« NY銅相場 | トップページ | 私は神頼みはいたします。 »

2018/09/20

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:31 2018/09/20

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、112.26円
LME銅、54ドル上げ。
後場、34ドル上げ。
銅在庫、+3,450トン。
NY銅、-0.20セント。
LME銅建値計算トン72.3万円。
LME後場銅建値計算72.7万円。
NY銅相場建値計算71.2万円。
昨日銅建値1万円上げの
72万円に改定されました。
今朝の銅相場は堅調です
後半は勢いが落ちたか
銅在庫4ケタ増加
これなら辻褄があいます。
為替の動きは止まりました。
さあこれからはどうなりますか
株価も一気に上がって
下がった分を取り返した感じ
銅相場も6,000ドル近辺で
落ち着くという事か。
5,800~6,200ドルのレンジ幅を
行ったり来たりという事か
この件に範囲に関しては
右往左往する必要はなしか
米中貿易摩擦問題第4弾
なども囁かれています。
また米利上げがらみで
為替の動向も気になる所
銅相場の改善で品物の手当て
の話が出ている様子です。
原油続伸71ドル台へ
米原油在庫の減少
金は反発。
米ダウ続伸158ドル高
米長期金利10年物
国債利回り一時3.09%。
インフレが良くて
デフレではダメなのか?
そりゃ緩やかな上昇発展は
望ましいことなのでしょう。
でも物価上昇に見合っただけの
所得が得られなければが
やっていかれなくなります。
鶏が先か卵が先か
そもそもお金を貸し出すには
それ相応の利息は付き物
利息が無いに等しい状態で
お金を借りられたら
間違いなく皆が潤うのか?
ここが問題な所。
お金を借りられて
大きく稼げる人と
お金を借りられないで
稼ぎようが無い人
大きく稼いだ人の分を
再分配で皆に潤いを
もたらせられるのなら
まだよいのでしょう
今はそうはなっていない
歪が蓄積されている感じ。
その上でさらにまだ金融緩和?
さあ何時まで続けられるのか。

銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 私は神頼みはいたします。 »