« NY銅相場 | トップページ | あると思ってお金を使ってしまってはいけない。 »

2013/12/14

銅相場情報つぶやき

6:52 2013/12/14

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、103.21円。
LME銅、11ドル下げ。
後場、48ドル上げ。
銅在庫、-3,075トン。
NY銅、+2.00セント。
LME銅建値計算79万円。
LME後場銅建値計算80万円。
NY銅建値計算81万円。
昨日銅建値1万円上げの
79万円に改定されました。
今朝の計算値では
さらに1万円上げ余地。
NY銅計算では2万円上げ余地。
相変わらずLMEとNYとの
相場での開きがあります。
NY銅主導なのでしょうかね。
来週のFOMCをにらみ
量的金融緩和の縮小開始が
決まるかどうかを見極めたいと。
国内では円安効果の
ニュースが踊っています。
庶民にはとんと
実感がありません。
それよりも値上げや増税
この影響を恐れるばかりです。
昨日の日経+61.29円。
アジア株、上海株は4日続落。
ロンドン5.29ポイント安。
米ダウ反発+15.93。
今朝の新聞では
「円高5年、終息へ」と
円104円目前
「リーマン」水準に戻ると。
私が見ている靴のブログでも
輸入靴が得上げの
アナウンスが相次いでいます。
高級時計も値上がり気味。
もちろん国内の高級時計も
服飾関係もそうです。
スーツ関係は二極化
もちろん材料の輸入が
円安で高くなるのですから
当たり前ではあります。
ただこれには
からくりがあるようで
1年ぐらいのズレが
生じるようですが。
ともあれ確実に物価には
影響がでてくるでしょう。
デフレということで
同じ仕様で価格を抑えれば
企業負担が増えてくる。
消費者がまかなえなければ
何処かで歪は出てくるものです。
本だってちょっとづつ
高くはなっています。
私はそこだけは気に
しないようにしています。
私の一番大事に
しているところですから。
ここへきて新作の出が
悪くなっているように思います。
新聞広告ではあいも変わらず
小説以外の本がもてはやされて
売り手としてはそれが
一番手っ取り早いのでしょう。
こういう時期ですから
皆さん手に取りやすい。
小説が売れなく
なっていることは
私にとってはさびしい限りです。
皆が皆、値上がりしても
ここだけは許せるというものが
一つだけあっても良いでしょう。
私の場合はそれが
今となっては本と
いうだけのことです。
もっともっと選択が
求められる時代へと
突入していくように思います。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | あると思ってお金を使ってしまってはいけない。 »