« NY銅相場 | トップページ | 目的の再構築 »

2018/06/14

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:37 2018/06/14

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、110.33円
LME銅、1ドル上げ。
後場、37ドル上げ。
銅在庫、-2,275トン。
NY銅、+0.55セント。
LME銅建値計算トン83.9万円。
LME後場銅建値計算84.4万円。
NY銅相場建値計算83.3万円。
銅相場後半少し上げ
銅在庫少な目4ケタ減少。
米朝会談の次はFOMC。
2018年末の政策金利見通しが
年内4回目の利上げを示す
水準に切り上がったと。
FRBが3カ月ぶり利上げ
利上げ幅は0.25%
こんなこともあってか
米ダウが大きく下がりました。
また米中貿易摩擦の深刻化
中国の報復関税で対抗する
との可能性を警戒とね。
利上げと貿易摩擦
影響が出てくるのは
これからでしょう
ジワリジワリとね。
さあチリ銅山の労使交渉は
どうなっているのでしょう
今朝見た銅グラフの動きから
不調だったのかもと
思ってしまいましたが。
原油3日続伸
米原油在庫減少を好感
金は小反発。
米ダウ続落119ドル安。
さあ米今年度4回利上げの見通し
4回となると今年だけで
1%上がると思っていいわけで
そうなってくると影響が
出ないわけは無いと思います。
どこで市場が反応するか?
どの局面でAIが見切りをつけるか?
いやいやまだまだなのか?
過熱を冷やして巡航速度へと
もって行く手立てなのか?
今年後半は何やら身構えて
いなければいけないように
思いますけれども。
何かあれば銅相場も間違いなく
あおりを受ける可能性も。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 目的の再構築 »