« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円下げ。 »

2014/05/21

銅相場情報つぶやき

6:40 2014/05/21

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、101.27円。
LME銅、86ドル下げ。
後場、3ドル下げ。
銅在庫、-2,225トン。
NY銅、-2.35セント。
LME銅建値計算75万円。
LME後場銅建値計算75万円。
NY銅建値計算75万円。
為替が徐々に円高。
銅相場の上げも一服感。
やはり7,000ドルを挟んで
少しもみあいますか。
LME銅在庫は減少中!
銅相場で中国の景気を占う
そんな感じの記事を読みました。
7,000ドルを挟んだ展開では
7,000ドル台を維持していれば
中国の需要=景気は大丈夫。
というのがおおよその相場観。
銅相場が6,000ドル台も
割り込んで下げれば、
こうした中国経済の
悲観シナリオは現実味を増すと。
私も銅相場を観ていて
同じような印象を持ちます。
逆に銅相場7,000ドル台の維持を
意図的に出来たとしたら
皆さん何も疑問を抱かない
そんなふうに取れます。
いろいろなことが
影でいろいろ錯綜を
しているようにも思います。
ここの所またニュースが
少なくなっています。
昨日の日経+68.81円。
アジア株は小幅な動き。
ロンドン続落42.55ポイント安。
米ダウ反落137ドル安。
ここへきていろいろ
人手不足問題、人件費問題
現実的に現われだしてきました。
牛丼「すき家」が人手不足で
次々と閉店していると。
就職で内定を受けても
さらによい環境を選り好み。
まあ仕方がないといえば
仕方がありません。
これも市場原理
競争原理なのですから。
就職する側からすれば
死活問題なわけです。
こうなってくると
よい人材を確保できなくなった側は
衰退の一途をたどります。
そしてそこからシステムの
再構築を試みても
後手後手に回ってしまうでしょう。
本当にシビアですね。
やっと気がついた観があります。
でも本当に就職する側は
そういう意識だけで
いいのでしょうか。
まあ時代観もあるでしょうが
ある意味世知辛くなっています。
皆が一斉になびく側って
そのときにはよいのでしょうが
先々もまたよいとは限りません。
むしろ衰退している感じの
ところに入って自身の力で
盛り上げていく方が
先々も希望が持てるように
思いますが今はそんな考えは
古いといわれて
しまうのでしょうかね。
歴史を見ても
ただ人気のあるところ
必ず良いとは限りません。
人間好きなことが
思い通り出来るところが
一番良いのですから。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円下げ。 »