« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2010/02/09

銅相場情報

6:07 2010/02/09

おはようございます。

外国為替NY(今)、
ちょい円高、89円前半。
LME銅、87ドル上げ。
後場、39ドル上げ。
銅在庫、-50トン。
NY銅、5セントと半分上げ。
LME銅建値計算61万円。
LME後場銅建値計算62万円。
NY銅建値計算値62万円。
ちょっと一息つける状態になった感じ。
土曜の様子では今日にも緊急改定。
足元では銅建値1万円下げ余地。
原油も金も上がってます。
これ以上下がってはとの声も聞こえます。
相場的にも感情的にも
上がってもらわないとと言う方々、
必然的に材料が上がっては困るという力、
さてさてどちらに軍配が上がりますか?
昨日の日経-105.27円、一万円割れ。
アジア株は続落下落。
ロンドン株31.41ポイント高で終了。
米国株、大幅に反落、一万ドル割れ。
さて株に関しては大台割れを
ガス抜きと作用するか否か。
ある社長が相場を動かす者と市場そのもの
これは分離して考えないといけないと。
普通に考えて商品相場は安定が望まれます。
極端に高くなっては立ちゆかなくなります。
間違いなく材料は使うのだから
足りなくなれば相場は高騰する。
これもある意味正しいです。
では高騰したままで更に高騰するのか?
高騰するにあたって何が作用したのか?
よく考えてみてください。
相場を操って大儲けして
そしてツケがたまって破綻して
その救済のためにお金をだぶつかせて
そしてまた操る側が大儲けして
末端にはお金が回らず
苦しい思いを強いられている。
これは不条理です。
アダムスミスも言っていた通り、
富を生み出すものは労働です。
お金のやり取りだけで
富が増えてはいけません。
(いただいたメールより引用)
さて今回は今までのようには
いかないと思います。
損切りは出来ない
塩漬けしていればまた高騰する。
高いときに売って
安くなったらそのお金で買う
その差額が本来の利益なんですがね。
夢よもう一度と皆さん、
呪縛から抜けられなくなっていますね。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »