« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2011/09/27

銅相場情報つぶやき

6:07 2011/09/27

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、76.32円。
LME銅、64ドル下げ
後場、101ドル下げ。
銅在庫、-975トン。
NY銅、0.30セント上げ。
LME銅建値計算60万円。
LME後場銅建値計算59万円。
NY銅建値計算60万円。
昨日銅建値7万円下げの60万円に改定。
予想していたこととはいえ
狼狽は隠せません。
そしてリング外でも
相当な下げを演じたときには
こりゃね、あきらめなきゃ!
と覚悟した次第です。
株もロンドン、NYで止まりました。
毎週、同じパターン。
ここでとめられないと
もうズルズル、ズルズル
なのでしょう。
NYダウ10,000ドルが抵抗線?
金が1,000ドルが抵抗線?
銅は7,000ドル?
為替は70円?
今回誰が止めてくれたかです。
来週は中国はお休みですから。
昨日の日経-186.13円。
アジア株は続落。
ロンドン株、22.56ポイント高で終了。
米国株、大幅続伸しダウ272ドル高。
週末は刑事もの三昧でした。
小説『ジウ2』『ジウ3』
小説『転迷 隠蔽捜査4』
映画『アンフェア』
ちなみに先週は
小説『マスカレード・ホテル』
これだけ読んだり見たりしていると
頭がどうかしそうな感じになります。
現実と空想と夢想が
ごちゃごちゃになってしまって。
危ないですね、危険ですね。
でもこのくらい混沌とさせないと
もしかするとだめかもしれません。
これから起こりうることに
対処するには対応できないかも。
だって皆さん想像できていないですよね
もちろん私も確かに想像はできていません。
『転迷』では原理原則
『ジウ』では新世界秩序
『アンフェア』では権力の維持の奔走
でも皆、理にかなっているような。
可能性も無きにしも非ず。
でも小説の世界ですから
でも人間の考えだせることですから。
そう考えると
どこを基点にするのか?
どこまでの範囲が適正か?
どこまでが許されるのか?
そして皆が望むことは?
現実と希望と思惑との
ギャップの差は如何に?
基本は人間界のお話です。
人のすることです。
そこは間違いありません。
決して機械やプログラムが
勝手に暴走はいたしません。
そうなったらコンセントを抜くだけ。
それは人間のお仕事です。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »