« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2010/06/30

銅相場情報つぶやき

6:24 2010/06/30

おはようございます。

外国為替NY(今)、
円高!、88円半ば。
LME銅、215ドル下落。
後場、109ドル下げ。
銅在庫、-1,225トン。
NY銅、15.30セント暴落。
LME銅建値計算64万円。
LME後場銅建値計算63万円。
NY銅建値計算値62万円。
今度は銅建値下げ余地1~2万円。
今朝は一気に下がりました。
NY銅途中で踏みとどまる
そんな場面もありましたが
米株の下げと同じくして下げ。
為替も88円台突入!
歯止めがきかなくなる
そんな感じにならなければ。
昨日の日経-123.27円。
アジア株は反落続落。
ロンドン株、大幅反落、
157.46ポイント(3.1%)安で終了。
米国株、ダウ268ドル安で1万ドル割れ。
まあ今日の日経も大幅下落でしょう。
何かが起こりそうな予感です。
金融収縮、メルトダウン
刷ったお金がやはりお金ではなかった
後ろ盾のない張りぼてでは
どうにもならなかったということか。
日本の場合、国民からお金を借りる
それも無利息で5~10年間。
そして利息のついた国債を
無利息の国債に差し替えてしまう。
国民に対しては国や地方の税金を
単年度で差し出したお金分損金扱い。
たとえば国へ500万円地方分500万円
無利息で貸し付ける。
その分給与所得は損金分で相殺されて
源泉無し地方税無し健康保険料無し
利息にあてはめたって得でしょう。
そして一気に財政を立て直してしまう。
さて国民がこの話にのりますかどうか?
借金の返済は誰かに現金で一気に
肩代わりしてもらうのが一番。
国の財政、国民に頭を下げて
一気に借りてしまう方が得策。
さあ出来るかなあ?
ここで人間の疑心暗鬼が現れます。
利子がつかなくても
全額減らずに返してもらえるのか?
安易にうまくいっても
借金をまた簡単に作ってしまう
だって無駄を直していないから
同じ事の繰り返しです。
人間の業が問われます。
方法論はあると思いますが
難しい問題ではありますね。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »