« NY銅相場 | トップページ | 何か変化がおきた時は必ず訳が存在する。 »

2013/12/18

銅相場情報つぶやき

6:29 2013/12/18

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、102.61円。
LME銅、39ドル下げ。
後場、25ドル上げ。
銅在庫、-2,625トン。
NY銅、-0.90セント。
LME銅建値計算80万円。
LME後場銅建値計算80万円。
NY銅建値計算81万円。
今朝は円高となっています。
102円台半ばへと。
銅相場の変化も
一服感なのかなあと。
相変わらず銅在庫4桁減少中。
18日のFOMC結果発表を控えて
様子見となったかたち。
金融緩和縮小に動くのか?
それともまた先送りするのか?
11月の米消費者物価指数は
前月比横ばいと。
まあとにかく結果は
明日の朝ということに
なりますかね。
昨日の日経+125.72円。
アジア株、上海株は6日続落。
ロンドン反落36.01ポイント安。
米ダウ平均小反落-9.31。
何事もその瞬間での
見極めは難しいです。
信用、実績、ブランド
この裏打ちが担保されていて
尚且つ自分の目や感覚も
問われるわけです。
私は根っから
安くて良いものを求めます。
高くてよいものは当たり前
でもその中でもそうでない
ことが実際に起きている。
偽装問題もそうですね。
デフレ化でのことだからと
言い訳はできません。
日本製だから良い
そんな感じではもうない
最近はそう思ってしまいます。
根本の質が落ちてきたのか
情けなく思うことが
多くなってきています。
機械化でしっかりとした物作り
そう考えると機械設備さえあれば
後は正確な調整だけですみます
どこで生産してもできるお話。
そしてそれの量によっては
腕も慣れて長けて来るはずです。
仕事が少なくなれば
腕も鈍くなるのは必至。
ドイツや日本人の感覚を持った
アジアの諸外国なら
更なる飛躍があるでしょう。
要は手間賃、賃金の問題です。
この問題で生産する場所が
移り変わることでしょう。
ある意味、日本はその先を
見据えていかなければ
いけないと言うことです。
ますます本来難しくなるわけです。
安易な感覚では
やっていけないのです。
常に進化を求められるのです。
立ち止まることはできません。
誠にしんどいことではあります。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 何か変化がおきた時は必ず訳が存在する。 »