« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場情報 »

2016/06/11

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:15 2016/06/11

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、107.05円。
LME銅、42ドル下げ。
後場、3ドル上げ。
銅在庫、-2,550トン。
NY銅、-0.85セント。
LME銅建値計算52万円。
LME後場銅建値計算53万円。
NY銅建値計算52万円。
銅相場軟調。
銅在庫4桁減少。
銅在庫の変化が
話題になりすぎたかなあ。
この銅相場では
品物は出てきませんね。
原油が大幅続落
対ユーロのドル高や
供給増の思惑で
金は続伸。
米ダウ続落119ドル安
世界的な株安で
英EU離脱を警戒。
いよいよ英国民投票
カウントダウンです。
世界で長期金利低下
日独は最低!
企業の成長期待しぼむ。
なにやら周りの環境が
騒がしくなっています。
英EU離脱問題にしろ
マイナス金利の影響にしろ
ある意味、私たちとは
直接には関係しない
間接的な影響
金融緩和がされた所で
お金が決して借りやすく
なったわけではなく
世の中の経済の苦しさが
あらわになっているだけ。
世の中が上向きなら
金利が上がっても
良いわけなのですから
あくまでも下向き
を素直に表している。
でもそれほどまでにも
中国の影響は
大きかったのかと
みんながそれに依存
していたということ。
これはやはり
行く所まで行って
そこからの反転でしか
ないようですね。
中国の株バブル崩壊から
まもなく1年たちます。
株価4割下落はまだ
踏み止まっている感じ。
どうしてもまだ大きな下げが
あるように思えてなりません。
しかしそうやすやすとは
なっていないわけで
何かあれば当局が
支えてくれる
助けてくれる
と思っているようです。
これが歪の増大を影で
蓄えているように思います。
何かが起きる時期とは
変に期日が一致したり
節目の時に起こるもの。
もちろん必然ともいえる
きっかけも作用する
タイミングが合致する
ものですけれどもね。
昨日の日経-67.05円。
ロンドン大幅続落116.13ポイント安。
ドイツ254ポイント安の9834全面安。
米ダウ続落119ドル安。

フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場情報 »