« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場情報 »

2019/10/12

今朝の銅相場情報つぶやき

今朝の銅相場情報つぶやき

2019/10/12 6:55

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、108.31円。
LME銅、64ドル上げ。
後場、1ドル上げ。
銅在庫、-3,275トン。
NY銅、+1.35セント。
LME銅建値計算トン66.5万円。
LME後場銅建値計算66.6万円。
NY銅相場建値計算66.6万円。
為替も更に円安108円台へ
銅相場も上がっています
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値では更に
トン1万円上げ余地。
為替の円安と銅相場上げの
相乗効果の賜です
三連休明けにも銅建値
改定になるかも。
まあ国内は月曜日お休み
ですから火曜の朝の
外電にもよりますけれど
週明けの火曜日では
緊急改定気味ですけれども。
一気に米中協議に進展が
現れてきたようです。
米ダウは先行で3日続伸。
原油は更にイランの
タンカー爆発報道
銅相場もなんやかんやで
つられて上がってくるのかも。
米中協議進展まことのことなら
伸銅品の注文にも朗報か?
しかし市中は閑散状態継続中。
原油続伸
金は続落
米ダウ3日続伸319ドル高。
電子部品関係も何やら
ファストファッション化の
傾向のようですね。
市場を独占するといっても
ニッチ市場の独占なのか
世界市場中での独占なのか
これによって儲けの規模は
相当に違って来ます。
世界最高水準技術が必要か
そこそこのスペックで良いのか
それによって売り上げ規模
相当に変わってきます。
最近の私のPCなどは
もう最高水準レベルを
求めてはおりません。
もう今の技術なら
そこそこの安価で
十分に使えてしまいます。
日本は相変わらず
最高水準を求めています
片やアジア圏は
そこそこのスペックで
大量に世界を圧巻席巻
押さえているようです。
どうしても得る金額レベルも
桁が違ってきてしまいます。
そういう意味で国内は
今後方向転換をするのかどうか
問われているように思います。

|

« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場情報 »