« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2014/04/11

銅相場情報つぶやき

6:18 2014/04/11

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、101.52円。
LME銅、7ドル上げ。
後場、6ドル上げ。
銅在庫、-750トン。
NY銅、+0.20セント。
LME銅建値計算72万円。
LME後場銅建値計算72万円。
NY銅建値計算73万円。
為替が円高101円半ば。
銅相場の動きとしては
狭い範囲内となってます。
米ダウ大幅反落。
早期の米利上げ観測が後退
はたまた来年には利上げとも。
ウクライナ情勢も緊迫の背景。
相変わらず中国の情報がとぼしい。
日本もどうも減速気味。
お金を使っている割には
どうもうまくいきませんね。
何事も反動とは
怖いものです。
意図していませんからね
いつ来るのかわからない。
心して備えておかなければ
いけないかもしれません。
昨日の日経+0.43円。
アジア株は続伸。
ロンドン小動き6.36ポイント高。
米ダウ大幅反落266ドル安。
消費税増税後の様子
新聞折込広告がめっきり減りました。
走っている車の台数が減りました。
もちろん買物のお客さんが
バタバタしていない感じ。
皆さんいいところまあ
閑散時期は2ヶ月間だろうと
言ってっていますけれど。
消耗品は買い置きした所で
限度がありますからね
そのうち慣れてくるものと。
小売業7割が増収増益
今日新聞の一面です。
同じものを日々買っている
とふとした変化に
気づくものです。
ものが同じようでも
大きさが小さくなっている。
量が減っている。
その割りに値段が
上がっている
PBに変わっている。
そう見て行くと
企業もなかなかと
言ったところでしょうか。
今コンビニコーヒーを
いろいろ飲んで
まわっています。
私はブラックで飲みますので
濃い目だとどうもと
思ってしまいがちです。
その点、マックは私好み。
ワンコインでもありますしね。
(ここの意味を推察
してみてください)
生き残る為の企業努力
大変なものがあると思います。
熾烈な競争、熾烈な戦い
結局は生き残ったものが
勝ちなわけです。
その点生活消耗品分野は
大変なところがあります。
物があふれていると
いう中での大競走です
お察し申し上げます。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »