« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »

2009/11/04

銅相場情報

6:33 2009/11/04

おはようございます。

外国為替NY(今)、
変わらず。
LME銅、77ドル下げ。
後場、約100ドル戻し。
銅在庫、+1625トン。
NY銅、1セント上げ。
LME銅建値計算値63万円。
LME後場銅建値計算63万円。
NY銅建値計算値63万円。
銅建値1万円上げ余地。
夜に欧州で激震が走ったかと
思いました。
NY銅グラフは急落でした。
RBSが政府による
追加資本注入と資産売却の再編計画の発表。
米欧とも銀行関係が大揺れ。
暮れに向かって嫌な予感がします。
ロンドン株67.29ポイント安で終了。
米国株、ダウ小反落。
コーヒー競争、量販店競争
デフレ加速です。
でも企業側はあながち
悲惨ではない様子。
増収増益気味らしい。
自社絡みで全ておこなって
余分や無駄を完全に省く
仕組みを構築しているため。
今まで携わっていた所に
負のお鉢がまわったということ。
さてこの調子で
暮れに突入なのでしょうか?
もう日本は金利を上げられない。
800兆円の負債で40兆円も稼げない
そんな中で金利を
2%だって上げられない。
普通に考えたら
金利が安いのだから
お金を借りていっぱい稼いで
儲けることが出来ると思うはず。
それがそういうことにはなっていない。
いかに稼ぐことが難しいか?
はたまた稼ぐ以上に浪費しているのか?
完全に4~5年以内に結果が出ますね。
国として成り立つのか?
うまく騙して搾取して逃れるか?
ゴールドも上がってます。
嫌な雰囲気は否めません。
特効薬がない状態での不安。
これは相当なストレスです。
このストレスがキーワードかも。
これに関連したビジネス、
皆さん考えてみてください。
結構、面白いかもしれません。
相変わらず前向きやなあってか。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

|

« NY銅相場 | トップページ | NY銅相場 »