« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円下げ。 »

2013/10/18

銅相場情報つぶやき

5:29 2013/10/18

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、97.92円。
LME銅、13ドル上げ。
後場、30ドル上げ。
銅在庫、-2,425トン。
NY銅、-1.15セント。
LME銅建値計算75万円。
LME後場銅建値計算75万円。
NY銅建値計算75万円。
為替が円高97円台。
それを加味すると
銅建値1万円下げ余地。
まあこれも微妙な所。
前日米政府デフォルト回避。
時間稼ぎの回避と。
また4ヵ月後に話は
ぶり返すのかとも。
どちらの国でも
あちらを立てれば
こちらが立たず
でしょうかね。
誠に議論の末とは
難しいものです。
人それぞれの考えは
あるのでしょうが
何かうまく行き所は
あるように思いますけれども。
リーダーシップ
なのでしょうか。
民主主義、多数決
難しいところがあります。
そう考えると
市場などはなんとも
わからない生き物だと
思えてなりませんね。
先のことはまったく
わかりません。
ですからみんな
安定を求める
のでしょうけれどもね。
昨日の日経+119.37円。
アジア株は上海香港続落。
ロンドン小動き4.57ポイント高。
米ダウ2ドル安。
実験とは実際に試み
考え方の成否を調べること。
今朝の日経の春秋では
実験は上手な人と
下手な人の差が大きいと
書かれています。
私もそう思いますね。
実験はすでにわかっている
事実を確かめるのではなく
何が起こるかわからないから
とりあえず試してみることが
実験であるのだと。
私は小さいときから
実験が大好きでした。
失敗は当たり前。
わざと失敗してみる
ことも多かったようにも。
レポート書きも
教科書と合わせるような
データを書き込むことが
大嫌いでした。
見たまま、結果のまま。
実験は検査ではないですから。
わかりきった結果を
実験したところで
面白くもなんとも無いです。
自分の想像や仮説を
実際に試してみる
こんな面白いことは
ないと思います。
間違ったらいけないとか
失敗したらいけないとか
合っていなかったらいけないとか
まったく関係ありません。
だって実験なのですから。
私は迷惑のかからない範囲で
いろいろ試すことは
大いに推奨したいと思います。
それも若いうちにたくさんね。
きっと自分自身へそれが
大いなる糧となります。
実験も場数慣れが必要
なのかも知れません。
試してみたいと思う気持ちが
なくなった時点で進化は
止まってしまうものです。
何もびくつくことはないのです。
期待を裏切る結果こそが
好奇心を駆り立ててくれます。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円下げ。 »