« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2010/06/02

銅相場情報つぶやき

6:02 2010/06/02

おはようございます。

外国為替NY(今)、
ちょっと円高、91円。
LME銅、211ドル急落。
後場、85ドル戻し。
銅在庫、-1,150トン。
NY銅、4.30セント下げ。
LME銅建値計算66万円。
LME後場銅建値計算67万円。
NY銅建値計算値66万円。
6月の銅建値は67万円
据え置きスタートとなりました。
気持ち的にはもうちょっと上なのですが
今朝の外電ではちょっとそれも
かんばしくないようになりました。
また金も上昇。
海外株はダメですね。
たぶん今日の日経もダメでしょう。
中国景気の冷え込み懸念。
各国の景気に関する指標が鈍化。
ちょっと支えがとれ始めています。
6月に入って品物の動きが
まったくと言っていいほど鈍い。
街角景気は良さそうに感じますが。
昨日の日経-56.87円。
アジア株は続落反落。
ロンドン株25.13ポイント安で終了。
米国株、大幅続落ダウ112ドル安。
日本がかつてバブルだった頃
日本の土地全てをかさ上げし、
それに飽きあたらず
海外の土地や企業も買収。
もちろんブランドものも
買いあさるありさま。
日本全土の土地価格で
アメリカ全土を買収できると
うそぶく始末。
それを疑いもせず。
その後はどうなったことか。
中国にはいま同じ様な動きが見られます。
銀座に行ってもその傾向が顕著。
デパートも買ってくれる人がお客様。
背に腹はかえられません。
それはわからないでもないです。
日本がバブルだった頃
欧米の感情を日本人が
どこまで理解したことか。
その後にハゲタカが飛来しました。
日本の企業が買収され始めています。
まったく同じ様な現象です。
中国が利益にことかいて
本筋を見失ってしまう。
同じ様な過ちを起こさないか心配です。
団塊の世代の定年で
日本の根底を支えたモノ作りが
消えてしまいそうになっています。
後を継ぐ美徳を教えぬままに。
何かが変わるときには
1から出直しがよいのかもしれません。
仕方がないですね、
その方が良いのです。
身をもって自分から教えをこうことが
わからない限りはいくら言っても
身につくものではありません。
多少時間のロスではありますが
変化は必ず起きるものですから
それを待つ以外にはありません。
日本国も決してすてたものではないはずです。
必ず復活することでしょう。
希望を胸に未来を楽しみに、
おじさんは見守るだけです。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »