« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円上げ »

2012/12/11

銅相場情報つぶやき

6:36 2012/12/11

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、82.36円。
LME銅、146ドル上げ。
後場、8ドル上げ。
銅在庫、+3,850トン。
NY銅、+4.30セント。
LME銅建値計算72万円。
LME後場銅建値計算72万円。
NY銅建値計算値72万円。
今朝の外電からすると
銅建値2万円上げの可能性。
1万円上げはかたいでしょう。
原油は5日間続落
金は3日続伸。
イタリアの政局混乱で
欧州債務危機が再燃する可能性
一方、世界経済のけん引役中国の
景気が持ち直しつつあるとの見方が浮上
しかし米の「財政の崖」への
警戒感は根強く
進展は相変わらず。
さあ今年もあと3週間
クリスマスまで2週間。
昨日の日経+6.36円。
アジア株は続伸反発。
ロンドン小幅続伸7.23ポイント高。
米株ダウ続伸+14.75。
先週の週末は
007を観にいきました。
とっても良かったです。
これで世代交代ができて
また人気も復活でしょう。
どうしてもMIと比べてしまいます
MIは何といってもトムクルーズ
彼も年をとりましたからね
こちらもどうなりますか。
日経ビジネスの最新号で
「富裕層の正体」の記事
副題は彼らが消費をやめた理由
興味深く読みました。
結局、日本の場合ですが
カネ持ち暦が浅い層の減少が
今の停滞を招いています
って言うか別に何も
変わってはいないのです。
土地バブルしかり
ITバブルしかり
携帯バブルしかり
デフレも少子高齢化だし
人口減少だしどれだけ借金を
増やしててこ入れしたって
これは人口の構造不況です。
思考意識のレベルでは
今も昔もなんら
変わってはいないのです・
お金を貯めるのは
使わないことです。
これが基本中の基本。
借りてはいけません。
土地バブル以降の低金利
何年続いていますか?
これでも良くならないのは
バブルの後遺症もありますが
実態は何も変わらないことです。
富裕層は年々増えています。
これもなんら変わらないこと。
これからは今までのツケの解消に
世の中は動きます
そこで稼ぐことができるかどうか
今また増税、借金を
増やそうとしています。
私はお門違いのように
思っていますけれどもね。


ねたばらしはフェイスブックの荒井明商店の方で。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | 銅建値1万円上げ »