« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2010/05/27

銅相場情報つぶやき

6:40 2010/05/27

おはようございます。

外国為替NY(今)、
少し円高、89円後半。
LME銅、151ドル上昇。
後場、10ドル上げ。
銅在庫、-275トン。
NY銅、3.80セント上げ。
LME銅建値計算66万円。
LME後場銅建値計算67万円。
NY銅建値計算値66万円。
ある意味、銅相場は乱高下、
銅在庫の変化を見ても
少ない手玉で動かされている感じです。
原油も金も上がっています。
ダウは1万ドルを割りました。
さあ次の動きはどうなるのか?
株はまだまだ下げでしょう。
つられて非鉄が下がるかどうか?
為替の動向も注視です。
ツケは必ず払わされます。
昨日の日経+62.77円。
アジア株は反発。
ロンドン株97.40ポイント高で終了。
米国株、ダウ平均3日続落で69ドル安、
終値で3カ月半ぶり1万ドル割れ。
個人の追証問題も囁かれています。
為替と株の損が表面化するのはまだ先か?
ツケは払わされます!
財政による景気下支えはいい加減にしないと。
ばらまきではなく本来は
還付にしないといけない。
払いすぎたものを返さなければ。
払ってもいないものに渡すのはどうかと。
この場合だって心あるものは辞退するはず。
大局がわかっていればなおさらです。
それをホイホイと喜んで後のことを考えない。
これではどうしようもないです。
借金が良いわけないじゃないですか。
マイナスなのですから
マイナスが増えるのですから。
マイナスとプラスとの境には
相当重要な意味合いがあります。
どちら側かでまったく世界が違う。
この認識がないといけません。
まだまだ膿は出てきます。
ツケは相当残っています。
先送りはできません。
他人事ではありません。
対岸の火事でもありません。
逃げることはできません。
覚悟を決めなければいけません。
現実を見ぬふりはできません。
まだまだこれからなのです。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »