« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020/05/31

週間銅相場情報つぶやき

2020/05/31 8:50

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
26日にも銅建値1万円上げ
のアナウンスがあるかあ?
って期待もしましたが
結局、銅建値は61万円のまま
そして月平均は604.7円確定。
足下の銅建値計算値でも
1万円上げは微妙な所
明日の月曜日が改訂
ですからそうすると
為替如何でしょうか。
一時は61万円を切る
なんて雰囲気も
ありましたから。
据置スタートなら御の字
ではないでしょうか。
この一週間は
株価も原油も金も
上昇していました
勿論、日経もでしたが
どうしてもその現象が
私には納得出来ていません。
まあ期待感からの上げ
ではあるのでしょうが
足下の状況は雇用も財政も
とんでもないことに陥って
いる訳なのですから
楽観や悠長な事では
ないと思いますそして
貸せるお金だけを用意
すれば良いという状況でも
ないようにも思います。
貸し込んでしまってそれが
全て焦げ付かないのかとね。
その場しのぎでの延命
勿論それも切羽詰まった
時ですから必要ですが
去年の10~12月期は
もう既に経済は下降期に
入っていたように
思う訳なのです。
そして更にのコロナ問題
なのですからそして
この問題にしても
短期での解決はどう見ても
期待出来ないように
思うわけなのです。
4~6月期のGDPの下げは
相当な数値が出ることでしょう
7~9月期においても多少の
戻りはあるでしょうが余波は
消えている訳はなくと。
そう考えると7~9月期の
発表の10月11月辺りに
相場に何かのインパクトが
起こるかもしれません。
今から身構えておくことは
十分必要だと思います。
何事も意図しておかない
想定外が起こる事によって
パニックに陥るものですから
常に想像を巡らせておくこと
それが賢明なことだと
思っていますそして無駄でも
そのための準備や用意も。

|

週間銅相場情報

20200531

 

|

2020/05/30

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/30 7:15

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょっと円安、107.77円。
LME銅、54ドル上げ。
後場、変化無し。
銅在庫、-2,625トン。
NY銅、+1.35セント。
LME銅建値計算トン61.5万円。
LME後場銅建値計算61.5万円。
NY銅相場建値計算61.7万円。
為替は相変わらず小動き
銅相場は少し上げ
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値では
やはり微妙な所です
62万円にトン1万円上げるか
はたまた据置スタートとするか
為替の動き次第でしょうか。
週末の株価が
元気なくなりました
米中対立への懸念
米中関係の緊張が
世界経済の不透明要因と
問題は次から次へと。
原油の続伸
金の続伸
現状に即しているのかどうか
新型コロナの影響で
財政や雇用に大きな痛手と
穴が開くような気が
してなりませんがね。
表に現れるのはもう少し
先のことなのでしょうか。
原油続伸
金も続伸
米ダウ続落17ドル安。
新型コロナの影響で
日本の雇用情勢が
急速に悪化していると
大学生の学業維持も
深刻さをましていると。
6月1日から自粛要請解除も
元通りになるのはまだまだ
先のことのようだしまた
見通しだって本当の所は
わかったものではないようにも
これから間違いなく
数値としても相当な
落ち込みを突きつけられそう。
第2波も現実に起こり始めて
来てしまっている観もあり
ここで自粛の手を緩めて
元の木阿弥にならなければ
と思うばかりです。
まだまだ大手を振って
出歩けないし飲み会も
開けない感じですし。
自ら工夫してストレスの
解消方法や技や工夫を
編み出しておかなければ!
結局、誰も助けては
くれないのです。

|

NY銅相場

20200530

銅相場少し上げ。

 

|

2020/05/29

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/29 7:00

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円高、107.58円。
LME銅、30ドル下げ。
後場、17ドル上げ。
銅在庫、-950トン。
NY銅、+1.05セント。
LME銅建値計算トン61.1万円。
LME後場銅建値計算61.3万円。
NY銅相場建値計算61.6万円。
為替は相変わらず小動き
銅相場は小動き
銅在庫3ケタ減少。
銅グラフを見ると
上がったように
見受けられたのですが
数値の方では小動き
まあ足下は現状維持
61万円の据置状態。
日経の上げが凄いです
もう2番底はないのか?
底抜けることはないのか?
片や米中は一触即発?!
香港国家安全法を採択
対中制裁激化の様相
貿易摩擦が再燃しそう。
ウィルスの発生元の
問題もくすぶったまま。
6月1日から一斉に
自粛要請解除となります
しかし第2波も起こって
いる様子だったりしますし
飲食関係の厳しさは
変わらないかもしれません
でも一応は皆さんホッと
しているとは思います
でもこの緩みが足を
すくうことにならな
ければ良いのですが。
原油が反発
金も上昇
米ダウ反落147ドル安。
朝の散歩ではいろいろ
目にすることがあります。
まずは自粛解除のアナウンス
スーパーは時間を戻します
カラオケはアナウンス無し
前から経営が危なっかしい
飲食店などは店を開けるのか
どうかもわからない様子
レンターも見通しはわからず
コロナ前に開店準備を
していた所は開店出来るのか
どうかもわからない様子。
6月1日からどう皆さん
スタートをするのか
心配でなりませんけれど
願わくばみんな早く
元通りになってくれる
ことを願うばかりです。

|

NY銅相場

20200529

グラフでは上がった

ように観られますが

銅相場自体は小動き。

 

|

2020/05/28

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/28 6:53

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょっと円安、107.67円。
LME銅、33ドル下げ。
後場、73ドル下げ。
銅在庫、-5,550トン。
NY銅、-3.60セント。
LME銅建値計算トン61.3万円。
LME後場銅建値計算60.5万円。
NY銅相場建値計算61.1万円。
為替は相変わらず小動き
銅相場は下げ
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値では
現状維持が危うい感じかも
今週中の銅外電の動きが
気になる所です。
6月は据置で始まるか?
トン1万円下げで始まるか?
月平均では来月60万円の
始まりでもあまり大差は
ありませんけれどもね。
世界の株価は堅調
勿論、原油も金も。
どうしてもここのところが
解せないようにも思うのですが
相場ですから仕方がないのかも。
とにかく仕事があるのが
何より一番なのです!
原油反落
金は反発
米ダウ続伸553ドル高
2カ月半ぶりの高値
米経済活動正常化期待と。
昨日は同業の社長と
電話会談でした(^0^)!
概ね私の考えていたことと一致
4~6月期のGDPの下げは
凄いことになりそうそして
7~9月期は戻すかもしれない
ですがそれもどれ位期待して
良いものなのかと。
そしてその後に来る相場の
2番底なのか?底抜けなのか?
そんな予想を話しました。
相場も実際問題の数値が出ないと
反応をしないのかもとね
今だって先が明るそうになると
皆が飛びついて相場が上がる。
でも実は実態を反映していない。
アパレル関係の情報でも
2年はかかると聞かされてます
その前に保つのかどうか?とも
本当は相当にもうすでに瀕死
クラッシュ寸前なのかもと。
不動産関係、ホテル関係
現状、内情、財務は?
勿論引っ張れる所までは
引っ張るつもりでしょう
構造変化、生活習慣変化
否応なしにその波には
飲み込まれてしまいそう
皆ついて行けるのかどうか?

|

NY銅相場

20200528

銅相場下げ。

 

|

2020/05/27

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/27 6:55

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょっと円高、107.53円。
LME銅、99ドル上げ。
後場、6ドル下げ。
銅在庫、-850トン。
NY銅、+2.95セント。
LME銅建値計算トン61.7万円。
LME後場銅建値計算61.7万円。
NY銅相場建値計算62.1万円。
為替は多少円高へ
銅相場は上がりました
銅在庫3ケタ減少。
昨日はLME、NYともお休み
でしたので配信の方は
お休みを致しました
もしかすると初めてかも。
データがなくても今までは
何某かを書いていましたから
まあ自分としても
情けないような
歳には勝てないような
でももう今では
縛られ観はないので
自由にやらして
頂きましたけれど。
今朝の銅建値計算値だと
トン1万円上げ期待が
やはり湧いて参ります
もしかすると今日にも
銅建値改定をするかも?
はたまたそうでなくても
この調子維持なら6月は
1万円上げ始まりを
期待しても良いのかも
でもまだまだ外電発表に
日数はありますから
どう変化をするかは
わかりませんけれどもね。
世界の株価は上昇基調
ワクチン開発期待や
経済指標の改善期待で。
国内も概ね自粛解除です
次は第2波に備えてか。
まあ学習はしていますから
ただワクチン開発、用意
となると懸念はありますけれど
ただ国内自粛解除と言っても
元通りになるにはまだどれだけ
かかるのかは未知なような
ものがあるように思います
飲食、アパレルは相当な
打撃そして今後も解消には
懐疑的な感じもありと。
原油反発
金大幅反落
米ダウ反発529ドル高
ワクチン開発期待や
米経済指標の改善と。
しかしこのワクチンが
くせ者のようにもね。
そして未だに感性が拡大
している国があること
コロナ余波はまだ1~2年
かかりそうだという意見も
私もそう思います。
そんじょそこらの簡単に
考えてはいけない感じ
第2波があったとしてら
そちらの方が危ない感じも。
人の心の緩みってこれ
結構危うい所があります。
そして知らずに精神に
傷をおわされていることも
そして今回のように
まあ手厚くではないですが
国が結構面倒を見て
くれるような錯覚
これは気をつけないとね。
まあ所詮人間は弱い生き物
頼りたいのはやまやまですが
結局は自分の身は自分で
となる訳なのですから
前を向いて行かなければ
ならないのです全てに平等
には決してないのですから。

 

|

NY銅相場

20200527

銅相場上げ。

 

|

2020/05/26

今日の銅相場情報つぶやきはお休みといたしました。

今日の銅相場情報つぶやきは
お休みといたしました。
ロンドン、ニューヨークが
お休みでしたので
書く内容もちょっとねえと
思った次第でしたので
申し訳ございません。
明日をお楽しみに!

|

2020/05/24

週間銅相場情報つぶやき

2020/05/24 19:12

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
20日に銅建値1万円上げの
61万円に改定されました。
21日の足下銅建値計算値
ではもう1万円上げ余地
って感じにもなりましたが
最後の土曜日の外電では
その目も消えてしまった感じ
週明け最後にもう1万円の
上げ期待は火曜朝の外電
次第って所でしょうか。
まあ要は6月開始の銅建値を
見極めてからの仕切り値の
決定が望ましいかもです。
米中関係は香港台湾関係
の成り行き如何の感じも
世界の相場関係がギクシャク
してしまわないかとの不安
中国のコロナがらみも
ありますからね米側の
挑発如何ではまた貿易の
問題まで発展しかねません
コロナの第2波も心配
国内も明日にも全自粛解除
なんて雰囲気ですから
でも今日のニュースでは
また東京は感染者2ケタ増加
表に出ない感染者もいそうで
これで一気に街に人が溢れて
どんちゃん騒ぎなんて事
にもなりかねませんそして
医療機関への再度の負担増
いたちごっこの繰り返しに
ならなければよいんですが
建設関係はもうストップは
許されない雰囲気の感じも。
飲食やアパレル関係は
もう待ったなしでしょう
アフターコロナを見据えた
考えや行動も真剣に考え
られてきそうです。
様子は一変するかもね
これをチャンスと捉えるか?
蹴落とされる原因となるか?
これまた競争原理が働く事に
なるかもしれませんね!

|

週間銅相場情報

20200524

 

|

2020/05/23

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/23 7:12

おはようございます。
外国為替NY(今)
あまり変わらず、107.61円。
LME銅、144ドル下げ。
後場、12ドル上げ。
銅在庫、-550トン。
NY銅、-4.30セント。
LME銅建値計算トン60.7万円。
LME後場銅建値計算60.8万円。
NY銅相場建値計算61.4万円。
為替は変わらず
銅相場は大きく下げ!
銅在庫3ケタ減少。
週明けの銅建値
1万円上げはこれで
消えてしまったか。
香港、中国が統制強化へ
米中関係に警戒感と
ニッケルも大きく下げ
香港株大幅続落5.6%安!
中国の香港、台湾問題
深刻になって行くのか?
これも新型コロナの
情報開示がらみからの
派生案件なのか?
コロナ終息後にこういう
案件が次々に大きく
迫ってくるのか。
中国の国家がらみで
これから様変わりが
起こるようになるのか。
一難去ってまた一難か。
原油反落
金は反発
米ダウ続落8ドル安。
いよいよ国内も自粛緩和
の開始となりそうです
待ちに待った大手を振って
街を闊歩出来る
買い物に参戦出来る
飲み食いにもでられる
映画も観に行ける
大枚もはたける!?
さてこの大枚の件ですが
ストレスが溜まって
いるからといって
安易に大枚で解消って
発想ではどうなのでしょう?
まだコロナ禍が解決した訳
では決してありませんから
安易な発想は長期戦では
マイナス要因です。
我慢そのものを感情的ではなく
論理的に整理しておかなくては
今あるアイテム環境でも十分
楽しめる術はありますから
完全にこの戦いに勝った時
その記念で大枚を使い
記念品を戦利品とするのは
賛成しますけれどもね。
このウズウズ感は乗り越え
なければいけない道なのです。
ある意味、自分にも
言い聞かせている所です。
アハ!

|

NY銅相場

20200523

銅相場下げ!

 

|

2020/05/22

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/22 7:04

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円安、107.64円。
LME銅、54ドル上げ。
後場、20ドル上げ。
銅在庫、-850トン。
NY銅、-1.55セント。
LME銅建値計算トン62.2万円。
LME後場銅建値計算62.5万円。
NY銅相場建値計算62.4万円。
銅相場前半上げて
後半少し下げ
銅在庫3ケタ減少。
為替は小動きで
銅建値計算値は
トン1万円上げ余地
62万円の計算になります。
まあ明日の外電にも
よりますけれども
週明け銅建値62万円の
改定があるやも。
まああったとしても
銅月平均ではさほど
上昇は望めず6月が
この水準で始まれば
仕切り値も上げて
くれるのではないかと。
荷の出が少ないので
上物は切り上げての
仕入れ傾向のようです
先の手当を見越してね。
在庫の平均単価は
まだまた高いので
足下で手当てしたい思惑。
6月はまだ良いようなのですが
7月以降の仕事がキャンセル
そんな話を多々聞きます
コロナの余波が襲っています
先々の見通しがつかない中で
発注を出すのはどうかと
なっているようですね。
自粛緩和となっても
元に戻るのはまだまだ
先になるのでしょう
とにかく不安払拭
その担保がない限りは
積極的な投資は
控えられてしまいそう。
原油続伸
金は反落
米ダウ反落101ドル安
米中対立を警戒と。
自分のことを棚に上げて
なんなのですけれども
ここへ来てネットの情報が
どうも面白くないのです。
映画も映像もどうもね
なかなか夢中になれない
ただただ時間を費やして
しまう感じでなりません。
そうすると本の文字は
しっかりとした文章には
救われる所があります
そんな考えでなら他者に
期待出来ないのであれば
自分で文章を書いて楽しもう
自己満足の範疇ではありますが
公開などは考えずただただ
面白おかしく書いてみてと
それだけでもストレス解消
にはなるのでは無いかと。
まあ下手な文章で更に
ストレスが溜まってしまったら
逆効果なのですけれども。
遊んでいるMacBookの
キーボードがやけに
打ちやすいのでそれにも感動
これを利用しない手はない
まあ散歩で着飾るのと
同じ思考のようですかね。
とにかくこれを当分
続けることに致します。
期待をせずお気楽に!

|

NY銅相場

20200522

銅相場前半上げ

後半少し下げ。

 

|

2020/05/21

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/21 6:59

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円高、107.54円。
LME銅、19ドル上げ。
後場、22ドル上げ。
銅在庫、-1,050トン。
NY銅、+4.45セント。
LME銅建値計算トン61.8万円。
LME後場銅建値計算62.0万円。
NY銅相場建値計算62.9万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
61万円に改定されました。
為替如何では2万円上げの
可能性もあったのでしょうが
今朝は円高に振れていて
そうするとやはり2万円の
上げはきつかったのかもね。
原油も5日続伸更に上げ
ですからねつられて銅相場も
堅調なのかもしれません。
アビガンはどうもなのですが
ワクチンには期待が持てそう
米国、全50州で経済再開
やはり経済が最優先か!
日本もその流れに乗りそう
第2波は起こったら起こったで
その時考えれば良いって事か。
世界の社債発行最高4月67兆円!
やはりこうなりましょう
先のことよりも今のこと
今がダメなら未来もない。
原油5日続伸
金は上昇
米ダウ反発369ドル高
景気回復期待でと。
毎朝晴れていれば
散歩に出ています。
そして毎日見かける光景が
カラオケボックスと
レンターカー屋さんの休業
他人ごとですが心配です
どちらも店舗の広さで家賃も
それなりにかかりそう。
4月からですからね
2ヶ月間は締まっている。
6月に入るといろいろ
財務の様子が表に出て
くることがあるでしょう
厳しい現実をまさに
突きつけられそう。
まあそんな心配よりも
自分の所の心配です。
今を耐えてこそ
生きる術ありです。
ない頭からとにかく
知恵を絞り出さないと!
現実的には無駄遣いは
極力避けるって事
ストレスに負けて無駄に
大枚を使わないこと
でしょうかね私の知恵も
そんなものですよ実際
情けないトホホ。

|

NY銅相場

20200521

銅相場上げ。

 

|

2020/05/20

銅建値トン1万円上げの61万円に改定。

2020/05/20に改定
電気銅  610円 +10
月平均 604.7円
電気亜鉛  271円 +6
月平均 268.4円

Tatene2020520

 

|

銅建値トン1万円上げ。

銅建値 610,000円(1万円上げ)
月内平均 604,700円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/20 6:47

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.69円。
LME銅、64ドル上げ。
後場、11ドル上げ。
銅在庫、-2,150トン。
NY銅、+1.80セント。
LME銅建値計算トン61.2万円。
LME後場銅建値計算61.3万円。
NY銅相場建値計算61.5万円。
為替は円安気味
銅相場上げ
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値では
トン1万円上げ余地
今日にも61万円に改定か。
原油があれよあれよと
いう間に32ドル半ばまで
上がってきました。
これにつられての
銅相場上げ調子なのか。
金も堅調です
米の予防ワクチン実用化
のニュースで相場関係は
期待と安心感で一気に
上げ調子になったか?!
片やもう支えきれずに
大型破綻のニュースも
巷も5月一杯が限度と
皆、疲弊気味です。
来週には早い所で自粛解除
がなられそうですが
もう既にが外出自粛が
すり込まれてしまって
いますからハイそうですか
とはいかないでしょう。
第2波の恐れこれは結構
深刻に捉えられ気味だと
思いますよね。
まあとにかく3密に
ならない所から活気を
戻していく感じでしょうか。
原油4日続伸
金は反発
米ダウ反落390ドル安
正常化には時間がかかる公算。
やっぱりワクチンの目処が
付いたところでも長期戦は
変わらないのかもしれません。
この資本主義社会では
経済が廻らなければ
どうしようもないのかも
浮き彫りになっているのは
皆、ため込み蓄えがない
日々はアップアップ
だということです。
コロナが終息して
また稼げるように
なるのかどうか?
今、更に借金をこさえて
返すあてがあるのかどうか
かと言って今の状況では
何ららちがあかない
先立つものは今はお金
それも現金使えるお金。
だからもらえるお金
返さなくてよいお金。
こういう状態ですから
この先の未来は
どうなってしまうのか?
金融は崩壊しないのか?
日本は大丈夫なのか?
どうしてもそんなことまで
考えてしまうように
今はなっています。
ポジティブ思考の維持
なかなか難しいです。

|

NY銅相場

20200520

銅相場上げ。

 

|

2020/05/19

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/19 7:06

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.29円。
LME銅、84ドル上げ。
後場、25ドル上げ。
銅在庫、-2,375トン。
NY銅、+7.15セント。
LME銅建値計算トン60.4万円。
LME後場銅建値計算60.7万円。
NY銅相場建値計算61.0万円。
銅相場大きく上げ
銅在庫4ケタ減少。
原油先物相場上昇の
背景からか銅相場上げ
銅建値計算値では
もうちょっとで
61万円に手が届きそう。
明日の外電次第では
またまた61万円に
返り咲くかもとの期待。
米でワクチン開発の期待
今朝の米ダウは久々に
4ケタ上げの場面も。
4~6月期のGDP予想が
相当な落ち込みになりそう
去年の10~12月期の
消費税の影響での
マイナスを大きく超しそう。
そりゃあ何たって
人やモノが動かなかった
のですから仕方ないです。
今後にそのつけ払いを
否応なく強いられます。
原油続伸
金は反落
米ダウ続伸911ドル高!
コロナワクチン開発期待。
今回で皆の生活様式が
元に戻らずにこのままの
過程の継承で進化して
行くのかどうか?
私などは元から巣ごもり派
ですからもしかすると
変わりようがないかもですが
普段の人たちはこれを機に
変わるかもですかね。
益々ネットの宅配が増える
益々ネット依存が増える
益々やたらに出歩かない
益々家飲みが増える
益々人とのコミュニケーション
が希薄になってくる
ネットでは増大していくかも
益々ゲーム依存度が増す
益々ていたらくになる
益々無駄が削られる
益々モノを買わなくなる
それとも一気に
こんな生活はヤダ~!
ってなって外へ飛び出す。
とにかく何はともあれ
今後のつけ払いが全て
終わってからでしょう?
正常に戻れるのはね。

|

NY銅相場

20200519

銅相場上げ!

|

2020/05/17

週間銅相場情報つぶやき

2020/05/17 11:25

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
12日に銅建値2万円上げの
61万円に改定されました。
15日にはトン1万円下げの
60万円に改定されました。
これで月平均は60万円。
12日に2万円上げでしたが
ここは1万円上げだった
ように思いましたが。
2万円上げには商売では
振り回されてしまった
感じがありました。
足下では原油が上げで
でもそれほど銅相場は
引っ張られはしませんで
原油やら株式やらはどうも
別な動きにもなっている感じ。
そこかしこで落ち着いたと
思った地域や国では
新型コロナの第2波が
始まってきています
欧州型が猛威になるかも。
インドや南米では今も
落ち着きが見られず
増加傾向このままでは
大変な事にもなりかねません。
何よりも医療崩壊に
なることが致命傷です。
国内も自粛緩和に
動き始めましたが
医療関係者は注意喚起の
提唱を取り消していません。
デパートも動き出しました
気の緩みで取り返しが
つかない状況に
ならなければと思います
美術館、映画館も。
飲食関係は致命的
給付金だけでは
やっていけないと。
建設関係も動き出しました
自動車関係が今期の予想発表
後々の大変さが想像出来ない位
の未だかつてないマイナス数字。
さあこれらどう落ち着きを
見せてきてくれるのか
ワクチン配布が早くても
国内では7月からとか
とにかく薬が出来ない
事には話にはなりません
ウィルス変異も欧州型が
第2波の主になりそう
短期での沈静は到底
出来ないと思っています
やはり中長期での構え
でないといけないとね。
自粛ストレスの爆発
今週末に起きていない
ことを望むばかりです。

|

週間銅相場情報

20200517

 

|

2020/05/16

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/16 7:07

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円高、107.02円。
LME銅、9ドル上げ。
後場、13ドル上げ。
銅在庫、-3,925トン。
NY銅、-1.75セント。
LME銅建値計算トン59.7万円。
LME後場銅建値計算59.8万円。
NY銅相場建値計算59.4万円。
昨日銅建値トン1万円下げの
60万円に改定されました。
今朝の銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
NY銅グラフを見た時には
更にもう一段の下げが
あるかと思ったんですが
レンジ幅が狭かったか
まあ此の間の上げは結局
1万円だったということ。
月平均も建値と丁度一緒。
南米やインドでは
新型コロナの影響が相当に
酷い事になっていると。
米では経済活動の再開を
したくてしょうがない
まあそういう意味では
国内もそうなのでしょう
コロナ専門家との隔たりが。
まあ政治は何かあったら
また戻せば良いと
思っていたりして
心証が何よりも
大切なのですから。
とうとう大手アパレル
法的整理手続き開始!
原油が2カ月ぶり高値
中国の需要増でと
金は4日続伸
米ダウ続伸60ドル高
景気指標改善や原油高好感。
さあ久しぶりの一週間の
フル仕事だった気がします。
自粛緩和の動きで皆さん
またまた翻弄させられて
いたりしてとね。
もう皆さん心配が根に
宿っていますから常に
考えながらは行動する
訳ですからお店も
開けた所で今までの分の
マイナスを取り戻せるか
心配が先走っています。
第2波も来るのでは?
この事もみんなの頭の中に
もうすり込まれているはず。
爆発的な感染は起きない
代わりにちょろちょろと
感染の継続は起こるでしょう。
何より要はワクチン次第
ただ溜まりに溜まった
ストレスや負債は何処で
どう解消していくのか?
もう目先はそちらの方を
向いているのですが。

|

NY銅相場

20200516

銅相場下げ!

|

銅建値トン1万円下げの60万円に改定。

2020/05/15に改定
電気銅  600円 -10
月平均 600.0円
電気亜鉛  265円 -6
月平均 265.5円

Tatene2020515

 

|

2020/05/15

銅建値トン1万円下げ。

銅建値 600,000円(1万円下げ)
月内平均 600,000円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/15 7:12

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.21円。
LME銅、57ドル下げ。
後場、2ドル下げ。
銅在庫、+55,650トン。
NY銅、+0.20セント。
LME銅建値計算トン59.3万円。
LME後場銅建値計算59.3万円。
NY銅相場建値計算59.6万円。
為替は少し円安
LME銅相場は下げ
銅在庫大きく5ケタ増加!
NY銅はあまり変わらず。
今朝の銅建値計算値では
トン2万円下げ余地。
また59万円に逆戻りかも
1万円下げで止まって
くれればと願います。
原油が上がって
銅相場は下げ
銅相場の在庫増が
気になる所です。
世界で新型コロナ
第2波を警戒しています
日本はやはり少し
流れとして遅れているか
それともうまく
コントロールしているか。
新興国の情報がよく
入ってきません
主に資源国関係が。
今日の建値改定如何では
仕切り値も結構切り下げ
られてしまうかもです。
原油反発
金は続伸
米ダウ反発377ドル高
原油高で自律反発狙いの買い
何か相場の連動が
ちぐはぐなように思います。
理に適っているのやら
かなっていないのやら
第2波はおそらく間違いなく
やってくるでしょう!
こういうのは最後まで
気を緩めてはいけない
そりゃ程度の差はあるでしょう
でもその程度の差云々と
いってしまうと訳が
わからなくなってしまいます。
戦いは終わるまで決して
気を緩めてはいけません。
経済云々をいっていますけれど
それにしたってこれから
襲ってくるであろう負債の嵐
それに耐えていかなければいけない。
正念場はまだまだ先
なのかもしれません。

|

NY銅相場

20200515

銅相場下げ。

 

|

2020/05/14

銅相場情報つぶやき

2020/05/14 7:11

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円高、107.03円。
LME銅、21ドル下げ。
後場、1ドル下げ。
銅在庫、-2,725トン。
NY銅、-1.15セント。
LME銅建値計算トン60.0万円。
LME後場銅建値計算60.0万円。
NY銅相場建値計算59.6万円。
為替は円高傾向
銅相場少し下げ
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値では
やはり足下から
トン1万円足りない
60万円となります。
このままだと明日
下げ改定があるかも。
いよいよ国内も
主要都市を除いて
自粛緩和に舵を
切ることになりそう。
まあこの議論もね
いろいろなしがらみも
有りますが大切なのは
医療現場のことここの
砦を壊してしまうことは
決して出来ないのですから
ワクチンでも出来ていれば
その心配は杞憂なのですが。
何処の国でもそうですが
今までこんなことはめったに
なかったことですから
どうしても経済最優先
人が生きてく上ではね
そちらの選択を強いられる
訳なのですけれど。
原油が反落
金は続伸
米ダウ続落516ドル安
FRB議長発言で景気懸念
まあそんな発言がなくても
先々悪くなる事は承知の
はずなのですけれど
その割には株価が大きく
落ち込みません
不思議でなりません。
第2波も襲ってきているのに
緩和の方向に動いています
何よりも経済優先では
これも仕方無しなのか
週が明けてから朝と夕方の
交通量が増えています
車通勤が増えたからか?
仕事が再開してきたからか?
今日にも自粛緩和の発表が
ありそうなのですが
これも二者択一
やってみてダメだったら
また元に戻してよしんば
このままうまくいけ
バンバンザイ!
なんてことを腹の底で
思っていたりして
そういう時には往々にして
うまくいくとは限らない
それが世の常だったりして。

|

NY銅相場

20200514

銅相場少し下げ。

|

2020/05/13

銅相場情報つぶやき

2020/05/13 7:03

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、107.19円。
LME銅、3ドル上げ。
後場、19ドル下げ。
銅在庫、-11,925トン。
NY銅、-2.15セント。
LME銅建値計算トン60.4万円。
LME後場銅建値計算60.2万円。
NY銅相場建値計算60.1万円。
昨日銅建値トン2万円上げの
61万円に改定されました。
2万円上げ?とはねとの
感想を持ったものでした
まあ為替も円安には
振れていましたから
今朝の計算値では
やはりトン60万円で
1万円下げ余地発生。
銅在庫5ケタ減少
ここは気になりました。
品物の発生が少ないから
多少高めに仕切り値を
設定しますか?
いやいやメーカーには
売り切れませんから
無理してもとは思います。
中国でも韓国でも
第2波が襲い始めました
大手自動車リーマンを
上回る打撃だと予想
今の株価や相場が高い事
不思議でなりませんが。
原油反発
金は反発
米ダウ続落457ドル安
コロナ「第2波」への懸念。
緊急事態宣言が出て
一ヶ月以上がたちました。
自粛疲れ、ストレス過多
出てきているようです。
どうすれば溜めずに
解消することが出来るか。
まあこういう事は
各々が自分に合った工夫
が出来るかどうかです。
自らそこへ行き着けなければ
何をやっても更にストレス
を溜めてしまうだけですから。
普段の何気ない普通の行動を
面白おかしく
興味深く夢中に
楽しくそして楽しんで
行うことでしょう
決して特別はいらない。
ちょっとした工夫
ちょっとした別な目線
ちょっとした変化で
様変わりすることは
可能だと思っています。
まあ気づけなければ
仕方ないのですがね。
どんな時でも皆
何かあった時には
何かに試されている
ものですからね。

|

NY銅相場

20200513

銅相場少し下げ。

 

|

2020/05/12

銅建値トン2万円上げの61万円に改定。

2020/05/12に改定
電気銅  610円 +20
月平均 606.4円
電気亜鉛  271円 +9
月平均 269.4円

Tatene2020512

 

|

銅建値トン2万円上げ。

銅建値 610,000円(2万円上げ)
月内平均 606,400円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/12 6:57

おはようございます。
外国為替NY(今)
1円以上円安!107.62円。
LME銅、3ドル上げ。
後場、1ドル上げ。
銅在庫、-2,025トン。
NY銅、-2.65セント。
LME銅建値計算トン60.1万円。
LME後場銅建値計算60.1万円。
NY銅相場建値計算60.3万円。
今朝為替は大きく円安!
銅相場小動きの後
NY銅では下げ
銅在庫少なめ4ケタ減少。
銅建値計算値では
為替円安の影響で
1万円上げ余地
今日にも銅建値
60万円に改定かも。
やっぱり切りの良い
この数字は気持ちが良い。
ただ仕事面では未だに
自粛期間中ですから
大したことはありません。
自粛緩和の動きも出ている
ようですが海外でも第2波
が襲い始めているようで
国内もここで手を緩めたら
今度は一気に医療崩壊にまで
行ってしまうかもです。
今が踏ん張り所っというより
もうこれは長期戦と考えて
いなければいけない。
まあ国内のワクチンも
7月には臨床に入れるとの
首相発言もあってか少し
安心感もありますけれど
医療現場が立ちゆかなくなれば
そうとも言えないのです。
建設現場も動き始めたようで
多少は安堵もしていますが。
原油が反落
金は続落
米ダウ反落109ドル安
コロナ感染第2波警戒。
さあ次はここでしょう!
国内でも自粛疲れ!
皆ストレスが溜まっている。
まだ国民性もあって言うこと
を聞いていますけれども
本当の内情はどうなって
いるのかも疑問です
表に出ていない人数も
大いにあるようですし
我慢の国民性に今は
助けられているふしも
大いにある所です
家賃や固定費問題がこれから
沢山出てくるでしょう。
破綻と言うよりは
廃業を余儀なくさせられる
この現状も今後は大いに
影響をもたらすことにも。

|

NY銅相場

20200512

銅相場下げ。

|

2020/05/10

週間銅相場情報つぶやき

2020/05/10 13:54

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
5月7日に銅建値発表
59万円で据置スタート。
よしんば1万円上げの
60万円始まりという
期待もありましたけれども。
為替が円高、銅相場も軟調
建値1万円上げには
どうしても及ばなかった。
足下ではNY銅の値しか
ありませんけれども
限りなく銅建値計算値は
60万円寄りです。
週明け早々の改定も
あったりしての期待
でも火曜の朝の外電が
入ってからの改定と
なりましょうかね
大きな崩れがない限り。
まあ仕事の動きも週が
明けてからでしょうから
建設関係も週明けからは
もう動き出すでしょうし
何か世の中の雰囲気的にも
自粛疲れやストレス蓄積
もあってか今週末は人手が
一気に出ている感じにも。
ここで気を引き締めて
おかないといけない
のでしょうけれど
人の心理や行動は
なかなかいうことを制限を
聞いてはくれないか。
まあここへ来て1年間は
覚悟が必要としきりに
専門家からは聞かれます。
私もそんな感じがします
でも皆の行動の管理は
なかなか難しい。
地元の商店街は日本人
以外の人たちで一杯!
そんな所を観ていると
自らだけの外出自粛でしか
対応は出来そうにもないと
思っている所です。
自粛は5月一杯へと延長
また一応の区切りを
設けましたけれども
まだまだ先に伸びそう
というのが私の予想
6月に入ったら破綻問題も
噴出し出しそうです。
感染、自粛、経済、商売
固定費、日銭稼ぎ、我慢
益々難しい領域へとね!

|

週間銅相場情報

20200510

 

|

2020/05/09

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/09 6:57

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、106.65円。
LME銅、お休み。
後場、お休み。
銅在庫、-トン。
NY銅、+2.30セント。
LME銅建値計算トン?万円。
LME後場銅建値計算?万円。
NY銅相場建値計算60.6万円。
今朝の為替は少し円安
ロンドンはお休み
NY銅は少し上げ
銅建値計算値では
1万円上げ余地。
昨日の日経も上がったし
今朝の米ダウも大きく
上がっています。
原油が反発
それにつられてか
銅相場もNYで堅調
まあ今朝のロンドンが
ありませんから
週明け早々の緊急改定は
どうなのかとも思いますが
火曜の朝の外電を観てから
通常通り中2日での建値改定
になるように思いますが。
もう相場関係は新型コロナ
恐れるに足りないみたいな
感じになっているようにも
まだ第2波3波があるようにも
思いますけれど1年ぐらいは
どうしてもかかるとは
思いますけれども。
ただこの後に訪れる
莫大な金融の歪みの解消では
後々相当に苦労を強いられる
そう思っていますけれども。
原油が反発
金は反落
米ダウ続伸455ドル高。
まあこういう時ですから
資金は潤沢にあった方が
安心しますから申請に
飛びつきたくなるのも
山々なのでしょうでも
どうなのでしょうか?
そもそも赤字のところが
この機会に優遇でお金を
借りられるといって
借りてしまって
良いのかどうか?
勿論借りなければ破綻
みんなギリギリの所で今まで
商売をやっていた観です。
余裕を持っての所は
割合的にもわずかだった。
そう観ているとやはり
今後が心配になります。
今まで世の中が良かった
という幻想だったとも
言える状況が覆されて
しまうかもです。
そう考えると無駄遣いは
極力しないでいないとね。
ストレスや自粛の反動で
皆、結構、動きがちです
意識をしっかり持って
戒めていかなければ。

|

2020/05/08

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/08 6:59

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、106.28円。
LME銅、28ドル上げ。
後場、7ドル上げ。
銅在庫、-1,400トン。
NY銅、+3.30セント。
LME銅建値計算トン59.7万円。
LME後場銅建値計算59.8万円。
NY銅相場建値計算60.0万円。
昨日銅建値発表
59万円の据置スタート。
昨日の文面、私の勘違いで
1万円下げの59万円予想と
していました申し訳ありません。
5月上がって始まりという
期待が抜けていなかったので
今朝の為替は少し円安
銅相場後半上げ
銅在庫少なめ4ケタ減少。
足下銅建値計算値では
60万円計算に限りなく近く
この調子でなら週明けにも
1万円上げのタイミングを
期待しても良いのかも?
原油が続伸
経済活動の再開での期待
世界ではそんな感じに
なっていますが酷く
なっている地域もある。
国内も減少傾向のように
報じられるようになり
勿論再開の期限の7日
でしたから期待も大きく
また皆ストレスも溜まって
いたところでしたから。
レムデシビルを承認!
さあ今後の行方は?
原油が続伸
金は反発
米ダウ反発211ドル高。
家賃問題が固定費問題が
深刻に報じられるように。
そうなんですよこれ
一度滞ると返す負担が
増大してしまいます。
勿論借金だってそういう
性質がある訳なので
こう言うものは日々の稼ぎで
相殺しておかなければ
いけない範疇なのです。
でも想像すると今後の
財政負担や国債の借金
何処でどう帳尻を合わせて
いくのでしょうか?
1年後2年後のことを
考えると相当に深刻に
なってしまうのですが
そんな先のことは
考えても仕方ない事
なのでしょうかね?
自粛やストレスの反動も
心配でなりませんけれども。
いろいろな振れ幅が最近
極端に大きくなっていること
心配でなりませんけれども。

|

NY銅相場

20200508

銅相場上げ!

|

2020/05/07

銅建値トン59万円の据置スタート。

2020/05/07に改定
電気銅  590円 据置
月平均 590.0円
電気亜鉛  262円 +3
月平均 262.0円

Tatene2020507

 

|

銅建値据置スタート。

銅建値 590,000円(据え置き)
月内平均 590,000円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/07 7:00

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、106.06円。
LME銅、88ドル上げ。
後場、39ドル下げ。
銅在庫、-250トン。
NY銅、+1.15セント。
LME銅建値計算トン59.3万円。
LME後場銅建値計算58.9万円。
NY銅相場建値計算59.1万円。
為替はさらに円高106円間際
銅相場少し上げ
銅在庫3ケタ少なめ減少。
銅建値計算値は
銅相場は上がりましたが
為替の円高で相殺気味
1万円下げの59万円の
始まり予想です。
さあまずはGWは終わって
でも自粛要請は5月一杯
までと更に延長され
その後はまた諮問会議
ワクチンの朗報も入って
きていますけれども結局
大量供給は来年からか
生活様式の様変わりで
この変化に皆がついて
行けるのかどうか?
指標の発表は後々でも相当な
落ち込みが予想されます。
それりゃそうでしょう
潰れる所も多々出るでしょう。
踏ん張り所です。
原油反落
金は続落
米ダウ反落218ドル安。
さあ今日から通常通り
とは言えませんけれど
GWが明けて早朝の散歩時の
人の数も増えた印象でした。
GW期間中にどれだけ
プラス思考で考え行動
出来たかでしょうか?
無駄に時間を費や
してしまった人はたまた
有意義に時間を身のための
糧に出来た人その差は必ず
出てくると思います。
そうやって格差は普通に
平等に襲ってくるもの
何もアクションを
起こさなければ
変化は当然得ることは
出来ませんからね。
十分な仕込みあっての
おいしい料理は当然な
結果をもたらして
くれるものですから。

|

NY銅相場

20200507

銅相場上げ。

 

|

2020/05/06

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/06 7:15

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円高、106.55円。
LME銅、53ドル上げ。
後場、3ドル下げ。
銅在庫、-6,075トン。
NY銅、+1.70セント。
LME銅建値計算トン58.6万円。
LME後場銅建値計算58.6万円。
NY銅相場建値計算59.1万円。
為替は小動き円高
銅相場少し上げ
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値は微妙な所
為替が少しずつの
円高を加味すると
58万円なのかもと思いますが
相場が多少戻しているを
考慮するとなると
59万円なのかとも
まあまずは明日の銅建値の
発表を待つことに。
5月一杯まで自粛要請決まり
建設関係は一応明日から
再開をするのかどうか。
自動車は止まっているし
巷の商売も制限下で低調
お金のやりくりが顕著に
出始めてきています
キャシュレス化が仇に
やはりこう言う時は現金
日銭は現金で稼ぎ
手持ちも現金化
これだけでも少しは安心
を得られるものです。
しかし固定費の支払いは
待ったなしですから。
原油5日続伸
金3日ぶりに反落
米ダウ続伸133ドル上げ。
こういう巣ごもりが
好きな人たちには何ら
影響はないのでしょう
でも大半はそうではなし
今までの生活が一変
していますからね
自宅だけで過ごせる方法
一人でも時間を有効に
することが出来る人
こういう時に自分の能力を
更に引き上げることが
出来る人はやはりいます。
ある面でまた格差が
生まれるようにも思います。
生活様式を変えなければ
いけないような時に
それを逆手に取れるか
それに飲み込まれてしまうか
こういう変化もしばらくすると
顕著に現れてくるのでしょう!
学業においてはなおのこと!

|

NY銅相場

20200506

銅相場少し上げ。

 

|

2020/05/05

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/05 7:14

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円高、106.73円。
LME銅、3ドル下げ。
後場、29ドル上げ。
銅在庫、-50トン。
NY銅、+0.55セント。
LME銅建値計算トン58.1万円。
LME後場銅建値計算58.4万円。
NY銅相場建値計算58.8万円。
為替は小動き円高
銅相場も小動き
銅在庫2ケタ減少。
銅建値計算値は58万円
今朝の計算値では
2万円下げ余地です。
香港株反落!
休場明けで4.2%安!
米中関係緊迫化警戒!
この流れで
ロンドン株3日続落
ドイツ株3.6%安!
米では踏ん張った感じ
銅相場の動きも
途中まではグラフを見て
あ~、こりゃダメかあ!
っと思ったものした。
米中対立激化警戒感
まあ選挙がらみの
含みもあるのでしょうが
さあここはどうなりましょう
これだけWHOや中国の
情報公開関係による
世界への多大な痛手は
どうけじめをつけましょう。
国内も5月一杯自粛要請!
さあ2ヶ月分の金銭的な
痛手はどうなりましょう。
連休明けからそんな不満が
爆発しなければと心配です。
原油が続伸
金も続伸
米ダウ反発26ドル高。
まあこういう期間は
めったにないことです。
各々がこの時間の取り方を
使い方を、糧にするか?
無駄にするか?
が問われそうです。
自己責任でもあり
周りのフォローが
間違いなく必要でもあり
私なども映像ばかり見がちで
どういう訳かストレスが
たまりがちと気づく有様です。
これ多分受け身だけでの
対応ではやりくりは難しい
のだと思いあたります。
インプットだけでは
ストレスは溜まるばかり
アウトプットも兼ねない限り
正常ではいられないと
思われます。ある現象を
鑑みてもそれは明白。
人間そんなにみんな
強くはないのです。
言い聞かせ方を間違えると
大変なことにも発展する。
常にそういう事を考えて
自分をコントロール
していかなければ
いけないと思います。

|

NY銅相場

20200505

銅相場

終わってみれば

あまり変わらず。

 

 

|

2020/05/03

週間銅相場情報つぶやき

2020/05/03 17:52

今週もお疲れ様でした。
1週間を振り返ると
4月の銅建値確定は先週で
決まっていましたが
銅建値590円
月平均584.0円
計算値的には60万円にも
と言う時もありました
しかし為替は円高に動き
銅相場も最後に下げて
足下では現状の59万円。
国内はGW真っ盛り!
国内の相場関係はストップ
いつものことですが
海外はこの休み中でも
入ってきますから
まあ希望は丁度
切りの良い60万円で
5月始まりはなって
もらいたいものです
銅建値確定は7日から。
緊急事態自粛要請は
また一ヶ月くらい
延長となりそうです
ただ地域によっては
各々の裁量が任されそう。
相変わらず国内感染数は
3ケタの増加です
これでも医療崩壊の
水際で何とか踏ん張って
いる感じですが現場は
相当な危機感のようです。
もし医療崩壊して
しまったらとね。
最近の調査で
20~30%の人が既に
抗体を持っているとの
調査結果が出ています
集団感染という意味では
ここが100%になるのが
望ましいのでしょう。
勿論ワクチンが出来上がる
ことが何より一番ですが
それはまだまだ先で懸念は
ウィルスの変異による
第2波3波4波など。
毎回私もそう言っていますが
これは長期戦の構え
安易に人の流れの復活を
再開してしまうのは
どうかということです
ただでさえ既に医療現場は
大変な状況なのですから
次の波の襲来時には
耐えられないかもです。
私の悩みもウィルスに
かからないこととそして
仕事で日々の稼ぎが
得られるかどうかです。
蓄えだってこういう
状況なのですから
どれ位の我慢が必要かは
まだまだわかりませんから
日々稼ぎ出せることが重要!
まずはGW明けの銅相場
気になっている所です
まあ毎年そんな事を
言っていますかね。

|

週間銅相場情報

20200503

 

|

2020/05/02

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/02 6:59

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょい円高、106.93円。
LME銅、170ドル下落。
後場、23ドル上げ。
銅在庫、-2,225トン。
NY銅、-3.55セント。
LME銅建値計算トン58.5万円。
LME後場銅建値計算58.7万円。
NY銅相場建値計算59.0万円。
為替は円高106円台へ
銅相場大きく下げ!
銅在庫4ケタ少なめ減少。
銅建値計算値59万円
これなら5月は
銅建値据置スタート
改定発表は7日です。
原油が上がっているのに
今度は銅相場が下げでした。
此の間までは原油が
下げているのに銅相場上げ。
まあ今朝は米ダウも下げ
米中対立の再燃懸念でと。
また貿易関係まで言及と
まあ国と国とのガチンコ
つばぜり合いですから
今回はどちらも引けない
WHOでは米が先にお金を
出さないと仕掛けました
まあこれも根拠があって
こそなのでしょうが
あまりにも事態が大きく
なりすぎましたからもし
嘘を突き通すなら墓場まで
とするのでしょうね。
まあでもそろそろこういう事は
ほころびが出て国の中でも
何かしらの動きがあっても
おかしくはないのですけど
民主主義か共産主義か
まさかねこれを機会に
何かが起こるとは……
原油続伸
金は反発
米ダウ続落622ドル安。
さあ国内も本格的に
GWへと突入です!
やはり自粛要請は延期
5月一杯は確実でしょう。
まあ今のところの噂では
建設関係は7日以降から
さすがに動き出すのかと
車はどうでしょうか?
まあそれよりも深刻は
飲食関係、店舗関係でしょう
家賃がらみ雇用がらみ
これが長期となると
とんでもないことまで
発展しそうです。
今はまだGWと言う
オブラートに包まれて
いますから淡い感じが
していますけれども
直接的な現実を突き
つけられてしまうと
流石に相当に滅入って
しまうと思います。
皆さんのストレスももう
相当なものになっている
と思われますよね。
まあこれで怠け癖が
染みついてしまわない
ようにしなければと
思うばかりです私は
いつものようなGWの
過ごし方なるでしょう。

|

NY銅相場

20200502

銅相場下げ。

 

|

2020/05/01

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2020/05/01 7:08

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、107.16円。
LME銅、47ドル上げ。
後場、61ドル下げ。
銅在庫、-2,400トン。
NY銅、-2.05セント。
LME銅建値計算トン60.1万円。
LME後場銅建値計算59.4万円。
NY銅相場建値計算59.6万円。
為替は円安へ
銅相場後半下げ
銅在庫4ケタ少なめ減少。
銅建値の改定は連休明け
の7日だそうです。
そうなるとそれまでに
小動きのままで
あまり変化せずに
行ってくれるのか?
今朝は為替が円安へ動き
銅相場が少し下げても
為替の円安で帳消し感
今のままなら銅建値は
1万円上げての60万円で
5月始まり出来るかと。
でもまだまだわかりません
何が起きるかもわかりません。
今朝の米ダウは下げています
米景気悪化指数懸念でと。
そう実際問題の数値は
間違いなく相当に悪い事が
発表され続けるでしょう
それも未だかつてない数値
それを突きつけられて
相場関係はどう動くのか?
先々の未来は好転の予想
それはこれだけ下がれば
反転も大きなものになる
かもしれませんが下げが
大きすぎるのもやはり問題
バブル崩壊時から復活まで
どれ位時間がかかったか?
第2波第3波が襲ってきて
尚且つ負債の穴埋めとなると
それが終わってからの発展
並大抵ではないように
思いますけれども。
原油続伸
金は続落
米ダウ反落288ドル安
米景気悪化懸念でと
これは全くの事実ですから
これは捨て置けない事
無かったことには出来ない。
金融や株や仮想通貨や不動産
が踊ったための尻拭い的な
今はそういう事では全く
無いですから誰も疑問に
思いはしていないの
かもしれませんが
余裕がなく切羽詰まって
いても今やらなければと
いう勢いでやっていますが
後で尻拭いは必ず訪れる
と思っています間違いなく!
その時に愕然としないよう
今から心の準備はして
おかなければいけないと
思っています。

|

NY銅相場

20200501

銅相場下げ。

 

|

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »