« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/29

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/29 11:56

おはようございます。
一週間を振り返ると
25日銅建値トン1万円下げの
66万円に改定されました。
これで今月の月平均確定
銅建値月平均658.4円。
月平均は足下より少し
下がってしまいました。
9/2 640円
9/5 650円
9/10 660円
9/13 670円
9/25 660円
9月平均 658.4
結構コロコロ変わりました。
まあ67万円の期間が
長かった事は幸いですが
しかし問屋筋の仕切り値は
67万円の1万円上げ時では
スライドしませんでした。
小幅だったのです。
まあ月平均からしても
仕方ない状況でした。
それに海外では
いろいろと情勢が
揺れ動いた月でも
ありましたからね。
米中貿易問題好転の
兆しがあったりまた
一転期待がそがれたり
米利下げがあったり
為替が円高に振れたり
また円安に動いたり
国内では台風被害
ニュースには事
欠かなかった
月ではありました。
また3連休が2週続けて
あったものですから
品物の出が極端に
細ってしまった面もあって
結構苦しい経営を
強いられた感じとも。
相変わらずの人手不足
そのための賃金上昇と
問題を抱えるように
なってきています。
ビットコインも
100万円を切って
一気に80万円台へ突入。
長期金利も一時は
ー0.160%まで上がり
ましたがそしてまた
-0.260%へとさがって
足下は-0.240%ととね。
何か不安要素がありありで
心配している所です。
米中貿易問題も根が深そう
トランプさんの弾劾問題
さあどうなりましょう
そしてついに週明けの
10月1日からは消費増税
消費税10%となります。
さあこれで一気に景気
冷え込みへと突入なのか?
年内は何とかやり過ごせる
けれどもその後はわからない
的な様相のようにも
オリンピックまでは
なんとか景気を維持?
引っ張ってくれるのか?
いつ何時何かが起きても
おかしくは無い状況
そんな感じで私は
身構えておりますけれど。

|

週間銅相場情報

20190929

 

|

2019/09/28

今朝の銅相場情報つぶやき

今朝の銅相場情報つぶやき

2019/09/28 7:07

おはようございます。
外国為替NY(今)
あまり変わらず、107.92円。
LME銅、43ドル下げ。
後場、24ドル上げ。
銅在庫、-5,650トン。
NY銅、+2.30セント。
LME銅建値計算トン65.8万円。
LME後場銅建値計算66.1万円。
NY銅相場建値計算65.6万円。
為替は余り変わらず
銅相場小動き
銅在庫4ケタ減少
ここへ来ての銅在庫の
減少傾向が気になります。
さあとうとう週明けの
火曜日から消費税10%です。
来週はどうなりましょう?
何か淡々と日にちが
過ぎていっている感じ
準備でバタバタとか
ワサワサとか
ザワザワとかは感じず
出たところ勝負
だったりして。
銅相場的には
嵐の前の静けさ的な
そんな感じも受けます。
米中貿易摩擦根幹問題も
そうなのですが今度は
対中証券投資制限検討と
実に根が深い今後更に
どうなっていくのか?
10月に入ってからも
心配は尽きないのかも。
原油4日続落
金は反落
米ダウ続落70ドル安
対中投資制限検討。
今度は世界の金融市場に
影響を与えそうな懸念と。
まあ日本だって
身内の事のようですが
長年の癒着表面化と。
世の中の仕組み慣行などは
こんなものなのでは
ないのでしょうかね。
まあこれも無くては
今のような急速な
地方の発展なども
無かったのかも。
今のネットなどの
情報発信時代
誰もがコメンテーター
誰もが動画投稿
誰もが戦々恐々
さあどうなって
いくのでしょう?
正しい事だとか
正義だとか
がんじがらめを盾に
してしまっていっそう
歪んでいかなければ
良いのですけれども。

|

NY銅相場

20190928

 

銅相場

終わってみれば

少し上げ。

 

|

2019/09/27

今朝の銅相場情報つぶやき

今朝の銅相場情報つぶやき

2019/09/26 6:52

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょっと円安、107.81円。
LME銅、38ドル上げ。
後場、29ドル下げ。
銅在庫、-4,950トン。
NY銅、-3.50セント。
LME銅建値計算トン66.2万円。
LME後場銅建値計算65.9万円。
NY銅相場建値計算65.0万円。
銅相場前半上げるも
後半に下げNY銅も下げ
銅在庫4ケタ減少。
為替が円安気味なので
多少の銅相場の下げも
相殺されている感じ
現状の銅建値足下変わらず。
今度はトランプ氏の弾劾問題
米長期金利低下逆イールド
ビットコイン足下86万円に!
9月はこのままの状態の
低調で終わりそうです。
10月から期待したい所ですが
JDI再建案白紙ニュース
全てを物語っていたりして
スマホでさえ勢いを
なくしてきている現状
そしてネット上での覇権争い
実店舗からの撤退退場加速
急速に変化しています
生活の困窮もじわりじわりと
大丈夫かこれから?
原油小幅続落
金は小反発
米ダウ反落79ドル安
相変わらずトランプさん
お騒がせのご提供です。
夢中になれる事が
あるかないかで状況は
ガラッと変わってきます。
日々つつがなくも
この歳になれば
別に普通な事ですし
何ら引け目を感じる
事はないのですが
やはりいくつになっても
夢中になれる事
興味を持てる事
結果を出せる事
はあった方が好ましいのです。
そう考えて今の歳では
結構辛い事なのですが
またチャレンジしてみよう
かと思っている所です。
動きが悪くなった頭を
無理矢理強引に動かそうと
いうのですから反動も
大いにあるとは思いますが
イメージ通りになった
暁には半端ない喜びも
また味わえるのではと
期待しているのです。
まあ切羽詰まっても
いるのですけれども。
タハ!

|

NY銅相場

20190927

銅相場少し下げ。

 

|

2019/09/26

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/26 6:52

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、107.73円。
LME銅、42ドル下げ。
後場、7ドル上げ。
銅在庫、-3,325トン。
NY銅、+0.55セント。
LME銅建値計算トン65.5万円。
LME後場銅建値計算65.5万円。
NY銅相場建値計算65.5万円。
昨日銅建値トン1万円下げの
66万円に改定されました。
今朝は為替が円安
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
これで銅建値も確定
月平均が66万円を
割ってしまった。
9月は三連休が2度
もうこれでは必然的に
商売の方は上がったり
10月から仕切り直しか。
年内伸銅品の需要振るわず
建築関係ひっちゃかめっちゃか
人手不足、賃金上昇
余っている人手は能力不足
歪みを感じて仕方ありません。
年内はこのままで行きそう
その後の一気の冷え込みを
懸念する声が多数派へと。
ちなみに昨日ビットコイン
一気に100万円を割り込み
大暴落となっています。
原油続落
金は反落
米ダウ反発162ドル高
米中摩擦激化懸念後退と。
日米の車の「追加関税回避」
確認で貿易協定も締結へ。
またまた長期金利-0.260%
さあ消費増税まで一週間を
切っています。
落ち着いているのやら
そわそわしているのやら
余り実感が湧いてきません
何の対処も準備も
講じていません。
2%分の増税は粛々と
受け止めなくてはいけない
あっ、そうだ届いてる
新しい会計ソフトを入れて
おかないといけませんね。
まあ私としてはこんな所か。

|

NY銅相場

20190926

銅相場

終わってみれば

あまり変わらず。

 

|

2019/09/25

銅建値トン1万円下げの66万円に改定

2019/09/25に改定
電気銅  660円 -10
月平均 658.4円
電気亜鉛  298円 -9
月平均 299.4円

Tatene20190925

|

銅建値トン1万円下げ


銅建値 660,000円(1万円下げ)
月内平均 658,400円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/25 6:46

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、107.08円。
LME銅、66ドル上げ。
後場、7ドル下げ。
銅在庫、-3,400トン。
NY銅、-0.50セント。
LME銅建値計算トン66.3万円。
LME後場銅建値計算66.2万円。
NY銅相場建値計算65.7万円。
今朝の為替は円高
107円間際です
銅相場前半上げるも
後半多少下げ気味
銅在庫4ケタ減少
28万トン間際まで
減ってきました。
為替が円高に動いた原因
米個人消費減速懸念と。
為替を加味しての
銅建値は1万円下げ余地
昨日改定はされませんでしたが
今日25日にも改定なのでは?
それで月平均と変わらなくして
今月は確定という事で。
まだまた円高へと
動く事になるのか?
米中貿易協議進展期待
こちらもまた後退しそう。
問屋筋の仕切り値これで
高値は無くなりそうです。
今月は3連休2度ありましたし
品物の出も相変わらず閑散
厳しい月となりました。
原油反落
金3日続伸
米ダウ反落142ドル安
9月米消費者信頼感指数
市場予想を下回ったと
米個人消費減速懸念と
また米中摩擦懸念再燃と。
なかなか良い方向へと
舵が切れないでいます。
ECサイトで更なる再編
ファッション強化で
三つ巴の様相となりそう。
ヤフーのZOZO買収
各社の数値も載りましたが
結局今後はパイの取り合いに
なってしまうのではないかと
品物によって3社のいずれかを
選ぶというようになるのか?
私などは面倒なので1社ですが
若者は賢いですから手間暇
煩わしさは何のそのでしょう。
世の中の移り変わりは
実に速いし激しい!
ついて行けない
脱落してしまう
当然の成り行きでしょう
提供する側も消費する側も
そこまでしないと
いけませんかねえ?

|

NY銅相場

20190925

銅相場少し下げ。

 

|

2019/09/24

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/24 6:52

おはようございます。
外国為替NY(今)
余り変わらず、107.54円。
LME銅、82ドル下げ。
後場、39ドル上げ。
銅在庫、-3,600トン。
NY銅、+0.45セント。
LME銅建値計算トン65.5万円。
LME後場銅建値計算65.9万円。
NY銅相場建値計算65.7万円。
今朝の為替は変わらず
銅相場前半が下げ
後半半分戻し
NY銅では先週と
余り変わらず
銅建値計算値1万円下げ余地
今日にも改定されるかも。
此の間の銅建値67万円時には
仕切り値の上げ幅はわずか
今日、下がれば月平均と
同じ感じとなるので
これの方が仕切りやすいか。
米製造業の景況改善は好感
しかし米中貿易摩擦や
世界景気減速への
警戒感は解けていないとね。
国内ではしきりに人手不足
それによる賃金上昇
オリンピック前の限定?
なにやら歪みの増大が
露わになってきだしてます。
来週から消費増税も
始まります。
台風での災害続きで
電線需要も起こっているか
お金がかかる事ばかり
お金が出ていく事ばかり。
原油上昇
金は続伸
米ダウ反発14ドル高
9月米製造業PMI速報値51.0。
ユーロ圏9月PMIは落ち込んだと
しきりに新規のiPhoneや
スマホのコマーシャルが
そこかしこで流れています。
私もそろそろガラケーから
スマホへの切り替えが
必要なのかもしれません。
パソコンがWin10に
切り替わったように
今の使用にあった感じに
自分もしていかないと
乗り遅れてしまいます。
まあでも使っている事
やっている事はそんなに
たいして変わらない
とは思いますけれども
償却期間耐用年数期間
とっくに過ぎていれば
そうとも言っていられません。
私でも買い替え需要に
いくばくでも貢献しなければ
世の中の景気は良くは
なっていきませんよね。
無駄とは言いませんが
消費の喚起はそれ相応に
必要な事かもしれません。
ただ全ては淘汰に
向かっている感じは
否めませんけれども。

|

NY銅相場

20190924

銅相場

終わってみれば

あまり変わらず。

 

|

2019/09/22

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/22 10:48

おはようございます。
一週間を振り返ると
この一週間は銅建値
変化改定はありません。
ホッとしています。
無人機のサウジ攻撃には
ハッとさせられたものです。
日本も備蓄の説明
為替も大きな変化無く
米も感情的な動きにはならず。
株価の変化もあまりなく
銅相場の変化も小動き。
FRBも0.25%の利下げへ
一時長期金利も-0.160%
まで改善しましたけれど
今は長期金利-0.220%。
ビットコインの動きも
狭いレンジ小動きのまま。
日本国内では千葉での
台風被害が相変わらず
復旧が遅れています。
また今回も大型の台風が
この連休中にも襲うと
千葉では戦々恐々で相当に
参っている事でしょう。
インフラ整備、法整備
早急な課題も浮き彫り。
そう考えるとオリンピック
とばかりに浮かれては
いられない訳なのです。
そこかしこに落とし穴が
いっぱい実は潜んでいるようで
何かのきっかけで
それが大きく露呈をする。
とても危うい事です。
相場にしてもそうです
変に小動きで終始していると
今後何かが起こるのでは?
と身構えがちになります。
十分な準備と言われても
困ってしまうのですが
精神的な心構えだけでも
常にシミュレーションを
していなければと思います
いつ何時でもと常にね。

|

週間銅相場情報

20190922

 

|

2019/09/21

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/21 6:50

おはようございます。
外国為替NY(今)
円高、107.55円。
LME銅、19ドル上げ。
後場、6ドル上げ。
銅在庫、-3,650トン。
NY銅、-0.10セント。
LME銅建値計算トン66.7万円。
LME後場銅建値計算66.7万円。
NY銅相場建値計算65.9万円。
今朝は為替円高
107円台半ばへ
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
もう少し円高になれば
銅相場このままでも
銅建値1万円下げ余地。
米ダウ続落です
米中貿易協議進展期待後退と
銅相場軟調も流れ的には
下降傾向気味なのか。
スマホの新製品が続々と
発表されていますが
これだけでは伸銅品の伸び
は期待出来ない感じ
本来の銅需要はもっと大きな
パイを求めている感じ。
やはり米中貿易摩擦解消
がなされなければダメかも
ではそもそも必要とされる
需要はどうなのか?
世界的に景気後退期に
入っているとしたら
そこの改善は難しいか?
世界景気「悪化」41%
12年以降最多とのアンケート
今朝の日経の一面です。
伸銅品の注文を観ても
もうすでにその動きは
起きてしまっている
さあいよいよなのか?
原油小反落
金は反発
米ダウ続落159ドル安
米中貿易協議進展後退。
もう毎度の事のように
なった感があります。
どうせ先送り
どうせうまくはいかない
どうせどっちもどっち
どうせ覇権争い
どうせ景気後退の隠れ蓑。
政治ってそういうことなのか?
そもそも金融の歪みを
政治や景気の流れで
何とかしようとしても
無駄なあがきなのかも。
金融は何かの爆発的な
イノベーションで無ければ
発展を遂げる事は出来ない
今現在でのイノベーションは
ネットがらみスマホがらみ
車でも都市の発展でも
無いのかもしれません
最低線のインフラだけは
必要なのかもしれないが。

|

NY銅相場

20190921

銅相場

少し下げ。

 

|

2019/09/20

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/20 6:55

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円高、108.02円。
LME銅、13ドル上げ。
後場、7ドル上げ。
銅在庫、-5,000トン。
NY銅、-0.45セント。
LME銅建値計算トン66.7万円。
LME後場銅建値計算66.7万円。
NY銅相場建値計算66.1万円。
今朝は為替が少し円高
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
何か嵐の前の静けさ
昨日のトランプさん発言
48時間以内に…の件
こりゃー何か大変な事に
って思ったものでした。
日本は明日から連休入り
天候もよくなさそう
台風も近づいている
あまりにも相場が小動き
長期金利-0.225%またまた
低くなってきました。
最近、連休などがあると
身構えがちになります。
相場関係でもそうですが
他の事でも休み中に
何かが起こるのでは何って
考えがちになっています。
何も無ければ良いんですが。
ちなみに銅建値は据え置き
状態は変わらずです。
原油小反発
金4日ぶり反落
米ダウ反落52ドル安。
アジア株は続落気味
ファーウェイの新型
グーグルアプリ搭載できず
水面下で根が深い感じ
日銀、緩和カード温存
円高リスクふまえてと
これも何やら不気味なのです
今は妙に為替の動きが
小さくなっています
銅相場に関しても
今のところは銅相場自体の
動きのみでの銅建値
為替の影響は外して
良い状態なのです。
逆に考えれば為替が
動き始めれば銅建値にも
影響が大きくなる
円安なら良いですが
円高となるとやはりね。
米金利も下げましたが
今の状態はやっぱり
不気味なように感じます。

|

NY銅相場

20190920

銅相場少し下げ。

 

|

2019/09/19

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/19 6:54

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、108.42円。
LME銅、17ドル下げ。
後場、24ドル上げ。
銅在庫、-3,525トン。
NY銅、-1.40セント。
LME銅建値計算トン66.4万円。
LME後場銅建値計算66.7万円。
NY銅相場建値計算66.1万円。
今朝は為替が少し円安へ
銅相場は小動き
銅在庫4ケタ減少。
NY銅グラフを見ていたら
途中ではこれはヤバイって
思ったものでしたが
後半一気に戻って
終わってみれば結果小動き
銅建値微妙に据置か?!
まあこのままの維持
であればホッとなのです。
NY銅のグラフを見ても
銅相場の回復時間帯は
FRBの0.25%追加利下げ
多分そのタイミング
だったのでしょう。
サウジの懸念もやり過ごし
米利下げも行われ
後は米中貿易問題の解消?
巷は年度末に向けて
舵を切った感じです。
忙しそうの声がね。
原油続落
金は3日続伸
米ダウ続伸36ドル高
一応これで打ち止めか?
ここでなんとか出来ない
ようではやはりどこかで
歪みの解消はなされる
事なのでしょう。
まあ今までそうやって
バランスを取ってきた
ように思います。
うまくいきっぱなしは
今までも決して無かった。
飴と鞭が必ず交互に
やって来たものなのですから。
今までどんなシステムが
生まれてきようが結局は
誰かから何かからの
搾取で歪みは生まれて
しまうものなのです。
満遍なく平等にとは
決して行かなかったのです。
まあ裏返せばいつの時でも
よい思いは誰かが出来て
いるという事ですけれども。

|

NY銅相場

20190919

銅相場

終わってみれば

あまり変わらず。

 

|

2019/09/18

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/18 6:56

おはようございます。
外国為替NY(今)
余り変わらず、108.13円。
LME銅、115ドル下げ。
後場、35ドル上げ。
銅在庫、-2,600トン。
NY銅、-1.15セント。
LME銅建値計算トン66.6万円。
LME後場銅建値計算67.0万円。
NY銅相場建値計算66.5万円。
昨日の市場が開くまでは
心配で心配でもう
居ても立ってもいられない
そんな感じでしたが何とか
為替も落ち着いていて
株式市場も暴落にはならず
今朝の為替も余り変わらず
さすがに銅相場の値は
3ケタの下げでしたが
NY銅では多少の落ち着きも
出てきたようにも。
先週では銅建値1万円
上げ余地期待でしたが
昨日の段階ではどれ位
下がるかの不安がありました。
今朝の銅建値計算値では
何とか据置のポジション
まあ今のところはとね。
サウジも原油供給
月内に攻撃前水準へと
FRB利下げの予定もあり
NY原油6%安の59ドル
相場関係には落ち着きが
戻った感じです。
しかしいつ何時何が
起こるかわかりません
もしかすると今回そんな
予行練習だったようにも
と感じてしまいました。
原油反落
金は続伸
米ダウ反発33ドル高
FOMC控え様子見と。
巷では建築電気設備
人手不足のようです
それも相当な感じで
そして耳にするのは
余っている人は使えない
そういうレベルなのだと
雇っても来てもらっても
腕が悪い働きが悪い
結局ここへ来て何故
余っていたのかという事。
以前のバブルの時の
手抜き工事と同じような
様相になっています。
これは後に問題に
なることになるのでは?
今はオリンピック景気で
期限が設定されています
そこに間に合われるために
猫も杓子も詰め込み作業
発注を出す方もですが
請け負う方だって安易
実際の現場はここへ来て
もうしっちゃかめっちゃか。
今期みんな安全に滞りなく
終わる事が出来るのかどうか?
歪みは出てこないのか?
歪みは残らないのか?
さあどうなりましょう。

|

NY銅相場

20190918

銅相場大きく下げ!

 

|

2019/09/17

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/17 6:49

おはようございます。
外国為替NY(今)
余り変わらず、108.11円。
LME銅、7ドル上げ。
後場、31ドル下げ。
銅在庫、+5,100トン。
NY銅、-6.00セント。
LME銅建値計算トン67.8万円。
LME後場銅建値計算67.4万円。
NY銅相場建値計算66.7万円。
先週までは銅建値
1万円上げ余地でしたが
今朝の計算値では
それが消えています。
でも私的にはよくぞ
その位で止まってくれたと
今朝はやはり無意識に
心配していたのか
2時半に目が覚めてしまった。
週末、サウジアラビアの
石油施設が無人機で
攻撃されたとの報道
原油需給綱渡り 
NY原油15%高と
それによる景気後退懸念
またそれの波及で
銅相場にも悪影響予想
なんか此の間までは
銅相場更に上を目指す
銅建値も70万円台回復
なんて期待も描いたようにも。
これで萎んでしまうのか?
はたまた今度は下降へと
一気に転じてしまうのか
米とイランの緊張激化?
せっかく長期金利も
上がってきて逆イールドも
解消された感もあったのに
さあどうなりましょう?
原油急反発14.7%高!
金も反発
米ダウ反落142ドル安
中東情勢受けた原油高
中国の景気減速懸念
広がるコスト増懸念
個人消費に悪影響
財布のひもを締める
物価高は待ったなしか
さあ悪い方への連鎖が
またまた始まってしまうか?
昨日は久々に街へ出て
ある意味、消費がさすがに
上向いているような実感を
得たような錯覚をしたりして
でもよくよく見回してみると
日本人で無い外国人だったり
お金もってそうな年配だったり
百貨店の努力の賜だったり
連休だったりと
プラスに働いた感じも。
でも海外では無人機攻撃
なのですよプラント破壊
なのですよ産油量の約半分
世界の石油供給量の5%停止
なのですよ!
対岸の火事では無く身構え
自衛の準備なのですよ!

|

NY銅相場

20190917

銅相場下げ!

 

|

2019/09/15

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/15 11:36

おはようございます。
一週間を振り返ると
10日に銅建値トン
1万円上げの66万円に改定。
更に13日に1万円上げの
67万円に改定されました。
円安と銅相場の上げで
為替は108円台突入
銅相場は5,900ドル半ばへ。
銅相場6,000ドルも視野に
足下では銅建値更に
1万円上げ余地発生
このままなら週明け早々
にも1万円上げ改定か。
背景には米中協議進展期待
急速に改善している感じに
とらえられたのでしょうか
まあもっとも銅相場にしても
あや戻し的な所もありそう。
また世界的な金融緩和の動き
ECBも利下げに踏み切り
近々FRBも利下げされる見通し
こうなってくるとまた
各相場関係も吹き上がる
可能性も出てくるかどうか。
しかし伸銅品関係の注文は
ここへ来て相当に減っています。
品物が売れない
商品が売れない
注文が増えない。
長期金利は-0.160%
だいぶ改善されました。
さあこのまますんなりと
行くのでしょうか?
まだまだ予断は許さない
と思いますけれども。

|

週間銅相場情報

20190915

 

|

2019/09/14

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/14 6:58

おはようございます。
外国為替NY(今)
変わらず、108.07円。
LME銅、27ドル上げ。
後場、81ドル上げ。
銅在庫、-3,125トン。
NY銅、+5.75セント。
LME銅建値計算トン67.8万円。
LME後場銅建値計算68.7万円。
NY銅相場建値計算68.2万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
67万円に改定されました。
今朝の為替は変わらず
銅相場上がっています
銅在庫4ケタ減少。
銅建値計算値足下では
更に1~2万円上げ余地。
銅相場がトントントンと
上げってきました!
米中協議進展期待か?
それともあや戻し
下がったものは
また買い戻される的な
これなのか?
それともファンド筋の
仕込み資金の流入か?
また一斉に世界的な
金融緩和の流れに
乗った形なのか?
とにかく相場は息を
吹き返してきている
感じなのですが
銅の流通となると
期待外れ思惑外れ
材料の動きが未来の
様子を予言している
ように見受けられて
仕方が無いのですが。
原油4日続落
金3日ぶり反落
米ダウ8日続伸37ドル高
米中協議進展期待
しかし上値は重くと。
長期金利-0.160%
あれよあれよという間に
上がってきましたね!
今朝の日経朝刊では
住宅ローン「0%」時代到来
という見出しが躍っています。
なにやら住宅バブル到来?!
前のバブルと違うのは
金利の数値だけですが
結局は借金とは
お金を一時大きく借りて
長期で返していくこと。
今までは何とか未来に
向かっては不安はありましたが
何とか完済できました
でもこれからはどうでしょう?
持つ者が勝ちか?
持たない者が勝ちか?
さあどうなのでしょうねえ?
皆が忘れがちなことは
固定資産税はかかる
維持経費がかかる
修繕費は後々かかる
上物の資産は目減りする
という事です
それは借金した後からです。
お金は決して生まない自宅
さあどちらがお得か?

|

NY銅相場

20190914

銅相場上げ。

 

|

2019/09/13

銅建値トン1万円上げの67万円に改定

2019/09/13に改定
電気銅  670円 +10
月平均 660.5円

Tatene20190913

 

 

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/13 6:52

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、108.07円。
LME銅、77ドル上げ。
後場、83ドル下げ。
銅在庫、-5,475トン。
NY銅、+2.60セント。
LME銅建値計算トン67.4万円。
LME後場銅建値計算66.5万円。
NY銅相場建値計算66.7万円。
今朝も円安の流れ
LME銅では行って来い
でしたがNY銅では
上がっています。
銅在庫は4ケタ減少。
銅建値計算値では
トン1万円上げ余地
今日にも改定か?!
ここの所トントントン
と上がって見せて
ドンっと3万円でも
下げられた日には
たまったものでは
ないのですけれどもね。
指標がよいのでしょうか
ただただ米中貿易摩擦に
楽観論が台頭している
それだけなのでしょうか
ECBが12日に小幅な利下げと
量的緩和の再開を決めたと
金融緩和による期待
からなのかもしれません。
しかしどこもかしこも
金融緩和に助けを
求めた格好で良いのかどうか。
そもそも論を反故にしても
まずは足下を救わなければ
的な発想なのでしょう。
さあ益々の歪みの増大に
つながらなければ
良いのですが。
原油3日続落
金は続伸
米ダウ7日続伸45ドル高
何か消費を促すための
方法論でのバトルなのか
覇権争いのバトルなのか
巨人が動き出しましたね!
Visaタッチだそうです
方法論的にはタッチ決済
が究極のソリューション
なのだと結論づけてます
まあ私などはSuicaじゃんと
連想してしまいますが
Payシステムはスマホが
キーなのです常に
持ち歩いている
という便利さが売り
その点カードは別物
勿論、Suicaもこの類い。
まあそもそもお金を
簡単に使わせるシステム
これによる消費の喚起
でもこれもそれもですが
お金が無ければ
お金を使う事も
買って消費する事も
出来ないのですけれども
今は景気というのが一番
大切なのではないかと
天邪鬼な私の考え方です。

|

NY銅相場

20190913

銅相場

終わってみれば

少し上げ。

 

|

2019/09/12

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/12 6:54

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.81円。
LME銅、27ドル上げ。
後場、10ドル下げ。
銅在庫、-5,225トン。
NY銅、-1.30セント。
LME銅建値計算トン66.3万円。
LME後場銅建値計算66.2万円。
NY銅相場建値計算65.9万円。
銅相場後半下げ
まあ狭いレンジですけれども
銅在庫4ケタ減少。
銅建値は計算値と丁度。
何か指標は良くなってきて
心配していた感じが
後退している雰囲気とか
長期金利-0.205%と
いつの間にかだいぶ改善
株価も世界的に回復基調
原油が今朝大きく下げですが
まだ55ドル台後半ですから
日本にしても内閣改造が
株価にも大きく貢献!
このままリスク無く
すんなり更に底堅く
また上へと行くのか?
本業の方は相変わらず
品物売れない入らない
活気を感じられない
って所ですかね。
原油大幅続落
金5日ぶり反発
米ダウ6日続伸227ドル高
アップル上昇
新製品発表でしたから
私の興味はパソコンの
方でなのでそれほどでは
でも性能競争と言ったら
写真だとか動画だとか
後はアピールするものは
何も感じられません
スピードなどはそもそも
今ではもうネットの
インフラ環境ですから
処理能力スピードは
もう十分に良い所へ
来ているように思います。
売れる売れないも
これからはますます
厳しくなってくるものと。
何たって足下の伸銅関係
大幅な受注減ですから
こういう時の業界情報が
一番の先行情報です。

|

NY銅相場

20190912

銅相場

狭いレンジでの

下げ。

 

|

2019/09/11

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/11 6:56

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.52円。
LME銅、33ドル下げ。
後場、20ドル上げ。
銅在庫、+100トン。
NY銅、+0.00セント。
LME銅建値計算トン65.9万円。
LME後場銅建値計算66.1万円。
NY銅相場建値計算66.0万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
66万円に改定されました。
仕切り値も若干上げ。
今朝の為替は少し円安
銅相場は前半下げ
後半は戻し
銅在庫3ケタ増加。
メーカーの買い気が
非常に鈍いと
問屋筋開店休業状態と
また荷動き停滞続くと。
今回の台風相当な傷跡を
残してさりましたが
今なを大変な被害が
やはり自然には勝てない
という事でしょう
全て人がコントロール
出来るとおごっては
決してなりません。
さあ今日にも内閣改造
なのですが代わり映えは
しないような感じにも。
ここで皆の目を引きつける
的な発想は相変わらずで
さてこれで乗り切って
いけるのでしょうか?
今週末から連休が
2週間続きます
何か起きなければ
良いのですけれども。
原油5日ぶり反落
金は4日続落
米ダウ5日続伸73ドル高
中国8月のPPIが3年ぶり低水準
景気減速懸念金融や消費にと。
まあこれが米中貿易摩擦だけの
問題だけならばここが
改善されれば一気にまた
相場関係は持ち直すのでしょう
がそうで無かったら?
どうなっていきましょう?
私の周りで耳にする事
固定資産税ってこんなに
高いんだあ!って叫び
えっ、今まで払って
いなかったの?ってね。
高いに決まっているじゃ
無いですかそういう土地に
住んでいるんだから
だからその土地が
稼いでくれなければ
住んでいるだけでは
払いきれるわけが無い。
家や土地を手放すなんて
いろいろな動きが
ここへ来て出てきて
いるようですよ。

|

NY銅相場

20190911

銅相場

終わってみれば

少し下げ。

 

|

2019/09/10

銅建値トン1万円上げの66万円に改定

2019/09/10に改定
電気銅  660円 +10
月平均 655.2円

Tatene20190910

 

|

銅建値トン1万円上げ。

銅建値トン1万円上げの
66万円に改定。

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/10 6:53

おはようございます。
外国為替NY(今)
少し円安、107.22円。
LME銅、16ドル下げ。
後場、19ドル上げ。
銅在庫、-2,925トン。
NY銅、-0.50セント。
LME銅建値計算トン65.9万円。
LME後場銅建値計算66.2万円。
NY銅相場建値計算65.8万円。
今朝の為替は少し円安
銅相場行って来いの小動き
銅在庫4ケタ減少。
銅建値1万円上げ余地
今日にも改定されるかも。
昨日の台風15号多大な
被害をもたらしての通過
夜中通過で朝には
東京では曇りから晴れへ
電車は止まっていて
交通渋滞は大変でした。
昨日はとんでもない
暑さになりました
作業場では36度にも
さすがにこれはヤバイ
と思ったほどでした。
さあこれで秋も近づく
のではないでしょうか。
品物の出はどうなりますか?
メーカーの買い気配は?
何やら当分回復しそうも
無いようですけれども。
原油4日続伸
金は3日続落
米ダウ4日続伸38ドル高
米中貿易協議進展期待と。
長期金利-0.255%
幾分改善はされています。
ビットコイン110万円台
8月の街角景気製造業
冷え込んでいると
その上で10月の消費増税
会計ソフトも新しいのが
届きました皆さん
準備が進んでいる様子。
駆け込み需要はどうか?
8%から10%へのシフト
差は2%なのですけれども
大枚に対しては厳しいか
まあ何やら値上げも
ちょこちょこされて
いるようですし家計には
じわりじわりと影響が
出てきている現状です。
消耗品では仕方なし
でも他のモノには今後の
影響は必至でしょう!
消費者に賢さが出れば出るほど
企業は疲弊させられたりして
オリンピック前には
どうなっている事でしょう?

|

NY銅相場

20190910

銅相場

終わってみれば

あまり変わらず。

 

|

2019/09/08

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/08 9:58

おはようございます。
一週間を振り返ると
週明けの9月始まり
銅建値1万円上げ始まり
と期待はあったのですが
為替が円高とあって結局
据置スタートとなりました。
その後は銅相場が下がって
1万円下げてしまうのでは?
という状況にもなりましたが
緊急改定には至らず
逆に5日には銅建値
1万円上げとなりました。
為替の円安に銅相場の上げ
足下では更に1万円上げ余地
タイミング的には
火曜日の外電を待ってから
となりそうなので月曜日の
改定は期待薄だとは
思いますけれどもね。
地合は好転してきたのか?
これは迷う所ではあります
FRBも更なる利下げを実施
予定としているようですし
香港の問題やEU離脱問題
米中貿易摩擦問題と何やら
良さげになっている感じ
しかし日銀のアナウンスを
観ていてもどうなのかとも
思えてなりませんけれども。
また日本は確実に10月から
消費税率上げとなります
いろいろなタイミングが
重なる恐れもあります。
世の中を見回してみても
どうも活気は無いようにも
日本にいる外国人頼みの様相
日本人の底力では無い感じで
危うさを感じているのは
相も変わらずなのです。
各種の値上げもいつしか
気づかないように
行われている有様ですし
無駄だと思うような広告も
流さずにはいられない
状況なのかとも思えて
どうも良くないと思います。
建設設備投資ラッシュ
人手不足人件費増加ラッシュ
歪み増加に支えられている。
さあどこまで積み上がりますか?
俯瞰してみていないと
神経までやられてしまいそうで
いつでも逃げ出せる態勢
いつでも整理できている状態
キープしていなければと
思っていますがいかがか?

|

週間銅相場情報

20190908_20190908120201

 

 

 

|

2019/09/07

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/07 6:57

おはようございます。
外国為替NY(今)
あまり変わらず。、106.90円。
LME銅、10ドル上げ。
後場、30ドル上げ。
銅在庫、-5,400トン。
NY銅、-0.90セント。
LME銅建値計算トン66.2万円。
LME後場銅建値計算66.5万円。
NY銅相場建値計算65.9万円。
為替は変わらず
銅相場前半少し上げ
後半少し下げグラフ上では
終わってみれば余り変わらず。
銅建値トン1万円上げ余地
タイミング的には
10日の朝の外電を観てから
銅建値変更なのかとも
月曜日に銅建値上げ
なんてことはしないかも
中1日ですから緊急改定は
どうでしょうかね?
結局は雇用統計待ちで
今週は先週下げた分の
あや戻し的だったような
まあ毎回書きますが
このまますんなり行く
ようには思っていないので
何か起こるのでは
と毎回身構えています
それがいつなのかは
わかりませんけれども
世界情勢もさしあたって
いろいろ回避しているようで
このまま上昇の方へ
舵を切るのか?どうか。
原油続伸
金は続落
米ダウ3日続伸69ドル高。
今度のFOMCでは追加利下げ
を示唆するのではとね。
うまく舵取りをして
相場のクラッシュを
避けたい所でしょう。
私の周りではここの所
よい話が入ってきません
手放したとか売ったとか
そういう話を聞くと
不安に駆られてしまいます。
頑張りようがある中での
頑張りようはありますが
そうで無い環境になって
いたらもうどうしようも無い
お手上げ状態となります。
それでもなんとか
生き残りをかけて
何とかしなければいけない
勝ち残っていかなければとね。
守るって結構しんどいものです。

|

NY銅相場

20190907

 

銅相場終

わってみれば

余り変わらず。

 

|

2019/09/06

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/06 6:44

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、106.88円。
LME銅、114ドル上げ。
後場、64ドル上げ。
銅在庫、-4,875トン。
NY銅、+4.55セント。
LME銅建値計算トン65.7万円。
LME後場銅建値計算66.4万円。
NY銅相場建値計算65.8万円。
昨日銅建値トン1万円上げの
65万円に改定されました。
銅も上げて為替も円安で
そして今朝の外電でも
銅相場が上げて
為替も円安でと
さらに足下では銅建値
1万円上げ余地発生!
さあこうなってくると
品物の出はどうなりましょう?
先々の上げを期待して
抱え込み状態を継続か?
いやいや下がったものの
反動での上げで決して
状況が好転へと完全に
変わった訳ではなしと
考えるかどうかでしょう。
テクニカルな指数も好転
米ダウも大きく上昇!
でもこれらはあくまでも
期待を込めてというもの
さあまだまだ予断は許さない
と思いますけれども。
原油続伸
金大幅反落
米ダウ続伸372ドル高!
米中貿易協議前進期待
全米雇用リポート
市場予想よりも伸び
ISMも56.4と市場予想上回る。
長期金利-0.270%
日本の住宅ローン金利
長期固定で0.6%台も
変動型と拮抗していると
さあこうなってくると
どうなってしまうのでしょう
住宅の習得が加熱しますか?
いやいやこれはそもそも
異常な状態になっていると
身構えなければいけないと
思うかどうかでしょう。
「逆イールド」の現実
これを良しとするか?
これは異常と認識すべきか?
金融の崩壊近しを
考えるかどうか?
まずは今までとは
違ってきていると
思って間違いなし。

|

NY銅相場

20190906

銅相場上げ。

 

 

|

2019/09/05

銅建値トン1万円上げの65万円に改定。

2019/09/05に改定
電気銅  650円 +10
月平均 648.4円
電気亜鉛  298円 +12
月平均 296.1円

Tatene20190905

 

|

銅建値トン1万円上げ。

銅建値 650,000円(1万円上げ)
月内平均 648,400円

|

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/05 6:36

おはようございます。
外国為替NY(今)
円安、106.34円。
LME銅、126ドル上げ。
後場、48ドル上げ。
銅在庫、-6,500トン。
NY銅、+6.65セント。
LME銅建値計算トン64.2万円。
LME後場銅建値計算64.7万円。
NY銅相場建値計算64.4万円。
為替が円安へ
銅相場は上昇
銅在庫4ケタ連日減少。
何やら全てが好転した感じ
「逃亡犯条例」改正案撤回
英離脱延期を期待
イタリア政局安定
中国経済指標改善
中国PMIが50を上回る
これで全く問題なしと
なったという事でしょうか?
いやいやそんな事は無しで
根底でのこの数字は変わらず
長期金利-0.290%!
-0.300%へ入ってしまうのか?
世の中の流れはこれが
表しているのかも
iPhone廉価版
20年春にも発売へ。
結局、それ以上でも
それ以下でも無く
安くて求めたすい
不満の無いスペック
そして流れは廉価版へ!
皆ユニクロ化みたいな。
原油大幅反発
金6年ぶり高値
米ダウ反発237ドル高。
片や私がここの所
思ってきているように
無駄なモノはいらない
無駄なスペックはいらない
主張するモノは主張し
不変なモノはいつまでも不変
結局、物事は落ち着いた
所へと必ず行き着くもの
これは皆が望んでいる事
これが真意でもあるかのよう
そういう動きをするものです。
でもその中で行く抜く為には
どうすれば良いのか?
と言う所なのでしょう。
結構、難しかったりして。

|

NY銅相場

20190905

銅相場上げ。

 

|

2019/09/04

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/04 6:48

おはようございます。
外国為替NY(今)
ちょっと円高、105.96円。
LME銅、73ドル下げ。
後場、14ドル上げ。
銅在庫、-5,800トン。
NY銅、-2.05セント。
LME銅建値計算トン63.1万円。
LME後場銅建値計算63.2万円。
NY銅相場建値計算63.1万円。
為替がまた105円台へ
銅相場下げりました
銅建値計算値では
トン1万円下げ余地!
さあ今日にも緊急改定か?
今日は何とかやり過ごして
明日の外電を観てからか?
何やら底抜けしそうな感じ
米ダウもやはり大きく
今朝などは下げました!
原油も続落
リスク回避で金が上昇
勿論ビットコインも
上昇してきています。
長期金利もまたまた
-0.290%へと向かう。
米製造業景気指標悪化
日本の設備投資も
そうでしたがいよいよ
製造業が危ないか?
そりゃ伸銅品関係は
厳しくなりますよね。
勿論発注は激減している
やはりいよいよなのか?
原油続落
金4日ぶり反発
米ダウ反落285ドル安!
米製造業景況感指数悪化。
またEU離脱を巡る警戒感
英政治の混乱深まりと。
まあ時期も悪いかも
9月の第2週過ぎるまでは
鬼門なのかもです
ここを過ぎればまた何とか
踏ん張りようもあるのか
でも日本はその後に控える
消費税増税が待ち構えます
その前に内閣改造らしいですが
小手先のゼスチャーで
この場をしのぎきれる
ものなのでしょうか?
なんか急に電気料金が
上がったような感じ
そもそもみんな財布の
ひもを締めている過程
オリンピックを煽った所で
もうその神通力は
発揮されないかもです。
みんな全部うまく
いかせるなんて到底
出来ない事なのですから
いい加減目を覚ました方が
良いと思いますけれども。

|

NY銅相場

20190904

銅相場また下げ。

 

|

2019/09/03

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/03 6:47

おはようございます。
外国為替NY(今)
余り変わらず、106.21円。
LME銅、67ドル下げ。
後場、5ドル上げ。
銅在庫、-1,825トン。
NY銅、お休み。
LME銅建値計算トン63.8万円。
LME後場銅建値計算63.8万円。
NY銅相場建値計算?万円。
昨日9月の銅建値は
64万円で据置スタート。
今朝の為替は
あまり変化無し
銅相場は前半下げ
銅在庫4ケタ減少。
NY相場はお休み。
まあ多少は1万円上げも
期待をしていましたが
為替も円安にはならずで
銅相場も軟調気味で
銅建値は据え置きでした。
これでまたまた品物の出は
少なくなりそうです。
メーカーの買い気配は
下がる一方のようです
炉修の絡みもあるようで
米中貿易摩擦や
日本の設備投資がらみ
良い材料はありません。
ニッケル相場急騰!
人手不足が深刻の様子
でも余っている人を使うと
ろくな事が無いとの話も
人件費も上がって
踏んだり蹴ったりだとか
やはりバブルの末期の
症状の様相を表しています。
米市場はお休み!
もし米市場が開いていたら
嫌な予感がありました。
米1日から15%の追加関税
そして中国は米をWTOに提訴へ
世界で設備投資がブレーキ。
日本でも建築設備関係
忙しいようなのですが
どうも資金面での噂では
良い話を聞きません
相当な自転車操業の様子。
仕事が止まったら一気に
歪みが吹き出しそう。
もう次に備えて
おかなければいけないと
思っています。
無駄遣いは禁物!
投資も禁物かも!

|

NY銅相場

20190903

銅相場下げ。

 

|

2019/09/02

銅建値トン64万円の据置スタート。

2019/09/02に改定
電気銅  640円 据置
月平均 640.0円
電気亜鉛  286円 +3
月平均 286.0円

Tatene20190902

 

|

銅建値据え置きスタート。

銅建値64万円の

据え置きスター!

|

2019/09/01

週間銅相場情報つぶやき

2019/09/01 10:43

おはようございます。
一週間を振り返ると
やはり前の週に
予想していたとおり
週が開けたら銅建値トン
1万円下げの64万円に改定
LMEがお休みでしたから
タイミング的には次の日
かと思っていましたが
また逆にその後の緊急改定を
想定をしていたかもなんて
考えてもしまいましたが
そのままこの銅建値で
今月は確定となりました
銅建値月平均652.8円。
足下では微妙な所で
週明けの銅建値始まり
1万円上げるかそれとも
据置でスタートかは
後は為替如何にかかって
いるような感じです
2日はNY市場お休みですから
今の現状の値で決めな
ければいけませんからね。
対中関税1930年代並みに
米「第4弾」きょう発動と
さあ明日の東京市場が
大いに気になる所です。
アジア市場が開いてからが
本格的な動きが
現れる事でしょう。
心配をしています。
先々の下げ傾向は
変わらずと思っています
何か起きてもおかしくない
状況のようにも思っています
「逆イールド」不気味です。
このサインは捨て置けません
そして長期金利-0.280%
これもどうしたっておかしい
ビットコインも今後は
100万円を割るのかもとも。
どこに逃げ道を求めるのか?
中国の債務増大今後
じわじわと効いてきます。
日本にしたって他人ごと
では無いでしょう
全ては溜め込んでしまっている
膨大な借金が元凶なのだと
さあどうなりましょうか?

|

週間銅相場情報

20190901

 

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »