« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2013/10/16

銅相場情報つぶやき

6:30 2013/10/16

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、98.20円。
LME銅、19ドル下げ。
後場、48ドル上げ。
銅在庫、-5,150トン。
NY銅、+0.40セント。
LME銅建値計算75万円。
LME後場銅建値計算76万円。
NY銅建値計算76万円。
昨日銅建値2万円上げの
76万円に改定されました。
銅相場自体はレンジの範囲
為替が98円台での恩恵かと。
さあ17日がいよいよ
迫ってきています。
常識的にはデフォルトは
しないだろうとの見方。
米ダウ大幅反落
財政協議にらみ
市場の行動としては
当然の成り行きでしょう。
為替も多少円高に
動いています。
国債発行を来年2月まで
容認することが盛り込まれて
いるようですが
またその2月に問題が
ぶり返す懸念もあります。
抜本的な解決は今だ
不確定な模様なのです。
綱渡りには変わりなし。
日本だって対岸の火事
ではないのです。
今回の台風で福島原発
心配してしまいます。
昨日の日経+36.80円。
アジア株は上昇目立つと
ロンドン続伸41.46ポイント高。
米ダウ大幅反落133ドル安。
セカンド・ライン
最初のブランドに対して
手ごろな値段で手に入る
普及版としての意味合い。
あるところでの説明では
このセカンドラインは
お得感があるといっていました。
有名ブランドのスポーツの
セカンドラインなどでは
品物がしっかりしていて
相当にお安くなっていると。
そうなのです、
品質はそのままで
お値段が安くなっている
これをまさに求めるわけです。
でもね往々にして
見えないところで手を
抜いている感じが否めません。
それは仕方がないだろう
ってブランド側は
おっしゃるかもしれません
(面と向かってはおっしゃらない)
もとのブランドで
そうすれば良いじゃないかと
思いますがそれをしてしまっては
ブランドのイメージ、価値が
損なわれてしまいます。
ですからセカンドラインなのです。
秋冬で黒の帽子を買いました。
後でわかったことですが
まさにセカンドラインのもの。
パッとみで形に気に入って
作りはそのブランドだからと
安心しきっていました。
後になってよくよく見ると
あ~あ、ここのところが
気になるよねってね。
最近はこの後味が尾を引きます。
安くても良いもの完璧なもの
求めてはいけないのでしょうかね?
最近はそんなことばかりを
考えているありさまです。
ともすると買物をしたくても
腰が引けたりします。
デフレの要因も
こういうところから
きているのかもとね。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »