予想値よりも良いから
といっては上がり
財政が大変だと言っても
上がってしまっています
これはどういう訳か?
政府関与は下がらない
本当にそうなのか?
もう先々の見通しは
立ったのだからそう
心配はいらなくなったか
経済活動再開ですぐにも
マイナス分は取り返せる
と本当に思っているのか。
VIX指数はどうなった?
お金のだぶつきが更に
お金のだぶつきを助けている。
そんなアホなとは誰も
決して思わないのか。
結局株価暴落の二番底は
起こりはしないのか?
これで前の高値抜けへと
向かってしまうのか。
こういう時には
イケイケドンドンに
乗らない方が馬鹿なのか?
私は粛々とお仕事を
頑張るだけですハイ!

|

週間銅相場情報

20200607

 

|

2020/06/06

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/06 7:01

おはようございます。
外国為替NY(今)
更に円安、109.64円。
LME銅、135ドル上昇!
後場、41ドル上げ。
銅在庫、-4,525トン。
NY銅、+6.40セント。
LME銅建値計算トン65.2万円。
LME後場銅建値計算65.6万円。
NY銅相場建値計算65.7万円。
為替が更に円安に
銅相場上昇!
銅在庫4ケタ減少。
週明けにも銅建値
改定されるかもです。
為替の円安を加味すると
トン2万円上げ余地にも
1万円上げは確実か。
全く上値抵抗線を抜けたら
下げ知らずの感じです。
メーカーは7~9月期の納入
お盆休みも絡んでか
7割カットとの様相も。
銅相場だけが一人歩きしそう
仕切り値は期待通りには
上げてはくれないでしょう。
こうなると銅建値70万円も
視野に入ってきたのか?
いやいやそんなに甘くは
ないように思いますけれど
米の統計からだとこれから
旅行や自動車、貿易などが
復活したら何処まで相場関係
上がってしまうのでしょうね?
それで不具合は全く
出ないのでしょうか?
心配する必要も
ないのでしょうか?
コロナ禍での財政負債
全く問題にする必要は
ないのでしょうか?
不思議でなりませんけれど。
原油4日続伸
3カ月ぶり高値
金は反落
米ダウ829ドル高!
2月下旬以来の高値
雇用情勢の改善でと。
前向きな想像なら
ダメな所が市場から退出
大丈夫な所が市場を席巻
コロナ禍では新陳代謝が
促進される効果が現れる
結果となったと言うことか。
生活様式も変化を強いられ
それによって後戻りを
みなしなくなるテレワークも
一度導入したらもうこれが
メインに座ってしまう
そう様変わりしていきそう。
人の移動がなくても
仕事がスムーズに出来る
事足りてしまう環境を
手にしてしまった感じ。
株価を観ていると
そんなようにも感じました。
ストレスの解消法も
変わっていくのでしょう
そしてそれに付随する
ビジネスも発生する
変化がプラスに作用
これが激動になるのか
どうかはまだどうも
わかりませんけれども。

|

NY銅相場

20200606

銅相場上昇!

 

|

2020/06/05

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/05 7:03

おはようございます。
外国為替NY(今)
更に円安、109.10円。
LME銅、46ドル下げ。
後場、50ドル上げ。
銅在庫、-4,100トン。
NY銅、-0.35セント。
LME銅建値計算トン63.6万円。
LME後場銅建値計算64.1万円。
NY銅相場建値計算64.0万円。
為替が109円台へ
銅相場行って来い
銅在庫4ケタ減少。
株価も小動き
原油は小幅ながら続伸
メーカー7~9月期は減産
コロナ禍の痛手は
そんじょそこらでは
解消は出来ないとそう
思うのですがでも今は
さしあたり予想よりも
まだましと言う視点で
お金が突っ込まれている
相場が上向いている
今後はまたこの反動の
ぶり返しがきっと
起こるの事でしょう。
原油小幅続伸
経済正常化を見込んだ買い
あくまでも見込みですから
金は反発
米ダウ小幅続伸11ドル高。
衝動やストレスは一応
その時その場では解消を
しておかなければいけない
事なのです,きっとね!
そうでないとまた更に
衝動やストレスが溜まる
一方で病んでしまうからです。
でもこういう時は往々にして
無駄やしまった!
やってしまったあ!
やらなければ良かったあ!
的なことが大半なのです
そんなものなのですだって
冷静に判断が出来ない
のですから普通ではないので。
今回は我慢という経験を
十分する機会を与えて
もらっていると思います。
今後はこの経験を大いに
糧にしなければと思います。
やっぱりそうでないと
どうしてもいけませんよね
必ず進歩に結びつけないと!
だって悔しいじゃないですか!

|

NY銅相場

20200605

銅相場少し上げ。

 

|

2020/06/04

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/04 7:04

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、108.89円。
LME銅、36ドル上げ。
後場、11ドル下げ。
銅在庫、-1,900トン。
NY銅、+0.20セント。
LME銅建値計算トン64.0万円。
LME後場銅建値計算63.9万円。
NY銅相場建値計算64.0万円。
昨日銅建値トン2万円上げの
64万円に緊急改定。
為替が円安と銅相場高
今朝も先物5,500ドル超え
このまま行くんでしょうか?
銅在庫4ケタ減少。
日経も米ダウも上昇!
市場予想を上回る
米経済指標の発表と
しかし市場予想が余りにも
低すぎてそこまで悪くは
なっていないと言うことだけ
での値上がりのようにも。
銅相場もテクニカルに
上値抵抗線を越えたから
市場の上向き期待と相まって。
メーカーは確実に7~9月期
相当な減産計画のようです
今のタイミングがもしかすると
売りの絶好のタイミングかも
でも高いものは買いたくはない
でもこういう時には品物を
拾っておきたい心理とで
交錯している感じもです。
でもこれから現実にひどい
数字が現れてくるでしょう
第2波も至極心配!
原油続伸
金は3日続落
米ダウ527ドル高
予想上回る経済指標好感
予想自体が大きすぎ
そこまでは突っ込まな
かったと言うことだけ。
安心していてはいけない
そう思っています。
まあ今後悪くなるのは
必至ですから相場で
儲けられる時には
とことん儲けておくって
そんな感じなのかもです。
地元の駅ビルも開いたので
ユニクロでジーンズを
買ってきました1,000引き。
今では私の手持ちのジーンズ
ユニクロの枚数が一番多く
なってしまっています。
前なら考えられなかった
品質、シルエット格段に
良くなっています
これでは他は勝てない
コロナ禍で年内持ち堪え
られない所が多々出るかも。
世の中の流れはとても
非情で理不尽で待ったなし
が今後襲ってくるのでしょう。

|

NY銅相場

20200604

銅相場小動き。

 

|

2020/06/03

銅建値トン2万円上げの64万円に改定。

2020/06/03に改定
電気銅  640円 +20
月平均 638.1円

Tatene2020603

 

|

銅建値トン2万円上げの64万円に改定。

銅建値 640,000円(2万円上げ)
月内平均 638,100円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/03 6:47

おはようございます。
外国為替NY(今)
1円以上円安!108.66円。
LME銅、86ドル上げ。
後場、43ドル上げ。
銅在庫、-1,450トン。
NY銅、+2.00セント。
LME銅建値計算トン63.0万円。
LME後場銅建値計算63.4万円。
NY銅相場建値計算63.3万円。
今朝は為替が1円以上円安!
銅相場も上げ!
銅在庫4ケタ減少。
やはり上値抵抗線を
抜けたからなのか?
銅相場上がっています
この時期にと言う疑問も
あるんですけれどもねえ。
銅建値計算値では
トン1万円上げ余地
今朝の円安を加味すると
更に1万円上げの
2万円上げ余地にも。
今日にも緊急改定
行われますかね?
全く世界の株価も上昇
原油も上昇そして
やはり銅にも波及か。
中国PMIが予想を上回ったと
また米の製造業景況感指数
が上向いたことなどでか。
でも安易にこの流れに
乗ってよいものかどうか
多少の仕切り値の切り上げは
いた仕方ないのかもですが
まだ月初めですからね
今月だってまだどうなるか
わかったものではありません
4~6月期、7~9月期の数値は
とんでもなく悪くなる予想が
ある訳なのですからそして
10月以降にはドンと
落ちるような予感もしますし
だからこそ相場で今
稼いでおかないとという
思惑なのでしょうかね
現物でやっている身としては
手堅くやる以外ないのですが。
原油が反発
金は続落
米ダウ続伸267ドル高
3カ月ぶり高値と
米景気改善期待でと。
さて国内では第2波の兆候
そりゃあ起きても
おかしくはないはず
そう想像出来たはずなのに
逆に皆に溜まっていた
ストレスがそれだけ
半端なかったと言う
ことなのでしょうか。
これで多分またまた
自粛の雰囲気が伸びる
事になるのでしょう。
いろいろな予想で
大手がもう3ヶ月も
保たない所が出ているとか。
本業の方でも7~9月期は
相当な減産になる予定です。
それを観ても相当な厳しさで
年内は間違い無しかと。
何とか耐えて行かれれば
とね願うばかりです。

|

NY銅相場

20200603

銅相場上げ!

 

|

2020/06/02

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/06/02 7:00

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょっと円高、107.60円。
LME銅、44ドル上げ。
後場、39ドル上げ。
銅在庫、-6,075トン。
NY銅、+4.80セント。
LME銅建値計算トン62.1万円。
LME後場銅建値計算62.5万円。
NY銅相場建値計算63.0万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
62万円に改定でスタート。
ここ最近為替の動きの
幅が極端に小さい感じ
銅相場は上がっています
銅在庫多め4ケタ減少。
足下銅建値計算値では
もう1万円上げ余地的な
感覚も見受けられそう。
昨日見た新聞から
上値の抵抗線が
5390.5ドルなのだそうです
今朝はそれを抜けています
上昇基調に入ったのか?
こんな折なのですから
どうにも信じがたいようにも
思うのですけれどもね。
仕切り値も多少上がったか。
原油小反落
金は下落
米ダウ反発91ドル高
景気回復期待金融株に買い
抗議デモ拡大は重荷と
金融株が買い?
大丈夫なのか?
米の抗議デモは嫌に怖い感じ
コロナだって収束していない
米中の諍いも半導体の
覇権争いへとなりそう。
コロナも南米や東南アジアの
情報がよく伝わってこない
ブラジルは大丈夫?
日本だって何やら第2波が
襲ってきそうな感じも。
ワクチンへの期待はまだ先
雇用や財政は大丈夫?
実は不安だらけだったりして
今の自粛解除がカラ喜びに
ならなければいいんですが。

|

NY銅相場

20200602

銅相場上げ!

 

|

2020/06/01

銅建値トン1万円上げの62万円に改定スタート。

2020/06/01に改定
電気銅  620円 +10
月平均 620.0円
電気亜鉛  268円 据置
月平均 268.0円

Tatene2020601

 

|

銅建値トン1万円上げの62万円で改定スタート。

銅建値 620,000円(1万円上げ)
月内平均 620,000円

|

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »