« NY銅相場 | トップページ | 仕事は休まないほうがいい。 »

2014/03/20

銅相場情報つぶやき

6:43 2014/03/20

おはようございます。
外国為替NY(今)、
大きく円安、102.34円。
LME銅、25ドル下げ。
後場、24ドル下げ。
銅在庫、-2,025トン。
NY銅、+3.35セント。
LME銅建値計算70万円。
LME後場銅建値計算70万円。
NY銅建値計算72万円。
昨日銅建値1万円下げの
70万円に改定されました。
為替が1円近く円安に
ふれています。
NY銅が大きく上昇。
では今度はLME銅が
大きく上がるのか?
そしてその理由は?
それが良くわかりません。
米ダウは反落です。
金は下がり、原油は上げ。
何かちぐはぐな感じです。
ウクライナ情勢の悪化を
示す材料は出ていない。
FOMCの米経済見通しが発表
これによると悪くはなさそう。
う~ん、よく読めませんね。
中国の大手不動産会社が
経営破綻とのニュース。
やはりこちらから
問題が出てきたと
いう感じですが
まだまだはじまったばかり
なのでしょう。
これからなのでしょう。
昨日の日経+51.25円。
アジア株はマチマチ。
ロンドン反落32.15ポイント安。
米ダウ反落114ドル安。
昨日ある人が
住友の浜中事件が
頭をよぎったと
行っていました。
今回の中国も
買い支えていたところ
それを売らなければ
いけなくなったのではと。
まだ理財商品や影の銀行まで
しっかり行き着いては
いませんが社債デフォルト
不動産会社破綻
そして今度は銀行など
バブル崩壊のシナリオ通りの
現われとなっています。
原因はそれそれの規制の強化
これもどのバブル時とも
類似をいたします。
結局はお金の出所
銀行やファンドに
行き着くのかとね。
それが結局は国の
重荷となるわけです。
まあこれもリーマンの
亡霊なのでしょう。
リーマン時の対策として
行った金融緩和策が
エスカレートした現われです。
これからはいろいろなブレが
激しくなってくることでしょう。
一服感も出るかもしれませんが
流れは落ちていく方向で
間違いないように思います。
どこまで落ちるのか?
それが見極めどころでしょう。
そして時期は?期間は?
これからですね。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 仕事は休まないほうがいい。 »