« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2010/11/09

銅相場情報つぶやき

6:36 2010/11/09

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、81.15円。
LME銅、28ドル下げ
後場、10ドル上げ。
銅在庫、-1,150トン。
NY銅、0.855セント上げ。
LME銅建値計算74万円。
LME後場銅建値計算74万円。
NY銅建値計算値74万円
勢いが萎えたのか?
エネルギーをためているのか?
小康状態気味ですね。
巷では9,000ドルとの話も。
でもどうなのでしょう
外電の円計算すれば
銅建値74万ですが
最高値に肉迫ですよ
為替が3割円安なら
ゆうに100万円越えですから。
材料高騰必至です。
そんなにアジアに期待して
大丈夫でしょうかね?
昨日の日経+106.93円。
アジア株は続伸。
ロンドン株、25.39ポイント安で終了。
米国株、ダウ7日ぶり反落-37.24。
「我、弁明せず」読み終わりました。
英国人気質は職責を真っ当することに
限りなく誇りを持っている。
米国は移民の国なのでアメリカンドリーム。
日本は島国、我慢、忍耐、勤勉。
アジアは貧しさからの脱却が唯一
ある意味なんでもあり的な考え。
私はやはり英国人気質に憧れます。
品格やら文化教養を重んじ
質素だけれども
こだわりがあることが好きです。
アメリカンドリームにも憧れますが
日本ではともすると嫉まれる。
皆からの攻撃の対象になりがち。
アジアの富裕層も英国に学んだ人は
やはりそれなりの品格をもって
成功を収めている感じがします。
日本のバブル時はとっても
品がなかったじゃないですか。
真っ当ではなかったです。
今回の金融緩和ではたして
お金が末端まで回るのか?
必要とされるところにいくのか?
はなはだ疑問ではあります。
杞憂にすぎなければいいんですがね。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »