« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場情報 »

2014/06/07

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:18 2014/06/07

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円安、102.47円。
LME銅、139ドル下げ。
後場、36ドル上げ。
銅在庫、-150トン。
NY銅、-3.80セント。
LME銅建値計算73万円。
LME後場銅建値計算73万円。
NY銅建値計算73万円。
昨日の銅建値変更は
無しでした。
そうすると月曜日
銅建値2万円の下げか?
LME銅後場は何とか
持ちこたえた感じですが。
初めのグラフの下げの様子を
見たときにはゾッとしました。
青島の保税倉庫の問題が
下げの発端のようですが
はたしてここだけで済む
問題なのか?ってね。
他でも同じようなことが
起きていると考えるのが
自然ではないでしょうか。
理財商品の爪痕の深さ
でしょうか。
崩壊の始まりは
(すでに始まっている)
理財商品がらみが先か?
不動産がらみが先か?
はたまた政治がらみか?
何か嫌な予感がします。
昨日の日経-2.13円。
アジア株は反落続落。
ロンドン反発44.72ポイント高。
米3日続伸ダウ88ドル高。
へえ~っ!
こういうこともするんだ!
っと思いました。
欧州中銀がマイナス金利
物価が下がり続ける
デフレを防ぎ、
民間銀行に企業や個人への
貸し出し増を促すための
大規模な追加の金融緩和を
決めたと。
民間銀行が中銀に預け入れると
-0.1%の金利を取られてしまうと。
これが中銀でなくて
民間銀行なら預けたら
利息分を引かれてしまう
(取られてしまう)
ここまではさすがに
ならないでしょうが
これでは預けませんよね。
お金がお金の機能をしていない
お金が仕事の手助けをしていない
裏を返せばデフレで
下手にお金を貸し出したら
お金を稼げなくて
儲けを出せなくて
消えてなくなってしまう。
そんな状況だということです。
お金の飽和状態?!
知恵の枯渇?
人間の怠けぐせ?
何事も借りてまで
何かをすることって
本来は嫌なことです。
ある意味他へ
迷惑をかけてしまうこと。
すべて自らで
行わなければいけない。
でも上向きへもっていくために
初めに助けてもらう
または途中で勢いを
付けるためにその場を
援助してもらう。
でも目標や指針がなければ
ただ助けてもらうだけで
本来の意味がありません。
限定的な知恵の働く所に
お金は流れてしまいます。
回りまわって末端を
苦しめてしまうことにも。
全く今までにない
新しい秩序やシステムが
出来てこなければ
おかしくなってしまう
のではないかと
思えてしまいます。
心配でなりません。
だって儲ける額よりも
消費税の%が大きいって
おかしいですよね。
まったく。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 週間銅相場情報 »